1. TOP
  2. >
  3. パソコン
  4. >
  5. スキャナ
  6. >
  7. 【名刺管理が簡単!】名刺スキャナーのおすすめ人気ランキング7選
  • 【名刺管理が簡単!】名刺スキャナーのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【名刺管理が簡単!】名刺スキャナーのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【名刺管理が簡単!】名刺スキャナーのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【名刺管理が簡単!】名刺スキャナーのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【名刺管理が簡単!】名刺スキャナーのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

【名刺管理が簡単!】名刺スキャナーのおすすめ人気ランキング7選

スキャンするだけで簡単に、大量の名刺を補完・整理できる「名刺スキャナー」。机の上が整理されるだけでなく、チームでの共有が楽になり仕事効率化をサポートしてくます。しかし、エクセルに出力できるか、スマホとの連携は可能か、OCR機能は付いているか等々、どうしても迷ってしまいますよね。


そこで今回は、名刺スキャナーの選び方とともに、通販で人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。コンパクトに持ち運べるものから、書類のスキャンができるものまで、幅広い商品が登場しますよ。ファイリングが面倒で名刺入れにしまいっぱなし…そんな状況とはさよならしましょう!
  • 最終更新日:2020年06月23日
  • 32,851  views
目次

スマホアプリで十分?名刺スキャナーの魅力

スマホアプリで十分?名刺スキャナーの魅力

名刺スキャナーの魅力は、早く・大量にスキャンができる点です。スマホで写真を撮るだけで名刺をスキャンできるアプリが数多く登場する中、名刺スキャナーは不要という声もあります。しかし、今まで溜めていた名刺を一気にデジタル化する際は、名刺スキャナーが圧倒的に便利です。


コンパクトな商品も多く、カバンの中のスペースを取りすぎないのも魅力の1つ。iCloudやDropboxといったストレージと連携できるものを選べば、スマホ・PC間での共有も楽ちん。会社で1つ持っておけば、同僚とシェアすることもできるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

名刺スキャナーの選び方

最近ではスマホのカメラ機能を使って名刺管理を行うアプリもあるので、専用の機器を購入するなら価値のある製品を選びたいですよね。ここからは、名刺スキャナーを選ぶうえで確認しておくべきポイントを紹介します。

使用用途でタイプを選ぼう

名刺スキャナーには、大きく分けて2つのタイプがあります。名刺読み取り専用で手のひらサイズのモバイル型と、名刺以外の書類もスキャン可能な据え置き型です。持ち運びをするかや、名刺以外もスキャンする機能が必要かなど、使用用途に合わせてタイプを選びましょう。

名刺だけをスキャンするなら「モバイル型」。持ち運びも楽ちん

名刺だけをスキャンするなら「モバイル型」。持ち運びも楽ちん

小さくて軽いモバイル型は、名刺だけをスキャンしたいと考えている人にピッタリのタイプ。持ち運びの有無を問わずおすすめできるコンパクトさ・性能・価格が魅力です。


出張が多いビジネスマンにはもちろん、もらった名刺はすぐに整理したい・デスク上で場所を取りたくないという方におすすめ。コンパクトではありますが、スピーディに、大量にスキャンできる商品が多いので、実用性もバッチリです。

名刺以外もスキャンするなら「据え置き型」がおすすめ

名刺以外もスキャンするなら「据え置き型」がおすすめ
据え置き型の場合は、名刺だけでなくその他の書類もスキャンできるため、使い方の幅が広いです。オフィスや、自宅の書斎でマルチに活躍してくれるでしょう。また他のサイズの書類もスキャンできるので「買ってみたもののあまり使わなかった…」ということもなさそうです。

また、据え置き型のなかでもモニターが付いているタイプは、スキャンした画像をすぐに確認できるので便利。デメリットは、置き場所を選ぶということと、名刺だけスキャンできればいいという人には不要な機能が多いことです。自分の使い方に合わせてスキャナーのタイプを選ぶようにしましょう。

名刺スキャナーのスペックにも注目しよう

スキャナーの種類によっては、読み取り時間が遅いものや、便利な機能がついているか・文字の読み取り精度が高いかなどスペックの違いがあります。名刺スキャナーのスペックでおさえるポイントを紹介します。

大量に名刺をスキャンしたいなら読み取り速度・ADF機能をチェック

大量に名刺をスキャンしたいなら読み取り速度・ADF機能をチェック

名刺スキャナーの読み取り時間の目安は1枚につき5秒以下が理想。速いもので3秒で読み取るものもあるので、1分間に最大で12~20枚と大量の名刺を取り込むことができるので便利です。


今、手元に大量の名刺がある方や、名刺交換の機会が多くてすぐに溜まるという方はは読み取り時間が速いものを選ぶようにしましょう。


さらにADF機能と呼ばれる自動原稿送り機能がついているものを選べば、セットしたものを自動でスキャンしてくれるので手差しで一つ一つ名刺を入れずに済みます。大量の名刺なら時間短縮にも繋がり、スムーズにスキャンができるでしょう。

読み取り精度は80%以上だと訂正が少ない!外国語対応も多いと便利

読み取り精度は80%以上だと訂正が少ない!外国語対応も多いと便利
名刺スキャナーはOCRという機能で、印刷された文字情報を光学的に読み取って認識します。


スキャンの精度が低いと、取り込んだ後に訂正する手間がかかるので、文字の認識度は80%以上のものを選ぶようにしましょう。取り込む枚数が多ければ多いほど、訂正が必要になった時に時間がかかります。


また、海外との取引が多い方や、外国語の書類を扱う機会が多い方は、OCRの機能で外国語対応が多いものが便利ですよ。

名刺の管理方法に合わせてExcelなどの出力形式を確認

名刺の管理方法に合わせてExcelなどの出力形式を確認

ビジネスの場で名刺交換をしたら、会社の人にも共有できると便利ですよね。定番のExcel・Word・PDFなどよく使うファイル形式で出力できるものを選べば、大量の名刺データも、わかりやすくリスト化できるでしょう。付属のソフトウェアによっては、Windows・MacそれぞれのOSに適したファイル形式で出力できるものもあります。


Excelなどのファイル形式で共有したい場合は、使っているOSにも合わせて出力ができるものを選ぶようにしましょう。

スマホアプリなど外部サービスと連携できるものだと共有しやすい

スマホアプリなど外部サービスと連携できるものだと共有しやすい
スキャンした名刺は、アプリなどを使ってスマホやパソコン、タブレットなど他の端末と連携できると管理しやすく、便利です。Dropbox・iCloud・Google Driveなどのクラウドサービスとも連携ができれば、自分の端末はもちろん、会社の人にもスムーズにデータを共有することができます。


他の端末で管理したい・共有したい方は、名刺スキャナーで取り込んだデータを外部サービスと連携させられるものを選ぶとよいでしょう。

名刺スキャナーのおすすめ人気ランキング7選

ここからは人気の名刺スキャナーをランキング形式でご紹介します。今回は名刺専用スキャナーのほか、名刺スキャンに適したハンディタイプもピックアップしました。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月14日)をもとにして順位付けしています。

7位
サイズ10.9×3.3×8.9cm
重さ約148g
スキャン速度約10枚/分
ADF機能
文字認識精度-
6位
サイズ9.1×2.75×2cm
重さ約41.5g
スキャン速度約2秒
ADF機能
文字認識精度-
5位
サイズ28.99×16.06×15.8cm
重さ約1480g
スキャン速度約5秒
ADF機能
文字認識精度-
4位
サイズ12.2×6.2×1.3cm
重さ約95g
スキャン速度
ADF機能無(ただし64枚まで連続撮影可能)
文字認識精度-
3位
サイズ13.9×12.5×12.9cm
重さ約325g
スキャン速度6秒以内/枚
ADF機能
文字認識精度-
2位
サイズ10.7×2.8×10cm
重さ約168g
スキャン速度約3秒
ADF機能
文字認識精度90〜95%
1位
サイズ17.4×3.8×6cm
重さ約190g
スキャン速度約5.5秒
ADF機能
文字認識精度85%

人気名刺スキャナーの比較一覧表

商品画像
1
名刺スキャナー サンワサプライ 名刺スキャナー 1枚目

サンワサプライ

2
名刺スキャナー サンワサプライ 名刺スキャナー 1枚目

サンワサプライ

3
名刺スキャナー キングジム デジタル名刺ホルダー メックル 1枚目

キングジム

4
名刺スキャナー キングジム デジタル名刺ホルダー  ピットレック 1枚目

キングジム

5
名刺スキャナー サンワサプライ フォトスキャナー 1枚目

サンワサプライ

6
名刺スキャナー ケンコー・トキナー  ハンディスキャン 1枚目

ケンコー・トキナー

7
名刺スキャナー YASHICA USB名刺スキャナー 1枚目

YASHICA

商品名

名刺スキャナー

名刺スキャナー

デジタル名刺ホルダー メックル

デジタル名刺ホルダー ピットレック

フォトスキャナー

ハンディスキャン

USB名刺スキャナー

特徴複数のパソコンで使いまわせる!データ形式の変換も可能名刺2枚分サイズ!付属のソフトも使い勝手◎ダイヤル式の検索機能で直感的にデータを探せるカメラ式の簡単操作で名刺をデータ化できる!自動読み取り仕様でボタン操作を省略コンパクトで持ち運びやすい!高速スキャンも可能既存のデータベースと同期可能で手軽に使い始められる
最安値
13,980
送料無料
詳細を見る
19,980
送料無料
詳細を見る
11,279
送料無料
詳細を見る
18,883
送料無料
詳細を見る
28,233
送料無料
詳細を見る
2,630
送料要確認
詳細を見る
サイズ17.4×3.8×6cm10.7×2.8×10cm13.9×12.5×12.9cm12.2×6.2×1.3cm28.99×16.06×15.8cm9.1×2.75×2cm10.9×3.3×8.9cm
重さ約190g約168g約325g約95g約1480g約41.5g 約148g
スキャン速度約5.5秒約3秒6秒以内/枚約5秒約2秒約10枚/分
ADF機能無(ただし64枚まで連続撮影可能)
文字認識精度85%90〜95%-----
商品リンク

名刺スキャナーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、名刺スキャナーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクよりご確認ください。

まとめ

名刺スキャナーの人気商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

名刺にはとても重要な情報が詰まっており、ビジネスチャンスを掴むきっかけにもなる存在。名刺ファイルなどで物理的に管理するのも1つの方法ですが、迅速かつ合理的に活用するならデータ化して管理するのがおすすめです。ぜひ名刺スキャナーを活用して、ビジネスライフに役立ててくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す