• B40ebca285f27f7d9da1ee94e9664d45868fd019
  • Be1ebfb0bbcedecaec64e210cff2bd12e9ea9f07
  • 3f08eb80eacbfe66abff02faf80e456658929cf9
  • 55fd4e78f35235d6b983cf20572fa5c798400902
  • C6ca60165c5287c37101b849df27c785d18420c7

家庭用ポップコーンメーカーのおすすめ人気ランキング10選【2017年最新版】

ポップコーンを手軽につくれる家庭用ポップコーンメーカー。キャラメル・塩といった定番の味付けだけでなく、のり塩・チョコ・メープルシロップ・バター醬油・明太バターなどの変わり種レシピもたくさんあり、お店では売っていないフレーバーポップコーンがいつでも食べられると、今大注目のアイテムです。

でも、いざ購入しようと思うと、業務用と変わらない本格的なものからレンジで作れる簡単なものまで様々な商品が販売されているので、どれを選んだら良いかわからないという方も多いはず。そこで今回はポップコーンメーカーの選び方のポイントを解説した後で、デザイン・性能・価格などを比較して、おすすめ商品をランキング形式でご紹介したいと思います。お気に入りの1台を見つけて、おうちで気軽に自分好みの味付けのポップコーンを作っちゃいましょう♪

最終更新日:2017年07月20日 | 13,473views

家庭用ポップコーンメーカー選びのポイント

まずは、家庭用ポップコーンメーカー選びのポイントをご紹介します。ぜひ参考にして、おいしいポップコーンをお安く手軽に作れる一台を見つけてくださいね。

電気・電子レンジ・直火。どのタイプを選ぶ?

家庭用ポップコーンメーカーのタイプは調理法の違いにより、大きく分けて「電気タイプ」「電子レンジ調理タイプ」「鍋タイプ」の3つのタイプに分けられます。ここではそれぞれのタイプの特徴や使い方、メリット・デメリットを解説していきますので、どのタイプを選びたいのか決めていきましょう。

コンセントにつなぐだけ!手間なしの「電気タイプ」

頻繁にポップコーンを作りたい方におすすめなのが、電気タイプのポップコーンメーカーです。コードをコンセントにつなげるだけで素早く手間なくポップコーンを作ることができるので便利。出しっぱなしにしても絵になるほどおしゃれな商品がいろいろ登場しています。

しかし、電気タイプには多くの機種に共通する2つの目立つ欠点があります。まず1つめは、動作音がうるさいこと。他のことをしながらポップコーンを作りたいというときに音が邪魔になっていしまいますし、集合住宅にお住まいの方は周りに気を遣うかもしれません。

2つめは、本体や本体周辺が非常に高温になってしまうこと。周辺が70度以上にもなってしまう商品もあり、冷めるまではしばらく触ることもできません。小さなお子様のいるご家庭では、高温にならないように配慮されている商品を選ぶことが大切です。

また、比較的安価な商品が多いのも電気タイプの特徴ですが、釜で出来た商品は大体1万円越えとなってしまいますので注意が必要です。

火を使わないから安心の「電子レンジ調理タイプ」

電子レンジ調理タイプはその名の通り、電子レンジを使って作るポップコーンメーカーです。容器に乾燥コーンを入れたら後はレンジにかけるだけと使い方が簡単なうえに、火を使わないため高温にもなりにくく安全性が高いのが魅力です。

安心して楽しくポップコーンを作ることができるのはもちろん、容量の種類やデザインのバリエーションが多くお値段も安価なため、小さなお子様がいるご家庭や、気軽に購入できる家庭用ポップコーンメーカーを選びたいという方にもおすすめのタイプと言えるでしょう。

アウトドアでも大活躍する「直火鍋タイプ」

ほかの2タイプと比べると火の加減などに手間がかかり、お値段もお高めな直火鍋タイプ。しかし火があればどこでも使用可能なため、キャンプやバーベキューといったアウトドアシーンでも使いたいという方にぴったりなタイプです。外で食べる出来立てのポップコーンはまた格別ですよ。

サイズ選びも意外と重要

電子レンジ調理タイプには、1人分だけ作れるものから一気に4人分作れるものまでさまざまなサイズの商品があります。沢山作れるものを購入しても、大きすぎてレンジに入らないと意味がありませんので、ご家庭で使っている電子レンジに入るサイズかを必ず事前に確認しましょう。

小さいサイズのものは、1人ででき立てを少しだけ食べたい時などには便利ですが、何人分かを作りたい時には不便。一番良いのは大容量で、サイズ調節もできるタイプのものですが、そこまで行くと値段がお高めになってしまいます。どのような量のポップコーンを作ることが多いか、よく考えて選んでくださいね。

また、電気式の場合は本体サイズが大きい商品が多く、収納場所に困ることもよくあります。想定している収納場所に入るかを確認してから選びましょう。

あると便利なおまけ機能

家庭用ポップコーンメーカーには、便利なおまけ機能がついているものもあります。快適においしいポップコーンのみを食べられる機能などもありますので、ポップコーン好きの方は要チェックです!

取っ手付きならやけどしない!

レンジ調理タイプは、電気タイプや鍋タイプほど高温にはならないものの、やはり出来立てはある程度器も熱くなるものです。レンジから取り出すときにやけどしないためにも、取っ手のついているものを選ぶと安心ですよ。

電気式の場合は商品によってポップコーンの取り出し方も様々ですが、出来上がったポップコーンをすくって取り出すなど、できるだけシンプルに簡単に取り出せるもののほうが良いでしょう。

不発コーンを選別できると便利!

ポップコーンを加熱すると必ずと言っていいほど出るのが不発コーン。硬いまま残っているの乾燥コーンが紛れ込んで、まとめて口に入れたときに噛んで驚いてしまうこと、ありますよね。

そんな場合には完成したポップコーンのみが飛び出してくる機能や、容器がふるい代わりになるものなど、不発だったコーンを選別して取り出す機能が付いていると便利です。この機能があれば不発コーンを気にすることなく、快適においしいポップコーンのみを心行くまで楽しむことができます。

家庭用ポップコーンメーカーのおすすめ人気ランキング10選

これまで解説した選び方のポイントを踏まえて、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介したいと思います。お気に入りの1台を見つけて、でき立てのポップコーンをご家庭でぜひ楽しんでください。

10位:SIS ポップコーンマシン PM-3600

SIS ポップコーンマシン PM-3600
8,150円(税込)

・タイプ:電気タイプ
・サイズ:約32×31.5×49cm
・重量:4.3kg

レトロなマシンがイベントに大活躍

1950年代のアメリカ映画に登場しそうなレトロなデザインの電気タイプのポップコーンメーカー。魅力あるデザインはもちろん、アツアツの出来たてポップコーンがスイッチを押してたった4分間でできる優れものです。

またポンポンはじける様子も見えるため、イベントやホームパーティーでも大活躍すること間違いなし。アレンジレシピと専用の計量スプーンも付属していますので、いろいろな味を作って楽しんでみてはいかがでしょうか。

9位:D-STYLIST ラクラクポップコーンメーカー AILES

D-STYLIST ラクラクポップコーンメーカー AILES KK-00223
1,910円(税込)

・タイプ:電気タイプ
・サイズ:約11.5×17.5×26.5cm
・重量:約720g

お手入れ楽々

こちらはカップに種を入れ、スイッチを押すだけで簡単にポップコーンが出来上がる電気タイプのポップコーンメーカーです。弾ける様子も見えるうえ、出来上がったポップコーンが飛び出してきますので、お子様も楽しみながら作ることができるでしょう。

本体・カップ・カバーはそれぞれ取り外しでき、お手入れしやすいのもうれしいポイントです。コンパクト設計で場所を取らないことも人気の秘密。別売りのフレーバーもあるので、そちらも試してみてください。

8位:ビタントニオ ポップコーンメーカー VPC-10

ビタントニオ ポップコーンメーカー VPC-10
5,400円(税込)

・タイプ:電気タイプ
・サイズ:(本体)14.5×23×29.5cm・(容器)13.5×13.5×19cm
・重量:(本体)約1.16kg・(容器)210g

1台2役!いろいろな味が楽しめる

家では高温調理が必要なマッシュルームタイプのポップコーンは作れない?いえいえそんなことはありません。ビタントニオ・ポップコーンメーカーは高温設計の商品のため、フレーバーやチーズを混ぜやすいバタフライタイプも、チョコやキャラメルを絡めやすいマッシュルームタイプも作れる、1台2役の電気式ポップコーンメーカー。ダイヤルにはタイマーもついており、目を離していてもポップコーンがどんどんできます。

専用の容器を使えば、出来上がったポップコーンの飛び散りも防げますし、お皿を汚すことなく味付け可能です。洗い物も少ないのが主婦には魅力的に感じるでしょう。

7位:Whirley-Pop ストーブトップポップコーンポッパー

Whirley-Pop Stovetop Popcorn Popper
4,770円(税込)

・タイプ:直火鍋タイプ
・サイズ:約40×25×20cm
・重量:約1kg

本場アメリカ製のレトロ鍋

こちらの商品はなんと日本未発売、レトロな雰囲気がたまらない、本場アメリカ製の直火鍋タイプのポップコーンメーカーです。シンプルな鍋ですので少々コツは要りますが、ポコポコとポップコーンのはじける音と振動が食欲を掻き立てることでしょう。

ただし、サイズは約40cm×25cm×20cm・容量は約5.7ℓと、かなり大きめの商品です。入れるコーンの量で出来上がりのポップコーンの量は調節できますが、かなりの収納スペースが必要となりますので注意しましょう。

6位:ハック とうもろこし DE ポップコーン

ハック とうもろこし DE ポップコーン HAC1113
2,530円(税込)

・タイプ:電気タイプ
・サイズ:20×19.5×31cm
・重量:885g

笑わずにはいられない!ユニークポップコーンメーカー

ユニークなデザインの電気タイプのポップコーンメーカーです。ポップコーンが出来上がると、とうもろこしの口からポンポン飛び出してくる仕組みになっています。1台あれば、イベントやホームパーティーの主役になれること請け合いのアイテムです。

見た目がとうもろこしというかわいらしいデザインなので、小さなお子様から大人まで幅広い年代に親しまれています。プレゼントとして贈っても非常に喜ばれることでしょう。

5位:D-STYLIST ハンディポップコーンメーカー

D-STYLIST ハンディポップコーンメーカー KK-00250
2,199円(税込)

・タイプ:電気タイプ
・サイズ:約38.5×25×14.1cm
・重量:約800g

手作り感たっぷり!フライパンタイプのポップコーンメーカー

電気タイプなのにフライパンの形をした、あまりない珍しい形のポップコーンメーカー。ハンディタイプですので、手作り感がいっそう増し、揺するのも簡単に行えます。

少量から手軽に作れますので、「ちょっとポップコーン食べたいな…」と思ったときにもぴったりです。常にアツアツの出来立てを食べたい人にもおすすめですよ。表面がフッ素樹脂加工されているので、お手入れも簡単に出来るのも魅力的です。

4位:マイヤー ポップコーンポッパー

マイヤー ポップコーンポッパー PCP-2.7
2,080円(税込)

・タイプ:電子レンジ調理タイプ
・サイズ:23.5×16×21cm
・重量:614g

お手軽楽々レンジタイプのポップコーンメーカー

こちらの商品の魅力は、かわいいデザインだけではありません。取っ手が付いているため熱々の出来立てでもレンジから取り出しやすく、容器に移し替える必要もありませんので、性能も抜群のポップコーンメーカーとなっています。

また火を使わないレンジタイプなうえに、ポップコーンがたった3~4分で完成しますので、とても手軽に使えると口コミでも好評です。耐熱ガラスの本体と、シリコン製の蓋は食器洗浄機に対応しており、お手入れも簡単なのも選ばれている理由の1つでしょう。

3位:曙産業 チンしてポップコーン

曙産業 チンしてポップコーン RE-166
566円(税込)

・タイプ:電子レンジ調理タイプ
・サイズ:12.7×11.6×12.4cm
・重量:170g

ダイエットに最適なノンオイルポップコーンメーカー

低価格で高性能、コスパの良いレンジタイプのポップコーンメーカーを選びたい、そんなあなたにぴったりなのがこちら。気軽に購入しやすい価格で、すぐにポップコーンを作りたいという方にも最適な一品です。

また、ノンオイルでヘルシーなポップコーンを少量でも作ることもできるため、ダイエット中のおやつや間食にももってこいです。実際にこれでダイエットに成功した方もいらっしゃるそうですよ。小さなお子さんのおやつにもおすすめのポップコーンメーカーです。

2位:ルクエ ポップコーン 62160

ルクエ ポップコーン 62160
3,000円(税込)

・タイプ:電子レンジ調理タイプ
・サイズ:約径20×15cm・(折りたたみ時)約径20×6cm
・重量:254g

計量、収納まで完璧に考えられたポップコーンメーカー

シリコンスチーマーで有名なルクエが製造・販売しているレンジタイプのポップコーンメーカーは、なんとシリコン製。折りたたんで収納できますので、置き場所に困るなんてことはもうありません!

また、本体中央部が計量カップとなっており、1度にたくさんのポップコーンを作ることが可能となりました。この容器でフレーバーを混ぜることもできるため、洗い物が少なくて済みます。サイズは映画を見ながら抱えて食べるのにもぴったり、さらにはポップコーン以外の調理にも使えますので、気になる方はぜひお試しください。

1位:曙産業 チンしてキャラメルポップコーン

曙産業 チンしてキャラメルポップコーン RE-935
1,058円(税込)

・タイプ:電子レンジ調理タイプ
・サイズ:19.8×16.8×16.3mm
・重量:-

かわいい見た目だけじゃない!万能ポップコーンメーカー

インパクト抜群、ユニークデザインのレンジタイプのポップコーンメーカー。実は、このかわいらしい見た目には秘密があります。腕と鼻は持ち手になっており、レンジから取り出す時にもしっかり掴むことが可能。さらにポップコーンが完成した後、上部をひっくり返して帽子を外せば不発の種を選別することもできるようになってるんです!

ちょうど良いサイズと価格で、幅広い年代から人気があります。誕生日プレゼントとして贈り、そのまま誕生日パーティーで使うという方もいらっしゃるほど。かわいさと機能性を兼ね備え、こんなにもコスパの良いポップコーンメーカーはほかにありません。

ポップコーンの種類とおすすめフレーバー

ポップコーンを食べていて、全体が爆発しているような形のものと、丸い形をしたものの2種類があることに気が付いた方も多いのではないでしょうか。実はこの形の違いは、ポップコーンの素となるコーンの違いにあります。それぞれのタイプの特徴や作り方、おすすめのフレーバーなどを解説していきましょう。

「バタフライタイプ」は塩やチーズと相性抜群

爆発したような羽が生えているような形のポップコーンはバタフライタイプと言い、小さめのコーンから出来上がります。カリッとした歯ごたえが特徴で、塩やチーズなどのフレーバーとの相性抜群。ある程度の温度でも作ることが可能ですので、家庭用ポップコーンメーカーでも作りやすいタイプです。

「マッシュルームタイプ」にはチョコやキャラメル味が合う!

丸い形をしたポップコーンはマッシュルームタイプと言い、大きめのコーンから出来上がります。柔らかな歯ごたえが特徴で、チョコレートやキャラメルなどのコーティングフレーバーとの相性が良いタイプです。

しかし、マッシュルームタイプはコーンが大きい分高温で調理する必要があるため、家庭用ポップコーンメーカーではなかなか作ることができません。低温調理だとマッシュームタイプのコーンを使用してもバタフライタイプのような形になる場合がありますので、マッシュルームタイプを作りたいなら、マッシュルームタイプにも対応している高温調理が可能な商品を選びましょう。

便利グッズを使えば意外と簡単!手作りおやつ&スイーツ

ポップコーンメーカー以外にも、手作りおやつが簡単に作れる便利グッズはいろいろ。ワッフルにアイスを添えるなど上手に組み合わせれば、おやつのバリエーションも増え、お子さんも大喜び。来客時のおもてなしやパーティのテーブルも、ぐっと華やかになりますよ。

まとめ

おすすめのポップコーンメーカーランキングはいかがだったでしょうか?食べたかったあの味が、おうちで気軽に楽しめるなんて嬉しいですよね!お家で手軽に。お気に入りの1台でポップコーン作りを楽しんでくださいね。

人気の記事

関連キーワード