• ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング9選のアイキャッチ画像1枚目
  • ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング9選のアイキャッチ画像2枚目
  • ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング9選のアイキャッチ画像3枚目
  • ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング9選のアイキャッチ画像4枚目
  • ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング9選のアイキャッチ画像5枚目

ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング9選

本好きの方。増えていく一方の本の山に困っていませんか。本をスキャンしてPDF等にデータ化してしまえば保管場所の心配がなくなります。また、タブレットなどにデータを入れて持ち歩けば、好きなときに好きな本を読むこともできます。

本をデータ化するときに悩むのは、「どうやって本をデータに読み込むか」です。普通のスキャナーで読み込もうとしても、開いたページの真ん中には黒い線が入ってしまったり、画像が歪んでしまったりします。また、データに読む込む手間もかなりかかります。そこで今回は、本をデータに読み込むときに便利なおすすめのブックスキャナーをランキング形式でご紹介します。価格とも相談しながら、自分に合ったものを選んでみてください!

この記事に登場する専門家

柳谷智宣
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 16,335  views
目次

ブックスキャナーの3つのタイプ

本を読み込むことに特化したスキャナーもありますが、ここではもっと広く様々なタイプのスキャナーをご紹介します。つまり、ここで紹介するブックスキャナーというのは、「本をデータに読む込むときに便利なスキャナー」のことを指します。

ブックスキャナーには、以下でご紹介するように、大きく分けて3つのタイプがあります。まずは、この3つのタイプについて把握してください。

裁断した本をスキャンするドキュメントスキャナー

裁断した本をスキャンするドキュメントスキャナー

出典:amazon.co.jp

このタイプのスキャナーは、「ドキュメントスキャナー」と呼ばれます。まとめて原稿をセットすれば、1枚ずつ読み取ってくれます。本をスキャンする場合には、本をページごとに分解してからスキャンをすることになります。

本をスキャンするために開発されたブックスキャナー

本をスキャンするために開発されたブックスキャナー

出典:amazon.co.jp

本を読み取ることを目的に開発されたスキャナーです。文字通りの「ブックスキャナー」は、このタイプです。原稿を読み取るガラス面が本体の端ギリギリの位置にあるので、広げた本の中心部が本体の端にくるようにセットすれば、本の中心部まできれいに読む込むことが可能です。

本に触れずにスキャンするスタンドスキャナー

本に触れずにスキャンするスタンドスキャナー

出典:amazon.co.jp

「スタンドスキャナー」と呼ばれるタイプです。読み取り機は上の位置にあり、離れたところから原稿をスキャンします。本をスキャンするときには、本を開いて読み取り機の下に置くだけでスキャンできます。

ブックスキャナーの選び方

この3つのタイプのブックスキャナーには、それぞれに特徴があり、向いている使い方というものがあります。自分がどんな風に本をスキャンしたいのかを考えて、それにあったブックスキャナーを選ぶのが正しい選び方です。

本を裁断しても良いのか、本を残したいかで選ぶ

本を裁断しても良いのか、本を残したいかで選ぶ

出典:amazon.co.jp

本をスキャンする方法には大きく分けて、本をページごとに分解してスキャンする方法と、本をそのままスキャンする方法があります。

本を分解する場合には、本の背の部分を上の写真のような裁断機で切ってページごとに分解する方法が一般的です。本を残したい人には使えない方法ですが、本を1ページずつスキャンするよりも早く多くの本をデータ化することができます。

本を裁断してもいいという人には「ドキュメントスキャナー」がおすすめです。本を裁断する手間はありますが、スキャンの際の読み込み速度は早いですし、裁断した後は原稿をまとめてセットしてスタートボタンを押すだけで簡単にスキャンができます。多量の本をデータ化する場合は、特におすすめです。

読み取り精度を重視して選ぶ

読み取り精度を重視して選ぶ

出典:amazon.co.jp

本をスキャンする場合、できるだけ鮮明な画像で残したい人もいれば、本を読めればそれでいいという人もいるでしょう。読み取った画像の精度に対する拘りは人によって違うと思います。

読み取りの精度に拘るのであれば、やはり1ページごとに読み取りガラスに本をセットして読み込むタイプに軍配が上がります。3タイプの中では「ブックスキャナー」がこのタイプです。

手軽に本をデータ化することができるかで選ぶ

手軽に本をデータ化することができるかで選ぶ

出典:amazon.co.jp

「ドキュメントスキャナー」は読み取りは早いのですが、本を裁断する手間がかかります。「ブックスキャナー」は、本を1ページごとにスキャナーにセットする必要があります。時間がない人にとっては、どちらも結構面倒なものです。

この点、スタンドスキャナーは、本を開いて読み取り機の下に置くだけでスキャンすることができます。手軽に本をスキャンしたい人には「スタンドスキャナー」がおすすめです。

プロの愛用するおすすめのブックスキャナー

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのブックスキャナーをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、用途に合わせて選んでくださいね。
専門家の
マイベスト

ドキュメントスキャナーのおすすめ人気ランキング3選

3つのタイプのうち、どのスキャナーがいいか決まりましたか?3つのスキャナーにはそれぞれ長所も欠点もあるので、簡単には決められないかもしれませんね。以下ではタイプごとにおすすめのスキャナーをご紹介しますので参考にしてください。

まず、おすすめのドキュメントスキャナーをご紹介します。このタイプのスキャナーは、本を裁断しなければならないという大きな欠点があるものの、それができる場合であれば、読み取りにかかる手間も少なく、読み取り速度や読み取り精度が高い製品が多いのが特長です。
3位
2位
1位

おすすめ人気 ドキュメントスキャナーの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格商品リンク
1
imageFORMULA DR-C225

Canon

imageFORMULA DR-C225

独自のラウンドスキャンで省スペースを実現32,399円(税込)詳細を見る
2
DS-570

EPSON

DS-570

多量のページも短時間でデータ化できる35,847円(税込)詳細を見る
3
ScanSnap iX500

富士通

ScanSnap iX500

高価格に見合った、高い基本性能39,187円(税込)詳細を見る

ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング3選

次に「ブックスキャナー」のおすすめ機種をご紹介します。

最初にお断りしておかなければならないのは、用途を特化した製品であるためか、あるいは「Plustek」というメーカーが特許技術を使った製品を開発しているためか、このタイプのスキャナーは選択の幅があまりありません。以下でも、同社の製品を複数紹介する形になってしまっていますが、ご了承ください。

このタイプのスキャナーは、競合する製品が少ないためなか、全体的に価格が高めになっています。また、本を全ページコピーしようとするとかなり時間もかかります。ただ、本を傷めることなく高い精度でスキャンできるという優れた特徴がありますから、この点を重視する人にはおすすめのスキャナーです。
3位
2位
1位

おすすめ人気 ブックスキャナーの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格商品リンク
1
OpticBook 3800

PLUSTEK

OpticBook 3800

コスパに優れたブックスキャナー39,290円(税込)詳細を見る
2
OpticBook 4800

Plustek

OpticBook 4800

エッジはわずか2mm、本を読み込むことに特化したスキャナー54,800円(税込)詳細を見る
3
OpticBook 3900

Plustek

OpticBook 3900

Macユーザーにおすすめ、Mac/Win両対応のモデル39,800円(税込)詳細を見る

スタンドスキャナーのおすすめ人気ランキング3選

最後にご紹介するのは、手軽に本をスキャンしたい人におすすめの「スタンドスキャナー」です。

このタイプのスキャナーは、本を開いたときにできる曲面の歪みを自動的に補正する機能があるものが多いのも特徴です。しかし、補正が完全ではない場合もあり、読み取りに高い精度を求める人にはこの点がネックになるかもしれません。
3位
2位
スキャネックスA・日本語版 XC0012
出典:amazon.co.jp

A.M.TスキャネックスA・日本語版 XC0012

43,740円 (税込)

1位

おすすめ人気 スタンドスキャナーの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格商品リンク
1
ScanSnap SV600

富士通

ScanSnap SV600

高い基本性能で、高い読み取り精度を実現51,900円(税込)詳細を見る
2
スキャネックスA・日本語版 XC0012

A.M.T

スキャネックスA・日本語版 XC0012

携帯可能なサイズで高機能を実現43,740円(税込)詳細を見る
3
3R-SSA800AF

スリーアールシステム

3R-SSA800AF

カメラ部分が可動して、様々な使い方ができる16,570円(税込)詳細を見る

まとめ

ブックスキャナーは、そのタイプによって特徴が異なります。ブックスキャナーを選ぶときには、本を裁断するのか本自体も残すのか、読み取りに時間をかけられるのか短時間で終わらせたいのか、こういった点をまず検討してください。

どのタイプのスキャナーが欲しいのかが決まったら、そのタイプの中で基本性能や価格を比較して購入するモデルを決めるといいでしょう。

自分が使いたいのはどんな機能なのかをよく考えて、それに合った機種を選ぶのがブックスキャナー選びのポイントです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す