• ダイビンググローブのおすすめ人気ランキング10選【冬以外でも必需品!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ダイビンググローブのおすすめ人気ランキング10選【冬以外でも必需品!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ダイビンググローブのおすすめ人気ランキング10選【冬以外でも必需品!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ダイビンググローブのおすすめ人気ランキング10選【冬以外でも必需品!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ダイビンググローブのおすすめ人気ランキング10選【冬以外でも必需品!】のアイキャッチ画像5枚目

ダイビンググローブのおすすめ人気ランキング10選【冬以外でも必需品!】

ダイビングをする際に使う「ダイビンググローブ」。意外と見落としがちですが、ダイビング中は手を怪我する場面も多く、冬には防寒用としても活躍してくれるので、初心者には特に重要なアイテムの1つなんです。アクアラングやGULLなどのメーカーから、3シーズン使いやすいものから、手にフィットして水中カメラ用にぴったりのものまでさまざまな商品が発売されており、サイズも豊富。いざ選ぼうとすると、何を基準に選んでいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、ダイビンググローブを選ぶ際のポイントと、楽天やAmazonなどのネット通販で購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。いつも軍手で代用していたという方も、必見ですよ!この機会に素敵なマイグローブを見つけましょう。
  • 最終更新日:2019年04月09日
  • 7,809  views
目次

ダイビンググローブの選び方

ダイビンググローブはダイビング中の怪我を予防することと、身体の冷えを防ぐという、2つの効果があります。その効果をより良く発揮させるようなグローブを選ぶことが大切です。さっそくポイントをチェックしていきましょう。

素材と厚さは季節・水温に合わせて選ぼう

まずは手から来る身体の冷えを防ぐためのポイントです。ここでは、素材と厚さをチェックしていきましょう。

冬場や水温が低いところではネオプレーン素材

冬場や水温が低いところではネオプレーン素材

出典:amazon.co.jp

水温が20度を下回ると、急に冷たく感じ始めます。そんな時は保温性の高い素材を選ぶことが大切。ダイビングスーツと同じネオプレーン素材のものがおすすめです。外からの冷たさを感じにくく、内側の温度を逃がしにくいことはもちろん、立体的なシルエットを作りやすいので、グローブが手にフィットしやすい、というメリットもあります。

薄くできたネオプレーン素材のダイビンググローブもありますが、冬場など水温が冷たいところでは3mmくらいは厚さが欲しいですね。保温性がさらにあがりますよ。ただ、生地が厚すぎると動きにくくなるので、そこは注意が必要です。

夏場や水温が高いところではメッシュ素材

夏場や水温が高いところではメッシュ素材

出典:amazon.co.jp

熱気を追い出したい夏場や、水温が高いところでは、通気性の良いメッシュ素材がおすすめです。メッシュ素材は軽くて薄いので水中での動きも楽になりますよ。厚さは1.5mm以下だとより軽さも出て快適に泳げるかと思います。

また、メッシュ素材は、乾きやすいというメリットもあります。休憩時に乾かしておけば、午後からのダイビングでほぼカラッと乾いた状態のグローブをはめることができるので、気持ちが良いですよ!

3シーズン使うなら程よい薄さのものを

3シーズン使うなら程よい薄さのものを

出典:amazon.co.jp

3シーズン使いたい方や、水温が安定したところで泳ぐ方ならジャージ素材などのストレッチが効いたグローブがおすすめです。1.5mmや2mmくらいの薄いネオプレーン素材でも良いですね。これくらいの厚さがあれば、ある程度の防寒にもなります。

3シーズングローブも薄めで扱いやすいので、夏場にも活用している人が多いようです。1年中ダイビングする方なら、3シーズングローブとウィンターグローブで、夏用は買わずにいる、という手もありますよ。

とっさの時に役に立つ!滑り止めの有無も確認

何かをつかんだ時に怪我をしない、というのももちろん大事なポイントですが、より安全性を高めるために滑り止めがついているかも確認しましょう。岩場などには苔がついていて、思わず滑ってしまう、ということもありますよね。また手が冷えていると指先に力が入らずうまく握れない場合もあります。

そんな時に、手のひら側に滑り止めがついているものだと、とても安定感が増しますよ。注意したい点としては、お手入れの際に熱いお湯を使うと、この滑り止め部分の機能が落ちてしまうということ。汚れを落とす際には、水かぬるま湯を使うようにしましょう。

つぶつぶゴムの滑り止めがついていない場合でも、人口皮革のアマーラなどを使っていると、ナイロン素材がそのまま使ってあるよりも滑りにくくなります。破けにくく、強度もあがりますよ!

濡れている手でも着脱しやすいかチェック

濡れている手でも着脱しやすいかチェック

出典:amazon.co.jp

手が濡れていると、グローブがつけにくくなってしまいますよね。もちろんどんなグローブでもその点は否めませんが、少しでもスムーズにするために内側の素材にも注目しましょう。

ネオプレーン素材なら、形が崩れにくいので比較的装着しやすいと思います。また内側に布が貼り付けてあるタイプも、比較的装着がスムーズです。ナイロンなどのつるつるした素材だと、滑りにくくなるので注意が必要です。

水の侵入を防ぐ、手首部分もチェック

水の侵入を防ぐ、手首部分もチェック

出典:amazon.co.jp

保温性を高めるためにも、グローブの中に水が入りづらい作りになっているかをチェックしましょう。手首に合わせてベルトを閉めるタイプなどは、密封性が高くおすすめです。ベルトをするのが面倒という人には、マジックテープで閉めるタイプの物もありますよ。

また、より着脱をスムーズにしたい、という方には、ストレッチが良く効いたネオプレーンゴムなどの素材を使用しているものがおすすめです。これだと、ベルトやマジックテープが無くても手首にしっかりフィットするので、水が入りづらいですよ!

ダイビンググローブのおすすめ人気ランキング10選

ここからは実際に多くの人に選ばれている商品をランキング形式で10選ご紹介します。ダイビングをする時期や頻度なども考慮しながら見てみてくださいね。
10位
ダイビンググローブ SunFan ハイストレッチグローブ 3.5mm 1枚目
出典:amazon.co.jp

SunFanハイストレッチグローブ 3.5mm

4,317円 (税込)

素材ハイストレッチ
厚さ3.5mm
滑り止め
手首ベルト×
サイズS/M/L/XL
9位
素材ナイロン・人工皮革
厚さ-
滑り止め×
手首ベルト
サイズS/M/L/XL
8位

Hele i Wahoスーパーストレッチグローブ YOUR SKIN

2,581円 (税込)

素材ハイパーストレッチ
厚さ2mm
滑り止め
手首ベルト×
サイズS/M
7位
素材ネオプレーン
厚さ3mm
滑り止め
手首ベルト
サイズXS/S/M/L/XL
6位
素材メッシュスキン・FIR(遠赤外線起毛素材)・ネオプレーンゴム
厚さ2mm
滑り止め×
手首ベルト×
サイズ(男女兼用)
5位
ダイビンググローブ monoii ぴったりフィットする ダイビンググローブ 1.5mm 1枚目
出典:amazon.co.jp

monoiiぴったりフィットする ダイビンググローブ 1.5mm

1,000円 (税込)

素材ネオプレーン
厚さ1.5mm
滑り止め
手首ベルト
サイズS/M/L
4位
素材ネオプレーン・人工皮革
厚さ3mm
滑り止め×
手首ベルト
サイズS/M/L
3位
素材OPジャージ・クラリーノ
厚さ2mm
滑り止め×
手首ベルト
サイズM/L
2位
素材ネオプレーン・ナイロン
厚さ3mm
滑り止め
手首ベルト×
サイズS/M/L/XL
1位

ヘレイワホラッシュ ケブラー グローブ

1,942円 (税込)

素材ラッシュガード・人口皮革
厚さ-
滑り止め
手首ベルト
サイズS/M/L/XL

おすすめ人気ダイビンググローブの比較一覧表

商品画像
1
ダイビンググローブ ヘレイワホ ラッシュ ケブラー グローブ 1枚目

ヘレイワホ

2
ダイビンググローブ MORGEN SKY ダイビンググローブ 3mm 1枚目

MORGEN SKY

3
ダイビンググローブ Aqua Lung マリングローブ ブルー  1枚目

Aqua Lung

4
ダイビンググローブ XINTOWN ダイビンググローブ  1枚目

XINTOWN

5
ダイビンググローブ monoii ぴったりフィットする ダイビンググローブ 1.5mm 1枚目

monoii

6
ダイビンググローブ GULL スキンホットグローブ  1枚目

GULL

7
ダイビンググローブ アクアラング サーモグローブ 3mm 1枚目

アクアラング

8
ダイビンググローブ Hele i Waho スーパーストレッチグローブ YOUR SKIN 1枚目

Hele i Waho

9
ダイビンググローブ AQA 大人用 UVライトグローブ 1枚目

AQA

10
ダイビンググローブ SunFan ハイストレッチグローブ 3.5mm 1枚目

SunFan

商品名

ラッシュ ケブラー グローブ

ダイビンググローブ 3mm

マリングローブ ブルー

ダイビンググローブ 

ぴったりフィットする ダイビンググローブ 1.5mm

スキンホットグローブ

サーモグローブ 3mm

スーパーストレッチグローブ YOUR SKIN

大人用 UVライトグローブ

ハイストレッチグローブ 3.5mm

特徴カッターでも切れない強度と、伸縮性を併せ持つ特殊生地が...保温性と伸縮性のある素材が人気の理由3シーズン使え、フィット感も抜群!幅広ベルトでフィット感UP!カメラ操作しやすい!フィット感が人気のグローブ動きやすさはそのままに、防寒もばっちりしっかり防寒!冬でも指先がかじかまないまるで着けていないようなフィット感UPF50+で紫外線を徹底予防真冬におすすめ!しっかり防寒できるグローブ
価格1,942円(税込)1,380円(税込)1,890円(税込)1,280円(税込)1,000円(税込)5,999円(税込)2,570円(税込)2,581円(税込)3,648円(税込)4,317円(税込)
素材ラッシュガード・人口皮革ネオプレーン・ナイロンOPジャージ・クラリーノネオプレーン・人工皮革ネオプレーンメッシュスキン・FIR(遠赤外線起毛素材)・ネオプレーンゴムネオプレーンハイパーストレッチナイロン・人工皮革ハイストレッチ
厚さ-3mm2mm3mm1.5mm2mm3mm2mm-3.5mm
滑り止め××××
手首ベルト××××
サイズS/M/L/XLS/M/L/XLM/LS/M/LS/M/L(男女兼用)XS/S/M/L/XLS/MS/M/L/XLS/M/L/XL
商品リンク

ダイビンググローブを使う際の注意点

寒さや怪我から手を守ってくれるダイビンググローブ。特に夏場は軍手など手近なもので代用している人もいるようですが、水中では思っているような動きができなかったり、水分を吸って重くなってしまったりするので、きちんと専用のグローブを買うことをおすすめします。

ただし、注意したい点として海域によっては自然保護のためにダイビンググローブの着用を禁止しているところもあります。特に海外では、貴重な海洋生物に触れないように着用を禁じている場合があるようです。ダイビングに行く前に、その場所にはルールが無いかどうかきちんと確認してから着用しましょう。

ダイビングの必需品はまだまだたくさん!

ダイビングをする際には専用のアイテムがたくさん!これからダイビングを始める、始めたばかりで徐々に買い足していくという方などは、以下の記事も参考になりますのでチェックしてくださいね!

ダイビンググローブの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ダイビンググローブのAmazon、楽天での売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認下さい。

まとめ

ダイビングをより快適にしてくれるダイビンググローブ。お手頃の値段の物が多いので、まだ持っていない人もぜひ取り入れてみてください。ダイビンググローブは強度もあり密着性が高いので、ダイビング以外でもバイク用やアウトドア用のグローブとして活用している人も多いようですよ。レジャーをより快適で安全にしてくれるダイビンググローブは、一つ持っていれば重宝すること間違いなしです!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す