• 【1万円以下で厳選!】トイドローンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【1万円以下で厳選!】トイドローンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【1万円以下で厳選!】トイドローンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【1万円以下で厳選!】トイドローンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【1万円以下で厳選!】トイドローンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【1万円以下で厳選!】トイドローンのおすすめ人気ランキング10選

メインローターが4本あるタイプのドローン「クアッドコプター」。ローターの数が多い分、安定した飛行ができるのが特徴です。その中でも、最近増えているのがクアッドコプターのトイドローン。小型サイズで子供でも操縦でき、室内で使えるものも多いので、ドローンの入門機としても最適です。1万円以下で購入できて機能も充実したモデルがたくさん販売されているので、ぜひ楽しんでみて欲しいと思います。

そこで今回は、Amazonや楽天などの通販サイトで購入できるクアッドコプターの中から、1万円以下で購入できるトイドローンを選んで、室内用・屋外用に分けてランキング形式でご紹介します。あなたが一番楽しめるのは、果たしてどのクアッドコプターでしょうか!?
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 27,149  views
目次

クアッドコプターの選び方

ドローンの中でも、メインローターが4つあるものがクアッドコプターです。3つ以上のメインローターがあるものをマルチコプターと呼ぶことがありますが、その中でもクアッドコプターの特徴は、何と言っても、飛ぶためのローターが4つあるので安定感抜群なこと。

今回は、1万円以下のトイドローンに絞って選び方のポイントを集めました。本格的な高額のドローンと違って、操縦が難しいのでポイントをしっかりと見て選んでくださいね。

手軽に練習するなら小型の200g以下の機体を選ぶ

手軽に練習するなら小型の200g以下の機体を選ぶ

出典:amazon.co.jp

ドローン入門者の方や手軽にドローンを楽しみたい方は、小型サイズの200g未満のトイドローンを選びましょう。なぜなら、本格的な200g以上のドローンは法律の規制対象となるので、気軽に遊べなくなるからです。

また、最初は操作が難しいトイドローンで操縦方法を身につけることは、本格的なドローンを操縦したい場合にも役立ちます。おもちゃの括りに入るトイドローンは、室内でも飛ばせる小型サイズが特徴。室内なら気軽に飛ばせるので、何度も練習して上達しましょう。

少し大きめの外でも飛ばせるトイドローンもあり、おもちゃと言ってもそこそこのカメラが付いて撮影できる物や、LEDライトにより場所を知らせてくれる物など多機能です。なお、小型サイズは強い風に吹かれると、そのまま飛んでいってしまうので、外で使う場合は気をつけてくださいね!

ぶつかっても壊れにくい物を選ぶ

ぶつかっても壊れにくい物を選ぶ

出典:amazon.co.jp

最初は何度も壁などにぶつけてしまうはず。しっかりしたローターガードが付いている頑丈な機体を選びましょう。高額な本格的ドローンなら、障害物を感知して勝手に避けてくれますが、トイドローンには付いていません。また、操縦も難しいので、最初のうちは何度もぶつけてしまうのが普通なんですよ。

特にプロペラは、何かにぶつかるとすぐに取れてしまいます。それに、回転しているプロペラ部分が当たると、結構痛いので出来れば避けたいもの。ローターガードがあれば、プロペラをすっぽりとプラスチックの囲いで覆ってしまうので、ぶつかってもプロペラを守ることができます。

低価格でも機能が充実している物を選ぶ

低価格でも機能が充実している物を選ぶ

出典:amazon.co.jp

ラジコンとドローンの違いは、自動操縦機能がついているかどうか。高性能ドローンにはスマホの画面から行きたい場所をタップすると、後は自動的に障害物を避けながら進んでくれる機能があります。トイドローンにはさすがにそこまでの高機能は付いていませんが、物によってはワンキーで自動的に戻ってくる機能や宙返りする機能などが搭載されています。

このような機能がドローンの醍醐味なので、低価格でも機能が充実している機体を選びましょう。最初から多機能だと上達しないという意見もありますが、続けるためには楽しく遊べることも必要ではないでしょうか?それに、トイドローンの機能は、ボタンを押すと作動するというシンプルなもの。不要な機能はボタンを押さなければいいだけなので、練習に最適な機体ですよ!

室内用クアッドコプターおすすめ人気ランキング5選

ここからはおすすめのクアッドコプターを、室内用・屋外用に分けてご紹介します!

ドローンというと、外で飛ばすものと思われがちですが、室内向けのミニドローンもあるんですよ。その特徴は何と言っても、狭い室内でも広く使えるようにサイズが小さく、ぶつかってもプロペラを保護するローターガードが付いていること。また、基本的に低価格なので、購入しやすいのも魅力です。まずは、室内用おすすめ商品を5つご紹介します。
5位
トイドローン Cheerson ラジコン クアッドコプター
出典:amazon.co.jp

Cheersonラジコン クアッドコプター

CX-10C

3,800円 (税込)

機体重量14.7g
機体大きさ40×40×20mm(幅×奥行き×高さ)
搭載機能LEDライト、6軸ジャイロなど
カメラ機能0.3MPカメラ
連続飛行時間約2~4分
コントロール範囲約15m
4位

Hubsanラジコン クアッドコプター NANO Q4

H111

2,500円 (税込)

機体重量17.8g
機体大きさ68×68×25mm(幅×奥行き×高さ)
搭載機能横向き飛行360°回転など
カメラ機能なし
連続飛行時間約5~6分
コントロール範囲-
3位
機体重量18.7g
機体大きさ53×53×29mm(幅×奥行き×高さ)
搭載機能ワンキーリターン、360度宙返り、ホバリング、LEDライトなど
カメラ機能0.3MPカメラ
連続飛行時間約5分
コントロール範囲約25m
2位
機体重量10.5g
機体大きさ72×66×24mm(幅×奥行き×高さ)
搭載機能3D宙返り、LEDライト、10台まで同時飛行が可能など
カメラ機能なし
連続飛行時間-
コントロール範囲-
1位
機体重量16.6g
機体大きさ85×85×30mm(幅×奥行き×高さ)
搭載機能ワンキーリターン、3D宙返り、LEDライト、ヘッドレスモード機能など
カメラ機能なし
連続飛行時間約5分
コントロール範囲約30m

おすすめ人気 室内用クアッドコプターの比較一覧表

商品画像
1
トイドローン GoolRC ミニドローン

GoolRC

2
トイドローン 京商エッグ クアトロックス

京商エッグ

3
トイドローン skybear ミニドローン

skybear

4
トイドローン Hubsan ラジコン クアッドコプター NANO Q4

Hubsan

5
トイドローン Cheerson ラジコン クアッドコプター

Cheerson

商品名

ミニドローン

クアトロックス

ミニドローン

ラジコン クアッドコプター NANO Q4

ラジコン クアッドコプター

特徴分厚いローターガードで頑丈!ヘッドレスモードで初心者も安心基本操縦を学部のに最適。人気のクアッドコプター室内でのカメラ操作の練習に。ミニサイズながらFPV機能付き!4種類のカラーバリエーション。手のひらに載るクアッドコプター室内で空撮を学ぶのに最適!40mmの極小サイズ
価格1,990円(税込)3,331円(税込)4,500円(税込)2,500円(税込)3,800円(税込)
機体重量16.6g10.5g18.7g17.8g14.7g
機体大きさ85×85×30mm(幅×奥行き×高さ)72×66×24mm(幅×奥行き×高さ)53×53×29mm(幅×奥行き×高さ)68×68×25mm(幅×奥行き×高さ)40×40×20mm(幅×奥行き×高さ)
搭載機能ワンキーリターン、3D宙返り、LEDライト、ヘッドレスモード機能など3D宙返り、LEDライト、10台まで同時飛行が可能などワンキーリターン、360度宙返り、ホバリング、LEDライトなど横向き飛行360°回転などLEDライト、6軸ジャイロなど
カメラ機能なしなし0.3MPカメラなし0.3MPカメラ
連続飛行時間約5分-約5分約5~6分約2~4分
コントロール範囲約30m-約25m-約15m
商品リンク

外用クアッドコプターおすすめ人気ランキング5選

ここからは屋外用のおすすめ商品の紹介です!

室内用で操作に慣れてきたら、外でも飛ばしてみましょう。今回は1万円以下の外でも飛ばせる低価格クアッドコプターを集めました。室内向けの物よりも大型でパワーがあるので、少しの風なら問題なく飛ばせます。また、カメラだけでなくFPV機能が付いた物があるので、上空からの景色をスマートフォンに映して楽しめますよ。
5位
機体重量-(不明だが200g以下という記載あり)
機体大きさ-
搭載機能3D宙返り、高度維持機能、LEDライトなど
カメラ機能0.3MPカメラ、FPVあり
連続飛行時間-
コントロール範囲-
4位
機体重量42g
機体大きさ-
搭載機能ワンキーリターン、3D宙返り、ヘッドレスモード機能など
カメラ機能なし
連続飛行時間-
コントロール範囲40~60m
3位
機体重量27g
機体大きさ95×95×50mm(幅×奥行き×高さ)
搭載機能ワンキーリターン、3D宙返り、LEDライト、ヘッドレスモード機能など
カメラ機能なし
連続飛行時間約4~5分
コントロール範囲30m
2位
機体重量21g
機体大きさ55×55×30mm(幅×奥行き×高さ)
搭載機能ワンキーリターン、高度維持、スマホ操作、ヘッドレスモードなど
カメラ機能あり、FPVあり
連続飛行時間-
コントロール範囲50~80m
1位
機体重量101g
機体大きさ290×290×65mm(幅×奥行き×高さ)
搭載機能ワンキーロール、ワンキーリターン、ヘッドレスモード機能など
カメラ機能2.0MPカメラ、FPV機能あり
連続飛行時間約5~9分
コントロール範囲約300m

おすすめ人気 外用クアッドコプターの比較一覧表

商品画像
1
トイドローン GoolRC ラジコン クアッドコプター

GoolRC

2
トイドローン Holy Stone ミニドローン

Holy Stone

3
トイドローン アリス 室内室外ミニドローン

アリス

4
トイドローン Holy Stone ミニドローン

Holy Stone

5
トイドローン Noiposi ミニ ドローン カメラ付き

Noiposi

商品名

ラジコン クアッドコプター

ミニドローン

室内室外ミニドローン

ミニドローン

ミニ ドローン カメラ付き

特徴5000円台で買える本格クアッドコプターAmazonベストセラー1位の人気クアッドコプター大きなローターガード付きの室内・室外兼用機種レビュー多数!入門用として大人気の機種折り畳んでポケットに入るクアッドコプター
価格5,199円(税込)5,960円(税込)2,599円(税込)4,680円(税込)7,000円(税込)
機体重量101g21g27g42g-(不明だが200g以下という記載あり)
機体大きさ290×290×65mm(幅×奥行き×高さ)55×55×30mm(幅×奥行き×高さ)95×95×50mm(幅×奥行き×高さ)--
搭載機能ワンキーロール、ワンキーリターン、ヘッドレスモード機能などワンキーリターン、高度維持、スマホ操作、ヘッドレスモードなどワンキーリターン、3D宙返り、LEDライト、ヘッドレスモード機能などワンキーリターン、3D宙返り、ヘッドレスモード機能など3D宙返り、高度維持機能、LEDライトなど
カメラ機能2.0MPカメラ、FPV機能ありあり、FPVありなしなし0.3MPカメラ、FPVあり
連続飛行時間約5~9分-約4~5分--
コントロール範囲約300m50~80m30m40~60m-
商品リンク

まとめ

今回は、1万円以下で購入できるクアッドコプターをご紹介しました。

ざっくりと室内向けと外向けの2種類に分けてご紹介しましたが、中には兼用の物もあります。ただし、あまり小型サイズの物だと少し強い風に流されて見失いやすいのでご注意くださいね。ランキングでご紹介したように、1万円以下のお手頃値段の商品でも多機能なクアッドコプターが販売されていますので、ぜひ手軽にドローンライフを楽しんでみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す