• 161dbe05e05d8025e5dea1c45ee43ff90255aa43
  • E054ead121555a7ea64e91d272d74924ff2afeb6
  • Cefe7709d5ea39432a0d3c9e9487e6023a906c17
  • Ec427769c301e93acc9a3f9c7faf00b83c425a7a
  • A1d4486276e95ea9ab44136a333af5f1b4db37ae

アクリル接着剤のおすすめ人気ランキング8選

アクリルを溶着してくっつける、「アクリル接着剤」。アクリルを溶かして溶着するため強力に固定ができる接着剤です。アクリサンデー・光・三陽工業などさまざまなメーカーから販売され、アクリル専用タイプ・兼用タイプ・多用途タイプと種類も豊富なのでどれを購入しようか迷うこともありますよね。

そこで今回は、通販で購入できるアクリル接着剤のおすすめ人気ランキングをご紹介します。アクリル接着剤とは何かをよく知って、美しいアクリル作品を作ってみませんか?

最終更新日:2017年08月17日 | 4,188views

接着剤の中でも特殊なアクリル接着剤

アクリル接着剤は、ほかの接着剤と違い「接着」ではなく「溶着」によってアクリルなどの素材を接着させるのが特徴。ジクロロメタン(塩化メチレンとも)などの溶剤を使ってアクリルを溶かして溶着します。溶着は素材同士を一体化させるため、普通に接着剤でくっつけるよりも強度が得られますよ。アクリルをがっちりと接着したい場合は、そのため、アクリル接着剤を使うのがおすすめです。

アクリル接着剤の選び方

何を接着したいかにより、どのアクリル接着剤を選べば良いのか決まります。うっかり間違うと、また購入し直しになるのでよく考えて選んでくださいね。

用途によって適したタイプを使い分ける

アクリル接着剤はアクリル専用・兼用・他プラスチック専用の3つがあり、それに加えてアクリルと異なる素材の接着に便利な多用途タイプ接着剤も加わります。これらは用途によって、どれを使うか異なるためそれぞれ解説します。

アクリル同士の接着におすすめのアクリル専用タイプ

アクリル同士をくっつけたいなら、アクリル専用タイプを使いましょう。成分はジクロロメタン(塩化メチレン)を主としており、アクリルを溶かせるのでがっちりと溶着できます。なおどのメーカーも成分は一緒ですので、使いやすさなどにこだわらなければ容量のみで選んでも構いません。

アクリル以外の素材を接着するなら兼用タイプ

アクリル接着剤には兼用タイプも販売されていて、こちらはアクリル以外にもいくつか有機溶剤に溶けるプラスチックの溶着が可能です。アクリル専用タイプとの違いは、成分の有機溶剤が他のプラスチックにも効果あるものになっています。また塩ビやABS樹脂専用タイプもあるので、アクリル以外のプラスチックを頻繁に使うならそちらの専用タイプも良いでしょう。

ちなみにネット通販で購入する場合は、アクリル専用タイプと兼用タイプは見た目が似ていて間違いやすいので注意してください。

アクリルと異なる素材を接着するなら多用途タイプ

アクリルとプラスチック以外の素材を接着したいなら、普通のアクリル接着剤では無理です。異なる素材とは、金属・皮革・ゴムなどで、これらはアクリル接着剤を使っても溶けません。この場合は瞬間接着剤で、アクリルもくっつけられる多用途タイプを使いましょう。

注意点としてこちらの商品も、接着できる素材の種類は多いものの接着不可なものは、もちろんあるので購入前に確認しましょう。また白化現象も起きる可能性があるため、あまり接着剤をはみ出さないようにしてください。

注入器が使いやすいものだと便利

粘度が低くさらさらしている液体のアクリル接着剤は、注入器を使って接着したい箇所に流し込んで使います。基本的に注入器はどこもセットになっているので、迷いませんが実は使い心地が結構違います。針が太いタイプだと、一気に接着剤が出てしまうので微調整が難しく使いにくくなります。

さすがに針の太さまでは書いてないことが多いので、レビュー・口コミを見て使いやすそうな注入器を見つけましょう。なお別売りのアクリル接着剤用の注射器を使うなら、付属品の注入器は気にしなくて構いません。

最初は少量から。徐々に大容量タイプに

Loading
アクリル接着剤はジクロロメタンという、アクリルを溶かす成分が使われています。また塩化メチレンも、ジクロロメタンの別名なので同じです。そしてアクリル専用タイプのアクリル接着剤なら成分は一緒なので、必要量から選ぶ手もあります。

最初はあまり使わないので少量だけ入ったタイプを購入し、慣れてきて消費量が増えたら大容量タイプを購入しましょう。ただしジクロロメタンは発揮性が高いので、特に大容量タイプはフタを開けたままにすると危険なため注意してください。

アクリル接着剤とアクリル樹脂接着剤は違う

アクリル接着剤と写真のようなアクリル樹脂接着剤は違うため、間違わないように気を付けましょう。特にネット通販なら手に入りにくいアクリル接着剤も簡単に購入できますが、数も多く実物を見れないので間違いやすく注意が必要です。

一般的にアクリル接着剤はアクリル板を接着するためのもので、溶着してくっつけます。ところがアクリル樹脂接着剤は、アクリル樹脂を溶かした接着剤でさまざまなプラスチックや金属などの接着に使います。用途からして違うので、アクリル板の接着に使うならアクリル接着剤を購入してください。

【専用タイプ・兼用タイプ】アクリル接着剤のおすすめ人気ランキング4選

それでは専用タイプ・兼用タイプアクリル接着剤をご紹介します。意外とアクリル接着剤は数が少なく、今回は工業で使われるようなものも入れてみました。また、アクリル樹脂だけでなく、アクリルもOKな多用途タイプの接着剤も、この後にご紹介するので見てみてくださいね!

4位:新興プラスチックス アクリルダインB

新興プラスチックス アクリルダインB

3,179円 (税込)

詳細情報
・容量:500ml
・成分:-
・接着できる物:アクリル樹脂・スチロール樹脂

50年以上前からある人気のアクリルダイン!

少々価格は高いものの、50年以上の実績があるアクリル接着剤。使いやすくキレイにアクリルを接着できます。アクリルダインはA・B・Cの3タイプがあり、今回はBタイプを選択しました。Bはアクリル樹脂とスチロール樹脂の接着に使い、アクリル樹脂にスチロール樹脂をくっつけることも可能です。

またAタイプならアクリル樹脂とスチロール樹脂に加えて、ABS樹脂も可能になっています。さらにCタイプは特殊で、厚いアクリルの接着や、隙間の充てんに使います。このように3タイプで役割が違うので、用途に合ったものを選択してくださいね。

3位:三陽工業 サン・ボンド アクリル用

三陽工業 サン・ボンド アクリル用

1,609円 (税込)

詳細情報
・容量:1L
・成分:ジクロロメタン
・接着できる物:アクリル樹脂

ジクロロメタンが安価で大量に購入できる

アクリルを溶かして溶着させるジクロロメタンが、1Lと大容量サイズで購入できます。アクリル接着剤では二塩化メチレンが使われていますが、これはジクロロメタンの別名なので同じものです。アクリル接着剤を購入すると、1瓶で30mlと少量しか入っていないため大量に欲しいならこちらを購入しましょう。

値段も1Lの大容量にもかかわらず、これだけの低価格なのでお得ですよ!なおジクロロメタンは発揮性があるので、フタを開けたままで放置しないように注意してください。

2位:光 アクリル接着剤

光 アクリル接着剤 ABN-1

436円 (税込)

詳細情報
・容量:30ml
・成分:二塩化メチレン
・接着できる物:アクリル樹脂・スチロール樹脂

人気の光ブランドで、コスパ良く使いやすい

アクリル接着剤では、光はよく知られたメーカーです。こちらは値段が安く、購入しやすいのが特徴。もちろん、注入器も付いてくるので、これがあればすぐに接着作業をすることができます。

また今回は、アクリル樹脂専用タイプをご紹介しましたが、硬質塩化ビニール板とポリスチレン板の兼用タイプもあります。また同梱の注入器が使いにくいなら、同じメーカーよりアクリル接着剤に使える注射器が販売されているのでそちらを使いましょう。レビューでもコスパ良く、接着したい箇所に流し込みやすいと好評ですよ。

1位:アクリサンデー アクリル樹脂用接着剤

アクリサンデー アクリル樹脂用接着剤 30ml

658円 (税込)

詳細情報
・容量:30ml
・成分:二塩化メチレン
・接着できる物:アクリル樹脂・スチロール樹脂・ポリカーボネート樹脂・スチロール樹脂

定番で使いやすいアクリサンデー

アクリル接着剤といえばアクリサンデーと言われるほど、この会社の商品がポピュラーですね。接着剤がサラサラとしているので出しやすく、付属する注入器は針が細いので細かく調整が可能です。またアクリル樹脂はもちろん、ポリカボネート樹脂・ABS樹脂・スチロール樹脂も接着できます。

こちらは、ポピュラーな存在だけあって、レビュー・口コミも豊富にあります。だからこそ情報が集まりやすいので、初めてアクリルを接着したい方はこちらを購入しましょう。レビュー・口コミを見ると、少々慣れは必要なものの頑丈にアクリル樹脂をくっつけられると好評ですよ!

【多用途タイプ】アクリル接着剤のおすすめ人気ランキング4選

こちらはアクリル接着剤ではありませんが、アクリルも接着できる他用途タイプの接着剤です。アクリル同士ではなく、アクリルと違う素材をくっつけたいならこちらを使いましょう。

4位:菱洋 カネスチック

菱洋 カネスチック

280円 (税込)

詳細情報
・容量:-
・成分:-
・接着できる物:アクリル・木材・金属・発泡スチロール・ガラスなど

アクリルも接着できる、なかなか便利なボンド

学校教材として指定されることも多い、さまざまなものを接着できる便利なボンドです。このボンドはアクリルもOKで、それ以外にも木・金属・布・発泡スチロールなどさまざまな素材を接着することができます。木工ボンドではプラスチックの接着は難しいですが、こちらなら簡単にくっつくので便利ですよ。

なお、素材に塗ってからすぐに張り付けるのではなく、しばらく時間を置いてから張り付けるとより接着力が増すのでおすすめです。

3位:コニシ ニューハイスティック

コニシ ニューハイスティック

329円 (税込)

詳細情報
・容量:6ml
・成分:シリル化ウレタン樹脂
・接着できる物:アクリル・ABS・木材・アルミ・ステンレスなど

スティックタイプで手軽に接着できる

便利なスティック状の接着剤で、何とアクリルも接着可能になっています。使い方は簡単でキャップを取り出し、出てきた接着剤を塗りつけるだけ。液体タイプと比べて、かなり簡単に使えるのでお子様にもおすすめです。

接着剤は紫になっていて、どこに塗ったか分かるようになっています。ただし乾燥すれば消えるので、色が付いてしまう心配はありません。意外と強力な接着力なので、手軽に使いたい方はこちらを使ってみてください。

2位:セメダイン スーパーX

セメダイン スーパーX クリア AX-038

325円 (税込)

詳細情報
・容量:20ml
・成分:-
・接着できる物:アクリル・スチロール・ナイロン・塩化ビニル・ステンレス・ゴム・コンクリートなど

Amazonベストセラー1位の大人気な接着剤

Amazonでベストセラー1位を獲得した、大人気の接着剤。レビューも260件を超えているので、どれほど大人気か分かりますね。ちなみに、他の接着剤のレビューは多くても数十件ほどです。耐熱性と耐水性があり、衝撃にも強いのが特徴。アクリルも接着できますが、ステンレスやアルミと言った金属から、ナイロンやポリカボネートのプラスチックも接着可能。

さらに合成ゴムやコンクリート、木材など幅広く接着できます。レビュー・口コミの評価も、ニオイも少なくしっかりくっつくと評判なのでぜひ使ってみてくださいね!

1位:コニシ ウルトラ多用途S・U

コニシ ウルトラ多用途S・U

300円 (税込)

詳細情報
・容量:25ml
・成分:シリル化ウレタン樹脂
・接着できる物:アクリル・ポリカーボネート・木材・コンクリート・フェルトなど

アクリル・ポリカボネートならこちらを使ってみて!

多用途タイプで1番のおすすめは、コニシの「ウルトラ多用途S・U」。シリル化ウレタン樹脂を成分として、アクリルやポリカボネートの接着に最適。もちろんそれ以外にも、木材やコンクリート、フェルトなど様々な素材をくっつけることができます。

ポリスチレンやポリプロピレン、フッ素樹脂などは無理ですが、これはそもそも難接着な素材でくっつけられる接着剤はあまりありません。特にこの接着剤は透明性が高く、透明なアクリルの接着に使ってもほとんど目立たないので気軽に使えます。なお伸ばすためのヘラも最初から付いてくるので、すぐに接着作業に移れますよ!

アクリルをキレイに接着するコツ

アクリル接着剤を使った溶着は、練習を積まないとキレイに仕上げるのは意外と難しい作業です。こちらでコツをご紹介しますので、技術向上に役立ててくださいね。

キレイに仕上げたいなら接着面を磨いておく

Loading
アクリル板を接着する際は、接合面が合ってなかったり平らになってなかったりすると、気泡が入るなどしてキレイに仕上がりません。そのため接合面が自分で切断した箇所なら、平になっているか確認しましょう。

もし平らになってなかったら、スポンジ研磨材やアクリル用の研磨剤を使って研磨します。

白化したらどうすればよい?

アクリルを瞬間接着剤などで接着すると、白く濁ってしまい戻らないトラブルがあります。これは、はみ出してしまった瞬間接着剤が蒸発し、そのまま空気中の水分と反応して固まり広範囲にくっついてしまうため起こる現象です。粉末になった瞬間接着剤により、光が屈折して白く濁って見えるようになります。

これを防ぐには瞬間接着剤が蒸発しないように、必要最小限に抑えてはみ出さないようにすることです。もし白化してしまったら、目の細かい紙やすりなどで削るしか対処法はありません。また細かい傷ができてしまうので、透明度は失われてしまいます。

アクリル接着剤でくっつけたアクリルは剥がせる?

アクリル接着剤を使って溶着したアクリル板を、もう一度元のように分解したいという方もいます。この場合は残念ですが、溶けて一体化しているため元のように戻すことはできません。溶着しているなら物理的に切断して切り離すしかなく、なかなか骨の折れる作業になります。

そのため後で剥がすといった使い方はできないので、接着する前に問題がないかよく考えておきましょう。

まとめ

アクリル接着剤のご紹介はいかがでしたか?

あまりアクリル接着剤は販売されていませんが、ポピュラーなものから大容量タイプまで集めてみました。アクリル接着やアクリルもOKな接着剤を使って、ステキなアクリル作品を作成してくださいね!

関連記事

人気の記事

関連キーワード