1. TOP
  2. >
  3. ベビー・キッズ
  4. >
  5. ベビー用品
  6. >
  7. 【徹底比較】ベビーモニターのおすすめ人気ランキング12選
【徹底比較】ベビーモニターのおすすめ人気ランキング12選

【徹底比較】ベビーモニターのおすすめ人気ランキング12選

赤ちゃんの見守りをサポートし、家事の時間やママの自由時間を確保してくれるベビーモニター。最近では、赤ちゃんの見守りに特化したものだけでなく、スマホからアプリでチェックできるネットワークカメラや、防犯用・ペット用としても使える商品も増えています。また、トリビュートやパナソニックなどの大手メーカーからも販売されているため、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。

今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のベビーモニター12商品を比較して、最もおすすめのベビーモニターを決定したいと思います。


比較検証は以下の3点について行いました。

  1. カメラ性能
  2. モニタリング機能
  3. 使い勝手

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?ベビーモニターの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年04月10日更新
  • 282,158 views

検証のポイント

売れ筋のベビーモニター12商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • カメラ性能

    検証① カメラ性能

    まずはベビーモニターの基本的な「カメラ性能」をチェックします。実際にベビーモニターで赤ちゃんの人形を撮影し、以下の3点について評価しました。撮影範囲の広さ明るい場所での画質暗い場所での画質なお、カメラと人形の間は約2mの距離で統一しています。

  • モニタリング機能

    検証② モニタリング機能

    次にベビーモニターの「モニタリング機能」を検証します。以下の3項目について、しっかりとセンサーが反応して通知してくれるかどうかをチェックしました。音:大人がカメラに向かって呼びかけたとき、モニターやアプリに通知が届くか動き:大人がカメラに向かって手を振ったとき、モニターやアプリに通知が届くか温度:カメラ周辺の室温が20℃と17℃のとき、それぞれ正しい温度を表示してモニターやアプリに通知が届くか

  • 使い勝手

    検証③ 使い勝手

    最後にベビーモニターの「使い勝手」を検証します。実際にベビーモニターを使用し、セットアップのしやすさ・モニターやアプリの操作性・再接続のしやすさ・機能性・映像に遅延がないかどうかをチェックしました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ベビーモニターは必要?

    ベビーモニターは必要?

    ベビーモニターが必要かどうかは育児環境によって異なりますが、ベビーモニターを使用することによって育児中のストレス軽減が期待できます。


    例えば、赤ちゃんを寝かしつけたあとに家事をしなければならないときも、ベビーモニターがあれば安心して赤ちゃんから離れることができます。赤ちゃんの声や動きに反応する商品なら異変を察知してモニターに知らせてくれるので、ママの自由時間も確保しやすくなりますよ。


    とはいえ、あくまでもベビーモニターは赤ちゃんの様子を補助的に見守るためのアイテム。赤ちゃんからのSOSが届いたら、すぐに駆け付けられる範囲内で使用してくださいね。

    ベビーモニターの選び方

    ベビーモニターを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。

    ① 屋内?外出先?使用場所に応じてモニターのタイプを選ぼう

    ベビーモニターには専用モニターから赤ちゃんの様子をチェックするタイプと、スマホからアプリを使って赤ちゃんの様子をチェックするタイプがあります。用途に応じて適したタイプを選びましょう。

    家事や休憩中の見守りに。屋内で使用するなら「専用モニタータイプ」

    家事や休憩中の見守りに。屋内で使用するなら「専用モニタータイプ」

    屋内で使用するなら、カメラと専用モニターがセットになったタイプがおすすめ。あらかじめワイヤレスでカメラとモニターが接続されており、電源を入れるだけで使用できるため、機械が苦手なママでも安心ですよ。


    基本的に専用モニターは自立する工夫のあるものが多く、目の届くところに立てかけておけば、赤ちゃんの様子をチェックしながら他の家事をすることも可能です。また、専用モニターがあることでスマホを使わずに済むため、ママの自由時間を有意義にすることができます。


    しかし、このタイプはネットワークに接続できないものが多く、カメラと専用モニターの距離に制限があります。どこからでも赤ちゃんの様子をチェックしたいという方は、次に紹介するアプリモニタータイプを選びましょう。

    外出や仕事中など、外から様子を見たいなら「アプリモニタータイプ」

    外出や仕事中など、外から様子を見たいなら「アプリモニタータイプ」

    アプリモニタータイプはネットワークカメラとも呼ばれ、カメラをネットに接続することによって、スマホアプリから映像を確認することが可能です。カメラの設置場所にネットワーク環境があること・モニターの代わりとなるアプリ(スマホなど)があることが条件になります。


    もちろん室内でも使用できますが、ネットがあればどこからでも映像を確認できることが大きなメリット。ベビーモニターに用途を限定せず、子供が大きくなったら留守番カメラ・ペットを飼い始めたらペットカメラというように幅広く使用できます。


    一方で、初回起動時に接続設定が必要なため、専用モニタータイプに比べると少々手間がかかります。接続の安定性はそのときの通信状況やアプリ・スマホ端末に影響を受けるため、接続トラブルが起こる可能性も否めません。

    ② モニタリング性能が充実しているものを選ぼう

    ベビーモニターには、赤ちゃんを撮影するだけでなく、さまざまなモニタリング機能がついているものがあります。不測の事態に備えて、映像以外の方法で赤ちゃんを見守れるものがおすすめです。

    音:赤ちゃんの声をしっかり拾えるマイク付きベビーモニターがベスト

    音:赤ちゃんの声をしっかり拾えるマイク付きベビーモニターがベスト

    カメラにマイクが付いているものなら、赤ちゃんの声や物音に反応して、ママにお知らせしてくれます。モニターが消えている状態で音に反応するとモニター電源がONになったり、モニターやアプリにアラートが届いたりと、通知の方法は商品によってさまざまです。


    いずれにしても赤ちゃんの異変に気付きやすくなるため、カメラにマイクが付いているものを選ぶことをおすすめします。

    動き:寝返りやハイハイなどに反応して、フレームアウトや怪我を予防

    動き:寝返りやハイハイなどに反応して、フレームアウトや怪我を予防

    動体検知機能付きのカメラであれば、赤ちゃんが撮影範囲外に移動してしまう前に気づくことができます。赤ちゃんの動きを知らせてくれれば、怪我・事故の予防にもつながりますよね。


    なかには自動追跡機能付きのカメラもあります。赤ちゃんの動きに合わせてカメラのレンズも動くため、赤ちゃんがハイハイをしてもカメラの位置を調整する必要がありません。カメラの位置を調整する必要がなくそのまま見守ることができるため、とても便利な機能ですよ。

    温度:室内の温度をチェックできれば熱中症対策にも使える

    温度:室内の温度をチェックできれば熱中症対策にも使える

    カメラに温度センサーが付いていれば、室温が心配な夏場・冬場の室温管理をサポートしてくれるでしょう。


    カメラによってモニターやアプリに温度を表示させるだけのもの・通知温度を設定してその温度域から外れると通知が来るものがあります。特に心配な場合は通知が来るものを選ぶと安心です。


    ただし、基本的には部屋全体の温度というよりもカメラ周辺の温度に反応するため、過信は禁物です。あくまでも一つの目安として活用しましょう。

    ③ 画角・画質はスペック情報を鵜呑みにしない!

    画角・画質はスペック情報を鵜呑みにしない!

    画角とはカメラで撮影される範囲を角度で表したもので、画角が広いほど広範囲を撮影できることになります。設置場所と撮影対象までの距離をイメージしながら最適な画角のものを選びましょう。


    また、画質の良さも画素数とモニターサイズによって異なります。スペック情報で判断する際はひとつの数値だけでなく、複数の数値を確認することをおすすめします。


    今回は画角の広さと画質についても検証しましたので、スペック情報と実際にモニターで見た時のギャップがないように、ぜひ検証結果を参考にしてくださいね。

    ④ 技適マークのあるものを選ぼう

    技適マークのあるものを選ぼう

    技適マークとは、電波法令で定めている基準に適合していることを証明するマークのこと。技適マークがないものを使用すると電波法違反になる恐れがありますので、購入前に必ずチェックしましょう。


    技適マークは製品の型番や製造者と一緒に表示されていることが多く、例えば、機器の底面や内蔵バッテリーの内側などに表示されています。購入前に技適マークの認証を確認するのはもちろんですが、念のために購入後にも確認することをおすすめします。

    ⑤ 遠隔操作や通話機能など、必要に応じてプラスαの機能もチェック!

    ベビーモニターは安価なものではないため、使い勝手のよい商品を選びたいですよね。その他にもチェックしておきたい、便利な機能をご紹介します。

    ズームや撮影範囲の調整が可能な「遠隔操作機能」

    ズームや撮影範囲の調整が可能な「遠隔操作機能」

    モニターやアプリからカメラの遠隔操作ができるものは、状況に応じて赤ちゃんの様子をさらに細かくチェックすることができます。


    ズーム機能があれば赤ちゃんの表情まで確認することが可能です。さらに、パンチルト(首振り)機能があれば、モニターからカメラの撮影範囲を動かすことができます。赤ちゃんが撮影範囲外に移動してしまった場合にも対処できますよ。

    赤ちゃんが成長しても長く使える「通話機能」

    赤ちゃんが成長しても長く使える「通話機能」

    カメラとモニターのそれぞれにマイク・スピーカーが付いていれば、赤ちゃんの声がモニターへ届き、お母さんの声もカメラ側へ届けることができます。


    赤ちゃんが泣きだしてしまった場合に声をかけて安心させるだけでなく、赤ちゃんが成長してからも見守りカメラとして使用できます。また、アプリモニタータイプならお留守番中の見守りカメラとしても活躍しますよ。

    寝かしつけに便利な「子守唄機能」

    寝かしつけに便利な「子守唄機能」

    子守唄機能が搭載されているものは、モニターの操作でカメラからメロディーを流すことができます。赤ちゃんの寝かしつけや、ぐずってしまったときに落ち着かせる効果が期待できます。


    複数のメロディーが収録されているものが多く、ホワイトノイズなどバリエーションが豊富な商品もありますので、興味のある方はぜひ注目してみてください。

    売れ筋の人気ベビーモニター全12商品を徹底比較!

    ベビーモニターの検証

    それではさっそく、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のベビーモニター12商品をすべて集め、どれが最もおすすめのベビーモニターなのかを検証していきます。


    検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:カメラ性能
    検証②:モニタリング機能
    検証③:使い勝手

    今回検証した商品

    1. パナソニック|ベビーモニター
    2. プラネックスコミュニケーションズ|SpotCam-Sense
    3. トリビュート|ワイヤレスベビーカメラ
    4. キャロットシステムズ|ワイヤレスベビーモニター
    5. JSEED|JSEED Baby07
    6. secuOn|ハイブリッドデジタルベビーモニター
    7. サンワサプライ|ワイヤレスカメラ・モニターセット
    8. YISSVIC|ベビーモニター
    9. 日本アンテナ|ワイヤレスモニター「ドコでもeye Smart HD」
    10. 日本育児|デジタルカラースマートビデオモニターⅢ
    11. アイ・オー・データ機器|Qwatch
    12. m-cramp|Visionkids

    検証① カメラ性能

    カメラ性能

    まずはベビーモニターの基本的な「カメラ性能」をチェックします。実際にベビーモニターで赤ちゃんの人形を撮影し、以下の3点について評価しました。


    1. 撮影範囲の広さ
    2. 明るい場所での画質
    3. 暗い場所での画質

    なお、カメラと人形の間は約2mの距離で統一しています。

    【検証結果ハイライト】画質はHDがマスト!専用モニターは色味に差が出る傾向に

    【検証結果ハイライト】画質はHDがマスト!専用モニターは色味に差が出る傾向に

    専用モニタータイプはアプリモニタータイプに比べて画質がよくないものが多く、色味にも大きく差が出る傾向にありました。


    そんななか、明るい場所での画質が最高評価だったのはサンワダイレクトの「ワイヤレスカメラ・モニターセット」。専用モニタータイプでありながら、鮮明な画質のよさと広い撮影範囲で高評価を獲得しました。


    どちらのタイプにしても、きれいな画質を望むのであればHD画質はマスト。「HD」「960×720~1920×1080ピクセルの解像度」というキーワードを目安にチェックしましょう。

    検証② モニタリング機能

    モニタリング機能

    次にベビーモニターの「モニタリング機能」を検証します。以下の3項目について、しっかりとセンサーが反応して通知してくれるかどうかをチェックしました。


    1. 音:大人がカメラに向かって呼びかけたとき、モニターやアプリに通知が届くか
    2. 動き:大人がカメラに向かって手を振ったとき、モニターやアプリに通知が届くか
    3. 温度:カメラ周辺の室温が20℃と17℃のとき、それぞれ正しい温度を表示してモニターやアプリに通知が届くか

    【検証結果ハイライト】音・動き・温度のすべてに反応できるのは、パナソニックとトリビュートのみ!

    【検証結果ハイライト】音・動き・温度のすべてに反応できるのは、パナソニックとトリビュートのみ!

    今回の検証で、音・動き・温度のすべてに反応できるのはパナソニックとトリビュートのみという結果に。特に、パナソニックについては動体検知の感度が最高評価で、検知範囲も自由に設定できるため、誤通知のリスクについても対応することができます。


    全商品を通して、それぞれの項目については以下のような傾向がありました。


    • 音:ほとんどの商品について、日常会話ほどの音量は拾えませんでした。一定の大きさの音に反応するものもあるので、赤ちゃんの泣き声には反応できるかもしれません。ただし感度は最大にしておきましょう。
    • 温度:商品ごとの性能差もありますが、設置場所などの環境によっても差が出る部分です。なかには実際の室温と3~4℃の乖離があるものも。あくまでも目安程度に活用しましょう。
    • 動き:そもそも動体検知機能が付いているものが少ないという結果に。ネットワークを介するアプリモニタータイプについては、動きを検知できたとしても、リアルタイムでの通知はあまり期待できません。

    この結果から、モニタリング機能は過信せず、こまめに映像で赤ちゃんの様子をチェックする必要があるといえます。

    検証③ 使い勝手

    使い勝手

    最後にベビーモニターの「使い勝手」を検証します。


    実際にベビーモニターを使用し、セットアップのしやすさ・モニターやアプリの操作性・再接続のしやすさ・機能性・映像に遅延がないかどうかをチェックしました。

    【検証結果ハイライト】設定不要ですぐに使える、専用モニタータイプが圧倒的に使いやすい!

    【検証結果ハイライト】設定不要ですぐに使える、専用モニタータイプが圧倒的に使いやすい!

    使い勝手を大きく分けたのは「接続設定の有無」という結果になりました。専用モニタータイプは接続設定が不要なだけでなく、電源を入れるだけですぐに使えるため、実家への帰省時や旅行などさまざまなシーンでも使いやすいところも評価できます。


    一方で、アプリモニタータイプは遠隔からの見守りや録画など、専用モニタータイプにはできないことができるものが多いですが、やはり接続面での不安は拭いきれません。


    外出先からの見守りや録画などが目的でなければ、使いやすい専用モニタータイプを選ぶことをおすすめします。

    No.1

    パナソニックベビーモニター

    14,290円(税込)

    総合評価

    3.45
    • カメラ性能: 3.0
    • モニタリング機能: 3.5
    • 使い勝手: 4.0

    指先の動きまで検知!ママも赤ちゃんも安心できるベビーモニター

    第1位にランクインしたのはパナソニックの「ベビーモニター」。今回検証した商品のなかでモニタリング機能の評価が最も高く、総合点を引き上げる要因となりました。


    特に動体検知の感度が非常に高く、今回の検証環境において最大感度にすると、指先の動きまで検知することができました。検知する範囲を選択することも可能で、設置環境に適した設定で使用することができそうです。温度検知も最大約2℃までの誤差にとどめ、音声検知もしっかり反応しました。


    カメラ性能についても色味にやや特徴はありますが、実用に足るレベルです。撮影範囲が狭めであるため、赤ちゃんをモニターの中心に映せる位置にカメラをセットしましょう。


    設定不要で簡単に使い始めることができ、機能についてもモニター内で日本語の説明があるため操作も簡単。機械やネットに不慣れなママでも安心して使用することができますよ。まさにベストバイなベビーモニターです!

    アプリ対応-
    画質-
    撮影範囲(画角)水平:約+136°(右側)~約-136°(左側)/垂直:約0°(正面)~約-44°(下側)
    検知機能音,動体,温度
    カメラの遠隔操作
    No.2

    プラネックスコミュニケーションズSpotCam-Sense

    15,784円(税込)

    総合評価

    3.05
    • カメラ性能: 4.5
    • モニタリング機能: 2.2
    • 使い勝手: 3.0

    圧倒的な撮影範囲・画質を誇る、汎用性の高いネットワークカメラ

    SpotCamの「SpotCam-Sense」は、アプリと接続設定が必要な屋内用ネットワークカメラです。手間はかかるものの比較的接続しやすく、圧倒的なカメラ性能も相まって第2位にランクインしました。


    とにかく撮影範囲が広く、今回検証した商品のなかで最も広範囲を撮影することができました。画質も鮮明なため、設置する場所を選ばないといえるでしょう。暗い場所でも広範囲を明るく撮影することができます。


    モニタリング機能のうち、動体検知機能は比較的リアルタイムに通知してくれました。完璧な通知ではないものの、検知した時間も記録してくれるため分かりやすいところも評価できます。防犯にも使えそうな、汎用性の高い商品です。

    アプリ対応
    画質-
    撮影範囲(画角)対角:155°
    検知機能音,動体,温度,湿度,明るさ
    カメラの遠隔操作-
    No.3

    トリビュートワイヤレスベビーカメラ

    14,800円(税込)

    総合評価

    2.94
    • カメラ性能: 2.8
    • モニタリング機能: 3.0
    • 使い勝手: 3.0

    音と動きで赤ちゃんを見守れる!画質にこだわらないならおすすめ

    トリビュートの「ワイヤレスベビーカメラ」が第3位にランクイン。カメラ性能はやや平均を下回るものの、全商品の評価平均値が1.6であるモニタリング性能の検証において、3.0という高評価を記録しました。


    温度検知については最大約3℃の誤差が見られましたが、音声にはしっかり反応して知らせてくれます。動体検知機能も備わっており、手全体の動きに反応してカメラが自動追尾するため、自動でカメラ位置の調整が可能です。


    撮影範囲と画質については必要最低限といった印象ですが、暗い場所でも撮影できるため、夜間の見守りにも使用できるでしょう。画質はそこまで重視しないという方であればおすすめできます。

    アプリ対応-
    画質-
    撮影範囲(画角)-
    検知機能音,動体,温度
    カメラの遠隔操作
    No.4

    キャロットシステムズワイヤレスベビーモニター

    36,205円(税込)

    総合評価

    2.44
    • カメラ性能: 3.3
    • モニタリング機能: 1.3
    • 使い勝手: 4.0

    モニタリング機能はそこそこだが、使い勝手のよいベビーモニター

    キャロットシステムズの「ワイヤレスベビーモニター」は接続設定不要の専用モニタータイプ。電源を入れてすぐに使い始めることができます。カメラとモニターの遅延もなく、モニターからカメラの位置を遠隔操作できるため、使い勝手のよいベビーモニターといえます。


    撮影範囲が広く、やや色味が淡いものの画質についても許容範囲。暗い場所でも赤ちゃんを撮影することができ、平均を上回る結果になりました。


    一方で、モニタリング機能については評価が伸び悩む結果に。温度検知は最大約4℃の誤差があり、動体検知機能は備わっていません。音声は検知して知らせてくれるので、赤ちゃんの声を拾える環境で使用するとよいでしょう。

    アプリ対応-
    画質-
    撮影範囲(画角)水平:270°/垂直:120°(ともに可動域)
    検知機能音,温度
    カメラの遠隔操作
    No.5

    JSEEDJSEED Baby07

    9,670円(税込)

    総合評価

    2.40
    • カメラ性能: 4.5
    • モニタリング機能: 1.3
    • 使い勝手: 2.0

    撮影範囲も広く画質もよいが、モニタリング機能の少なさが惜しい

    「JSEED Baby07」はアプリと接続設定が必要な、ネットワークカメラタイプのベビーモニターです。初回起動時の接続設定に手間がかかるため、使い勝手の評価は平均を下回る結果になりました。


    一方で、カメラ性能についてはトップクラス。撮影範囲が非常に広く、画質も鮮明で自然な色味です。暗い場所での撮影も一定の明るさをキープしており、夜間でも問題なく使用できるでしょう。


    モニタリング機能についても動体検知の感度がよく、手を振ってから10秒ほどでアプリに通知が届きました。しかし、温度や音声を検知しないため、総合的にモニタリング機能は低評価にとどまりました。

    アプリ対応
    画質-
    撮影範囲(画角)水平:355°/垂直:110°(ともに可動域)
    検知機能音,動体
    カメラの遠隔操作
    No.6

    secuOnハイブリッドデジタルベビーモニター

    16,183円(税込)

    総合評価

    2.31
    • カメラ性能: 3.7
    • モニタリング機能: 1.2
    • 使い勝手: 3.0

    カメラ性能と使い勝手は問題ないだけに、モニタリング機能が残念

    secuOnの「ハイブリッドデジタルベビーモニター」はタッチパネル式の専用モニターを採用しているベビーモニターです。接続設定が不要なため、比較的使いはじめやすいベビーモニターといえます。


    撮影範囲も広めで画質も鮮明なため、カメラ性能は平均を上回る結果となりました。パンチルト機能付きのため、モニターからカメラを遠隔操作できる点も評価できるポイントです。


    一方で、モニタリング機能については動体検知機能が備わっておらず、低評価にとどまりました。音声検知は大人の大きな声には反応したものの、温度検知には最大約4℃の誤差がありました。

    アプリ対応
    画質-
    撮影範囲(画角)水平:270°/垂直:90°(ともに可動域)
    検知機能音,温度
    カメラの遠隔操作
    No.7

    サンワサプライワイヤレスカメラ・モニターセット

    19,980円(税込)

    総合評価

    2.30
    • カメラ性能: 4.0
    • モニタリング機能: 1.0
    • 使い勝手: 3.0

    モニタリング機能を重視しなければ、検討の価値あるベビーモニター

    サンワダイレクトの「ワイヤレスカメラ・モニターセット」は、大きな専用モニターが特徴のベビーモニター。サンワサプライ直販サイト「サンワダイレクト」のみの限定販売商品です。モニターの操作についてはやや分かりにくさはありますが、慣れてしまえば問題ないでしょう。モニターからカメラの遠隔操作が可能な点も評価できます。


    カメラ性能についても高評価で、撮影範囲が非常に広く、画質も鮮明。明るい場所では細部までくっきり映っており、暗い場所でも撮影できる水準に達していました。


    モニタリング機能は動体検知機能が備わっておらず、音声検知も今回の検証ではうまく反応しませんでした。あくまでも映像での見守りとして使用するなら検討してもよいといえます。

    アプリ対応-
    画質-
    撮影範囲(画角)水平:340°/垂直:90°(ともに可動域)
    検知機能音,温度
    カメラの遠隔操作
    No.8

    YISSVICベビーモニター

    6,999円(税込)

    総合評価

    2.21
    • カメラ性能: 2.7
    • モニタリング機能: 1.2
    • 使い勝手: 4.0

    設定不要で使いやすいものの、モニタリング機能には期待できない

    カメラもモニターもコンパクトな、専用モニタータイプの「ベビーモニター」。電源を入れるだけですぐに使用することができ、カメラとモニターの遅延もなく、使い勝手は高評価でした。


    撮影範囲について、ベビーモニターとしては許容範囲でしたが、画質については平均を下回る結果に。鮮明な映像で赤ちゃんを見守りたいという方にはおすすめできません。


    また、モニタリング機能も動体検知機能が備わっておらず、評価を下げました。温度検知は最大約2℃の誤差があり、音声検知についても大人が出した大きな声でなければ反応しませんでした。

    アプリ対応-
    画質-
    撮影範囲(画角)-
    検知機能音,温度
    カメラの遠隔操作-
    No.9

    日本アンテナワイヤレスモニター「ドコでもeye Smart HD」

    17,800円(税込)

    総合評価

    2.09
    • カメラ性能: 3.8
    • モニタリング機能: 1.5
    • 使い勝手: 1.0

    カメラ性能は平均以上だが、使い勝手が悪いためおすすめできない

    日本アンテナの「ドコでもeye Smart HD」はベビーモニターとしても使える屋内用ネットワークカメラです。アプリからの操作でカメラの首振りが可能で、外出先からの見守りにも適しています。


    撮影範囲はやや狭いものの、画質については明るい場所でも暗い場所でも非常に鮮明。カメラとしての性能は高いといえます。また、温度検知の感度がよく、唯一温度の誤差を1℃未満にとどめましたが、ネット接続ができず、他の検知機能は検証できませんでした。


    一方で、アプリや接続設定が必要なため、使い勝手については低評価という結果に。カメラとアプリの遅延はありませんでしたが、アプリ上のメニューを開くとカメラとの接続が途切れるなども評価を下げる要因となりました。

    アプリ対応
    画質-
    撮影範囲(画角)水平:270°/垂直:120°(ともに可動域)
    検知機能音(ネット接続時),温度,動体(ネット接続時)
    カメラの遠隔操作
    No.10

    日本育児デジタルカラースマートビデオモニターⅢ

    1,100円(税込)

    総合評価

    2.01
    • カメラ性能: 2.7
    • モニタリング機能: 1.2
    • 使い勝手: 3.0

    動きや小さな音には反応できない。カメラ性能にも物足りなさが残る

    日本育児の「デジタルカラースマートビデオモニターⅢ」は、接続設定が不要の専用モニタータイプ。手間なく使い始めることができ、カメラとモニターの遅延もほとんどありませんでしたが、モニターの操作がややわかりにくく、使い勝手の評価は平均的な結果となりました。


    カメラ性能については平均をやや下回る結果に。撮影範囲は特に問題ありませんが、画質については使用できないほどではないものの、他の商品と比較すると物足りなさを感じます。


    また、モニタリング機能の評価については、動体検知機能が備わっていない点が足を引っ張り、大きく評価を下げました。温度検知については最大約2℃ほどの誤差があり、音声検知も大人が意識して出した大きな声でなければ反応してくれませんでした。

    アプリ対応-
    画質-
    撮影範囲(画角)-
    検知機能音,温度
    カメラの遠隔操作-
    No.11

    アイ・オー・データ機器Qwatch

    11,111円(税込)

    総合評価

    1.76
    • カメラ性能: 3.2
    • モニタリング機能: 1.2
    • 使い勝手: 1.0

    撮影範囲・画質ともにハイレベルだが、真っ暗な場所では撮影不可

    アイ・オー・データ機器の「Qwatch」は、ベビーモニターとしても使用できる屋内ネットワークカメラです。使用するには接続設定やアプリが必要なため、今回の検証では使い勝手が低評価に。設定を済ませば、外出先からでも自宅の様子を確認することができます。


    また、撮影範囲と明るい場所での画質について、ハイレベルな性能でした。特に、明るい場所での画質は非常に鮮明で、安心して赤ちゃんを見守ることができそうです。


    しかし、光がほとんどない場所では撮影することが難しく、設置場所や使用時間には注意が必要です。モニタリング機能についても温度検知は約2℃の誤差があり、音や動きの検知ではリアルタイムに通知が届かなかったため、今回の検証では低評価にとどまりました。

    アプリ対応
    画質-
    撮影範囲(画角)対角:85°
    検知機能音,動体,温度,湿度,人感
    カメラの遠隔操作-
    No.12

    m-crampVisionkids

    5,990円(税込)

    総合評価

    1.71
    • カメラ性能: 2.2
    • モニタリング機能: 0.5
    • 使い勝手: 4.0

    使いやすいが、夜間には不向き。モニタリング機能にも不安が残る

    他の商品と比べても比較的安価でコンパクトな「Visionkids」は、接続設定が不要な専用モニタータイプ。カメラとモニターの遅延もなく、使い勝手は平均を上回る結果となりました。


    一方で、カメラ性能は低評価。撮影範囲は実用に足る水準でしたが、明るい場所での画質はやや粗く、暗い場所では対象をしっかり撮影することができませんでした。暗い場所での見守りには不向きでしょう。


    モニタリング機能についても検知できるのは温度のみで、音や動きは検知することができません。唯一検知できる温度も、最大で約2℃の誤差が生じたため、大きく評価を下げました。

    アプリ対応-
    画質-
    撮影範囲(画角)-
    検知機能温度
    カメラの遠隔操作

    人気ベビーモニターの検証結果比較表

    ベビーモニターの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、ベビーモニターのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

    まとめ

    今回は売れ筋人気のベビーモニター12商品を徹底検証しました!


    どの商品も想像以上に画質がよく、高性能なカメラもあって驚きました。特にパナソニックはモニターサイズも持ち運びにちょうどよく、本当におすすめです。今後もお母さんの負担が少しでも軽減されるベビーモニターが増えてほしいと思います。ぜひ、購入の際の参考にしてくださいね。


    文:市山佳乃、写真:三浦晃一・稲垣佑季

    ランキング作成日:2020/02/12

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す