• ダイビングフィンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • ダイビングフィンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • ダイビングフィンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • ダイビングフィンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • ダイビングフィンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

ダイビングフィンのおすすめ人気ランキング10選

ダイビングといえば、タンクを背負って海底まで潜るスキューバダイビングから競技性の強いフリーダイビング・素潜りを楽しむスキンダイビングまでいろいろな楽しみ方ができます。そして、ダイビングを楽しむために欠かせない道具の一つが「ダイビングフィン」です。「足ひれ」と呼ばれることもあります。ダイビングフィンを足につけることで、驚くほど泳ぐスピードが上がりますし、深く潜るためには必須です。

ダイビングでは普通のプールで泳ぐのと違い、一気に水深数メートルまで潜る必要がありますので、素足では必要なパワーが得られません。そのため、ダイビングフィンを利用して魚がたくさん泳ぐ深海まで潜り、ダイビングを楽しむことができるわけです。ダイビングフィンはレンタルすることもできますが、長くダイビングを楽しむために自分用のダイビングフィンをぜひそろえてみませんか?今回は、ダイビングフィンの選び方や比較ポイント、おすすめの人気商品をご紹介します。
  • 最終更新日:2019年05月28日
  • 27,634  views
目次

ダイビングフィンの選び方

ダイビングフィンはどれを使っても一緒というわけではありません。他のスポーツと同様に自分の足のサイズや体格・泳ぎのレベルに合った物を選ぶことが大事です。

推進力の高さをチェックする

推進力の高さをチェックする
ダイビングでフィンを使う最大のメリットは、推進力が得られることです。素足やアクアシューズを着用した状態に比べ数倍の推進力が得られることがありますし、軽くキックするだけで進んだり潜ったりできますので、体力の消費を減らせるので海難事故の予防にもつながります。そのため、推進力がなるべく高いダイビングフィンが好ましいです。このランキングでも推進力の高いダイビングフィンほど上位にあげています。

ダイビングフィンの推進力は長さにある程度比例しますが、長すぎると泳力が低い人や子どもには扱いにくく、しかも持ち運ぶのが大変になります。シュノーケルで素潜りするのが目的のダイビング初心者であれば、推進力が劣っていても小さくて扱いやすいダイビングフィンを選び、慣れてきたら長くて推進力の高いダイビングフィンに切り替えるようにしましょう。

肌へのフィット感が自分に合っているものを選ぶ

肌へのフィット感が自分に合っているものを選ぶ
ダイビングフィンは足のサイズはもちろん、肌へのフィット感も含めて自分に合ったものを選ぶべきです。なぜなら、足とフィンの間にすきまがあると、海で泳ぐときには砂や小石・海草などが入ることがあるからです。逆にきつすぎると足をしめつけるようになり、長時間のダイビングができません。そのため、足にぴったり合うことはとても重要です。

ダイビングフィンには大きく分けて「ストラップタイプ」と「フルフットタイプ」の2種類があります。「ストラップタイプ」はかかとの部分にストラップがついていて、大きさを調整できます。着脱が簡単ですし、アクアシューズを履いてその上からフィンをつけるという使い方も可能です。子どもは足のサイズがどんどん大きくなるのでこちらの方が良いかもしれません。

「フルフットタイプ」は、スイミングの練習用に使われているのと同じ形状で、足にそのまま履くタイプです。ゴムが使われている商品が多く、肌に優しいです。ただ岩場などで破損しないように注意が必要です。やや上級者向けといえるでしょう。

持ち運びのしやすさを考慮する

持ち運びのしやすさを考慮する
本格的にダイビングをする場合、とてもたくさんの荷物が必要になります。ダイビングスーツ・シュノーケル・アクアシューズ・シリンダー(タンク)などで、全部自前でそろえるならば10点以上にもなります。その上にダイビングフィンをもっていくので、運ぶだけで疲れてしまいかねません。ダイビングフィン以外の道具はなるべくレンタルすると便利ですが、それが難しい場合はなるべく軽くてかさばらないコンパクトタイプのダイビングフィンを持っていった方が無難かもしれません。

とはいえ、長くて推進力のあるダイビングフィンを持っていきたい場合には、ストラップの部分やゴムのかかと部分が破損しないように工夫しましょう。このページでおすすめしているダイビングフィンは丈夫で破損しにくい商品ばかりですので、丁寧に扱えば何回もダイビングに行っても平気です。

競技用かレジャー用かを確認する

競技用かレジャー用かを確認する
ダイビングフィンを使う人の大半はレジャー目的だと思いますが、なかには競技としてのダイビングに魅力を感じる人もいるかもしれません。ダイビングの中でも「フリーダイビング」は日本人を含め多くの競技者がいるスポーツです。もし競技用にダイビングフィンを購入するなら、多少値段が高くても推進力が高く性能が良いものを選びましょう。

ダイビングフィンのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのダイビングフィンを10個ランキングします。上位のものほど性能は高いですが扱いが難しくなるので、ダイビングに行く回数や頻度・泳ぎのレベルに応じてあなたにぴったり合ったダイビングフィンを選びましょう。
10位
ダイビングフィン リーフツアラー ストラップフィン  1枚目
出典:amazon.co.jp

リーフツアラーストラップフィン

RF14

2,638円 (税込)

種類ストラップタイプ
重量Sサイズ片足606g・Mサイズ784g・Lサイズ930g
9位
種類ストラップタイプ
重量-
8位
種類ストラップタイプ
重量Sサイズ片足424g・Mサイズ554g・Lサイズ694g
7位
種類ストラップタイプ
重量-
6位
ダイビングフィン アライゴム イカリフィンアルティ 1枚目
出典:amazon.co.jp

アライゴムイカリフィンアルティ

AF-484

1,492円 (税込)

種類フルフットタイプ
重量-
5位
種類フルフットタイプ
重量-
4位

リーフツアラーtusa sport ゼロフィン

UF-0201

4,380円 (税込)

種類フルフットタイプ
重量Mサイズ792g・MLサイズ846g・Lサイズ904g
3位
種類ストラップタイプ
重量-
2位
種類フルフットタイプ
重量-
1位
種類ストラップタイプ
重量Sサイズ1410g・MSサイズ1480g・Mサイズ1500g・Lサイズ1700g・XLサイズ2050g

おすすめ人気ダイビングフィンの比較一覧表

商品画像
1
ダイビングフィン GULL スーパーミュー 1枚目

GULL

2
ダイビングフィン AQA ドルフィンカラー 1枚目

AQA

3
ダイビングフィン mares アヴァンティ クアトロ 1枚目

mares

4
ダイビングフィン リーフツアラー tusa sport ゼロフィン 1枚目

リーフツアラー

5
ダイビングフィン OMER スティングレイ 1枚目

OMER

6
ダイビングフィン アライゴム イカリフィンアルティ 1枚目

アライゴム

7
ダイビングフィン SCUBAPRO ジェットフィン 1枚目

SCUBAPRO

8
ダイビングフィン リーフツアラー ストラップフィン 1枚目

リーフツアラー

9
ダイビングフィン HYDRO テックスイムフィン 1枚目

HYDRO

10
ダイビングフィン リーフツアラー ストラップフィン  1枚目

リーフツアラー

商品名

スーパーミュー

ドルフィンカラー

アヴァンティ クアトロ

tusa sport ゼロフィン

スティングレイ

イカリフィンアルティ

ジェットフィン

ストラップフィン

テックスイムフィン

ストラップフィン

特徴レジャーとして本格的にダイビングをしたいならこれ柔らかいゴム製だからしなやかに進む!デザイン性と機能性に優れたイタリア製の高級ダイビングフィン水中でのストレス「ゼロ」を目指した自信作上級者向けのロングタイプフィン長いのにとってもしなやかで泳ぎやすい女性でも安心のダイ...ダイビング器材メーカーの老舗が開発した最先端のダイビン...軽量なのに本格的なダイビングにも耐えられるように改良さ...コンパクトながらスピード感抜群コンパクトサイズだから持ち運びにとても便利
価格13,500円(税込)(税込)17,280円(税込)4,380円(税込)21,384円(税込)1,492円(税込)19,900円(税込)(税込)7,344円(税込)2,638円(税込)
種類ストラップタイプフルフットタイプストラップタイプフルフットタイプフルフットタイプフルフットタイプストラップタイプストラップタイプストラップタイプストラップタイプ
重量Sサイズ1410g・MSサイズ1480g・Mサイズ1500g・Lサイズ1700g・XLサイズ2050g--Mサイズ792g・MLサイズ846g・Lサイズ904g---Sサイズ片足424g・Mサイズ554g・Lサイズ694g-Sサイズ片足606g・Mサイズ784g・Lサイズ930g
商品リンク

ダイビングフィンの売れ筋ランキングもチェック!

ダイビングフィンのAmazon・楽天・価格.comの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

おすすめのダイビングフィンをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ぜひこのページのランキングを参考に、自分の体になじむ最適のダイビングフィンを選んでみましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す