• D083bc2129ca97c0cd22c0fa15f2829470ae6840
  • 21a5bf1814ca77aa99d6d111e3f2b1be8ebb27a4
  • 31f8faa7a410220e2040c3a9c244e217c6f846ce
  • 5065fb545a89124ff93c0c09a38e6ba705e6b365
  • 81a011da129b8be682f35e5b28116950069d43a4

初心者におすすめのアコギ人気ランキング28選

ギターを始めたい人にとって最も手軽なギターがアコギ(アコースティックギター)です。メーカーで見ればギブソン・YAMAHAなど特徴のあるギターが沢山がありますが、ギター自体の種類は大きく分けてエレキギターとアコギの2種類に分類できます。そしてギターが弾けるか否かは最初の1本がとても大事なので、慎重に選びたいですよね?

しかし、一口にアコギと言っても値段が高いものから安いものなど、様々な種類があり、どんなものを選べばよいのかわからないと思います。そこで今回はギターをこれから弾き始めたいという初心者の為に、アコギの種類や選び方からおすすめの商品までを価格別にランキング形式でご紹介いたします。選び方さえわかれば通販でも買えるので、ぜひ参考にして、最高の一本を手に入れてください!

最終更新日:2017年08月01日 | 24,391views

アコースティックギターの選び方

アコースティックギターのことを通称:アコギと言いますが、(以下アコギと表記)アコギと言っても4種類に分類できます。ご自分のスタイルや、やりたい音楽によっても選ぶ楽器は変わってくるため、それぞれの楽器の特徴を知り、自分の目的に合わせて選んで行きましょう。

万人受けの弾きやすいフォークタイプのアコギ

アコギの中でも比較的万人受けするのがこのフォークタイプになります。特徴としてはボディサイズがコンパクトなためネック幅も手に収まるサイズが多く、身体の小さな人や手の小さな日本人にも向いたモデルと言えます。

音の特徴としては、高音域の伸びが良く、繊細でシャープな音色のものが多いということです。アルペシオなどポロロ~ンとしんみり弾きたい人向けのギターと言えます。ボディーサイズがコンパクトということもあり価格の割には弾きやすいモデルが多いのもおすすめのポイントです。

ポップスやソロギターのような比較的静かな音楽を弾くのに適しています。特に女性や子供、手の小さな人がアコギを始める場合にはこのフォークタイプをおすすめします。

アコギと言えば定番のドレッドノートタイプ

ドレッドノートタイプのアコギは、まさしくこれぞアコギと言わんばかりの存在感で、ボディサイズも大きなものが多く、メーカーによってはボディの厚みがフォークタイプの1.5倍ほどあるものもあります。ボディのくびれがフォークタイプとは明らかに違い、そのサイズ感からも迫力のあるダイナミックなサウンドを楽しめるのが特徴です。

ボディサイズが大きいので音量も大きく、ジャカジャカ弾きたい方やアコギをロックっぽく弾きたい人には、低音の迫力や音の抑揚や広がりはドレッドノートタイプのアコギでしか味わえないと言っても過言ではありません。

慣れるまでは少し弾きづらいという意見もありますが、ロックやジャズ、ブルースなどオールマイティに使え、生音をビシバシ感じたい、ストリートで使いたいという人にはドレッドノートタイプをおすすめします。

ライブハウスで演奏するなら断然エレアコタイプのアコギ

フォークタイプやドレッドノートタイプにピックアップというマイクをつけたものをエレクトロニック・アコースティックギターと言い、通称:エレアコといいます。

アンプにつないでアコギサウンドを大音量で楽しみたいという人向けのギターになります。ライブハウスでアコギが使いたいという人はこちらのタイプを選ぶことになります。

生のサウンドで比較した場合はフォークタイプ、ドレッドノートタイプのアコギにどうしても分がありますし、どちらのタイプも後々ピックアップを付ければエレアコにすることも出来ます。

ただ、フォークタイプやドレッドノートタイプは低域の音が大きく空気感もプラスされた音質が特徴ですが、この生音は利点な反面、アンプを通して大音量でという場合には欠点になります。というのは「キ~ン」といったハウリングが非常に起こりやすく両タイプの空気感や生音を純粋に再現するの音量が大きくなればなるほど非常に難しくなります。

その点エレアコタイプのギターは、低域の音を適度にカットすることでハウリングを抑制し、ある程度の生音の良さと大音量でも不快に感じない音質という両面が考慮された音の鳴りを再現しているギターです。

また、エレアコタイプのギターはエレキギターのようなネックの細いモデルが多いのも特徴です。音の迫力には欠けるものの早く上手くなりたい場合は弾きやすいモデルのエレアコタイプのアコギが最初の1本にはおすすめです。

マンションや夜でも演奏OKなサイレントギタータイプ

アコギの生音の音量は比較的大きいため、せっかく買ったアコギなのに音が大きすぎて練習ができないという人も多いと思います。そんな住環境の人や真夜中でも練習したいという方の為に開発されたのが、このサイレントギタータイプです。

アンプに繋いで演奏することも出来ますし、ピックアップから直接ヘッドフォンをつないで音を聴くことも出来ます。練習をいつでもしたいという方はサイレントギターがおすすめです。

【フォークタイプ 5万円以下】アコギのおすすめ人気ランキング3選

初心者とは言え、あまりに安価なギターは初期不良も多くチューニングも頻繁に狂う為おすすめしません。しかし、続けるかどうかわからないものに高いお金は払えないという方向けに5万円以下のモデルでもバランスも良く長く使える3~5万円以上のモデルをラインナップしました。ぜひ、自分に合ったお気に入りのギターが見つかるといいですね!

3位:YAMAHA FS820 エントリーセット

YAMAHA FS820 エントリーセット
39,600円(税込)

くびれが深くボディー厚も薄い初心者に弾きやすいモデル

ヤマハ独自の内部機構でコンパクトなボディーながら、中低音も迫力あるサウンドを実現しています。何と言っても弾きやすい形状が一番の特徴で、初心者で何を買っていいか分からない人の為にチューナーや教則本などの10点セットになっています。そのため、買ったその日から即練習できるという点も魅力的です!

入門者から中級者が選ぶことが多いYAMAHAのアコギを最初の1本に選んでもイイのではないでしょうか!

2位:S.Yairi YF-3M/3TS 初心者入門セット

S.Yairi YF-3M/3TS 初心者入門セット
42,370円(税込)

国内外の愛好家が多いヤイリサウンドの入門モデル

サンバーストの色合いが美しくヤイリサウンドをいきなり手に出来るコストパフォーマンスに驚きます。初心者モデルで単板を使用しているのも見逃せません。さらにソフトケースやハードケースなどがついて12点セットで5万円を切っています。

但し、ヤイリサウンドと言っても日本で1本1本製造されているわけではないので本格的な国産のヤイリサウンドには少し見劣りするのは仕方ありません。あくまで入門者に特化したモデルになります。しかし入門者モデルでこの価格でヤイリが買える。本当にすごい時代です。

1位:Headway HG-45R NA

Headway HG-45R NA
32,184円(税込)

コパクトで持ち運びに便利 可愛さ溢れるカラーが人気!

ヘッドウェイのフォークモデルの中でも見るからにコンパクトで弾きやすい「HG-45R NA」ですが、材質も全面ローズウッドを使用しておりアンティークで女性にも男性にも愛されそうなデザインです。12フレットモデルということで上級者には少し物足らない印象です。

最初は小さくて弾きやすさを求めてもいいと思います。いずれ中上級者になってもセカンドギターとして十分に戦力になってくれるアコギで初心者の最初の1本にはおすすめです。

【フォークタイプ 5~10万円】アコギのおすすめ人気ランキング3選

初心者でも最初からある程度のモデルが欲しい。中級者モデルと言っても過言ではないのがこの5~10万円以下のモデルのアコギになります。ある程度のサウンドクオリティと弾きやすさを兼ね備えたモデルが多いのが特徴です。

3位:HEADWAY HF-560S NA

HEADWAY HF-560S NA
51,840円(税込)

最終調整は国内の職人が行い、価格に似合わず安心して弾けるアコギ

ギター自体の組み上げはアジア工場で行い、指板やフレット、サドル、ナットの微調整が必要な部分は国内の職人が行う、ヘッドウェイのJapan Tune-up Seriesの1本です。ヘッドウェイのバランスの良い音質を残しつつ、コストパフォーマンスに優れた1本です。

ボディのくびれが特徴のギターが多いヘッドウェイですが、そのくびれが抱えて弾くにはとても弾きやすく、更に価格・性能ともにバランスよいギターで初心者にもおすすめです。

2位:YAMAHA アコースティックギター アコギ11点入門セット

YAMAHA アコースティックギター アコギ11点入門セット
53,900円(税込)

好みのカラーも選べて、初心者に嬉しいお得な11点セット

ヤマハのアコギは、この価格帯が多く入門者にも最適なセット内容となっています。セットで5万円を超えてくるモデルはアコギ自体のクオリティーも安心して使え、音質もバランスのよいアコギらしい生音が楽しめます。

フォークタイプと呼ぶには若干大きめのボディーになりますが、ヤマハのアコギは耐久性もあり長年愛用できるモデルで初心者から中級者に幅広く愛されています。最初は無難な平均的なものを選びたい冒険するのはちょっと…という方にはおすすめです。

1位:K.Yairi RF-65 (HB)

K.Yairi RF-65 HB
96,390円(税込)

国内産の手工品ヤイリの特注カラーモデル

10万以下のアコギやS・ヤイリなどの多くがアジア工場で組み上げられているのに対して、こちらのモデルは国内生産となります。完成度の高いヤイリサウンドはこの価格帯からと言っても過言ではありません。

弾けば弾くほど楽器の持つポテンシャルを発揮してくれることでしょう。最初は少し硬くダルい音という印象かもしれませんが、ヤイリのアコギは自分の音にドンドン変わっていきます。あなたと共に成長でき、あなただけの愛着のある1本になること間違いなしです。アコギと一緒に成長して弾き育てたいというあなたにはおすすめの1本です。

【フォークタイプ 10万円以上】アコギのおすすめ人気ランキング3選

初心者がいきなり10万以上のアコギを手にするのは気が引けると思いますが、初心者でも後々何本もそろえるなら最初からイイものをという方におすすめです。このクラスからずっとメインのギターとしても使え十分な威力を発揮してくれるモデルばかりです

3位:Takamine アコースティックSAシリーズ

Takamine アコースティックSAシリーズ
112,320円(税込)

有名アーティストが愛用タカミネの上級者モデル

長渕剛や世界的なアーティストのジョン・ボンジョヴィが愛用しているのがこの国内ギターメーカーのタカミネのギターです。コンパクトなボディーで弾きやすくバランスの良さが人気のヒミツです。

少しミーハーで、なり切りたい人や形から入りたいというあなたにはタカミネのこの上級者クラスのアコギは十分魅力的なモデルです。サンバーストのシックな色合いとタカミネ独自のネックシェイプが渋いですね。これから何年も弾き続けていきたい人におすすめのアコギです。

2位:Gibson J-15 2016

アコギでロックやブルースを弾きたい人におすすめ

ジャカジャカかっこよく弾きたいという人にはギブソンのアコギをおすすめします。低音の締まったアタック感や強く弾いても上手くまとめてくれる歯切れの良いサウンドは流石ギブソンと思わせてくれます。

アコギだけどロックだぜ!という方やエレキの練習用や後々ロックやブルースをやりたいという方、初心者には少し高い価格帯ですが、それだけの価値と音質を手に入れることができるオススメの1本です

1位:Martin 000X1AE/N

アコギと言えばマーチン 圧倒的なクリアサウンドが特徴

1度弾くとそのクリアサウンドが忘れられない!そんな1本です。フォークタイプのアコギなのでマーチン本来の低音の伸びは期待できませんが、それでもバランス良くこのサイズのボディでは体験できないほどのクリアサウンドを体感でき初心者から上級者まで納得できる1本です。

しんみり弾きたい。アルペシオでつま弾きたい。バラードで泣かせたい人にはマーチンは最強の武器となるでしょう。とにかくまとまりのあるアコギサウンドはさすがのマーチンと言わせてくれる1本です。

【ドレッドノートタイプ 5万円以下】アコギのおすすめ人気ランキング3選

初心者には弾きづらいと言われているドレッドノートタイプのアコギですが、その大きな音と低音の振動はアコギならではの醍醐味です。それを最も味わえるドレッドノートタイプで初心者におすすめの5万円以下のものを紹介します。


3位:Fender CD-60 Dreadnought

Fender CD-60 Dreadnought
48,550円(税込)

ハードケースが付いたフェンダーのエントリーモデル

フェンダーと言えばエレキギターのイメージですが、こちらのアコギはそんなフェンダーから作り出された万能に使えるアコギです。フルサイズのドレッドノートタイプのアコギであらゆる音楽をやりたい人向けの初心者~中級者向けの万能ギターです。

まだどんな音楽をやっていきたいか分からないという方やバンドをやっている方で作曲用の1本に欲しい方にも万人向けのアコギでおすすめです。

2位:YAMAHA アコギ 初心者 入門 ウエスタンタイプ セット

YAMAHA アコギ 初心者 入門 ウエスタンタイプ セット FG820
38,200円(税込)

ギターを始めるならYAMAHAのドレッドノートという人に

何を買えばイイか分からない。とりあえず全部そろえたい。でもある程度のものを手に入れたいという少し欲張りなあなたに持って来いのお得な15点セットです。

正直ギターのクオリティだけ見ればこれだけのセット内容とコスパだと期待は出来ませんが、最初からこれだけ揃っていると買い足しの必要は楽譜と弦くらいではないでしょうか?最初から練習に集中できギター生活をスタートさせることができる充実のアコギです。

1位:Morris M-251 TS アコギ入門10点セット

Morris M-251 TS アコギ入門10点セット
29,500円(税込)

コスパにすぐれたモーリスのアコギでまずは手軽にギター生活

入門~中級者向けのモデルが多い国内メーカーのモーリスのアコギです。海外で生産したものを国内である一定の期間、日本の気候に馴染ませた後に出荷させています。

入門者でも低価格で必要最低限のクオリティを持っているのが特徴のギターメーカーでこのモデルは少し重さが気になりますが、耐久性もあるアコギが多く長く愛用出来きます。ギタースタンドなどもセットされていて初心者には手に取りやすいコスパに優れたモデルですね。

【ドレッドノートタイプ 5~10万円以下】アコギのおすすめ人気ランキング3選

ドレッドノートタイプではボディの大きさもありますが、やはりこの5万円以上のモデルからがドレッドノートの特徴を引き出せ体感しやすいと言えます。ドレッドノートタイプのアコギにするなら出来るだけこの5万円以上をおすすめします。

3位:Martin Dreadnought Junior AC

Martin Dreadnought Junior AC
77,800円(税込)

10万円以下でマーチンサウンドを体感

ドレッドノートタイプをサイズダウンさせて14フレットにしたモデルになります。厳密にはドレッドノートタイプとは言えませんが10万円を切るコスパでマーチンサウンドを体感できプロを目指す本気初心者向けの方にはおすすめの1本になります。

また、ボディサイズから女性や小学生なども弾きやすく且つドレッドノートのダイナミックさプラスαマーチンの繊細さも味わうことが出来ます。万人向けとはいえマーチンの高級感も味わえてしまいます。入門者だけどある程度のクオリティも求めたい本格派思考向きのアコギですね。

2位:おさむらいさん×HEADWAY HJ-OSAMURAISAN

おさむらいさん×HEADWAY HJ-OSAMURAISAN
56,160円(税込)

弾きやすさを追求したこだわりのアコギ

初心者はもちろん、1度ギターに挫折した人にも向けておさむらいさんとヘッドウェイが共同で開発したアコギです。実際ギターを初めて挫折する人の多くは弾けないからということが殆どです。いきなり弾けてしまうのに飽きてやめてしまう人はかなり少ないでしょう。

「HEADWAY/おさむらいさん×HEADWAY HJ-OSAMURAISAN」は、ギターを弾けるようになってギターの楽しさを知って欲しいというコンセプトの元で弦高やネック幅などを工夫されており、とにかくまず弾けるようになることを目的としたアコギになります。弾ける楽しさをいち早く味わいたい、根気もあまりないという人におすすめのアコギです。

1位:YAMAHA FS830 NT アコギセット FS-830

YAMAHA FS830 NT アコギセット FS-830
42,500円(税込)

ソフトケース付きで持ち運びや保管も安心でお得なセット

ギターを買ったはいいけど保管や持ち運びに困るという方は意外に多いものです。この価格帯でソフトケースやギタースタンドもついているとは凄いですね。保管もバッチリですしキャンプなどの野外に持っていく場合でもソフトケースは重宝するものです。

セット価格で5万円前後なので正直ギター単体では5万円のクオリティはないものの初心者の入門用ギターのクオリティは保ちつつソフトケースやその他の付属品も付いている十分なセット内容です。YAMAHA FS830 NTは、ドレッドノートよりもやや小さいボディですが、最初のアコギとしてはとても手に取りやすいおすすめのアコギですね。

【ドレッドノートタイプ 10万円以上】アコギのおすすめ人気ランキング3選

ドレッドノートタイプは10万円を超えるモデルからガラッと雰囲気が変わります。初心者でも本当にいい音を最初から求める方やプロ志向の強い方向けに10万円以上のモデルをご紹介します。

3位:MORRIS M-102

国産ギターのモーリスの上級者モデル

フィンガースタイルの技術を集約したモーリスのドレッドノートタイプのアコギです。国産ギターでこの価格帯ということはマーチンやギブソンで言えば余裕の20万オーバーのアコギとそん色ないモデルです。ナチュラルの自然素材を活かしたデザインも特筆すべき点ですね。

昔風のフォークサウンドや弾き語りで聴かせたい人、アルペシオでメリハリのあるサウンドを求める方に最適なモデルになりますが、基本的な音像のバランスも良くオールマイティに使いたい方にもおすすめの1本です。

2位:Martin D-16GT

マーチンの名器。後継器をあなたの最初の1本に

マーチン特有の煌びやかなクリアサウンドは勿論、ドレッドノートタイプのボディで奥ゆかしい低音を体感できます。名器と言われるD-28やD-18のワンランク下のモデルになりますが、名器のクオリティを見事に受け継ぐクオリティの高いアコギです。

この価格でこの音質なら間違いなく買いと言っていいと思います。マーチンギターは国産ではありませんが1年2年と弾き込めば弾き込むほどあなたの音に変わっていきます。マイクリアサウンドを作り上げながら自身のギターテクも上げていきたい。そんな欲張りなあなたが最初の1本に持つには十分すぎる音質を体感できるおすすめの1本です。

1位:K.Yairi SL-MA1

小さなボディで大きな仕事をこなす限定モデル

ドレッドノートサイズより一回り小さな「K.Yairi SL-MA1」ですが、さすがヤイリ!日本の職人も凄いと思わせてくれる痒い所に手が届くアコギです。一回り小さいですがダイナミックな音質を失わず弾きやすさを実現した日本人に適したサイズ感でヤイリの職人さんのこだわりが見え隠れします。

ライブハウス、自宅、ストリートでも万能にこなせるオールマイティなアコギです。初心者の1本としても是非おすすめです。弾いてるだけで絵になるシックなデザインも素敵ですね。

【エレアコタイプ 5万円以下】アコギのおすすめ人気ランキング3選

エレアコとして使うには、ピックアップなどの音質や音量には期待できませんが、練習用としては5万円以下でもとても弾きやすいモデルが多く初心者におすすめです。

3位:EPIPHONE アコギ 初心者 入門15点セット EJ-200SCE/VS

EPIPHONE アコギ 初心者 入門15点セット EJ-200SCE/VS
48,800円(税込)

ギブソンらしさを失わずコスパに優れたエレアコ

ギブソンの直系ブランドで「Giboson J-200」をモチーフにコスパに優れたモデルをエレアコで再現したアコギです。ギブソンほどの音の抜けやアタック感はありませんが、弾きやすさやデザインがギブソンっぽいアコギです。

アコギは格好から入りたい。デザイン重視でそれなりのもので弾きやすいモデルがいいというあなたや最初は右も左も分からないからセットのお得なモデルがイイという方にはこちらの EPIPHONE(エピフォン) EJ-200SCE/VSの15点セットがおすすめです。

2位:Ibanez AEG24II TGB

弾きやすいカッタウェイのエレアコ

エレキギターを弾いてる方でも違和感なく演奏できるほどの弾きやすさがアイバニーズのエレアコの特徴です。カッタウェイはエレアコタイプでは当たり前ですがエレキギターかと思わすネックシェイプや弦高、フレットの低さなど随所で弾きやすさが目につきます。

弾きやすさは個人の手のサイズもあるため一概には言えませんが、万人向けの平均的に弾きやすい、そんなアコギから始めたいというあなたや、将来エレキギターも視野に入れてる方にはアイバニーズの弾きやすいアコギで始めるのも悪くない選択です。

1位:YAMAHA エレアコ 初心者 入門15点セット APX500III/DSR

YAMAHA エレアコ 初心者 入門15点セット APX500III/DSR
44,900円(税込)

アンプもセットでライブハウスを意識する方向けのアコギ

初心者向けに流石のYAMAHAと言わんばかりの至れり尽くせりの15点セットになります。価格で判断ではなくある程度の平均値を出す楽器が特徴のYAMAHAですが、その通りのモデルになります。

とりあえず始めたい。いきなり個性ではなく無難なモデルでオールマイティな平均的なアコギでイイ。クオリティーはそこまで求めないという方は、とりあえずこれを買っておけばOKなお得なセットでおすすめです。

【エレアコタイプ 5~10万円以下】アコギのおすすめ人気ランキング3選

エレアコタイプのアコギと言ってもある程度の音抜けやピックアップにもこだわりたいなら初心者と言えどこの5万円以上のモデルをおすすめします。

3位:YAMAHA エレアコ 初心者 入門15点セット A3R/NT

YAMAHA エレアコ 初心者 入門15点セット A3R
95,100円(税込)

アコギのクオリティーにもある程度こだわりたい人向けの15点セット

5万円以下の15点セットのモデルのアコギのクオリティでは納得できないという方の為にトップを単板で仕上げたA3R/NTのエレアコでスタートから差をつけたいという方向けのお得なセット品です。アンプやピックアップにはそこまで生音感を求めることは出来ませんが、ライブなどの実践では問題なく使えるモデルです。

ただし、録音など音を繊細に選ぶような環境では向かないと思いますので練習用やライブ用と限定して使う方向けのエレアコタイプのアコギですね。単板を使っているので耐久性もあり低音を求めなければオールラウンドに初心者にも最適なモデルです。

2位:Ovation Celebrity Elite CE44-5 Black

Ovation Celebrity Elite CE44-5
66,400円(税込)

エレアコと言えばオベーションと言われるほどの存在感

アコギとしての鳴りを求めるのではなく、エレキギター感覚で弾けるアコギということで多くの人に愛用されているエレアコタイプのアコギになります。オベーションを弾いてる有名なアーティストで言えばcharなどが有名ですがエレキギターをやっている人が練習用に使うというのもなずける弾きやすさです。

また独特のデザインで個性的なエレアコを求める方やこのデザインがイイという方が選ぶことが多いですね。アコギっぽくないと言えばその通りですが、ギターでも少し個性を出したい音の鳴りより弾きやすさという方向けにおすすめの1本です。

1位:S.Yairi YE-5M/BK

ヤイリギターなのにハードケースもアンプも付属したお得なセット

エレアコもやっぱりヤイリのアコギで始めたい。でも後々で色々揃えるのは面倒という方の為に至れり尽くせりのセットになります。サウンドホールに対してのボディの小ぶり感やネックサイズなど至るところでヤイリらしさと日本の職人さんの気遣いが見え隠れするデザインです。

ライブハウスで演奏したいという方やあまり大きな音を出せない住宅環境の方、アンプを使ってストリートで演奏したい方向けのアンプやハードケースも付いたおすすめで充実のセット商品です。

【エレアコタイプ 10万円以上]】アコギのおすすめ人気ランキング3選

ギターのクオリティーもアンプを通した際の生音にもこだわりたいという初心者なのにプロ志向の強い方向けに10万円以上のエレアコタイプのアコギをご紹介します。

3位:Taylor 214ce-Koa DLX ES2

Taylor 214ce-Koa DLX ES2
188,730円(税込)

ナチュラルな音を再現できるピエゾピックアップ搭載

メキシコ工場で生産されたモデルで3つのセンサーピックアップで従来あるエレアコとは少しちがうナチュラルな音質をアンプを通しても楽しみたい。ライブハウスなどでギターだけの弾き語りにも最適なアコギになります。

エレアコのピックアップは納得いかないものも多いですが、初期からある程度のクオリティのピックアップが搭載されていますので録音などの環境でも使えますし、勿論アンプを通した環境で使うことを想定している方や練習用など初心者から上級者まで幅広く使えるモデルになります。

2位:Ovation 2778AX-6P

Ovation 2778AX-6P
129,600円(税込)

プロユースの入門モデルのオベーション

スプルース単板トップを採用しプリアンプにはOP Proを搭載し生音にもこだわったプロシリーズのモデルになります。ただし、生音に拘ったといってもオベーションらしい生音といった感じです。アコギ然としたものとは少し違います。

やはりオベーションは圧倒的に個性的デザインが多いのですが、中でもこのアコギはオベーションっぽいサウンドホールにプラスしてホワイトなデザインでインパクト十分です。他の人より目立ちたい本格派を目指す初心者にも中上級者にも申し分ない1本です。

1位:Takamine DMP551C WR

Takamine DMP551C WR
132,840円(税込)

ワインレッドが光る渋めのアコギでハードケースも付属

エレアコっぽさは拭い切れないもののボディサイズなりのサウンドと弾きやすさは流石はタカミネといった感じです。プリアンプには生音を再現するCT4-DX(DMP)を搭載しています。コンタクトピックアップも増設されていますのでエレアコですがアコギ然とした空気感も再現可能となっています。

ライブハウスから自宅の練習用、スタジオ録音までこなせる万能なギターです。タカミネの音像がどうもという人にはあいませんが、初心者にはもちろん上級者のセカンドギターにもメインギターにも申し分のない1本です。

アコギ番外編:【サイレントギタータイプ】

サイレントギターはYAMAHA独自のピックアップシステムを利用して電気的にアコギの音に変換したものになります。厳密には生音のアコギというには少し無理がありますので番外編とさせて頂きます。どうしても音が出せないという人のために練習用の2本目として手に入れる方が多く初心者の方でも時間を気にせずに練習が出来るのでおすすめです。

YAMAHA SLG200S TBS

サブとしてもメインとしても使えるサイレントギターのお得なセット品

このギターはアンプが無くても音自体はピックアップから直接聴くことが出来るのですが、最初の1本でサイレントギターをチョイスする方にはおすすめの充実したセット商品になります。

練習用だけでなくともスタジオやライブハウスでも使用できるので長く使うことも出来ますし、1本持っておくと旅行の際やライブハウスの控室での練習など…とにかく持っていて重宝する1本です。また、音が出せないという環境の方は間違いなくこれを買うことをオススメします。

まとめ

初心者におすすめのアコギを4種類に分類し価格別にご紹介しました。最初の1本は弾きやすさや音で選んでくださいと言われても、何を買えばいいのか迷うと思いますので、今回の記事が参考になれば幸いです。

あなたの音楽人生の相棒にもなるアコギを是非見つけて下さいね。

人気の記事