• B307e7abd78a0d49b9841e4efafd85dfe89bd68c
  • 9f16c797dac1035b6c10da576599630fa0827e5c
  • A1962d93e31fc3003c1eebaac3740afdb6520936
  • 48e575395793e45a861a0c1c1286fa328fa7fc1c
  • E86637f9180ea2299cb8638ce4b508c24a0aa42f

キッズバイクのおすすめ人気ランキング10選【安心でかっこいい!】

子ども用のペダルなしの自転車、「キッズバイク」。ランニングバイク・トレーニングバイクともよばれ、地面を足で蹴って前に進むタイプの二輪自転車のことを言います。バランスバイクやストライダーといった商品名でも広く知られていますね。しかし、一口にキッズバイクと言っても、さまざまなタイプが販売されています。ブレーキの有無や後からオプションペダルを付けて、自転車として乗れるものなど……決して安いものではないですし、我が子にはどんなキッズバイクがいいのか、迷ってしまいますよね。

そこで今回は通販で購入できるキッズバイクの選び方と共に、おすすめのキッズバイクをランキング形式でご紹介したいと思います。小さいうちからバランス感覚を養えると人気のキッズバイクで、自転車デビューさせて見ませんか?

  • 最終更新日:2018年05月17日
  • views68,606
目次

キッズバイクの選び方

まずはキッズバイクの選び方のポイントを挙げていきます。対象年齢をはじめ、チェックすべきポイントはたくさんあります。ひとつひとつ熟考して、我が子にぴったりのキッズバイクを見つけてくださいね!

まずは何より、対象年齢をチェック!

まずチェックすべきは対象年齢。殆どのキッズバイクが2歳~2歳半から乗り始めることを想定して作られています。それに加えて、重要なのは身長です。対象年齢に達していても、身長が小さい場合は考慮しなければいけません。地面を蹴って進むわけですから、地面に足がしっかり着くキッズバイクを選ぶことは必須。ブレーキが付いていないものも多いので、足が付くことで、自ら止められる安心感も生まれます。

ハンドルやサドルは、子供の身長に合わせて調整してあげましょう。ママでも簡単に調整できるものを選ぶところもポイントですね。

ブレーキの有無は重要?

キッズバイクには、ブレーキが付いているものと付いていないものがあります。大人の視点から考えると、ブレーキが付いている方がよいように思われますが、基本的にキッズバイクを止めるときには足を地面に着けることになるので、ブレーキは絶対に必要というわけではないのです。

そして「ブレーキは握るときに力が要るので、2~4歳くらいの子どもには使いずらい」「ブレーキが付いていないシンプルなハンドルの方が、乗用玩具ビギナーの子どもには握りやすい」などの理由から、ブレーキなしのものを選ぶメリットもあります。

また、ブレーキ付きのものを選ぶメリットとしては、自転車への移行がよりスムーズになるというところが挙げられます。自転車に構造が近いキッズバイクの方が、自転車に慣れるスピードが早まるでしょう。購入するときの子どもの年齢なども考慮して、選んでみてくださいね。

持ち運びと安全のために、重さはチェック

キッズバイクで公道を走ることは禁止されています。家に庭があるご家庭はいいですがそうでない場合は、広い公園などにパパやママが運んで子どもが遊ぶことになります。そうなると、重いものではひと苦労。なるべく軽いものを選びたいですね。キッズバイクによっては、持ち運びができるバッグなどもありますので、チェックしてみてくださいね。

軽さは、子どもが取り扱いやすいという点に置いても重要です。進むのもスムーズになりますし、倒れたときにもすぐに起き上がれます。お片付けも率先して自分でやれるようになりますよね!

保管場所によっては、スタンドがあった方がベター

キッズバイクの保管場所は、意外と悩みの種になるかもしれません。というのも、スタンドがないものが多いので、自転車のように立てて外に置いて置くことが難しいからです。

持ち運びができるバッグなどに入れて室内に置いたり、玄関に立てかけたりできるスペースがあればいいのですが、ない場合はスタンドがあるキッズバイクを選んだ方がいいかもしれません。オプションで購入できるものもありますよ。

またスタンドも据え置き用のスタンドと、自転車のように標準装備されているリアキックスタンドなど、さまざまなタイプがあります。標準装備されているスタンドなら、公園などの外出先でもさっと立てられるので便利です。

オプションでペダルが付けられるものも!

基本的にキッズバイクにはペダルがありませんが、その後も長く使っていきたいと考えている商品は、オプションでペダルを付けて自転車として乗れるものもあります。成長に合わせて、最初はペダルなし、慣れてきたらペダルを付けて……とやっていけば、同じものに長く乗り続けられるので、親にとってはリーズナブルに済みますし、子どもも慣れやすいかもしれないですね。

ただ、あくまでキッズバイクも自転車も消耗品ですし、適したサイズも身長や体重によって変わってきますので、購入する年齢などを踏まえて選びましょうね。

おすすめのキッズバイク10選

ここからは、おすすめのキッズバイク10選を発表していきます。それぞれのキッズバイクについて、上記のポイントにも触れていますので、参考にしてみてくださいね♪

10位:RANGS バランスバイク

ラングスジャパン バランスバイク

6,458円 (税込)

詳細情報
・カラー:バランスバイクUK レッド・バランスバイクUK ブルー
・対象年齢:2歳以上
・身長:-
・重量:約3kg
・ブレーキ:なし
・スタンド:なし
・オプションペダル:なし

オシャレなデザインとシンプルな機能性

よくキッズバイクのことを総じて「バランスバイク」と呼ぶこともありますが、バランスバイクとはこのキッズバイクを販売しているラングスジャパンの登録商標。それほど、キッズバイクの代表格と言える一台です。

子どもが持てる重さで価格も高過ぎず、シンプルで安全なキッズバイクを望んでいるならばピッタリです。サドルのユニオンジャック柄もキュートで、公園でも目立つこと間違いなしですよ。

9位:アイデス D-Bike KIX

アイデス D-Bike KIX

10,500円 (税込)

詳細情報
・カラー:レッド・シアン・ブラック・ピンク・シルバー・ホワイト
・対象年齢:2歳頃~
・身長:85cm以上
・重量:-
・ブレーキ:あり
・スタンド:あり
・オプションペダル:なし

自転車へのステップアップが自然にできる配慮が満載

豊富なカラーラインナップが魅力的なD-Bike。自転車へのステップアップがスムーズになる機能も満載です。

子どもの握力でも操作できる専用ブレーキ「LBS」、自転車のペダルに足をのせる練習にもなるフットデッキ、小さな子どもでも乗りやすい低床フレーム、自転車に近いデザインのライザーバーハンドル、子どもにも出し入れしやすいスタンドなど……。機能が豊富なので若干重量があり価格も高いですが、それ以上の満足度は備えていると言えるでしょう。

8位:RENRAD 12‘'

RENRAD 12‘'

33,480円 (税込)

詳細情報
・カラー:レッド・スカイブルー
・対象年齢:2歳半~3歳頃
・身長:85cm以上
・重量:-
・ブレーキ:あり
・スタンド:なし
・オプションペダル:あり

専用ペダルシステムの搭載が可能!

価格は高いですが、長く乗れる一台。というのも、ペダルを後付けできるのです。ペダルは、レンラッドがデザインされた工業大国ドイツ基準の高加工精度によって、同封された工具を用いて30分程度で完了します。

さらに、前後ブレーキも標準搭載し、リフレクターやベルも付いているので、まるで小さな自転車です。それでいてアルミフレームで軽量化を実現しているので、小さな子どもにも扱いやすいですよ。

7位:AirBike 公園の天使

AirBike 公園の天使

3,980円 (税込)

詳細情報
・カラー:レッドブラック・ピンクホワイト・ピンクブラック・グリーンホワイト・イエローブラック・イエローホワイト・ブルーブラック・ブルーホワイト・カラフルブラック・カラフルホワイト
・対象年齢:-
・身長:90cm以上
・重量:約3.6kg
・ブレーキ:あり
・スタンド:あり
・オプションペダル:なし

リーズナブルな価格とポップなカラーバリエーション

短い期間しか使わないものだから、なるべく価格は抑えたい……そう思っているパパやママにおすすめ。この「公園の天使」は、ダントツで安いのです!そして、男の子から女の子まで喜びそうな、ポップなカラーが揃っています。

また、ブレーキやスタンドといった機能的な面もカバー。フットレストタイプというところも、自転車へのステップアップに役立ちます。

6位:My Pallas 子ども用ペダルなし自転車 ちゃりんこマスター

マイパラス ちゃりんこマスター MC-01

6,676円 (税込)

詳細情報
・カラー:イエロー・レッド・グリーン・ピンク・ブルー
・対象年齢:2歳~5歳
・身長:90cm以上
・重量:約5㎏
・ブレーキ:あり
・スタンド:あり
・オプションペダル:なし

安心・安全の装備でこの価格

ハンドルは120°固定ハンドル。そして、子どもがバランスを崩したときのためにハンドルバーから頭部や顔を守るハンドルパッド付き。さらにグリップは、子どもでも握りやすいゴム製グリップクッションになっています。サドルには、サドル裏の部分を覆ったプラスチックカバー付きで、収納しやすい専用スタンドも付いてくる…これでこの価格はお得ですね!

若干重量があるところが難点ですが、名前の通り、すぐに「ちゃりんこマスター」 できる一台です。

5位:DEEPER ランニングバイク DE-CHIBI

DEEPER ランニングバイク DE-CHIBI

5,800円 (税込)

詳細情報
・カラー:ベビーピンク・ピュアレッド・メタルブルー・ひまわりイエロー・ネーブルオレンジ・ライムグリーン
・対象年齢:2~5歳
・身長:90cm以上
・重量:3kg
・ブレーキ:あり
・スタンド:あり
・オプションペダル:なし

練習用ブレーキ付きのシンプルキッズバイク

軽量なのに練習用ブレーキが付いているので、自転車への移行がスムーズ。ハンドル保護カバーも付いている上に、さらにこの価格なので、キッズバイクへのデビューにおすすめの一台です。タイヤもノーパンクタイヤなので安全ですよ。

スポーティ過ぎない、シンプルでカラフルなデザインも魅力。男の子でも女の子でも、気に入るカラーものが見つかるはずです!

4位:enkeeo ペダルなし自転車

enkeeo ペダルなし自転車

7,860円 (税込)

詳細情報
・カラー:グリーン・ブラック・レッド・オレンジ・ホワイト
・対象年齢:2歳~5歳
・身長:-
・重量:4.5kg
・ブレーキ:あり
・スタンド:あり
・オプションペダル:なし

ブレーキ付き・なしが選べる!

ベルとブレーキが付いたもの・付いていないものが選べる「enkeeo」。パンク耐性のEVAタイヤは滑らかな乗り心地で、PP製のホイールも安定性を高めています。ハンドルバーとサドルシートの高さも調整できるので、長く乗ることができますよ。

防錆炭素鋼で作られ、頑丈さに優れたソフトなハンドルバーと、輪郭加工のサドルシート。組み立ても簡単なので、品質を追求したキッズバイクを探しているなら、おすすめです。

3位:SPARKY キッズバイク

SPARKY キッズバイク

6,800円 (税込)

詳細情報
・カラー:Blue・Green・Pink・Red
・対象年齢:-
・身長:-
・重量:4kg
・ブレーキ:あり
・スタンド・あり
・オプションペダル:なし

練習用ではない、しっかり「止まる」ブレーキ付き

キッズバイクのブレーキは、あくまで自転車の感覚を身につける「練習用」のものも多いです。しかし、この「SPARKY」のブレーキは、しっかり止まるためのブレーキになっています。さらに、リアキックスタンドも標準装備されており、公園などの外出先でも停めやすいところも嬉しいですね。

タイヤは、自転車と同じゴムタイヤを使用。サドルも工具なしで調節できるので、ママもラクラク。従来のキッズバイクの「ちょっと足りない」ところを、しっかりカバーした一台です。

2位:RADIO FLYER #800 GLIDE & GO™ BALANCE BIKE

ラジオフライヤー#800 GLIDE & GO™ BALANCE BIKE

4,500円 (税込)

詳細情報
・カラー:レッド
・対象年齢:2歳半~5歳
・身長:-
・重量:約4kg
・ブレーキ:なし
・スタンド:なし
・オプションペダル:なし

こんなにオシャレでリーズナブル!

まずは、ママもキュンとしてしまうようなスタイリッシュなデザインが魅力。さらに、この価格にもキュンとしちゃいますよね!オブジェとして飾ってもステキなデザイン性の高いキッズバイクです。

子どもにも嬉しいポイントは、ベルが付いているところ。自転車みたいでカッコいい!と思ってくれるはず。さらに、スチール製なので軽く、子どもにも扱いやすいです。地面をしっかり掴むトレッドを採用したタイヤ・調節可能なシートなど機能面も言うことなし。公園でも目をひくこと間違いなしのおしゃれな一台です。

1位:STRIDER スポーツモデル

ストライダー スポーツモデル

14,580円 (税込)

詳細情報
・カラー:グリーン・レッド・ブルー・オレンジ・ピンク・イエロー・ブラック
・対象年齢:2歳~5歳
・身長:-
・重量:3kg
・ブレーキ:なし
・スタンド:なし
・オプションペダル:なし

キッズバイクと言えばストライダー!

やっぱり、キッズバイクの代名詞と言えばストライダー。価格こそ高いですが、その安全性や乗りやすさは、公園で多くの子どもたちが証明しています。ブレーキなどといった数々の機能がないのも、そこに根拠があるからこそ。一度ストライダーを試すと、これで自転車デビューまで何も問題ない!と思えるパパやママが多いはずです。

純正パーツも豊富なので、消耗したら交換したり、好みのスタイルにカスタムすることも可能。多才なカラーの中から選べば、それぞれの子どもに合った楽しみ方ができますよ!

大切な命を守る、子ども用自転車ヘルメットも!

キッズバイクを乗るときも、自転車に乗るときと同じように子どもの頭を守るヘルメットは必須アイテムです。キッズバイクの購入を検討している方は、ぜひ以下の記事もチェックしてくださいね。

キッズバイクの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、キッズバイクのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

おすすめのキッズバイク10選、いかがでしたか?安全なもの・子どもが喜んで乗れるキッズバイクを選んで、遊びながらスムーズな自転車デビューを目指しましょう♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す