1. TOP
  2. >
  3. パソコン
  4. >
  5. 画像編集ソフト
  6. >
  7. 漫画制作ソフトのおすすめ人気ランキング7選【コミPo!やフォトショも!】
  • 漫画制作ソフトのおすすめ人気ランキング7選【コミPo!やフォトショも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 漫画制作ソフトのおすすめ人気ランキング7選【コミPo!やフォトショも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 漫画制作ソフトのおすすめ人気ランキング7選【コミPo!やフォトショも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 漫画制作ソフトのおすすめ人気ランキング7選【コミPo!やフォトショも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 漫画制作ソフトのおすすめ人気ランキング7選【コミPo!やフォトショも!】のアイキャッチ画像5枚目

漫画制作ソフトのおすすめ人気ランキング7選【コミPo!やフォトショも!】

かつてはGペンとインクで描いていた漫画も、現在では漫画制作ソフトによって効率よく描けるようになりました。雑誌や同人誌などで発表する以外にも、インターネット上でも発表の場所が増えたことに伴い、漫画制作ソフトの機能もより多様になってきています。

今回は漫画制作ソフトの中でも人気の高い商品を、選び方のポイントともにランキング形式でご紹介していきたいと思います!機能をよく比較して、使いやすいものを手に入れてくださいね。
  • 最終更新日:2020年04月14日
  • 19,605  views
目次

漫画制作ソフトの選び方

漫画制作ソフトを選ぶ際にはどんな点に注目して選べばよいのでしょうか?ここでは選び方のポイントについてまとめました。

プラットフォーム(パソコンの環境)を確認しておこう

プラットフォーム(パソコンの環境)を確認しておこう
漫画制作ソフトの場合、お手持ちのパソコンにインストールして使用することになりますが、機能豊富なソフトであればあるほどメモリ容量も大きくなるので、作業環境によっては動作が重くなったり、頻繁にダウンしてしまうということもあります。それではせっかくの高機能が生かせないばかりか、効率がかなり落ちてしまいますね。

高機能のソフトをインストールする際はプラットフォームはもちろん、空きメモリなどもよく確認しておきましょう。また、Macの場合は非対応のケースもよくあります。購入する前には必ず、推奨されている作業環境に合うものかどうかを確認するようにしましょう。

WEB漫画?印刷?発表する方法によって選ぶ

描いた漫画をどのように、どこで発表したいのかも考えておくべきポイント。紙に印刷して同人誌や雑誌などに掲載するのか、PixivやtwitterなどのSNSやインターネットなどの漫画サイトなどを利用して発表するのかで適したソフトも異なってきますよ。

モノクロ原稿にはモノクロ向きのソフトがおすすめ

モノクロ原稿にはモノクロ向きのソフトがおすすめ
モノクロ原稿を発表する場合、気にかけておきたいポイントがいくつかあります。カラー原稿の場合はCMYKで色を設定するのを注意すれば良いのですが、モノクロ原稿を作成する場合、カラーをそのままグレースケールにしただけでは、印刷時にモアレが発生することも。

そのためモノクロ2階調に変換できたり、モノクロ原稿に特化した機能が豊富なソフトを選びたいですね。また、スクリーントーンの種類が豊富かどうかも重要なポイントとなってきます。ソフトによってはグレースケールからモノクロ2階調に変換して、ブラシをトーンにカスタマイズできるものもありますので、よくチェックしておきましょう。

3Dやアニメーションなどの機能にも注目

3Dやアニメーションなどの機能にも注目
レイヤー機能などを使って、簡単にセル画を作ってアニメーションにできる機能や、3Dのデータを使って簡単に立体的な描画ができる機能のあるソフトなども出ています。テンプレートから選ぶだけで漫画が作ることができる便利なソフトもあるため、絵が全く描けないという方にもおすすめです。

インターネット上で漫画を公表する場合、保存できる形式はjpg・pngなどに加えてgifなども可能です。通常のjpgやpngなどの形式でWEB漫画を描いて発表するのであれば、データも72dpiほどで作成できるため、かなり気軽に作ることができますね。アニメーションはもちろん、最近では3Dデータを利用して描くこともできるので、表現の自由度もかなり高くなりそうです。

CD-ROMやダウンロード版、月額制などの違いも

CD-ROMやダウンロード版、月額制などの違いも
漫画制作ソフトにはCD-ROMでパッケージ版として販売されているものや、公式サイトなどからダウンロードするもの、月額制になっているものなどのように、いくつかの販売形態があります。現物が手元に残るため、漫画制作ソフトを経費に計上したい場合などについてはパッケージ版を選ぶ方もいるようです。また、基本的にはパッケージ版の方が特典が付いたり内容が充実していることも多いようです。

一方でダウンロード版はパッケージ版より軽く安価であることが多く、購入してすぐに使用できる点が嬉しいですね。毎月漫画を描くわけではないけど、ちょっと使ってみたいという方であれば、月額制のソフトを導入してみるのもおすすめですよ。

漫画制作ソフトの人気ランキング7選

それではさっそく、具体的に漫画制作ソフトを人気ランキング形式でご紹介していきたいと思います!

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月30日時点)を参考に、編集部独自で順位付けしています。

7位

nattou.orgmdiapp+ SE

6,000円 (税込)

対応OSWindows7以上
メモリ2GB
空き容量100MB
ディスプレイ-
原稿の種類カラー・モノクロ
その他の機能3Dパース・メッシュ変形等
販売形態ダウンロード版
6位
対応OSWindows7 64ビット)/ Windows10(64ビット)/Mac OS 10.13以上
メモリ2GB以上(8GB推奨)
空き容量Windows 1.2GB/Mac 850MB
ディスプレイ1280×800以上の画面解像度(推奨)
原稿の種類-
その他の機能-
販売形態パッケージ版・ダウンロード版
5位
対応OSWindows7以降
メモリ500MB(4GB推奨)
空き容量-
ディスプレイ1280x768/True Color(1920x1080以上を推奨)
原稿の種類カラー(レイヤーの調整でモノクロも可能)
その他の機能イベント機能
販売形態パッケージ版・ダウンロード版
4位

ウェブテクノロジコミPo! 〜絵を描かなくてもポッとマンガがつくれちゃう!〜

SAHS40952

880円 (税込)

対応OSWindows8.1以降
メモリ4GB以上(8GB推奨)
空き容量4GB
ディスプレイ1024×768 以上
原稿の種類カラー(モノクロ画像変換機能あり)
その他の機能プリセットによるキャラクター作成・編集など
販売形態パッケージ版・ダウンロード版
3位
対応OSWindows7 Service Pack1(64ビット版)/Windows 10/Mac OS 10.13以上
メモリ2GB以上(8GB推奨)
空き容量Windows 3.1GB/Mac 4GB以上(インストール時に追加の空き容量が必要)
ディスプレイ1280×800(UIスケーリング100%時)以上の画像解像度をサポートしているディスプレイおよび16-bitカラー・512MB以上の専用 VRAM(2GB以上)を推奨
原稿の種類カラー・モノクロ
その他の機能-
販売形態パッケージ版・ダウンロード版
2位
対応OSWindows7 Service Pack 1以上/Windows8.1/Windows 10/Mac10.10以上
メモリ2GB(8GB推奨)
空き容量3GB
ディスプレイXGA(1024×768)以上必須・WXGA(1280×768)以上推奨・ハイカラー(16Bit、65536色)以上必須
原稿の種類カラー・モノクロ
その他の機能一括管理・3Dモデルによる作画支援等
販売形態パッケージ版・ダウンロード版
1位
対応OSWindows7 Service Pack1以上/Windows8.1/Windows10/Mac OS 10.10以上
メモリ2GB(8GB推奨)
空き容量3GB
ディスプレイXGA(1024×768) 以上必須・WXGA(1280×768)以上推奨・ハイカラー(16Bit・65536色)以上必須
原稿の種類カラー・モノクロ
その他の機能3Dモデルによる作画支援等
販売形態パッケージ版・ダウンロード版

人気漫画制作ソフトの比較一覧表

商品画像
1
マンガ制作ソフト セルシス CLIP STUDIO PAINT PRO 1枚目

セルシス

2
マンガ制作ソフト セルシス CLIP STUDIO PAINT EX 1枚目

セルシス

3
マンガ制作ソフト アドビシステムズ Adobe Photoshop CC|12か月版| 1枚目

アドビシステムズ

4
マンガ制作ソフト ウェブテクノロジ コミPo! 〜絵を描かなくてもポッとマンガがつくれちゃう!〜 1枚目

ウェブテクノロジ

5
マンガ制作ソフト ジャングル openCanvas 7 1枚目

ジャングル

6
マンガ制作ソフト SB C&S Painter 2020 1枚目

SB C&S

7
マンガ制作ソフト nattou.org mdiapp+ SE

nattou.org

商品名

CLIP STUDIO PAINT PRO

CLIP STUDIO PAINT EX

Adobe Photoshop CC|12か月版|

コミPo! 〜絵を描かなくてもポッとマンガがつくれちゃう!〜

openCanvas 7

Painter 2020

mdiapp+ SE

特徴初心者にも安心な補正機能あり。コスパの良さも◎多彩な機能が満載の無敵ツール絵の質にこだわりたい方に!12ヵ月ごとのCC制絵が描けない人でも大丈夫!会社の販促キャラを手軽に作成描いた手順を記録再生できるイベント機能が秀逸本格的なデジタルアートを描いてみたい方におすすめ低スペックPCでもスムーズに使える!
最安値
7,414
送料別
詳細を見る
29,339
送料別
詳細を見る
17,480
送料無料
詳細を見る
880
送料無料
詳細を見る
5,227
送料無料
詳細を見る
6,000
送料要確認
詳細を見る
対応OSWindows7 Service Pack1以上/Windows8.1/Windows10/Mac OS 10.10以上Windows7 Service Pack 1以上/Windows8.1/Windows 10/Mac10.10以上Windows7 Service Pack1(64ビット版)/Windows 10/Mac OS 10.13以上Windows8.1以降Windows7以降Windows7 64ビット)/ Windows10(64ビット)/Mac OS 10.13以上Windows7以上
メモリ2GB(8GB推奨)2GB(8GB推奨)2GB以上(8GB推奨)4GB以上(8GB推奨)500MB(4GB推奨)2GB以上(8GB推奨)2GB
空き容量3GB3GBWindows 3.1GB/Mac 4GB以上(インストール時に追加の空き容量が必要)4GB-Windows 1.2GB/Mac 850MB100MB
ディスプレイXGA(1024×768) 以上必須・WXGA(1280×768)以上推奨・ハイカラー(16Bit・65536色)以上必須XGA(1024×768)以上必須・WXGA(1280×768)以上推奨・ハイカラー(16Bit、65536色)以上必須1280×800(UIスケーリング100%時)以上の画像解像度をサポートしているディスプレイおよび16-bitカラー・512MB以上の専用 VRAM(2GB以上)を推奨 1024×768 以上1280x768/True Color(1920x1080以上を推奨)1280×800以上の画面解像度(推奨)-
原稿の種類カラー・モノクロカラー・モノクロカラー・モノクロカラー(モノクロ画像変換機能あり)カラー(レイヤーの調整でモノクロも可能)-カラー・モノクロ
その他の機能3Dモデルによる作画支援等一括管理・3Dモデルによる作画支援等-プリセットによるキャラクター作成・編集などイベント機能-3Dパース・メッシュ変形等
販売形態パッケージ版・ダウンロード版パッケージ版・ダウンロード版パッケージ版・ダウンロード版パッケージ版・ダウンロード版パッケージ版・ダウンロード版パッケージ版・ダウンロード版ダウンロード版
商品リンク

デジタルの漫画制作なら、こちらも要チェック

今回ご紹介してきた漫画制作ソフトとともに、デジタルで漫画・イラストを制作する際に活躍するのがペンタブレット。以下の記事では、そんなペンタブレットのおすすめ商品を多数ご紹介していますので、こちらもぜひご参照くださいね。

まとめ

これまでアナログで原稿を描いてきた方も、漫画を描くのは全く初めて!という方も、漫画制作ソフトを使えば面倒なコマ割りや効果線などを苦労して描く必要もなく、気軽に制作に取り組むことができます。皆様も今回の記事を参考に、ぜひお気に入りの漫画制作ソフトを探してみてくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す