• エマージェンシーシートの最強おすすめ人気ランキング15選【SOLの寝袋タイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • エマージェンシーシートの最強おすすめ人気ランキング15選【SOLの寝袋タイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • エマージェンシーシートの最強おすすめ人気ランキング15選【SOLの寝袋タイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • エマージェンシーシートの最強おすすめ人気ランキング15選【SOLの寝袋タイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • エマージェンシーシートの最強おすすめ人気ランキング15選【SOLの寝袋タイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

エマージェンシーシートの最強おすすめ人気ランキング15選【SOLの寝袋タイプも!】

突然襲ってくる災害に、暑さや寒さ、風や雨から身を守ってくれるエマージェンシーシート。避難中の体温低下をこれ1枚で防ぐことができるので、家族の人数分しっかり備えておきたいアイテムです。しかし価格に幅がある割に見た目はほとんど同じで、一体何を比べて選べばいいのかわかりにくいですよね。

そこで今回は、人気のエマージェンシーシートを比較して、おすすめ順にランキングでご紹介したいと思います。緊急・災害用にぴったりなものを選ぶポイントも解説するので、ぜひ参考にしてくださいね!

  • 最終更新日:2018年11月28日
  • 34,857  views
目次

エマージェンシーシートとは?

エマージェンシーシートとは?

出典:amazon.co.jp

エマージェンシーシートとは、薄手の保温素材で作られてた防寒用シートのことを指します。サバイバルシートやレスキューシートとも呼ばれ、ポリエステルなどにアルミニウムを蒸着しているものが主流。


防水性や防風性にも優れており、体を包めば体温を逃がすことなく、ブランケットとして一役買ってくれるアイテムです。エマージェンシーキットや防災用品に含まれていることも多く、屋外で長時間過ごすときや寒い季節の停電時などで、体温を維持するのに効果的です。

エマージェンシーシートの選び方

エマージェンシーシートはサバイバル用品として、登山やキャンプなどのアウトドアアイテムとしてもおなじみです。ですが、この記事では特に緊急・災害時用に絞って、避難中に役立つエマージェンシーシートの詳しい選び方をご紹介したいと思います。

まずは各タイプの特徴をチェック

エマージェンシーシートには、主に3つのタイプがあります。各タイプの違いや特徴を知り、「どう備えるか」決めて選んでみましょう。

掛けたり敷いたりくるまったり。1枚あると便利な「アルミシートタイプ」

掛けたり敷いたりくるまったり。1枚あると便利な「アルミシートタイプ」

出典:amazon.co.jp

ブランケットとして体に掛けたり、床に敷いて防寒したりといったように、さまざまな使い方ができるのはアルミシートタイプです。

エマージェンシーシートと言えばこのタイプが一般的で、極薄で携帯性も抜群。用途が広く、1枚あればいろんな状況に対応できます。100円ショップでも手に入るほど安価なので、まずは家族1人につき1枚、備えておくことをおすすめします

地面や床に敷くのに最適な「厚手タイプ」

地面や床に敷くのに最適な「厚手タイプ」
屋外で過ごすことを想定するなら、このタイプも用意しておきましょう。ポリエチレンなどの素材を挟んだ厚みがあるものがほとんどで、屋外へ避難した際に地面に敷けば、座ったり横になったりするのに便利。適度な柔らかさもあるので、避難所では敷布団として使うこともできます。

怪我人を寝かせるための簡易ベッドにもなりますので、1家族につき1つ持っておけば安心です。アルミシートほどのコンパクトさはありませんので、折りたたんで避難用リュックに無理なく入る大きさのものを選んでください。

そのまま眠ることもできる「寝袋タイプ」

そのまま眠ることもできる「寝袋タイプ」

出典:amazon.co.jp

帰宅が困難な状況下では、屋外や避難所で夜を過ごすこともあるでしょう。そんな事態に備えるなら、寝袋タイプがおすすめです。体温を逃がすことなく寝袋として使うことができます。

アルミシートを袋状にしただけのものや、ポリエチレンなどクッション性のある素材を挟み込んだものがあります。薄すぎると、床の硬さや地面の凹凸がダイレクトに伝わってしまうので、単体での使用を想定するなら、なるべく厚手のものを選ぶと良いですね。

アルミタイプはリバーシブルなら夏冬OK!

アルミタイプはリバーシブルなら夏冬OK!

出典:amazon.co.jp

アルミシートには、銀色だけのもの・金色だけのもの・銀と金のリバーシブルになったものとがあります。どんな季節にも対応しやすいのは、リバーシブルタイプです。

銀色のシートは熱を反射する特徴があるため、体側にすれば輻射熱で暖かく、外側にすれば真夏の直射日光を防ぐのに便利。金色は熱を集める性質があり、外側にすると太陽光を集めて体温の低下を防ぐ効果があります。リバーシブルならこの両機能を使い分けることができます。

引き裂きや摩耗に強い耐久性のあるものを

引き裂きや摩耗に強い耐久性のあるものを

出典:amazon.co.jp

屋外で使うことも想定されるアイテムなので、耐久性の高さも重要です。強風にあおられてすぐに破れてしまった、というのでは、せっかくの準備が水の泡に…。引き裂きや摩耗に強く、引っ張っても破れにくいものを選んでおきましょう。

アルミシートの場合は極薄なため、どうしても耐久性は低くなります。繰り返しの使用は数回が限度ですが、購入時は口コミを確認し「破れやすい」「耐久性がない」といったレビューが少ないものを選ぶようにしましょう。

ガサガサ音がしないものなら、避難所でも使いやすい

ガサガサ音がしないものなら、避難所でも使いやすい

出典:amazon.co.jp

アルミシートタイプのエマージェンシーシートは、どうしてもガサガサとした音が出やすくなっています。避難所で過ごすことを考えるなら、音がしにくいものを選ぶのがおすすめです。

災害という状況下ではだれもが不安を感じて過ごすため、眠るときは、このわずかな音でも気に障るもの。できるだけ口コミなどを確認して、音がしにくいものを選ぶと安心です。

持ち出しやすさは?収納時の大きさも確認して

持ち出しやすさは?収納時の大きさも確認して

出典:amazon.co.jp

緊急時に持ち出しやすいよう、携帯性を確認するのも大切なポイントです。避難時は食料や水、衣類や救急アイテムなどが必要ですが、持ち出せる荷物の量には限界がありますよね。エマージェンシーシートが他の荷物を圧迫しないよう、コンパクトにまとまるかどうか確認しておきましょう。

敷物に使う厚手タイプはリュックに入る程度のものを一家族一枚、アルミシートタイプや寝袋タイプはなるべくコンパクトのものを、家族全員分持ち出せるよう準備しておくといいでしょう。

エマージェンシーシートの人気ランキング15選

ここからは、人気のエマージェンシーシートを価格や性能で比較して、ランキング形式でご紹介していきたいと思います。いろいろな種類の商品が登場しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

15位

オールプランアルミブランケット

171円 (税込)

タイプアルミシートタイプ大きさ160×220cm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ記載なし
14位
ぽかぽかアルミ毛布 ダブルサイズ
出典:amazon.co.jp

HADARIKIぽかぽかアルミ毛布 ダブルサイズ

2,080円 (税込)

タイプアルミシートタイプ大きさ160×190cm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ記載なし
13位
simPLEISURE サバイバルシート
出典:amazon.co.jp

SIB株式会社simPLEISURE サバイバルシート

655円 (税込)

タイプアルミシートタイプ大きさ160×210cm
リバーシブルタイプ耐久性
音がしにくい収納サイズ記載なし
12位
ストロングレスキューシート
出典:amazon.co.jp

ロゴス(LOGOS)ストロングレスキューシート

84203320

1,535円 (税込)

タイプアルミシートタイプ大きさ150×200cm
リバーシブルタイプ耐久性
音がしにくい収納サイズ19×26×3cm
11位
ヘビーデューティ エマージェンシーブランケット
出典:amazon.co.jp

SOL(ソル)ヘビーデューティ エマージェンシーブランケット

1,920円 (税込)

タイプ厚手タイプ大きさ213×142cm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ17x20x3.5cm
10位

Terra Hikerエマージェンシーブランケット

990円 (税込)

タイプ寝袋タイプ大きさ215×90cm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ12×10.5×2cm
9位
エスケープライト ヴィヴィ
出典:amazon.jp

ソルエスケープライト ヴィヴィ

12517

7,344円 (税込)

タイプ寝袋タイプ大きさ208×81cm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ8×15cm
8位
オールウェザーブランケット
出典:amazon.co.jp

グラバーオールウェザーブランケット

22144

2,527円 (税込)

タイプアルミシートタイプ・厚手タイプ大きさ152x213cm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ記載なし
7位
オールウェザーブランケット
出典:amazon.jp

エムピーアイオールウェザーブランケット

MI18010000

3,280円 (税込)

タイプアルミシートタイプ・厚手タイプ大きさ142×213mm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ記載なし
6位
ヒートシートサバイバルブランケット
出典:amazon.jp

ソルヒートシートサバイバルブランケット

12134

742円 (税込)

タイプアルミシートタイプ大きさ152×244cm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ記載なし
5位
ヒートシートエマージェンシー ヴィヴィ
出典:amazon.jp

ソルヒートシートエマージェンシー ヴィヴィ

12133

2,160円 (税込)

タイプ寝袋タイプ大きさ91×213cm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ6.5×9cm
4位

げんき生活 楽天市場店スペース暖シートぽかぽかプレミアムDXダブルサイズ

8,208円 (税込)

タイプアルミシートタイプ大きさ107×170cm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ記載なし
3位
サバイバル アルミ ブランケット
出典:amazon.co.jp

エピオスサバイバル アルミ ブランケット

860円 (税込)

タイプアルミシートタイプ大きさ130×210cm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ10×13×2cm
2位
サバイバルシート リバーシブルタイプ
出典:amazon.co.jp

エピオスサバイバルシート リバーシブルタイプ

324円 (税込)

タイプアルミシートタイプ大きさ140×220cm
リバーシブルタイプ耐久性
音がしにくい収納サイズ14×8.2×2.4cm
1位
ヒートシート エマージェンシーブランケット
出典:amazon.jp

ソルヒートシート エマージェンシーブランケット

12132

632円 (税込)

タイプアルミシートタイプ大きさ142×213cm
リバーシブルタイプ×耐久性
音がしにくい収納サイズ20×11×1.5cm

人気 エマージェンシーシートの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格タイプ大きさリバーシブルタイプ耐久性音がしにくい収納サイズ商品リンク
1
ヒートシート エマージェンシーブランケット

ソル

ヒートシート エマージェンシーブランケット

薄くてコンパクト、音も静かで高耐久632円(税込)アルミシートタイプ142×213cm×20×11×1.5cm詳細を見る
2
サバイバルシート リバーシブルタイプ

エピオス

サバイバルシート リバーシブルタイプ

暑さ・寒さもこれ1枚。気温や季節に合わせやすい324円(税込)アルミシートタイプ140×220cm14×8.2×2.4cm詳細を見る
3
サバイバル アルミ ブランケット

エピオス

サバイバル アルミ ブランケット

静音タイプだから避難所でも安心860円(税込)アルミシートタイプ130×210cm×10×13×2cm詳細を見る
4
スペース暖シートぽかぽかプレミアムDXダブルサイズ

げんき生活 楽天市場店

スペース暖シートぽかぽかプレミアムDXダブルサイズ

マイナス10度でも体感温度23度!8,208円(税込)アルミシートタイプ107×170cm×記載なし詳細を見る
5
ヒートシートエマージェンシー ヴィヴィ

ソル

ヒートシートエマージェンシー ヴィヴィ

寝袋としては高機能な1品2,160円(税込)寝袋タイプ91×213cm×6.5×9cm詳細を見る
6
ヒートシートサバイバルブランケット

ソル

ヒートシートサバイバルブランケット

大人2人で使える、しかも保温力高め742円(税込)アルミシートタイプ152×244cm×記載なし詳細を見る
7
オールウェザーブランケット

エムピーアイ

オールウェザーブランケット

NASAの技術をエマージェンシーシートに!3,280円(税込)アルミシートタイプ・厚手タイプ142×213mm×記載なし詳細を見る
8
オールウェザーブランケット

グラバー

オールウェザーブランケット

グロメットを使用してミニタープとしても活躍2,527円(税込)アルミシートタイプ・厚手タイプ152x213cm×記載なし詳細を見る
9
エスケープライト ヴィヴィ

ソル

エスケープライト ヴィヴィ

シュラフのインナーに使うこともできる7,344円(税込)寝袋タイプ208×81cm×8×15cm詳細を見る
10
エマージェンシーブランケット

Terra Hiker

エマージェンシーブランケット

そのまま眠れる簡易寝袋にも990円(税込)寝袋タイプ215×90cm×12×10.5×2cm詳細を見る
11
ヘビーデューティ エマージェンシーブランケット

SOL(ソル)

ヘビーデューティ エマージェンシーブランケット

簡易ベッドとして使うならこれがおすすめ1,920円(税込)厚手タイプ213×142cm×17x20x3.5cm詳細を見る
12
ストロングレスキューシート

ロゴス(LOGOS)

ストロングレスキューシート

裏側に不織布付き、両面使えて便利1,535円(税込)アルミシートタイプ150×200cm19×26×3cm詳細を見る
13
simPLEISURE サバイバルシート

SIB株式会社

simPLEISURE サバイバルシート

季節問わず使えるリバーシブルタイプ655円(税込)アルミシートタイプ160×210cm記載なし詳細を見る
14
ぽかぽかアルミ毛布 ダブルサイズ

HADARIKI

ぽかぽかアルミ毛布 ダブルサイズ

裏地付きで音がしにくい2,080円(税込)アルミシートタイプ160×190cm×記載なし詳細を見る
15
アルミブランケット

オールプラン

アルミブランケット

家族人数分備えるなら、お手ごろ価格のこちら!171円(税込)アルミシートタイプ160×220cm×記載なし詳細を見る

使用時の注意点と使い方のポイント

エマージェンシーシートは、使い方によってはデメリットとなることもあります。ここからは、効果的に使うためのポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

汗による体温低下に注意、素肌には直接使わない

汗による体温低下に注意、素肌には直接使わない

出典:amazon.co.jp

エマージェンシーシートは一部のハイクラスモデルを除き、透湿性(ムレを外に逃がす性質)がないものがほとんどです。直接肌に触れるような状態で使用すると、汗が結露となり、逆に体を冷やしてしまいます。

エマージェンシーシートと体の間には、必ず衣服や新聞紙などを挟み、直接シートが肌に触れないようにしましょう。

隙間を作らないようにすると効果アップ

隙間を作らないようにすると効果アップ

出典:amazon.co.jp

軽量なエマージェンシーシートは、わずかな動きでもめくれたり隙間風が入ったりします。防寒として使うのなら、しっかりシートの端を閉じましょう。こうすることで密閉性が高まり、効率良く保温できます。

シートで体を覆った後はできるだけ動かず、じっとしている方が効果的です。

防災対策には、ラジオやヘルメットも備えて

万が一に備えるなら、エマージェンシーシート以外の防災グッズも忘れずに準備しましょう。以下の記事では防災セットやラジオ・ヘルメットをご紹介しています。また登山にも使える保温シートはサバイバルシート特集にもたくさん載っていますので、こちらも参考にしてくださいね!

まとめ

エマージェンシーシートのおすすめランキングはいかがでしたでしょうか?

いつやってくるかわからない災害に備えることは、とても大切です。水や食料だけでなく、体温維持に一役買ってくれるエマージェンシーシートもしっかり準備し、万全の対策を心がけましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す