• スノーボードブーツのおすすめ人気ランキング9選【メンズ・レディースどちらも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • スノーボードブーツのおすすめ人気ランキング9選【メンズ・レディースどちらも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • スノーボードブーツのおすすめ人気ランキング9選【メンズ・レディースどちらも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • スノーボードブーツのおすすめ人気ランキング9選【メンズ・レディースどちらも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • スノーボードブーツのおすすめ人気ランキング9選【メンズ・レディースどちらも!】のアイキャッチ画像5枚目

スノーボードブーツのおすすめ人気ランキング9選【メンズ・レディースどちらも!】

ウィンタースポーツの中でも特に人気が高いスノーボード。色々な道具を用意しなければならないスポーツですが、中でも重要なものの一つが「スノーボードブーツ(スノボブーツ)」。とはいえ、バートンやサロモンなど多くのメーカーから発売されており、サイズや紐のタイプなど、チェックしなければならない部分が多く、特に初心者は迷ってしまいますよね。

そこで今回は、スノーボードブーツの上手な選び方や、おすすめ人気商品のランキングをご紹介します!メンズ・レディースどちらもピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。自分に合ったブーツを手に入れて、スノーボードを安全に思いっきり楽しみましょう!
  • 最終更新日:2019年04月19日
  • 28,583  views
目次

スノーボードブーツの選び方

スノーボードブーツの選び方として、3つの種類から自分に合ったものを選ぶことと、足のサイズや形にフィットしたものを選ぶことが挙げられます。細かくチェックしていきましょう。

紐の締め方のタイプで選ぶ

スノーボードブーツには大きく分けて3つのタイプがあり、それぞれに利点と欠点があります。自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。

素早く着脱できるボアシステムブーツ

ダイヤルとワイヤーが付いているタイプです。ダイヤルを回すだけで素早く締められて、あまり力がいらないので、初心者や女性に人気。スピーディに締められるので、慣れていない人でも安心です。

ただし、ダイヤルを回すことで全体を締めるため、部分的に緩いなと感じるところがあっても、ピンポイントで締めることができません。より足にフィットさせたい方には、向いていないかもしれませんね。

軽い力で締められるクイックレースブーツ

左右についている2本の紐を引っ張って締めるタイプのブーツです。軽い力で締められるため、女性には最もおすすめのタイプ。紐の引き具合によって、ボアシステムブーツよりは締め具合の調整ができるのも嬉しいポイントです。

ボアシステムブーツのような素早さや軽さを持ちながら、細かい調整もできるので、近頃最も人気があります。スノボ慣れしておりさらに細かい微調整がしたい方には物足りないかもしれませんが、幅広い人におすすめのタイプですよ。

部分ごとに調整して締められる紐タイプブーツ

紐で締め上げるタイプのブーツで、昔からあるオーソドックスな形です。細かい微調整が可能で、長年スノーボードをされているベテランの方は、今でもこのタイプを使っている方が多いですよ。スノボ慣れしており、自分の足にピッタリくるものを選びたい方に特におすすめできます。

しかし、紐で締め上げていかなくてはいけないため、先に紹介した2つのタイプに比べて力が必要。時間もかかるので、力の弱い女性や初心者の方には少し難しいかもしれません。

自分の足にぴったりのものを選ぶ

足に合わせるものなので、少しでもサイズ感や履き心地が良くないと、すぐに疲れてしまったり足を傷める原因になります。スノーボード用の分厚い靴下を履いた上でのサイズ感もチェックしましょう。

締めた時かかとが浮いた感じがしないか確認

ブーツを締めて足を浮かせたときに、かかとの部分が浮いたように感じるものは選ばないようにしましょう。フィッティングでこのように感じるブーツは、スノーボード中にも浮いたように感じて、とても滑りづらいです。特に上級者の方で、キッカーなど跳ぶ動作の技をしたときなどに、わかりやすいですよ。

横幅・つま先・足の甲が痛くないかチェック

ブーツを履いてみて、足の色々な場所が痛みなく履けるかどうかをチェックしましょう。横幅は、窮屈感があるものだと、滑っているうちに疲れやすくなります。つま先のチェック方法は、かかとを合わせてつま先が当たるか当たらないかのサイズ感を選ぶと、当たって痛いこともなくまた足の動くすき間もないちょうどいいサイズを選べますよ。

足の甲は、ブーツを締めた時に痛みが出やすく、締め具合で痛みを軽減できることもあります。ですが、どうしても痛い場合は違う種類のブーツを履いてみてください。

硬さは自分のレベルに合わせて選ぼう

ブーツの硬さに関しては、スノーボードをどのくらいやり慣れているか、また好みによって選ぶ必要があります。一般的には、初心者の方なら少し柔らかめのブーツを選んで、足の動かし方に慣れるのがおすすめです。

反対に、カービングターンを習得したい方は、硬めのブーツがおすすめ。板に足の動きを伝えやすく、上達しやすいですよ。自分のしたいプレイスタイルに合わせて、選ぶようにしましょう。

インナーのタイプをチェックする

スノーボードブーツはアウターとインナーに分かれていて、このインナーのタイプでも足へのフィット感が変わってきます。予算との兼ね合いもあるとは思いますが、なるべく足へのフィット感が高いものを選びましょう。インナーは、大きく分けて成型済みインナー・レースタイプインナー・サーモタイプインナーに分かれていて、順に足へのフィット度が高くなります。

なお、サーモタイプは高温と低温があり、高温サーモインナーはお店で成型してもらう必要がありますが、低温サーモインナーは足の体温で成型していくため、履いていくたびにフィットしてくれますよ。

【ボアシステム】スノーボードブーツのおすすめ人気ランキング3選

ここからは、スノーボードブーツのおすすめ商品を紹介していきます。選び方でも紹介したタイプ別に、「ボアシステム」「クイックレース」「紐タイプ」に分けてご紹介しますね。まずは「ボアシステム」です。
3位
性別メンズ
タイプボアシステムブーツ
サイズ25.0~29.0㎝
2位
スノーボードブーツ サロモン キアナフォーカス 1枚目
出典:amazon.co.jp

サロモンキアナフォーカス

L38105500

18,400円 (税込)

性別レディース
タイプボアシステムブーツ
サイズ23.0~24.5㎝
1位
性別メンズ
タイプボアシステムブーツ
サイズ25.0~30.0㎝

おすすめ人気【ボアシステム】スノーボードブーツの比較一覧表

商品画像
1
スノーボードブーツ バートン ハイラインボア 1枚目

バートン

2
スノーボードブーツ サロモン キアナフォーカス 1枚目

サロモン

3
スノーボードブーツ フロー トレーサー 1枚目

フロー

商品名

ハイラインボア

キアナフォーカス

トレーサー

特徴柔らかい質感は初心者から中級者におすすめ上下2か所のダイヤルで締めつけ感を調節フィット感が高く長時間はいても疲れない
価格21,800円(税込)18,400円(税込)25,480円(税込)
性別メンズレディースメンズ
タイプボアシステムブーツボアシステムブーツボアシステムブーツ
サイズ25.0~30.0㎝23.0~24.5㎝25.0~29.0㎝
商品リンク

【クイックレース】スノーボードブーツのおすすめ人気ランキング3選

続いては、近年人気の高いクイックレースタイプのブーツの紹介です。女性でも扱いやすいので、レディースを2商品紹介していますよ。
3位
性別レディース
タイプクイックレースブーツ
サイズ23.0~25.5㎝
2位
性別メンズ
タイプクイックレースブーツ
サイズ25.0~30.0㎝
1位
性別レディース
タイプクイックレースブーツ
サイズ21.0~25.0㎝

おすすめ人気【クイックレース】スノーボードブーツの比較一覧表

商品画像
1
スノーボードブーツ バートン エメラルド アジアンフィット 1枚目

バートン

2
スノーボードブーツ バートン ルーラー 1枚目

バートン

3
スノーボードブーツ ディーラックス RAY LARA 1枚目

ディーラックス

商品名

エメラルド アジアンフィット

ルーラー

RAY LARA

特徴軽量で扱いやすくフィット力も高い幅広いボーダーに対応する万能ブーツ足型に合わせて成型するサーモインナー採用
価格(税込)19,980円(税込)19,900円(税込)
性別レディースメンズレディース
タイプクイックレースブーツクイックレースブーツクイックレースブーツ
サイズ21.0~25.0㎝25.0~30.0㎝23.0~25.5㎝
商品リンク

【紐タイプ】スノーボードブーツのおすすめ人気ランキング3選

最後に、コアなファンの多い紐タイプのブーツの紹介です。サーティーツーというメーカーが、紐タイプにこだわりのある人気メーカーになっています。
3位
スノーボードブーツ サーティーツー ラッシュド レディース 1枚目
出典:amazon.co.jp

サーティーツーラッシュド レディース

19,440円 (税込)

性別レディース
タイプ紐タイプブーツ
サイズ23.0~25.0㎝
2位
性別メンズ
タイプ紐タイプブーツ
サイズ24.5~27.0㎝
1位
性別メンズ
タイプ紐タイプブーツ
サイズ26.0~27.5㎝

おすすめ人気【紐タイプ】スノーボードブーツの比較一覧表

商品画像
1
スノーボードブーツ ThirtyTwo LASHED 1枚目

ThirtyTwo

2
スノーボードブーツ ヨネックス トリッパー 1枚目

ヨネックス

3
スノーボードブーツ サーティーツー ラッシュド レディース 1枚目

サーティーツー

商品名

LASHED

トリッパー

ラッシュド レディース

特徴ミディアムフレックスでどのような滑りにも対応バドミントンシューズのノウハウを活かした抜群のフィット感紐靴にこだわりのあるメーカー
価格43,599円(税込)28,500円(税込)19,440円(税込)
性別メンズメンズレディース
タイプ紐タイプブーツ紐タイプブーツ紐タイプブーツ
サイズ26.0~27.5㎝24.5~27.0㎝23.0~25.0㎝
商品リンク

お手入れの際には分解して乾かそう!

スノーボードブーツを長持ちさせるためには、使用後にしっかりと乾かしましょう。ただし、そのまま乾かすだけでは内部がしっかり乾ききらず、カビが生えるなどのトラブルが起きることも。それを防ぐためには、「アウターブーツ」「インナーブーツ」「インソール」の3つに分解してから乾かしましょう。

その際に消臭スプレーなどをかけると、嫌な臭いも消えて更にすっきり。次に使うときに気持ちよく使うことができますよ。せっかくのお気に入りのスノーボードブーツが使えなくなってしまわないように、ちょっとの手間をプラスしてあげてくださいね!

その他のスノボグッズも準備しよう!

今回はスノボグッズの中でも特に重要なブーツをご紹介しましたが、ウェアやゴーグルなど、準備しておきたいアイテムはまだまだあります。以下の記事では、レディース用のウェアとネックウォーマー、スキー・スノボ用ゴーグルをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

スノーボードブーツの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スノーボードブーツのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

いかがでしたか?おしゃれなスノーボードブーツがたくさんありますが、やはり楽しくスノーボードをするためには、自分の足に合っていて履き心地がいいかというポイントが一番大事です。

好きなデザインのものを見繕ったら、あとはフィッティングをしっかりとして、疲れにくく足が痛くならないブーツを選んでくださいね。気に入ったブーツをゲットしたら、きっともっと上達できること間違いなしですね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事