• D2f7040e5e7dafaf872df92bae8286cc9b11d800
  • A1bb3a2d817f94ccf0d87a5431a057b7113fdfdc
  • 5eb8f500363ca3af03fb402f9d6870160b933052
  • 5dac21e34f2bbfaef18c54953976ccf2955ec4ff
  • 0dd5cbbf55f0717f214a1dadeb429809f06b9b4d

自撮り棒のおすすめ人気ランキング10選【2017年最新版】

スマホでの撮影に今や欠かせないアイテムである自撮り棒(セルカ棒)。いざ買おうと思っても、iPhone/androidの対応形式はもちろん、イヤホンジャックやWi-Fiといった接続方法など、選択肢が多くて選び方に悩んでいませんか?一口に自撮り棒と言っても、コンパクトで軽い折りたたみタイプ、おしゃれで可愛いタイプ、三脚としても使えるタイプなど、様々な特徴のある商品が販売されています。

今回は、市販や通販で購入できる人気商品を値段や口コミを比較して、おすすめの自撮り棒ランキングをご紹介したいと思います。最新の自撮り棒が続々登場しますよ!お楽しみに♪

最終更新日:2017年07月03日 | 74,811views

自撮り棒の選び方

自撮り棒にも様々な種類があります。買ってみたものの使いにくい!なんてことにならないように、選ぶ際に確認したいポイントをご説明します。

自撮り棒の種類

自撮り棒には大きく2種類あります。ただ単にスマートフォンを固定する機能だけのシャッター無しタイプと、持ち手部分にシャッターがついているタイプです。さらに、シャッター付きタイプも有線タイプと無線タイプがあります。

以下に、シャッター無しタイプとシャッター付きタイプのメリット・デメリットをご説明します。

シャッター無しタイプ

スマートフォンを固定する機能だけなので、圧倒的に安いです。シャッター付きの自撮り棒が欲しいけど、予算が足りない!という人は、シャッターなしの自撮り棒と、別売りのリモコンを購入しましょう。シャッター付きの自撮り棒の1/3程度の費用で収まります。
ただし、リモコンは小さいのでなくしやすいのが欠点です。また片手で自撮り棒を持って、もう片方の手でリモコンを持たないといけないので、ポーズが限られてしまいます。

シャッター付き有線タイプ

スマホのイヤホンジャックに自撮り棒のコードをつないで使用します。初期設定など不要で、コードを挿せば使えるので、説明書読むのが苦手な人、機械音痴の人におすすめです。

ただしスマホピアスを使用している人や、スマホカバーがイヤホンの穴をふさいでしまっている人は、イヤホンジャックを使えるように準備する手間が発生してしまいます。

シャッター付き無線タイプ

Blootoothでスマホと自撮り棒を接続するタイプです。一度設定すれば、自動で接続してくれるのでとても便利です。自撮り棒をリモコンとしても使用できる点も嬉しいですね。

ただし欠点は、初期設定が必要なことです。Bluetoothなんて聞いたことない!という人には少しハードルが高いかもしれません。また自撮り棒自体に充電が必要です。充電が切れてしまった場合にはただの棒になってしまいますので、気をつけたいですね。

対応OS

自撮り棒がどのスマホに対応しているかも確認するようにしましょう。

対応OSタイプは、iOS対応・android対応・両方対応の3種類があります。自分のスマートフォンだけでの使用を検討しているのであれば、どちらか一方に対応していれば問題ありません。複数人でシェアする時を考慮すると、両方に対応しているものが安心です。

対応スマートフォンサイズ

iPhone以外のスマートフォンは機種によってサイズがバラバラですし、iPhoneであってもケースのデザインによっては、自撮り棒のスマホ固定部分に、はまらない場合があります。大型対応と記載してあったとしても、カバー付きで設置可能かどうかまで確認するようにしましょう。

グリップの安定性

グリップの素材にはスポンジ、ゴム、プラスチックがあります。握った時に滑らずブレないように、店頭で購入する際はしっかりと握りやすさを確認しましょう。一般的には滑りにくいゴムの素材がおすすめです。

自撮り棒の長さ

長ければ長いほうがいいのかと言うと、そんなことはありません。つなぎ目が多くなると耐久性が低くなってしまうからです。必要以上に長すぎないものを選びましょう。一般的には自撮り棒として使いやすい長さは70cm程度です。

ほとんどの自撮り棒は20cm~100cmの間で伸縮します。固定できる場所が何段階かで決められているタイプよりも、好きな長さで固定できるタイプの方が使用しやすいです。

持ち運びしやすさ

自撮り棒を使うシーンはほとんどが外出時です。三脚などと違って頑丈さはさほど必要ないことから、コンパクトかつ軽量に作られている商品が多いです。

外出時に使うカバンに入るか、重さは苦にならない程度かを確認するようにしましょう。

自撮り棒のおすすめ人気ランキング10選

それでは、自撮り棒のおすすめ人気ランキングをご紹介します。上記でご説明したポイントをご参考に、自分の使い方に合った自撮り棒をお探しください♪

10位:Dizaul 新型ミニセルカ棒

Dizaul 新型ミニセルカ棒
230円(税込)

可愛さ抜群!カラーも選べる自撮り棒

自撮り棒がどんなものか試してみたいという方におすすめなのが、このアイテム。500円以下で手軽に購入できちゃいます。さらに手のひらに収まってしまうほどにコンパクトなのも嬉しいポイントです。

スポンジのグリップ部分は、ポップでカラフルな5種類の色から選べます。お値段重視のアイテムなので、耐久性を重要視しない方にはぴったりの自撮り棒です。

9位:エレコム Selfie Stick Compakt

ELECOM selfie stick P-SSYLPN
2,352円(税込)

持ち運びたくなるコンパクトタイプ

バッグにしまう際には13cmまでコンパクトになり、スマートフォンホルダーも折りたたむことができるので場所を取りません。重量もわずか約60g。収納に困らない自撮り棒を探している方に最適な逸品です。ただし、42㎝までしか伸びないので注意が必要。

また、持ち運びに便利なカラビナやストラップも付いているので、旅行やイベント時にも活躍すること間違いなしのアイテムです。


8位:ルプラス マジ撮りスティックミニ

LEPLUS マジ撮りスティック ミニ
4,980円(税込)

リモコンボタンでしっかり撮影

Bluetooth対応のリモコンボタンを採用しているためブレにくく、好きなポーズをいろんな角度から簡単に撮影することができます。しかし、リモコンをなくしてしまう可能性があるのと、両手を使って撮影しなければならないのが難点。

スタイリッシュでおしゃれな持ち手部分にはゴム素材が使用されているので、滑りにくく安心して自撮りを楽しめるアイテムです。

7位:kjstar 折り畳みセルカ棒2016

kjstar 折り畳みmini 2016
980円(税込)

可愛さと使い勝手抜群!コンパクトモデル

16.5cmまで小さく折りたためるこのアイテムは、持ち運びに便利。カラーも5種類から選ぶことができるので、かわいいものが好きな女の子にぴったりのアイテムです。

アウトカメラでは難しかった撮影も、この自撮り棒ならとっても簡単。スマートフォンホルダーに鏡が付いているので、しっかり確認しながら思い通りの撮影が楽しめます。

非対応のスマートフォンだと使用できないので、しっかり確認してから購入しましょう。

6位:ヴューイング セルカ棒 V-004

viewing セルカ棒 V-004
1,499円(税込)

美白にこだわる人には断然おすすめ

2種類のLEDライトが搭載されており、ナチュラルからゴージャスまで、光の強さを3段階調節することが可能です。viewingの自撮り棒を使うだけで簡単に美白効果の高い写真を撮ることができます。夜間の撮影でも活躍すること間違いなしのアイテムです。

また内側には鏡がついているので、アウトカメラで撮影したいときでも位置を確認しながら安心して撮影できます。ただし、鏡とライトは併用できないので注意が必要。

5位:Foneso Bluetooth スマホ自撮り棒

Foneso Bluetooth スマホ自撮り棒
2,298円(税込)

三脚付きで本格的な撮影も可能

Fonesoの自撮り棒は、通常の手で持った自撮り棒としての撮影、そして三脚を使用する安定した撮影、2種類の撮影方法が楽しめます。三脚も重量感があるしっかりとした、安心感のある作りです。

Bluetooth対応のマジックテープ付きリモコンボタンを採用しており、離れた場所でも簡単に撮影できます。デジカメにも対応しているので、集合写真を撮ることが多い方にぴったりなアイテムです。

4位:Luxebell Gopro用自撮り棒

Luxebell® Gopro用自撮り棒
1,599円(税込)

アウトドアでの動画撮影に最適

パイプが太くしっかりとした作りなので重そうにも見えますが、アルミ製で重量約96gの軽量モデル。防水加工がされており、水中でも故障や錆を気にせず使用可能です。

スマホだけなく、本格的なカメラやデジカメ、ビデオカメラも取り付けることができます。長さも好きなところで調節可能なので、アウトドアを楽しむ方にもおすすめのアイテムです。

3位:SIDARDOE 自撮り棒

SIDARDOE 自撮り棒
999円(税込)

大切なスマホをしっかりホールド

SIDARDOEの自撮り棒はamazonでも人気のアイテムです。スマートフォンのホルダー部分にはゴム素材が使われており、しっかりとした溝もあるので大切なスマートフォンを落としてしまう心配もありません。

イヤフォンジャックを使った有線タイプなので難しい設定もすることなく、手元のボタンだけで誰でも簡単に撮影できます。初めての方にもおすすめしたい逸品です。

2位:MSソリューションズ SELF SHOT STICK

MS Products LEPLUS SELF SHOT STICK LP-JDB01
1,699円(税込)

思い通りの角度で自由に撮影

Bluetooth対応で持ち手部分にあるボタンを押せばすぐに撮影でき、スマートフォンを取り付けるのも簡単。ゴム製のグリップは手にしっかりフィットしてブレにくく、使いたいと思ったときに素早く撮影することが可能です。

さらにホルダー部分は前後に180度回転させることができるので、長さを調節してあとは最適な角度に合わせるだけで、思い通りの撮影を簡単且つスピーディーに楽しめます。

1位:TaoTronics 自撮り棒 TT-SH10

TaoTronics 自撮り棒 TT-SH10
1,599円(税込)

高級感と安定感のある自撮り棒

Bluetooth対応のシルバーとブラックで統一され、細部までこだわりのあるしっかりとした作りの本体は、高級感があふれます。伸ばした際にも揺れることなく、安定した自撮りを自由に楽しめる優れもの。

またスマートフォンホルダーを折りたたんで収納することができ、重厚感のある見た目とは裏腹に重量約150gと軽量で持ち運び時にも邪魔になりません。さらにコスパにも優れており、とても満足度の高い安定の逸品です。

まとめ

自撮り棒のおすすめ人気ランキングはいかがだったでしょうか?

友達とワイワイするときや旅行先では欠かせない自撮り棒。完璧な写真にこだわりたいですよね!ランキングを参考にして、失敗なく撮りやすくてかわいい自撮り棒をゲットしてくださいね♪

人気の記事

関連キーワード