• スマホ用三脚のおすすめ人気ランキング10選【LAOG・Manfrottoも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • スマホ用三脚のおすすめ人気ランキング10選【LAOG・Manfrottoも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • スマホ用三脚のおすすめ人気ランキング10選【LAOG・Manfrottoも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • スマホ用三脚のおすすめ人気ランキング10選【LAOG・Manfrottoも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • スマホ用三脚のおすすめ人気ランキング10選【LAOG・Manfrottoも!】のアイキャッチ画像5枚目

スマホ用三脚のおすすめ人気ランキング10選【LAOG・Manfrottoも!】

好みのアングルで写真や動画を撮影でき、手振れを防ぐことができる便利なアイテム「スマホ用三脚」。カメラに使うものと同様のタイプや、脚が自由に動かせるタイプなどもあり、各社で機能も多種多様。数多くの製品が販売されているため、どれを購入すれば良いか迷ってしまいそう…。


そこで今回は、スマホ用三脚の選び方と通信販売でも購入できる人気商品を、ランキング形式でご紹介します。お気に入りのスマホ用三脚を使って、ベストショットを狙いましょう。

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 5,858  views
目次

スマホ用三脚の選び方

まずは、スマホ用三脚の選び方についてのご紹介です。どこで、どのような写真を撮るかによって、相応しいものは異なります。選び方を参考に、ピッタリな三脚を見つけてくださいね。

撮影シーンに合わせたタイプを選ぼう

スマホ用三脚には脚の形状によって、標準タイプと柔軟脚タイプに分けられます。場所などによってふさわしいタイプは変わりますので、撮影シーンに合わせたタイプを選びましょう。

平坦な場所に最適な「標準タイプ」

平坦な場所に最適な「標準タイプ」

出典:amazon.co.jp

三脚といって一番に思い浮かべるタイプが、こちら。3本の真っ直ぐな脚を広げ使用する標準タイプは、平面な場所での撮影が多い方におすすめです。脚がしっかりしているので設置しやすく、運動会などで動画撮影をしたい場合に最適。種類も多いため、自分のスマホに合った三脚を見つけることができますよ。


平面な場所での撮影にもってこいな標準タイプですが、凹凸のある場所での撮影には向いていません。三脚が倒れてスマホが壊れてしまわないよう、十分ご注意くださいね。

使い道いろいろ「柔軟脚タイプ」

使い道いろいろ「柔軟脚タイプ」

出典:amazon.co.jp

さまざまなアングルで撮影したい方におすすめなのが、柔軟脚タイプです。名前の通り、脚が自由に曲げることができ、凹凸のある場所に設置しやすいことが特徴。地面だけではなく、木の枝や手すりに巻き付けたり、引っ掛けたりして撮影することで、アングルの変更も自由自在です。


使い方次第でいろいろな使い道のできる柔軟脚タイプですが、平坦な場所では脚がバランスがとりにくく、撮影中に倒れてしまうことも。しっかり固定しなければスマホごと落ちてしまうので、安定した状態が作れているかには注意して使うことが必要です。

持っているスマホに対応しているか要チェック

持っているスマホに対応しているか要チェック

出典:amazon.co.jp

当然のことではありますが、スマホ用三脚を購入する際は、自分のスマホを取り付け可能かチェックしてください。スマホ用三脚は、ほとんどのスマホに対応していますが、中にはiPhone Plusシリーズのような、大きなサイズのスマホには使用できないものもあります。


三脚を購入したのに取り付けできなかった…ということにならないよう、特にサイズの大きなスマホをお持ちの方は、対応機種をしっかり確認しておきましょう。

三脚の安定に関わる!耐荷重を確認しよう

三脚の安定に関わる!耐荷重を確認しよう

出典:amazon.co.jp

スマホのサイズに対応しているかも重要ですが、重さに耐えられるかも要チェックです。三脚が耐えられるスマホの重さは、商品によって異なります。耐荷重を超えたスマホを取り付けると、重さに耐えられず倒れてしまったり、三脚自体が壊れてスマホが破損してしまうことも。

自分のスマホの重さを考え、耐荷重ギリギリの三脚ではなく、余裕を持ったものを購入するのがおすすめです。

脚の長さが調節できると、さまざまな構図が楽しめる

脚の長さが調節できると、さまざまな構図が楽しめる

出典:amazon.co.jp

スマホ用三脚の脚の長さは、商品によって異なります。撮影対象が遠い場合は、脚の長い三脚が必要になります。逆に脚の短いタイプであれば、低いアングルでの撮影にピッタリ。脚の長さについては、どのような構図で撮影したいかを考えて選びましょう。


なお、標準タイプのスマホ用三脚には、脚の長さが調節できるようになっているものも少なくありません。調整可能なタイプなら、同じ場所でも、さまざまな構図で撮影することができますね。

アングルの微調整を行いたいときは、雲台にも注目しよう

アングルの微調整を行いたいときは、雲台にも注目しよう

出典:amazon.co.jp

スマホを三脚に取り付け、アングルの調整を行う「雲台(うんだい)」部分にも注目!通常、雲台はハンドルを操作で上下左右に角度を変更しますが、より細かく調整を行いたいなら、傾きを変更できるものがおすすめです。


なお、特に自由にアングルを変更できるタイプがいいなら、雲台の可動部に球体を使用しているタイプもおすすめ。ただしこちらは角度調整の自由度が高いものの、微調整が難しいといった特徴もあります。この点には注意しておきましょう。

コンパクトに収納できると持ち運びに便利

コンパクトに収納できると持ち運びに便利

出典:amazon.co.jp

スマホ用三脚は家の中で使用するよりも、外出先で使用することが多いはず。そのため、お出かけ中の邪魔にならないように、スマホ用三脚は軽量でコンパクトなものがおすすめです。

鞄に入れやすいように、使用後は脚を折りたたんで小さくできるものや、三脚以外のその他の部品と一緒に収納できる専用の袋が付いているものもありますよ。使いたいときにサッと取り出せるかも、確認しておきましょう。

スマホ用三脚以外でも活用できるとベター

スマホ用三脚以外でも活用できるとベター

出典:amazon.co.jp

スマホ用三脚にはスマホだけではなく、カメラにも対応した商品もあります。このようなタイプを選べば、カメラとスマホを状況によって使い分けることができますよ。また、みんなと使う際には三脚、一人のときには自撮り棒と、2WAYタイプの三脚も販売されています。

その他の機能も要チェック!

その他の機能も要チェック!

出典:amazon.co.jp

スマホ用三脚には、スマホを固定するだけではなく、便利な機能を搭載しているものもあります。集合写真を撮りたい方には、リモコン付きの三脚がおすすめ。離れていてもシャッターが切れるので、全員で写ることができますよ。リモコンには有線のものだけでなく、Bluetooth機能を使用したものもあります。


その他にも、傾きを知ることができる水平器搭載のものや、スマホの転落防止に滑り止めが付いているものなど、三脚によって機能はさまざま。よりきれいな写真を撮るためにも、このような機能を活用してみてはいかがでしょう?

スマホ用三脚の人気ランキング10選

それでは、スマホ用三脚の人気商品をご紹介します。どれも使いやすいものばかりですので、選び方を参考に、自分に合ったものを見つけましょう。
10位
タイプ標準
対応機種8.5cmまで
耐荷重1kg
サイズ収納時13cm
重さ85g
脚の長さ
兼用
その他の機能滑り止め
9位
タイプ標準
対応機種10cmまで
耐荷重
サイズ収納時18cm
重さ250g
脚の長さ
兼用カメラ・自撮り棒
その他の機能Bluetoothリモコン
8位
タイプ柔軟脚
対応機種約5.5インチ
耐荷重
サイズ約7cm
重さ約330g
脚の長さ
兼用デジカメ・一眼レフ
その他の機能
7位
タイプ標準
対応機種8.35㎝まで
耐荷重1kg
サイズ26cm
重さ222g
脚の長さ
兼用動画撮影グリップ
その他の機能
6位
タイプ標準
対応機種3.4インチ以内のデバイス
耐荷重
サイズ収納時40cm
重さ400g
脚の長さ4段階変更可能
兼用カメラ・デジカメ・ビデオカメラ
その他の機能Bluetoothリモコン・水平器・滑り止め
5位
タイプ柔軟脚
対応機種iOS6.0.以上・Android4.2以上
耐荷重
サイズ約21cm
重さ
脚の長さ約12cm
兼用カメラ・デジカメ・ビデオカメラ・自撮り棒
その他の機能Bluetoothリモコン・滑り止め
4位
タイプ標準
対応機種Android4.2.2&以上・iPhone ios6.0&以上
耐荷重
サイズ
重さ約170g
脚の長さ約16cm
兼用デジカメ・一眼レフカメラ・自撮り棒
その他の機能Bluetoothリモコン・滑り止め・収納バッグ
3位
タイプ標準
対応機種約55~85mm
耐荷重1.5kg
サイズ収縮時35cm
重さ500g
脚の長さ4段階(35cm~102cm)
兼用カメラ・デジカメ
その他の機能Bluetoothリモコン・滑り止め・収納バッグ
2位
タイプ柔軟脚
対応機種最大約8.5cm幅まで
耐荷重1.5kg
サイズ約24cm
重さ20g
脚の長さ20cm
兼用×
その他の機能滑り止め
1位
スマホ
三脚 LAOG 最新型スマートフォン対応三脚
出典:amazon.co.jp

LAOG最新型スマートフォン対応三脚

SR-917

1,930円 (税込)

タイプ標準
対応機種ほぼ全てのスマホに対応
耐荷重
サイズ収納時35cm
重さ420g
脚の伸縮4段階(34~86cm)
兼用カメラ・デジカメ兼用可
その他の機能水平器・収納バッグ

人気スマホ用三脚の比較一覧表

商品画像
1
スマホ
三脚 LAOG 最新型スマートフォン対応三脚

LAOG

2
スマホ
三脚 Vikrin スマホ三脚

Vikrin

3
スマホ
三脚 COCHING スマホ三脚

COCHING

4
スマホ
三脚 LST 三脚スタンド

LST

5
スマホ
三脚 Q-Yuan iphone用三脚ホルダー

Q-Yuan

6
スマホ
三脚 Kwithan スマートフォン三脚

Kwithan

7
スマホ
三脚 Manfrotto ミニ三脚

Manfrotto

8
スマホ
三脚 Zecti スマホ三脚

Zecti

9
スマホ
三脚 Fanrong 新型三脚自撮り棒

Fanrong

10
スマホ
三脚 PEYOU ミニ三脚

PEYOU

商品名

最新型スマートフォン対応三脚

スマホ三脚

スマホ三脚

三脚スタンド

iphone用三脚ホルダー

スマートフォン三脚

ミニ三脚

スマホ三脚

新型三脚自撮り棒

ミニ三脚

特徴ワンタッチアジャスターで簡単操作!色んなカメラに使える...自由な脚とラバー製滑り止めで、どんな場所にもしっかり固定360度動く雲台と4段階調節可能な脚で、アングルは自由自在!自撮り撮影にピッタリな、コンパクト三脚スポンジ状滑り止めとフレキシブルな脚で、好きな場所に固...軽量&コンパクト。デジカメ・ビデオカメラも使えて汎用性...写真も動画もコレでおまかせ!くねくね動く脚で固定し、好みのアングルから撮影しよう7段階伸縮で、狙ったアングルも思いのまま動画観賞やテレビ電話にも使える卓上三脚
価格1,930円(税込)1,279円(税込)1,499円(税込)1,099円(税込)950円(税込)2,199円(税込)3,654円(税込)2,399円(税込)2,990円(税込)899円(税込)
タイプ標準柔軟脚標準標準柔軟脚標準標準柔軟脚標準標準
対応機種ほぼ全てのスマホに対応最大約8.5cm幅まで約55~85mmAndroid4.2.2&以上・iPhone ios6.0&以上iOS6.0.以上・Android4.2以上3.4インチ以内のデバイス8.35㎝まで約5.5インチ10cmまで8.5cmまで
耐荷重1.5kg1.5kg1kg1kg
サイズ収納時35cm約24cm収縮時35cm約21cm収納時40cm26cm約7cm収納時18cm収納時13cm
重さ420g20g500g約170g400g222g約330g250g85g
脚の伸縮4段階(34~86cm)20cm4段階(35cm~102cm)約16cm約12cm4段階変更可能
兼用カメラ・デジカメ兼用可×カメラ・デジカメデジカメ・一眼レフカメラ・自撮り棒カメラ・デジカメ・ビデオカメラ・自撮り棒カメラ・デジカメ・ビデオカメラ動画撮影グリップデジカメ・一眼レフカメラ・自撮り棒
その他の機能水平器・収納バッグ滑り止めBluetoothリモコン・滑り止め・収納バッグBluetoothリモコン・滑り止め・収納バッグBluetoothリモコン・滑り止めBluetoothリモコン・水平器・滑り止めBluetoothリモコン滑り止め
商品リンク

カメラアプリでさらに個性的な写真を!

今回ご紹介してきた三脚で撮影するなら、スマホ側のカメラアプリにもこだわりたいところ。数多くのフィルターを備え、高画質に撮れるアプリもたくさんありますので、使わない手はありません。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

スマホ用三脚の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スマホ用三脚のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

スマホ用三脚についてご紹介しましたが、いかがでしたか。きれいな写真を撮影したいなら、スマホ用三脚がとっても便利です。選び方を参考に、お気に入りの三脚を見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す