• 【耐熱性抜群!】シリコン接着剤のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【耐熱性抜群!】シリコン接着剤のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【耐熱性抜群!】シリコン接着剤のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【耐熱性抜群!】シリコン接着剤のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【耐熱性抜群!】シリコン接着剤のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

【耐熱性抜群!】シリコン接着剤のおすすめ人気ランキング7選

耐熱性や絶縁性に優れる「シリコン接着剤」。固まっても弾力があり衝撃も吸収してくれるので、頑丈だと人気です。でも、実際に使ってみようとしても、放熱用や剥がせるタイプなどの違いがあり、ホームセンターなどでもあまり販売されていない商品なので、どれを購入すればいいのか迷ってしまうこともありますよね。

そこで今回は、シリコン接着剤の選び方のポイントを解説。合わせて、通販で購入できるシリコン接着剤のおすすめ人気ランキングをご紹介していきます。用途にあった商品を、ぜひみつけてくださいね。
  • 最終更新日:2020年01月23日
  • 45,256  views
目次

シリコン接着剤とは?

シリコン接着剤とは?

出典:amazon.co.jp

接着剤を使っていて水に濡れたり、他より熱くなるため剥がれてしまった経験はありませんか?そのような箇所におすすめの接着剤が、産業で使われるシリコン接着剤です。乾燥すると弾力を持ったシリコンゴムになるタイプで、低温から高温まで強いのが特徴。また弾力を持っているため、衝撃を吸収し逃がすので意外と頑丈になっています。

台所といった水回りの補修や直射日光が当たる個所、また弾力性があることから曲げに強く布へのデコレーションとさまざまな使い方ができます。

シリコーン接着剤の選び方

あまり商品数も少なく情報もないので迷いますが、選ぶ際にはポイントがいくつかあります。こちらで選択のポイントをまとめましたので、参考に選んでくださいね!

付加型と湿気硬化型の2種類がある

シリコン接着剤には、付加型と湿気硬化型の2タイプがあります。このうちご家庭で使うなら、湿気硬化型がおすすめ。付加型は過熱による短期間での効果が特徴ですが、ご家庭で加熱処理を行うのはヒートガンなど道具が必要になるので少々難しくなります。

それに比べると空気中の水分で硬化する湿気硬化型は、保管に気を付ける必要があるものの手軽に使えて便利ですよ。ちなみに湿気硬化型の仕組みは、素材の表面にある水酸基(OH)と反応するためです。

用途にあったタイプを選ぶ

用途にあったタイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

販売されているシリコン接着剤は、DIY用に床材を貼り付ける用途や小物の種類に使える小さいチューブタイプなどさまざまなタイプがあります。それぞれ用途に向けて量も性能も最適化されているので、用途に合ったタイプを選びましょう。

放熱性があるタイプはパソコンにも使える

放熱性があるタイプはパソコンにも使える

出典:amazon.co.jp

シリコン接着剤には、パソコンの基盤に置く部品の固定に使えるタイプも販売されています。また放熱性を持たせたタイプも販売されており、こちらはCPUとヒートシンクの間に塗る放熱用のグリースとしても使えます。

ただし同じパソコン用でも、ただ部品を固定するだけの放熱性がないタイプも販売されていて、そちらはグリースには使えないので注意してください。

剥がせるタイプも便利

剥がせるタイプも便利

出典:amazon.co.jp

一時的に貼り付けておきたくても、粘着テープでは十分な強度が出ないときがあります。そのようなときに便利なのが、後で剥がせるタイプのシリコン接着剤。こちらはシリコンの性質を利用し、十分な接着力を持ちつつ跡が残らずキレイに剥がせる不思議な接着剤です。

シリコン接着剤なら普通の接着剤では無理な、ポリプロピレンやポリエチレンもOKな物もあるので便利。さらに、車のダッシュボードに様々な物を、一時取り付けも可能になります。

床や壁のDIYに使うなら、F☆☆☆☆表記がおすすめ

床や壁のDIYに使うなら、F☆☆☆☆表記がおすすめ

出典:amazon.co.jp

DIYで床や壁紙の張り替えを、自分で行う方も増えました。シリコン接着剤には、DIY用の床や壁紙に使うタイプも存在します。もしこのようなDIY用にシリコン接着剤を購入するなら、「F☆☆☆☆」の表記があるものを購入しましょう。

このマークは、人体に有害なホルムアルデヒドの拡散量が少ないので、シックハウス症候群の予防になり安心して住めるからです。特に化学物質に過敏な方は、使っている接着剤によってアレルギーのような症状が現れるケースも多いので注意しましょう。

シリコン接着剤のおすすめ人気ランキング7選

それではシリコン接着剤をご紹介します。主成分にはもちろんシリコン樹脂を使っていますが、それ以外に入っている成分により様々な働きが生まれます。そのため同じシリコン接着剤でも、特徴が違っているのでよく見て選んでくださいね!
7位
シリコン接着剤 HALNZIYE  ヒートシンク用シリコン接着剤  1枚目

HALNZIYE ヒートシンク用シリコン接着剤

HY910

320円 (税込)

容量50ml
成分シリコーン樹脂・熱伝導材
耐熱温度-60~250度
接着できないもの-
硬化時間12時間目安
6位
容量10g
成分シリコーン樹脂
耐熱温度-
接着できないもの-
硬化時間-
5位
容量3g
成分シリコーン樹脂など
耐熱温度-60~260度
接着できないもの-
硬化時間1時間(実用)・24時間(完全)
4位

セメダイン床用変成シリコン系接着剤 フロアロック

1,018円 (税込)

容量600ml
成分変成シリコーン樹脂
耐熱温度-
接着できないもの-
硬化時間-(オープンタイプは夏場20分・冬場40分)
3位
容量10g
成分シリコーン樹脂(90%)
耐熱温度-
接着できないものフッ素樹脂
硬化時間30~60分(実用)・24時間(完全)
2位
容量100g
成分シリコーンゴム
耐熱温度-40~180度
接着できないもの-
硬化時間-
1位
容量20g
成分変成シリコン樹脂
耐熱温度-10~85度
接着できないもの貴金属・食器・フッ素樹脂・紙など
硬化時間-

おすすめ人気シリコン接着剤の比較一覧表

商品画像
1
シリコン接着剤 エーモン はがせるシリコン粘着剤 1枚目

エーモン

2
シリコン接着剤 信越  一般電気用RTVゴム  1枚目

信越

3
シリコン接着剤 KAWAGUCHI  シリコンゴム用ボンド 1枚目

KAWAGUCHI

4
シリコン接着剤 セメダイン 床用変成シリコン系接着剤 フロアロック 1枚目

セメダイン

5
シリコン接着剤 ZeroNoise 耐熱シリコンゴム接着剤 1枚目

ZeroNoise

6
シリコン接着剤 YOU  布に簡単ボンドデコマルチデコデコ 1枚目

YOU

7
シリコン接着剤 HALNZIYE  ヒートシンク用シリコン接着剤  1枚目

HALNZIYE

商品名

はがせるシリコン粘着剤

一般電気用RTVゴム

シリコンゴム用ボンド

床用変成シリコン系接着剤 フロアロック

耐熱シリコンゴム接着剤

布に簡単ボンドデコマルチデコデコ

ヒートシンク用シリコン接着剤

特徴ダッシュボードへのアイテム取り付けにおすすめ電気部品の固定と絶縁に!シリコンゴムの接着におすすめ使いやすい床用のシリコン接着剤。F☆☆☆☆取得で安心!電気部品の固定に!絶縁性と耐熱性が高くおすすめです布のデコレーションに最適。洗濯も大丈夫熱伝導材を配合で、放熱可能になったシリコン接着剤!
最安値
624
送料別
詳細を見る
764
送料要確認
詳細を見る
306
送料要確認
詳細を見る
1,018
送料別
詳細を見る
500
送料要確認
詳細を見る
520
送料要確認
詳細を見る
320
送料別
詳細を見る
容量20g100g10g600ml3g10g50ml
成分変成シリコン樹脂シリコーンゴムシリコーン樹脂(90%)変成シリコーン樹脂シリコーン樹脂などシリコーン樹脂シリコーン樹脂・熱伝導材
耐熱温度-10~85度-40~180度---60~260度--60~250度
接着できないもの貴金属・食器・フッ素樹脂・紙など-フッ素樹脂----
硬化時間--30~60分(実用)・24時間(完全)-(オープンタイプは夏場20分・冬場40分)1時間(実用)・24時間(完全)-12時間目安
商品リンク

スムーズな作業のポイント

接着作業に慣れていない方に向けて、スムーズに作業をするコツをご紹介します。また初心者がしがちな、うっかりポイントも合わせてお伝えするので、初めて接着する際は読んでおきましょう。

硬化時間も考えておくと、スムーズに作業が終わる

硬化時間も考えておくと、スムーズに作業が終わる
シリコン接着剤と言っても、各社ごと様々な工夫をしていてシリコン樹脂に何か混ぜることでより使いやすくしています。そのため硬化時間は、同じシリコン樹脂でも異なります。瞬間接着剤ではないシリコン接着剤は、仮止めのような状態になるには最低でも1時間が必要で、完全に硬化するなら10時間以上が必要です。

短時間の乾燥で使用したいなら、できるだけ早く硬化するタイプを選びましょう。また気温にも効果時間は左右されるので、その時の季節を考慮して選ぶことも大切です。

シリコンのシーリング材は充てんに使うもの

シリコンのシーリング材は充てんに使うもの

出典:amazon.co.jp

シリコン接着剤をネットで探すと、シリコンのシーリング材やコーキング材も一緒に出てきます。似たような製品なので間違いやすいものの、これは接着ではなく隙間を埋めるための充てんに使うものです。

具体的な用途は、DIYをしていて壁や床に隙間が出来てしまったときは、これで埋めて処理をします。そのため接着に使うなら、シーリング材やコーキング材ではなくシリコン接着剤を選びましょう。

シリコン接着剤が手についてしまったら

シリコン接着剤が手についてしまったら
接着作業の際に手にシリコン接着剤が付いてしまった場合、石鹸や洗剤で洗っても取れません。耐水性だけでなく、石鹸や洗剤も弾くためです。この場合のおすすめの対処法は、使い古した歯ブラシを使って掻き出す方法。

手に付いたシリコン接着剤は、指紋の隙間にに入り込んでいるので、ただ拭き取るだけでなくこすって掻き出す必要があります。なお強くこする必要はなく、シリコン接着剤が付いている箇所を優しく磨けば大丈夫です。

まとめ

シリコン接着剤をご紹介しました。

耐えられる温度範囲が幅広く、極低温から高温まで使える安定さがシリコン接着剤の特徴です。ただしデメリットとして、あまり商品が少ないので見つけにくいことがあります。ネット通販なら、そのようなシリコン接着剤も簡単に購入できるので、試してみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す