• クコの実(ゴジベリー)のおすすめ人気ランキング7選【美容・健康効果抜群!】のアイキャッチ画像1枚目
  • クコの実(ゴジベリー)のおすすめ人気ランキング7選【美容・健康効果抜群!】のアイキャッチ画像2枚目
  • クコの実(ゴジベリー)のおすすめ人気ランキング7選【美容・健康効果抜群!】のアイキャッチ画像3枚目
  • クコの実(ゴジベリー)のおすすめ人気ランキング7選【美容・健康効果抜群!】のアイキャッチ画像4枚目
  • クコの実(ゴジベリー)のおすすめ人気ランキング7選【美容・健康効果抜群!】のアイキャッチ画像5枚目

クコの実(ゴジベリー)のおすすめ人気ランキング7選【美容・健康効果抜群!】

「ゴジベリー」や「ウルフベリー」の愛称でも親しまれている「クコの実(枸杞子)」。薬膳にも使われている他、100種類近くものビタミン、ミネラルなどを含んでおり、地球上でもっとも豊富な栄養素を含む「スーパーフルーツ」のひとつとして、近年人気が高まっています。ほのかな甘酸っぱさと独特の食感で、毎日約10粒程度摂取すれば、美容と健康に美容に役立てることができるそう。中国の名産地寧夏産のクコの実を扱う『蓬莱の八仙』や、オーガニック認定が嬉しい『Sunfood』など、さまざまなメーカーから商品が出ていますが、どうせならできるだけおいしい商品を選びたいですよね。

今回は、口コミなどで評判のおすすめのクコの実を比較しつつ、ランキング形式でご紹介します。健康維持に欠かせないとされるクコの実は、毎日サプリ感覚で美味しく楽しめる食材ですから、しっかりチェックしてぴったりの一品を見つけてくださいね!

この記事に登場する専門家

川島 令美
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 2,997  views
目次

クコの実の効果・効能

クコの実の効果・効能
皆さんは、クコの実を知っていますか?具体的にどのようなフルーツなのが思い当たらない方もいらっしゃるかと思いますが、「杏仁豆腐」の上にちょこんと載った赤い実のことであれば、知っている方もいるかもしれませんね。

クコの実は、東アジア原産のナス科の植物です。現在、北アメリカなどにも分布が広がっており、「ウルフベリー」、「ゴジベリー」の名称で、主にドライフルーツとして食べられています。北アメリカでは特に、ブラジル原産のアサイーと同様に、美容目的で摂取することがここ数年トレンドとして定着しています。

クコの実はビタミン・ミネラル・食物繊維・ポリフェノール・β-カロテンやリコピンなどのカロテノイド類・抗酸化物質やビタミンCを豊富に含むため、「スーパーフルーツ」という言葉が使われるほど。また、中国でも漢方薬として重宝されてきた歴史があります。ビタミンやミネラル分が多いのでエイジングケア効果はもちろん、基礎代謝をあげたり、視力の低下、美肌効果や疲労回復にも効果があるとされています。特に女性に嬉しい効能がたくさんありますので、サプリ感覚で毎日摂りたいですね!

クコの実の選び方

ヘルスフーズであるクコの実は、できるだけ安全でおいしいものを選びたいもの。商品を購入する際に基準にしたい選び方を紹介します。

実が小さすぎたり乾燥しすぎていないか

実が小さすぎたり乾燥しすぎていないか
クコの実を選ぶ際にまず気を付けたいのが、その見た目です。全体的に実が小さすぎず程よい大きさで、赤オレンジの色が明るく、鮮やかなクコの実は状態がよく新鮮だと言えます。見た目に乾燥しすぎて縮んでしまっているようなら、加工してから時間が経ちすぎている、もしくは乾燥の工程が長すぎた、ということなんですね。

乾燥の進んだクコの実は、独特のグミのような弾力性のある噛み応えが楽しめますが、乾燥しすぎると硬くて食べにくくなります。実際に商品を目にして選ぶことができる場合は、クコの実一粒一粒の状態をチェックしましょう。オンラインショップを利用する場合、商品そのもののチェックは難しいため、口コミで状態を確認するようにしたいですね。

生産地をチェックしよう

生産地をチェックしよう
東アジア原産であるクコの実の有名な生産地として挙げられるのが中国や韓国です。中でも有名なのが、中国西北部に位置する自治区寧夏(ねいか)産や、韓国・青陽(チョンヤン)のクコの実となります。特に青陽は韓国きってのクコの実の生産地で、韓国産クコの実の6割以上がここで生産されています。

そもそもクコの実には二種類あり、一般的に手に入れやすいのが中国全土で栽培されている『Lycium Chinense (枸杞)』と呼ばれる種類です。それに対して、寧夏で栽培されるのが『Lycium Barbarum(寧夏枸杞)』と呼ばれる種類。こちらはクコの実の中でも最高級品とされ、漢方薬や高級薬膳の材料に使われます。

また最近では、高原地帯で温度差が激しい過酷な条件下のもとに栽培されるヒマラヤ産の「チベットゴジベリー」と呼ばれるタイプや、モンゴル産のクコの実も注目されています。このようにクコの実の名産地を知っておくと、選ぶ際にも役立てることができますよ。

有機栽培や無添加であるかどうか

有機栽培や無添加であるかどうか
クコの実を購入する際に気をつけたいのが、無添加もしくは無農薬栽培された商品であるかどうか、ということです。健康維持や美容目的で摂取する健康食品ですから、残留農薬や添加物が入っている商品はできるだけ避けたいもの。また、商品の中には甘さを足すために砂糖をまぶして作られているものもあります。このため、購入の際には必ず原材料をチェックして、余計な添加物が含まれていないか調べるようにしましょう。

乾燥させたドライフルーツは食べる前に洗うことが難しく、そのまま食べる食材であることから、無添加やオーガニックの商品だと安全ですね。有機栽培認証の商品であったり、遺伝子組換えをしていないできるだけ自然に近い状態で作られた商品を選べば、毎日安心して摂取することができそうです。

長期に渡って続けられるかコストチェックも重要

長期に渡って続けられるかコストチェックも重要
体に良いとされるクコの実ですが、もちろん過剰摂取による副作用が無い訳ではありません。そのため、一度に多量摂取するのではなく、毎日少量を気長に継続していきましょう。適量とされる一日約10粒程でも、バランスよく含まれている多種類のビタミン・ミネラル・食物繊維・ポリフェノール・β-カロテン等をしっかり摂取できますよ。

このように、継続して摂取することにより健康維持や美容効果が期待できるヘルスフードは、一日や一ヶ月に掛かる費用を商品ごとに算出することで、コスト面での比較ができます。乾燥クコの実の場合は、10粒でも約3g〜と軽量なので、約一ヶ月に消費する量(100g)を目安に計算することで、自分の予算にあう商品であるかどうかの判断材料になってくれそうですね。

プロの愛用するおすすめのクコの実(ゴジベリー)

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのクコの実(ゴジベリー)をご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、コスパが高く体にうれしいものを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
オーガニック ゴジベリー 57g
出典:amazon.co.jp

アリエルトレーディングオーガニック ゴジベリー 57g

999円 (税込)

クコの実(ゴジベリー)のおすすめ人気ランキング7選

それでは、ここからは口コミなどでも人気のクコの実を7つ、ご紹介します。原材料や生産地、100gあたりにかかるコストなどを見比べて、自分のライフスタイルに合った商品を見つけてみてくださいね!

7位:藤本商店 無添加クコの実

藤本商店 無添加 クコの実
出典:amazon.co.jp
藤本商店 無添加 クコの実

750円 (税込)

詳細情報
・内容量:100g
・生産地:中国
・原材料:クコの実
・約100gのコスト:750円

便利な一ヶ月分のお試しサイズ

まずはじめにご紹介するのは、一ヶ月継続して摂取できる適量サイズ(100g)で販売されている無添加クコの実です。本場中国の干しクコの実は、着色料・漂白剤・添加物などを含まず加工しているため、ナチュラルにそのままの味を楽しめます。

こちらは真空パックで包装されており、新鮮な状態の歯ごたえがよい乾燥クコの実を味わえます。口コミにも、赤く柔らかいとの声が多く、まさにはじめてクコの実を試してみたい方におすすめの商品となりますよ。

6位:オーケーフルーツ 寧夏産大粒ゴジベリー 大粒クコの実

オーケーフルーツ 寧夏産大粒ゴジベリー 大粒クコの実
出典:amazon.co.jp
オーケーフルーツ 寧夏産大粒ゴジベリー 大粒クコの実

1,180円 (税込)

詳細情報
・内容量:350g
・生産地:中国寧夏
・原材料:クコの実
・約100gのコスト:337円

しっとりとした食感が特徴!寧夏産の大粒干しクコの実

中国でもクコの実の名産地として知られている、寧夏産の大粒干しクコの実です。漢方薬にも使われる「Lycium Barbarum(寧夏枸杞)」は、他のクコの実に比べて大粒で食べ応えがあり、程よい甘さとしっとりとした食感が特徴です。中国産ですが、日本の輸入商社によって現地の生産工場の指導を行なっているそうなので、比較的安心ですね。そのままサプリ感覚で食べるのはもちろん、水に戻して柔らかくすることで、炒め物などの調理にも使えます。

コスパも一ヶ月約337円と寧夏産のクコの実にしては優秀で、一回購入すれば約3ヶ月継続して食べることができます。できるだけリーズナブルにクコの実を購入したい方、寧夏産のクコの実を食べてみたい方にもおすすめです。

5位:ネオファーム 有機クコの実

ネオファーム クコの実
出典:amazon.co.jp
ネオファーム クコの実

1,530円 (税込)

詳細情報
・内容量:80g
・生産地:中国
・原材料:有機クコの実
・約100gのコスト:1913円

国際有機認証と食べ切りサイズが魅力

こちらは、ドイツ・オーガニック認定機関『BCS』とアメリカ農務省有機認定機関『QAI』認定の有機クコの実を使用した商品です。化学合成農薬や化学合成肥料を使わず収穫するのはもちろん、収穫後の貯蔵・加工・保管・輸送、そして輸入時においても添加物や薬剤を使わない徹底した管理が行われています。

生産者と生産地、原料履歴がトレースしやすいため、安心して毎日食べることができそうですね。40g毎に個包装されているのも、新鮮な状態のクコの実を10日前後で食べ切ることができて嬉しいポイント。砂糖や油、塩などの味付けや副原料の使用をしていないため、ほのかに甘い干しクコの実そのままの味が楽しめます。

4位:蓬莱の八仙 有機クコの実

蓬莱の八仙 有機クコの実
出典:amazon.co.jp
蓬莱の八仙 有機クコの実

1,070円 (税込)

詳細情報
・内容量:85g
・生産地:中国寧夏
・原材料:有機クコの実
・約100gのコスト:1258円

有機JAS認定の寧夏産クコの実

こちらは、クコの実の名産地として名高い、中国寧夏の有機JAS農園で指定栽培された有機クコの実を使った商品です。有機栽培されたクコの実を原料に、国内で保存料や着色料など一切の添加物を加えずに加工されています。有機JAS認定食品という安心のクオリティーと、国内加工というプロセスで、毎日継続して良質のクコの実を食べたい方に最適ですね。

ほんのりと甘く、大粒でしっとりしており、スムージーにしたりサラダなどに加えてもおいしくいただけます。口コミでも、他の商品と比べて柔らかく食べやすい、という声が多く聞かれました。

3位:MountainFood ILOVEGOJI オーガニックゴジベリー

MountainFood ILOVEGOJI オーガニックゴジベリー
出典:amazon.co.jp
MountainFood ILOVEGOJI オーガニックゴジベリー

600円 (税込)

詳細情報
・内容量:30g
・生産地:チベット高原
・原材料:有機クコの実
・約100gのコスト:2000円

糖度45%以上の大粒有機クコの実を使用

チベット高原で収穫した有機JAS認証のオーガニッククコの実を、日本国内の工場で最終加工した商品です。ロット毎に残留農薬を原産国と日本でダブルチェックした国内パック品は、無添加・無農薬。そして組み換え遺伝子に由来する農業資材も不使用のため、健康食品として安心して摂取できますよ。

100gあたりのコストが約2000円と値段は高めですが、こちらの商品は粒の大きさが平均15ミリ以上、糖度は45%以上というグレードの高いゴジベリーのみを取り扱っています。そのため、大粒で甘みと酸味のバランスがよいクコの実を楽しめます。10日分という内容量もクコの実を調理で使い切りたい方、お試しで数日間試してみたい方などにおすすめできるサイズです。また可愛らしいデザインのパッケージなので、ちょっとしたギフトとしても活躍してくれそうですね。

2位:サンフード オーガニックゴジベリー

サンフード オーガニック ゴジベリー
出典:amazon.co.jp
サンフード オーガニック ゴジベリー

999円 (税込)

詳細情報
・内容量:57g
・生産地:中国
・原材料:有機クコの実
・約100gのコスト:1752円

信頼できるメーカーの健康食品

有機JAS認証と共に米USDAオーガニック認証、遺伝子組み換え作物不使用、無添加なのが『Sunfood』のオーガニックゴジベリーです。カリフォルニア有機農業認定団体(CCOF)も認証しているサンフードは、栄養素の含有量基準について自社内で厳しく定めており、遺伝子組み換えでない食品のみを消費者の健康と今後の環境のために提供できるよう努めている企業です。

こちらのクコの実はふっくらしていてジューシー、乾燥しすぎていない半生のような食感で、チェリーやクランベリーのような甘酸っぱさも味わえます。信頼できるヘルスフーズメーカーから食材を取り寄せたい方に特におすすめできる商品ですよ!

1位:戸倉商事 有機ゴジベリー

戸倉商事 有機ゴジベリー
出典:amazon.co.jp
戸倉商事 有機ゴジベリー

1,280円 (税込)

詳細情報
・内容量:100g
・生産地:中国(チベット高原)
・原材料:有機クコの実
・約100gのコスト:1280円

長期に渡って続けられるコスパの良さが魅力!

それでは、いよいよ一位の発表です!一位でご紹介する製品は、中国西部に位置するチベット高原で有機栽培された乾燥クコの実になります。現在トレンドであるチベット高原産であること、有機栽培にも関わらず一ヶ月のコストがわずか1280円というコスパの良さがおすすめの理由となります。

有機JAS認定のクコの実は、ロット毎に残留農薬のチェックを確認するとともに、収穫後日本国内の工場で最終加工されています。一ヶ月ごとに食べ切れるサイズはできるだけフレッシュなクコの実を食べたい方に最適ですし、何よりコスパが良いので長期に渡って健康に良い安全な食品を摂取できるという点からも、大変ポイントの高い商品ですよ。

気を付けたい過剰摂取について

気を付けたい過剰摂取について
たとえ健康効果の高い食材でも、過剰摂取することによって体調不良に繋がる場合があります。特に、ナス科の植物であるクコの実は体を冷やす作用が働くとされ、過剰に摂取するとお腹を壊してしまう場合があるようです。また、クコの実に含まれる「β―システロール」という成分には、血圧を下げる作用があります。そのため、血圧が低い方が食べすぎると、めまいや立ちくらみなどの症状を引き起こす場合も。

また、「ベタイン」という成分には胃の酸度を調整したり、血行不良を改善してくれる効果があるとされていますが、この働きが生理を早めてしまう場合もあるようです。このように、健康に良いからと言って極端に摂取すると、含まれる成分や体質によって副作用が出てしまうことも理解しておきたいですね。

他のスーパーフードも試してみたいなら!

今回ご紹介したクコの実(ゴジベリー)は、数あるスーパーフードのうちのつ。美容と健康に効果的なスーパーフードをもっと食卓に取り入れてみたいなら、以下の記事でご紹介しているシードやナッツも試してみては?あなたの毎日をもっと輝かせてくれる一品が、きっと見つかりますよ!

まとめ

いかがでしたか?美容・健康にいい食品として注目を集めるゴジベリーは、スムージーやフルーツボウルを朝の習慣にしている方や、健康維持を図りたい方にも最適です。小さくて食べやすいサイズなので、サプリ感覚で無理なく続けられそうですね。

ほんのり甘くて噛み応えのある干しクコの実はそのまま食べるのはもちろん、サラダのトッピングに加えたりスープに浮かべたりと、アイデア次第でいろいろな食べ方を楽しめます。過剰摂取を控え、毎日の習慣として長く続けて健康や美容に役立ててくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事