• ドライスーツのおすすめ人気ランキング10選【ダイビングの必需品!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ドライスーツのおすすめ人気ランキング10選【ダイビングの必需品!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ドライスーツのおすすめ人気ランキング10選【ダイビングの必需品!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ドライスーツのおすすめ人気ランキング10選【ダイビングの必需品!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ドライスーツのおすすめ人気ランキング10選【ダイビングの必需品!】のアイキャッチ画像5枚目

ドライスーツのおすすめ人気ランキング10選【ダイビングの必需品!】

ダイビングをするときの必須アイテム「ドライスーツ」。ワールドダイブ・オニール・MOBBYSなど数多くのメーカーの商品が存在しています。また、値段の幅が広くネオプレーンやシェルに防水シールなど選ぶポイントがもりだくさん。どの商品を買えばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ドライスーツの選び方と、おすすめの商品を人気順にランキング形式でご紹介します。ダイビングだけではなく、サーフィンやカヤックなど、楽しみたいマリンアクティビティに合わせて、お気に入りのドライスーツを手に入れてくださいね!
  • 最終更新日:2019年07月09日
  • 6,539  views
目次

水温が低くても「ドライスーツ」で快適ダイビング!

水温が低くても「ドライスーツ」で快適ダイビング!

主にダイビングに使われる「ウェットスーツ」は、体とスーツの隙間に入った水が温められ、体が保温される仕組です。しかし、秋や冬の場合は水が冷たいので、ウェットスーツでは危険。そんなときにおすすめなのが、保温効果が非常に高い「ドライスーツ」です。


水が浸入しない特殊なファスナーやシールが使われ、海に入っても水が入らないのが特徴。秋や冬などの寒い時期、冷たい水が入ることによって体温が奪われるのを防いでくれます。ドライスーツがあれば、季節を問わずに、美しい海や魚を見られますよ。


また、ダイビングだけでなく、さまざまなマリンスポーツでも大活躍!特にサーフィンやウェイクボードなどは、海から出るたびにスーツの中で保温された水が出てしまい体が冷えてしまいます。そんなときも水が入らないドライスーツなら快適。冬場にマリンアクティビティを楽しむなら、ドライスーツは必須ですよ!

ドライスーツの選び方

ドライスーツの中には、柔軟性に優れているものや保湿性に優れているもの、サイズ・種類・素材にも違いがあって自分に合った商品を選ぶのは簡単ではありません。ここでは、自分に適した商品を選ぶためのポイントについてご紹介します。

スタイルに合わせてタイプを選ぼう

ドライスーツは大きく分けて、ネオプレーンとシェルの2種類に分かれます。それぞれ特徴が異なるため、ドライスーツを選ぶ際には確認が必要です。

柔軟性と保温性◎。スタイリッシュな「ネオプレーンタイプ」

動きやすさと保温性を重視する方は、「ネオプレーンタイプ」を選ぶのがおすすめ。柔軟性があるため、どんなシチュエーションでも体を動かしやすいのが魅力です。ダイビングの際、水中で動くのが楽になりますよ。


また、保温性能が非常に高いので、比較的長時間海にいられるところもポイント。寒い時期でも海中の景色に癒されたり、たくさん練習したい方にもぴったりです。ただし、衝撃に弱く嵩張るところが弱点。長く使うためにも、丁寧に取り扱うことを心掛けましょう!

丈夫で嵩張らない「シェルタイプ」。防寒にはインナーが必要

丈夫で嵩張らない「シェルタイプ」。防寒にはインナーが必要

出典:amazon.co.jp

海に行く回数が多く、丈夫なドライスーツをお探しの方はシェルタイプがおすすめ。ナイロン生地でできているため、ダメージに強くて丈夫なのが特徴です。頻繁に海に行っても、簡単には壊れないのが嬉しいですね。


また、軽くて嵩張らないため、収納がとても簡単。いつも荷物が多くて、車の荷室が一杯になってしまう、なんて方にもぴったりです!


ただし、素材自体に保温性能がないためインナーの準備が必須。保温性の高いドライスーツ専用インナーも販売されていますので、シェルタイプを選ぶときは一緒にチェックしておきましょう。

着心地を左右するポイントをチェック

同じドライスーツであっても、各ポイントに使われている素材や構造によって、かなり着心地が変わります。あらかじめチェックしておき、自分の用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

首・手首・足首に使われている防水シールの素材を確認

防水シールには2種類あり、それぞれで性能が大いに異なります。「ラテックスゴム」は、肌に密着するので水密性が非常に高いことが魅力。大きく体を動かしても、水が入る心配はありません。しかし、ゴム素材なので耐久性が低く、早いサイクルで買い替えをする可能性も。

「ネオプレーンシール」は、肌触りが良くてストレスフリーで過ごせるのが特徴。長時間のマリンスポーツでも快適に楽しむことができますよ。着脱も簡単なので、機能性を求める方におすすめです。しかし、過ごしやすい反面水密性が低いので、ハードな動きにはあまり向いていません。


どちらも一長一短あるため、どちらが優れているということはありません。より快適にマリンスポーツを楽しむためにも、自分の優先事項を明確にし選ぶ前にしっかり検討しておきましょう。

足先の構造は保温性や使用シーンに合わせて

足先の構造は保温性や使用シーンに合わせて

出典:amazon.co.jp

足先の構造は、ソックスタイプとアンクルシールタイプの2種類。保温性や使用シーンに合わせて選びましょう。


「ソックスタイプ」は、足を完全に覆い隠すため、高い保温性能を持っていることが特徴。真冬の海に入る場合に重宝します。また、足が濡れないので着替えが楽なのも嬉しいポイントです。


「アンクルシールタイプ」は、足首から先が覆われていないため、足の感覚を重視するマリンスポーツにおすすめ。ビンディングを履くウェイクボーダーからの支持も受けています。


タイプによって全く特徴が異なるので、どんなシーンで利用するかを具体的にイメージしてから選んでくださいね。

着脱のしやすいフロントジッパーがおすすめ。男性はスモールジッパーもチェック

着脱のしやすいフロントジッパーがおすすめ。男性はスモールジッパーもチェック

出典:amazon.co.jp

着脱のしやすさを重視するなら「フロントジッパー」を選びましょう。フロントジッパーは、防水ジッパーが前面についており、自分1人で着脱することが可能。1人で海に行くことが多い方にもおすすめです。


一方、バックジッパーは、背面にジッパーが付いているので着脱が難しいのが難点。価格はリーズナブルですが、1人で海に行く機会の多い方は避けた方が無難です。


また、男性の方はタイプに関わらず、「スモールジッパー」付きがおすすめ。小用のためのジッパーが股間部分に付いているので、ドライスーツを脱がずに用が足せます。トイレで大変な思いをしている方は要チェックですよ。

品質は価格に比例。予算の上限を決めておこう

初心者は、まずは10万円前後を目安に選ぶのがおすすめ。ドライスーツの価格は、安いもので5万円台、高いもので30万円以上と価格帯の広いアイテムです。


安価すぎる商品は、安価な分耐久性や機能性に劣るため、短いスパンで買い替えが必要になる場合があります。最低でも10万、できれば15~20万を目安に予算を設定して選びましょう。


ただし、まれに価格だけが高い製品が販売されていることもあるので注意が必要。情報を精査して、ユーザー評価なども参考にしましょう。ドライスーツ選びには品質を見極める力も必要ですよ。

より機能性を求めるならオーダー・セミオーダーの選択も

より機能性を求めるならオーダー・セミオーダーの選択も

本格的にダイビングなどのマリンアクティビティに取り組んでいる方は、オーダーやセミオーダーを選ぶのもあり。ドライスーツは、ウェットスーツのように厳密にサイズを合わせる必要はありませんが、フィット感が高いほど動きやすく保温性も高まります


そのため、生地から選べるオーダー品や、既成品を体型に合わせて調整するセミオーダーならより快適。価格は市販品より高額になりますが、自分好みのドライスーツを手に入れたい方は、オーダーやセミオーダーも検討しましょう。

ドライスーツのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、ドライスーツのおすすめ人気ランキングをご紹介します。ドライスーツは、マリンスポーツを一緒に行うパートナー。自分に合った商品を見つけてくださいね!

10位
タイプネオプレーン
シール素材-
足先構造ソックス
ジッパータイプバック
小用ジッパー-
9位
ドライスーツ ジパソン マルチドライスーツ ブラック 1枚目
出典:amazon.co.jp

ジパソンマルチドライスーツ ブラック

JDS-38510

58,320円 (税込)

タイプシェル
シール素材ネオプレーンシール
足先構造ソックス
ジッパータイプバック
小用ジッパー-
8位
タイプネオプレーン
シール素材-
足先構造ソックス
ジッパータイプバック
小用ジッパー-
7位
タイプシェル
シール素材ラテックスゴム
足先構造ソックス
ジッパータイプフロント
小用ジッパー
6位

ワールドダイブドライスーツ

XDR10

202,176円 (税込)

タイプネオプレーン
シール素材-
足先構造ソックス
ジッパータイプバック
小用ジッパー-
5位
ドライスーツ O'NEILL ヴェイパー セルフィットライトドライ 1枚目
出典:amazon.co.jp

O'NEILLヴェイパー セルフィットライトドライ

WV-1400

69,120円 (税込)

タイプシェル
シール素材ラテックスゴム
足先構造アンクルシール
ジッパータイプバック
小用ジッパー-
4位
タイプシェル
シール素材ラテックスゴム
足先構造アンクルシール
ジッパータイプバック
小用ジッパー×
3位

ノーブランドダイビングドライスーツ

79,800円 (税込)

タイプネオプレーン
シール素材-
足先構造ソックス
ジッパータイプバック
小用ジッパー-
2位

ZEROプロフェッショナル ドライスーツ

209,952円 (税込)

タイプネオプレーン
シール素材-
足先構造ソックス
ジッパータイプフロント
小用ジッパー-
1位

ワールドダイブドライスーツ

96,120円 (税込)

タイプシェル
シール素材-
足先構造ソックス
ジッパータイプバック
小用ジッパー-

人気ドライスーツの比較一覧表

商品画像
1
ドライスーツ ワールドダイブ ドライスーツ 1枚目

ワールドダイブ

2
ドライスーツ ZERO プロフェッショナル ドライスーツ 1枚目

ZERO

3
ドライスーツ ノーブランド ダイビングドライスーツ 1枚目

ノーブランド

4
ドライスーツ SPYDERFLEX ドライスーツ 1枚目

SPYDERFLEX

5
ドライスーツ O'NEILL ヴェイパー セルフィットライトドライ 1枚目

O'NEILL

6
ドライスーツ ワールドダイブ ドライスーツ 1枚目

ワールドダイブ

7
ドライスーツ MOBBYS ドライスーツ 1枚目

MOBBYS

8
ドライスーツ TUSA  ドライスーツ 1枚目

TUSA

9
ドライスーツ ジパソン マルチドライスーツ ブラック 1枚目

ジパソン

10
ドライスーツ GRUSH ドライスーツ 1枚目

GRUSH

商品名

ドライスーツ

プロフェッショナル ドライスーツ

ダイビングドライスーツ

ドライスーツ

ヴェイパー セルフィットライトドライ

ドライスーツ

ドライスーツ

ドライスーツ

マルチドライスーツ ブラック

ドライスーツ

特徴安価なセミオーダーでも体にジャストフィット!修理対応も高品質な強度・柔軟性・快適性が揃ったプロ仕様のドライスーツ信頼の日本製で安価。フルオーダーしても安い!コスパ良好。これから始める方向けのドライスーツ蒸れずに快適。アンクルシールでウェイクボードにもメイドインジャパンの信頼性。高い保温・耐久性能軽量で耐久性も良好。簡単着脱で機能性も◎信頼性が抜群のTUSA。安心感を求める方に機能性良好で安価。コスパに優れたドライスーツ手頃な価格でセミオーダー可能。入門用としても◎
価格96,120円(税込)209,952円(税込)79,800円(税込)39,990円(税込)69,120円(税込)202,176円(税込)82,620円(税込)89,280円(税込)58,320円(税込)79,800円(税込)
タイプシェルネオプレーンネオプレーンシェルシェルネオプレーンシェルネオプレーンシェルネオプレーン
シール素材---ラテックスゴムラテックスゴム-ラテックスゴム-ネオプレーンシール-
足先構造ソックスソックスソックスアンクルシールアンクルシールソックスソックスソックスソックスソックス
ジッパータイプバックフロントバックバックバックバックフロントバックバックバック
小用ジッパー---×-----
商品リンク

正しいメンテナンス方法で長く使おう!

毎回海に浸かるドライスーツは、正しいメンテナンスが必要不可欠です。海から上がったら毎回しっかりとメンテナンスを行い、少しでも長く使えるようにしましょう!

使用後のメンテナンスは塩抜きが重要!

使用後のメンテナンスは塩抜きが重要!

ドライスーツのメンテナンスで重要なのが、シール・バルブ・防水ジッパーの塩抜き。海から上がったら自宅から持参したポリタンクの水で、重要な3つの部分を現地で洗い流しておきましょう。


自宅に戻ったら、お風呂や衣装ケースなどに水を溜め漬け置きして塩を完全に抜き取ってください。一晩寝かせてしっかり塩が抜けたら、押し洗いを行いましょう。洗濯機の使用はNGですので注意してくださいね。


その後は風通しの良い日陰で表・裏の両方を乾かします。完全に乾燥したら、ジッパーに付いた砂を取り除いてください。最後にジッパーを閉めた状態で専用のロウ(ワックス)を塗り込んで完了です。

風通しのいい日陰でハンガー保管がベスト

メンテナンスを終えたら、型崩れしないよう柄の太いハンガーで保管するのがおすすめ。ネオプレーンタイプは、たたんでしまうと素材の気泡が潰れ保温性が失われてしまうので特に注意しましょう。ハンガーに関しては、ドライスーツ用も販売されているのでチェックしてみてくださいね。


保管場所は風通しがよく日の当たらない場所がベスト。湿気の多い場所は避けましょう。

「グローブ」で寒い時期のダイビングがもっと快適!

寒い時期であれば、保温性の高い「グローブ」を使用することで、さらに快適なダイビングを楽しむことができますよ。以下の記事も参考になりますのでチェックしてくださいね!

ドライスーツの売れ筋ランキングもチェック!

なお、ご参考までに、ドライスーツのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ドライスーツの選び方とおすすめ人気ランキング10選をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したドライスーツは、どれも拘りを持って作られた高品質なものばかりです。お気に入りのドライスーツを見つけて、快適なダイビングライフを送ってくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す