• サックス用リードのおすすめ人気ランキング10選【ソプラノ・アルト・テナー・バリトン】のアイキャッチ画像1枚目
  • サックス用リードのおすすめ人気ランキング10選【ソプラノ・アルト・テナー・バリトン】のアイキャッチ画像2枚目
  • サックス用リードのおすすめ人気ランキング10選【ソプラノ・アルト・テナー・バリトン】のアイキャッチ画像3枚目
  • サックス用リードのおすすめ人気ランキング10選【ソプラノ・アルト・テナー・バリトン】のアイキャッチ画像4枚目
  • サックス用リードのおすすめ人気ランキング10選【ソプラノ・アルト・テナー・バリトン】のアイキャッチ画像5枚目

サックス用リードのおすすめ人気ランキング10選【ソプラノ・アルト・テナー・バリトン】

サックスのリードを購入するとき、何となくで選んでしまっていませんか?サックスを演奏する上でとても重要なパーツで、リードを変えるだけで吹奏感や音色を左右してしまうほどですが、レゼルブ・バンドレン・レジェールなど多くのメーカーから発売されており、素材も竹やプラスチックなどさまざま。特に初心者にとっては、どれを選べばいいか分からなくなることも多いかもしれません。

そこで今回は、サックス用リードの選び方とあわせて、おすすめ商品の人気ランキングをご紹介します!リードの寿命を保つための管理方法も紹介していますので、そちらもチェックしてみてくださいね。自分に合ったリードを選んで、演奏を思いっきり楽しみましょう!
  • 最終更新日:2019年05月07日
  • 28,979  views
目次

サックス用リードの選び方

リードを選ぶポイントは大きく分けて4つで、楽器の種類・リードの厚さ(硬さ)・削り方・素材が挙げられます。順に紹介していきますね。

楽器の種類(サイズ)に合わせて選ぶ

楽器の種類(サイズ)に合わせて選ぶ
サックスは、ソプラノ・アルト・テナー・バリトンなどサイズによって分けられています。もっと豊富に種類はありますが、吹奏楽などで主に使われるのはこの4つです。それぞれ音の高さが違い楽器のサイズも違うため、当然リードのサイズも変わります。

ほとんどのメーカーは、各シリーズから4種類それぞれに対応したサイズのリードを販売しているので、好きなシリーズの中から自分の楽器のサイズに合ったものを選ぶようにしてくださいね。

リードの厚さ(硬さ)を選ぶ

リードの厚さ(硬さ)を選ぶ

出典:amazon.co.jp

リードには厚さの違いがあり、それぞれ数字で厚さが表記されています。一般的には、数字が大きくなるほど厚さ・硬さが増すようです。

個人差はありますが、リードが厚いほど息が入れづらく感じる傾向があり、その分吹きこなすと深みのある音が鳴りやすいとされています。反対に薄いほど息を入れやすく、音は鳴らしやすいですが、平たい音になってしまいがち。

初心者は2番や2半、慣れてきたら3番か3半が一般的にはおすすめですが、一番大事なのは自分好みの音を楽に出せる厚さを選ぶこと。また、曲目のテイストや、他の演奏者に合わせて選ぶ方もいるようです。ソロ演奏なら目立つ音が出せる厚さを選ぶといいですし、吹奏楽などでは周りの音に馴染む音が出せるものを選ぶといいでしょう。

リードの削り方を選ぶ

リードの削り方を選ぶ

出典:amazon.co.jp

リードの削り方には2種類あり、ファイルドカットとアンファイルドカットと呼ばれています。吹奏楽などクラシック奏者にはファイルドカットが、ジャズ奏者にはアンファイルドカットが使われることが多い様子。

削られている部分の根元まで削っているのがファイルドカット、削っていないのがアンファイルドカットです。ファイルドカットは明るくクリアな音を出せて、アンファイルドカットはまろやかでソフトな音を出せると言われています。

また、この削っている部分をヴァンプと言い、そのヴァンプの形も選ぶポイント。ヴァンプの口の奥に入る部分をティップ、ヴァンプの中心辺りをハートと呼び、その厚さの差で吹き心地や音色が変わります。

ティップが薄くハートが厚いものは、立ち上がりの速いクリアな音が出せて、クラシック奏者が好むことが多いようです。反対に、ティップが厚くハートが薄いものは倍音を多く含んだコントロールがしやすく、ジャズ奏者に好まれているとのこと。自分が演奏したい曲に合った音を出せる削り方を選びましょう。

リードの素材で選ぶ

リードの素材で選ぶ

出典:amazon.co.jp

以前は、一般的なリードの素材はケーンと呼ばれるもので、日本語で葦と呼ばれる植物からできていました。もちろん今でもケーンを素材としたリードが多いですが、それ以外に樹脂製のリードも広がってきているそうです。

樹脂製のリードは、耐水性や耐久性に優れ、1つ1つに大きな個体差がないことが魅力として上げられています。ただし、ケーン製のリードとは吹き心地や音色に違いが出るため、今までケーン製に慣れ親しんできた方にとっては、違和感を感じることがあるかもしれません。

音色については好みの部分が大きいため、自分の好きな音色が出せる素材を選ぶのが一番です。なお、ケーン製の音色が好きだけど、耐久性や個体差の少なさに魅力を感じるという方は、練習のときは樹脂製を使い、本番はケーン製を使うなど、使い分けるのもおすすめですよ。

サックス用リードのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、サックス用リードのおすすめ商品を紹介していきます。自分の演奏スタイルや好みの音色を考えながら読んでみてくださいね。
10位
削り方アンファイルドカット(バリトン用のみファイルドカット)
厚さの種類2.5・3・3.5・4
対応楽器ソプラノ・アルト・テナー・バリトン
素材ケーン
9位

HarryHartmann ハリーハートマンズ ファイバーリード

3,900円 (税込)

削り方-
厚さの種類S・MS・M・MH・H
対応楽器ソプラノ・アルト・テナー・バリトン
素材ファイバー繊維・麻
8位

D'Addarioリード レゼルヴ サクソフォーン

2,940円 (税込)

削り方ファイルドカット
厚さの種類2・2.5・3・3+・3.5・4・4.5(バリトンは3+はなし)
対応楽器ソプラノ・アルト・テナー・バリトン
素材ケーン
7位
サックスリード バンドーレン サクソフォンリード V.12 1枚目
出典:amazon.co.jp

バンドーレンサクソフォンリード V.12

3,321円 (税込)

削り方ファイルドカット
厚さの種類2.5・3・3.5・4・4.5・5
対応楽器ソプラノ・アルト・テナー・バリトン
素材ケーン
6位
サックスリード FORESTONE アルトサックス用リード トラディショナル M 1枚目
出典:amazon.co.jp

FORESTONEアルトサックス用リード トラディショナル M

1,980円 (税込)

削り方-
厚さの種類XS・S・MS・M・MH・H・XH
対応楽器ソプラノ・アルト・テナー・バリトン
素材竹繊維とPP材の特殊素材
5位
サックスリード バンドーレン サクソフォンリード ジャバ 1枚目
出典:amazon.co.jp

バンドーレンサクソフォンリード ジャバ

2,916円 (税込)

削り方アンファイルドカット
厚さの種類1・1.5・2・2.5・3・3.5・4
対応楽器ソプラノ・アルト・テナー・バリトン
素材ケーン
4位
削り方アンファイルドカット
厚さの種類S・MS・M・MH・H
対応楽器ソプラノ・アルト・テナー・バリトン
素材ケーン
3位
サックスリード レジェール 樹脂製リード シグネチャーシリーズ サクソフォン用 1枚目
出典:amazon.co.jp

レジェール樹脂製リード シグネチャーシリーズ サクソフォン用

3,200円 (税込)

削り方-
厚さの種類2・2-1/2・2-1/4・2-3/4・3・3-1/2・3-1/4
対応楽器ソプラノ・アルト・テナー・バリトン
素材樹脂製
2位
サックスリード RICO リード グランドコンサートセレクト 1枚目
出典:amazon.co.jp

RICOリード グランドコンサートセレクト

2,596円 (税込)

削り方ファイルドカット
厚さの種類2.5・3・3.5・4・5
対応楽器ソプラノ・アルト・テナー・バリトン
素材ケーン
1位
サックスリード バンドーレン サクソフォンリード トラディショナル 1枚目
出典:amazon.co.jp

バンドーレンサクソフォンリード トラディショナル

2,916円 (税込)

削り方ファイルドカット
厚さの種類1・1.5・2・2.5・3・3.5・4・5
対応楽器ソプラノ・アルト・テナー・バリトン
素材ケーン

おすすめ人気サックス用リードの比較一覧表

商品画像
1
サックスリード バンドーレン サクソフォンリード トラディショナル 1枚目

バンドーレン

2
サックスリード RICO リード グランドコンサートセレクト 1枚目

RICO

3
サックスリード レジェール 樹脂製リード シグネチャーシリーズ サクソフォン用 1枚目

レジェール

4
サックスリード RICO リード ラ・ヴォーズ 1枚目

RICO

5
サックスリード バンドーレン サクソフォンリード ジャバ 1枚目

バンドーレン

6
サックスリード FORESTONE アルトサックス用リード トラディショナル M 1枚目

FORESTONE

7
サックスリード バンドーレン サクソフォンリード V.12 1枚目

バンドーレン

8
サックスリード D'Addario リード レゼルヴ サクソフォーン 1枚目

D'Addario

9
サックスリード HarryHartmann  ハリーハートマンズ ファイバーリード 1枚目

HarryHartmann

10
サックスリード WoodStone リード アルトサックス用 1枚目

WoodStone

商品名

サクソフォンリード トラディショナル

リード グランドコンサートセレクト

樹脂製リード シグネチャーシリーズ サクソフォン用

リード ラ・ヴォーズ

サクソフォンリード ジャバ

アルトサックス用リード トラディショナル M

サクソフォンリード V.12

リード レゼルヴ サクソフォーン

ハリーハートマンズ ファイバーリード

リード アルトサックス用

特徴「青箱」の愛称で世界中に親しまれている定番リードまろやかで重厚な音が魅力のリード水分を吸収しないので状態が変わらない薄めのティップでレスポンスの良さを実現「ジャズ向けリードといえば」という人気の一品竹繊維とPP材が配合された素材は耐久性抜群振動しやすい設計で深く豊かな音色が出せる音の立ち上がりに優れていて温かい音色が特徴麻とファイバーの合成繊維!吹奏感と耐久性を兼ね備えたリード明るく煌びやかな音色が特徴
価格2,916円(税込)2,596円(税込)3,200円(税込)2,484円(税込)2,916円(税込)1,980円(税込)3,321円(税込)2,940円(税込)3,900円(税込)2,572円(税込)
削り方ファイルドカットファイルドカット-アンファイルドカットアンファイルドカット-ファイルドカットファイルドカット-アンファイルドカット(バリトン用のみファイルドカット)
厚さの種類1・1.5・2・2.5・3・3.5・4・52.5・3・3.5・4・52・2-1/2・2-1/4・2-3/4・3・3-1/2・3-1/4S・MS・M・MH・H1・1.5・2・2.5・3・3.5・4XS・S・MS・M・MH・H・XH2.5・3・3.5・4・4.5・52・2.5・3・3+・3.5・4・4.5(バリトンは3+はなし)S・MS・M・MH・H2.5・3・3.5・4
対応楽器ソプラノ・アルト・テナー・バリトンソプラノ・アルト・テナー・バリトンソプラノ・アルト・テナー・バリトンソプラノ・アルト・テナー・バリトンソプラノ・アルト・テナー・バリトンソプラノ・アルト・テナー・バリトンソプラノ・アルト・テナー・バリトンソプラノ・アルト・テナー・バリトンソプラノ・アルト・テナー・バリトンソプラノ・アルト・テナー・バリトン
素材ケーンケーン樹脂製ケーンケーン竹繊維とPP材の特殊素材ケーンケーンファイバー繊維・麻ケーン
商品リンク

リードの保管方法

リードの保管方法

出典:amazon.co.jp

お気に入りのリードが見つかったら、なるべく長持ちして欲しいもの。毎日使用していると2~3ヶ月ほどで寿命が来てしまうことが多いですが、雑な保管をしていると、その寿命が更に短くなってしまうこともあります。そのため、保管にも気を使いましょう。

最も確実なのは、きちんとリードケースを用意して収納すること。たくさん入るケースであれば、お気に入りを何枚か収納しローテーションで使用することで、消耗を遅らせることができます。リードケースが用意できない方は、バンドーレンのようなプラスチックの保護容器にしっかり戻して、湿気や衝撃の影響を受けにくい場所で保存するようにしましょう。

いずれにせよ、一度使ったリードをそのまま置いておくだけでは、どんなに品質のいいリードもすぐに痛んでしまうので、何かしらの容器に入れるのは必須ですよ。面倒かもしれませんが、使用後はキチンとケースや容器に戻して、リードの寿命を延ばしてあげましょう!

ケースも忘れず用意しよう!

サックス本体とリードを用意した後は、サックス用ケースも忘れずに用意しましょう。サックスを持ち歩くときの必需品ですし、家で保管するときにも保護のために重要なアイテムなので、自分と自分のサックスに合ったものを購入してくださいね。以下の記事ではケースの選び方やおすすめアイテムのランキングをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

まとめ

サックス用リードについての記事はいかがでしたか?楽器に対してとても小さなパーツですが、サックス演奏で最も重要なパーツと言っても過言ではないのがリードです。

自分の好みの吹奏感や音色、持っているマウスピースとの相性など、自分に合ったものを選ぶことが一番重要なので、できれば気になるものを色々と試してみるのがおすすめですよ。気持ちよく吹けるリードを見つけて、たくさん練習してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す