• 防災用ウォータータンクのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものを厳選】のアイキャッチ画像1枚目
  • 防災用ウォータータンクのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものを厳選】のアイキャッチ画像2枚目
  • 防災用ウォータータンクのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものを厳選】のアイキャッチ画像3枚目
  • 防災用ウォータータンクのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものを厳選】のアイキャッチ画像4枚目
  • 防災用ウォータータンクのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものを厳選】のアイキャッチ画像5枚目

防災用ウォータータンクのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものを厳選】

防災用としてミネラルウォーターを備蓄している方も多いと思いますが、備蓄していた水が底をついてしまうと、給水ステーションと呼ばれる給水拠点まで水を汲みに行かなければなりません。そんな時の必需品が、「防災用ウォータータンク」。アイリスオーヤマなどのメーカーから、折りたたみタイプ・蛇口式ポリタンクなど形や機能が異なるものや、10リットルや20リットルなどさまざまな容量の商品が販売されています。

今回は、そんな防災用ウォータータンクの選び方のポイントと、ソフト・ハードタイプ別の人気ランキングをご紹介します。防災用だけでなくキャンプやアウトドアにも使えますので、一家に一台用意しておけばいろいろなシーンで活躍しますよ!
  • 最終更新日:2019年06月04日
  • 44,267  views
目次

防災用ウォータータンクの選び方のポイント

ランキングを発表する前に、まずは防災用ウォータータンクの賢い選び方から確認していきましょう。

用途・スタイルに合ったタイプを選ぼう

防災用ウォータータンクは、大きく分けて「ソフトタイプ」と「ハードタイプ」の2種類。まずはそれぞれの特徴やメリット・デメリットを知り、どちらのタイプがあなたの好みやスタイル・用途に合っているのか見極めていきましょう。

コンパクトに折りたためて収納に便利な「ソフトタイプ」

ソフトタイプはその名の通り、ソフトで柔らかな素材でできているため、コンパクトに折りたためるのが魅力。収納スペースの少ない家では、ハードタイプより場所をとらないソフトタイプを選ぶのがおすすめです。給水拠点まで運びやすいのはもちろん、給水後にリュックに入れるのも簡単に行えます。

ただし、柔らかい素材ゆえに、耐久性が低く破れやすいのが難点です。水量が減ると変形し、バランスが崩れてしまう商品も多くありますので、安定した使い心地を求める方には不向きなタイプと言えるでしょう。

安定感抜群でアウトドアシーンでも使いやすい「ハードタイプ」

安定感抜群でアウトドアシーンでも使いやすい「ハードタイプ」

出典:amazon.co.jp

ハードタイプは、滅多なことでは変形しない頑丈なタイプ。安定感がありますので、給水時も水を注ぐときもスムーズに使える防災用ウォータータンクを選びたい、という方におすすめです。災害時だけでなく、普段の生活やアウトドアシーンでの使いやすさにも定評があります。

ただし、折りたたむことはできないため、かなりの収納・保管スペースが必要になるのが難点です。特に災害時には、あらかじめどこに防災用ウォータータンクを設置するかなど、動線を想像しておくと良いですね。

使用人数に合った容量を選ぼう。1人1日3Lが目安

使用人数に合った容量を選ぼう。1人1日3Lが目安

出典:amazon.co.jp

ウォータータンク選びで重要なのが、容量選びです。災害時に必要となる水の量は、1日3L。これを目安に、家族の人数分の水を運べる容量のウォータータンクを選びましょう。

しかし、あまりに大きすぎても運ぶのが大変です。家族の人数が多い場合には、10Lから20L程度のウォータータンクを、複数個用意しておくことをおすすめします。

耐久性が高いアイテムを選ぼう

災害時は多少なりとも乱暴に扱わざるを得ないシーンも出てきます。ですので防災用ウォータータンクを選ぶ際には、耐久性もしっかりとチェックしておきましょう。

特にソフトタイプを選ぶ場合は、二重構造になっている丈夫なものを選んだり、口コミを参考にして耐久性の高いウォータータンクを選びましょう。一方、ハードタイプの防災用ウォータータンクは、文字通り固い作りでしっかりとしていますので、それほど耐久性を気にする必要はありません。

あると便利な機能をチェック

ここまで挙げたポイント以外に、防災用ウォータータンクに付いていると便利な機能をご紹介します。

コック付きなら注ぐ作業が簡単に。水流の調節ができるとベスト

防災用ウォータータンクの注ぎ口部分に付いている水栓、それがコックです。コックを回すだけで水を注ぐことができるため、快適にウォータータンクを使うためには欠かすことのできない機能です。

そして、コック付きの商品を選ぶ際に重要なのは、水流の調節ができるものを選ぶことです。勢い良く水が出すぎても使いづらく、無駄にこぼしてしまうともったいないので、蛇口状のコックなど、適切な水量を注げる商品を選びましょう。

空気穴付きなら水の出がスムーズに

空気穴付きなら水の出がスムーズに

出典:amazon.co.jp

ウォータータンクを使っていると、コックを開けているにも関わらずなんだか水の出が悪い、なんてことが起こる場合があります。これは水量が減ると徐々に水圧が弱くなり、水を十分に押し出す力がなくなってしまうことが原因です。この現象を解消するためにはサイドに小さな空気穴が付いている商品を選び、使用中に栓を開いて空気の力で水を押し出してあげましょう。

もちろん給水口を緩めておくのも良いのですが、万が一倒れてしまった場合のことを考えるとデメリットが大きいため、やはり空気穴が付いた商品を選びたいところです。

持ち手やストラップ付きで持ち運び簡単

防災用ウォータータンクは、水を入れるとかなりの重さになってしまいます。そこで重要になるのが持ちやすさです。持ち手やストラップなど、タンクを持ちやすくするための工夫が施されている商品を選べば、大変な持ち運び作業も楽に行えるようになりますよ。

また、持ち手が付いている商品の場合、持ち手部分と自分の体に距離ができると、重さを感じやすくなってしまいます。ですので、タンクの横幅が狭く、身体に近い位置に持ち手が付いている商品を選ぶのがおすすめです。

キャスター付きで移動も楽チン

キャスター付きで移動も楽チン

出典:amazon.co.jp

災害時の生活用水確保とその運搬は思っているよりも大変で、実際に防災用ウォータータンクを手で持って長距離運ぼうと思うと、とてもではないですがスムーズに運べません。

給水拠点から距離がある場合は台車が必須になるので、台車を用意しておくか、キャスタータイプの防災用ウォータータンクを購入すると良いでしょう。

抗菌素材は飲料水用に最適

抗菌素材は飲料水用に最適

出典:amazon.co.jp

飲料水を入れるためのウォータータンクを選びたい、そんな方にぜひ選んでもらいたいのが、抗菌素材で作られている商品です。災害時にはウォータータンクを頻繁に洗うことができず、タンク内部に雑菌が繁殖してしまいがち。ですので、菌の繁殖を防いでくれる抗菌素材のウォータータンクを選び、大切な飲料水をきれいに清潔に保管しておきましょう。

防災用ウォータータンク(ソフトタイプ)の人気ランキング5選

ここからは、防災用ウォータータンクのおすすめ商品を「ソフトタイプ」と「ハードタイプ」に分けて人気順にご紹介します。まずは、省スペースで保管可能な「ソフトタイプ」の防災用ウォータータンクランキングからチェックしていきましょう。
5位

バンドックウォータータンクキューブ

BD-306

1,080円 (税込)

サイズ25×30×30cm
折りたたみサイズ25×25×12cm
容量16L
その他の機能コック付き
4位

アイリスオーヤマ防災グッズ ウォータータンク

WAT-20L

554円 (税込)

サイズ29×29×33.5cm
折りたたみサイズ26×24×7cm
容量20L
その他の機能コック付き
3位

セーブ・インダストリー株式会社セーブ ウォータータンク10L

SV-4175

469円 (税込)

サイズ約22.5×22.5×27cm
折りたたみサイズ-
容量10L
その他の機能コック付き
2位
サイズ約30×20×30cm
折りたたみサイズ約20×6×45cm(パッケージ込)
容量10L
その他の機能-
1位
サイズ約27×27×27cm
折りたたみサイズ約27×27×11cm
容量15L
その他の機能レバー式コック付

人気防災用ウォータータンク(ソフトタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
防災ウォータータンク FIELDOOR ウォータータンク

FIELDOOR

2
防災ウォータータンク ハック ウォータータンク グリーン

ハック

3
防災ウォータータンク セーブ・インダストリー株式会社 セーブ ウォータータンク10L

セーブ・インダストリー株式会社

4
防災ウォータータンク アイリスオーヤマ 防災グッズ ウォータータンク

アイリスオーヤマ

5
防災ウォータータンク バンドック ウォータータンクキューブ

バンドック

商品名

ウォータータンク

ウォータータンク グリーン

セーブ ウォータータンク10L

防災グッズ ウォータータンク

ウォータータンクキューブ

特徴使い勝手のいい15Lサイズで安定感のあるキューブ型折りたたみ時の薄さ5cm!お得な2個入りセット簡単に折りたためるから収納しやすい複数個準備したい方にもおすすめなリーズナブルな価格設定お手入れしやすく給水しやすい広口タイプ
価格980円(税込)840円(税込)469円(税込)554円(税込)1,080円(税込)
サイズ約27×27×27cm約30×20×30cm約22.5×22.5×27cm29×29×33.5cm25×30×30cm
折りたたみサイズ約27×27×11cm約20×6×45cm(パッケージ込)-26×24×7cm25×25×12cm
容量15L10L10L20L16L
その他の機能レバー式コック付-コック付きコック付きコック付き
商品リンク

防災用ウォータータンク(ハードタイプ)の人気ランキング5選

次にご紹介するのは、安定感があり給水しやすい「ハードタイプ」の防災用ウォータータンクのおすすめランキングです。
5位

キャプテンスタッグ抗菌ボルデイウォータタンク

M-1431

1,360円 (税込)

サイズ35.5×14.5×29.5cm
容量10L
その他の機能抗菌・L字型蛇口
4位
サイズ36.5×20.0×23.7cm
容量10L
その他の機能エアー抜き栓付き
3位
サイズ22×11×高さ26cm
容量20L
その他の機能コック付き
2位
サイズ34.5×20×25cm
容量10L
その他の機能エアー抜き栓付
1位

岩谷マテリアルウォッシャブルタンク

2,293円 (税込)

サイズ30×23×290cm
容量12L
その他の機能 蛇口式コック付

人気防災用ウォータータンク(ハードタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
防災ウォータータンク 岩谷マテリアル ウォッシャブルタンク

岩谷マテリアル

2
防災ウォータータンク 尾上製作所 ウォータータンク OWS

尾上製作所

3
防災ウォータータンク プラテック BUB 20L 水タンク

プラテック

4
防災ウォータータンク TS MDタンク10L コック付

TS

5
防災ウォータータンク キャプテンスタッグ 抗菌ボルデイウォータタンク

キャプテンスタッグ

商品名

ウォッシャブルタンク

ウォータータンク OWS

BUB 20L 水タンク

MDタンク10L コック付

抗菌ボルデイウォータタンク

特徴非常時だからこそ耐久性が高く使い勝手のいいものを水を安定して注げるエアー抜き栓タイプ20Lで1000円を切るコスパの高さが魅力安定感のある幅広タイプアウトドア仕様の使いやすさが、防災用としても大人気
価格2,293円(税込)1,009円(税込)820円(税込)748円(税込)1,360円(税込)
サイズ30×23×290cm34.5×20×25cm22×11×高さ26cm36.5×20.0×23.7cm35.5×14.5×29.5cm
容量12L10L20L10L10L
その他の機能 蛇口式コック付エアー抜き栓付コック付きエアー抜き栓付き抗菌・L字型蛇口
商品リンク

ほかの防災グッズもこの機会にチェック!

災害時に必要となるものはウォータータンクだけではありません。いざというときのことを考えて、ほかにどんな防災グッズが必要なのかもチェックしておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?防災用ウォータータンクは日常的に使うものではないのでコンパクトに収納できるタイプが人気ですが、アウトドアなどでも頻繁に使う予定のある人はコンパクトにできないタイプでも良いと思います。

用途や使用する頻度に合ったウォータータンクを選んで、万が一のときのためにしっかりと備えておきましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す