1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. 【徹底比較】レモン絞り器のおすすめ人気ランキング17選【絞りやすいのはどれ?】
【徹底比較】レモン絞り器のおすすめ人気ランキング17選【絞りやすいのはどれ?】

【徹底比較】レモン絞り器のおすすめ人気ランキング17選【絞りやすいのはどれ?】

スクイーザーとも呼ばれるレモン絞り器は、レモンの果汁を手軽に絞れる便利グッズ。貝印やオクソーといった調理器具メーカーをはじめ、100均ショップからさまざまな商品が発売されていますが、本当に絞りやすいレモン絞り器がどれなのか、気になりませんか?


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のレモン絞り器17商品を比較して、最もおすすめのレモン絞り器を決定したいと思います。


比較検証は以下の2点について行いました。

  1. 絞りやすさ
  2. 注ぎやすさ

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?レモン絞り器の選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年07月03日更新
  • 71,801 views

検証のポイント

売れ筋のレモン絞り器17商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 絞りやすさ

    検証① 絞りやすさ

    まずレモン絞り器を使う上で外せない「絞りやすさ」についての検証です。今回は実際にレモン絞り器でレモンを絞り、力加減・仕上がり・汁の飛び散りなどをチェック。もっとも絞りやすい商品はどれか、比較しながら評価していきます。

  • 注ぎやすさ

    検証② 注ぎやすさ

    続いて「注ぎやすさ」についての検証です。絞ったレモン汁を注ぐときに、「種落ちが気にならないか」「適量をかけられるか」などをチェックしながら評価していきます。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    レモン絞り器の選び方

    レモン絞り器を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「2つのポイント」をご紹介します。

    ① 形状は大きく分けて2種類!まずは特徴を押さえる

    レモン絞り器の形状は山型とプレス式の大きく2つに分けられます。それぞれの特徴を確認し、自分にあった使い方ができるものを選んでくださいね。

    受け皿があって便利!昔ながらでなじみ深い「山型」

    受け皿があって便利!昔ながらでなじみ深い「山型」

    山型のレモン絞り器は、受け皿が付いているため、他の容器を用意しなくてもよいのがメリット。ただし、受け皿の容量には注意が必要です。カクテルやチューハイ、お菓子作りに利用する分には問題ありませんが、大量の果汁が必要な場合は、容量が大きいものを選んでくださいね。


    素材はステンレス・ガラス・陶器・プラスチックとさまざまですが、適度に重量感のあるガラスや陶器でできたものが使いやすいですよ。見た目も高級感があるので、デザイン性を重視する方にもおすすめです。


    また山型のレモン絞り器は、安定感が非常に重要。プラスチック製など、商品自体に重みがないものは、底に滑り止めがついているものを選びましょう

    手をあまり汚さずにレモンが絞れる「プレス式」

    手をあまり汚さずにレモンが絞れる「プレス式」

    プレス式は、山型のようにグリグリと押し付ける必要がないので、スピーディに絞ることができます。直接レモンに触れないので、手が汚れないのもプレス式のメリットです。


    ただし、握力が必要になるので、力が弱い方は要注意。今回は実際に絞りやすさの検証を行なっているので、使用感を参考にしてみてくださいね。


    また、プレス式は金属製であることが多いため、サビには気をつけましょう。アルミニウム合金、もしくはステンレス製であることが多いのですが、サビに強いステンレス製を選ぶのがおすすめですよ。

    ② プラスアルファの機能もチェック

    一見シンプルな見た目のものが多いレモン絞り器ですが、それぞれのメーカーが工夫を凝らしています。プラスアルファの機能をチェックして、より使いやすいものを選んでくださいね。

    種が落ちない工夫がされているかに注目

    種が落ちない工夫がされているかに注目

    レモン絞り器には、果汁の受け皿に細かい溝がついてるものなど、種をキャッチするための工夫が施された商品があります。お酒に入れたり、唐揚げにかけたりと、絞り汁を直接料理に使用する際は特に注目しておきましょう。


    絞り汁を注ぐ際に、種まで一緒に流れてしまう商品は使うたびにストレスになります。何の工夫もなく、種が落ちてしまう商品は避けるのが無難ですよ。

    果実のサイズに合わせてパーツを取り替えられるものも

    果実のサイズに合わせてパーツを取り替えられるものも
    ライムやグレープフルーツなど、絞る果実の大きさに応じて、パーツを取り換えられる商品もあります。サイズが異なる果実を絞る予定がある方は、大きさを変えられるものが便利ですよ。レモンチューハイ、グレープフルーツチューハイなど、味を変えて楽しみたい方はぜひ確認してみてくださいね。

    売れ筋の人気レモン絞り器全17商品を徹底比較!

    レモン絞り器の検証

    それではさっそく、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のレモン絞り器17商品をすべて集め、どれが最もおすすめのレモン絞り器なのかを検証していきます。


    検証項目は以下の2つとしました。

    検証①:絞りやすさ

    検証②:注ぎやすさ

    今回検証した商品

    1. supermise|4in1 手動式ジューサー
    2. 赤川器物製作所|18-8 レモン絞り ウグイス型
    3. オクソー|シトラスジューサー
    4. 貝印|SELECT 100 レモンしぼり
    5. キントー|レモンしぼり ホワイト
    6. 東洋佐々木ガラス|ジューサー・しぼり器 クリア
    7. 旭電機化成|スマイルキッズ レモンしぼり革命
    8. ダイソー|レモン絞り器
    9. ANPHSIN|レモンしぼり2in1
    10. 遠藤商事|業務用 両口レモン絞り
    11. 三和|レモン絞り
    12. Infinity Plume|ハンドジューサー
    13. キャンドゥ|グレープフルーツ&レモンしぼり器
    14. 佐藤金属興業|SALUS 木製ハンドジューサー
    15. ウエストマーク|アルミレモンプレス No.5000
    16. 佐藤金属興業|SALUS レモン絞り 扇型
    17. Joseph Joseph|キャッチャー

    検証① 絞りやすさ

    絞りやすさ

    まずレモン絞り器を使う上で外せない「絞りやすさ」についての検証です。今回は実際にレモン絞り器でレモンを絞り、力加減・仕上がり・汁の飛び散りなどをチェック。もっとも絞りやすい商品はどれか、比較しながら評価していきます。

    【検証結果ハイライト】絞りやすさは山型が勝利!プレス式は握力が必要なので小さな手では使いにくい

    【検証結果ハイライト】絞りやすさは山型が勝利!プレス式は握力が必要なので小さな手では使いにくい

    検証の結果、プレス式よりも山型の方が、少ない力で使えることが分かりました。プレス式の場合は、取っ手を握ってレモンを絞る必要があるため、強い握力が必要となります。特に最初の一握りは非常に固く、上手にプレスできない方もいるでしょう。


    また、プレス式にレモンを入れると取っ手が大きく開いてしまうので、小さな手で絞るのが困難に。商品によっては両手で絞る必要があり、使いづらさを感じました。

    検証② 注ぎやすさ

    注ぎやすさ

    続いて「注ぎやすさ」についての検証です。絞ったレモン汁を注ぐときに、「種落ちが気にならないか」「適量をかけられるか」などをチェックしながら評価していきます。

    【検証結果ハイライト】プレス式の大半は注ぐ量が調節できず不便!種落ちの心配も

    【検証結果ハイライト】プレス式の大半は注ぐ量が調節できず不便!種落ちの心配も

    今回検証したプレス式の大半は、絞ったと同時に下の穴からレモン汁が出てきてしまうため、注ぐ量を調節できませんでした。ただし、プレス式の中でも「ウエストマーク アルミレモンプレス No.5000」は、絞ったレモン汁が一度下方の器に溜まる仕組みなので、注ぐ量を調節できます。


    それ以外の商品は、わざわざボウルを用意して絞る必要があるので、一手間かかる点がマイナス。また、プレス式の場合はレモンの皮が割けてしまい、種が落ちる心配もあります


    種落ちが気にならず、お酒やお料理にかけるシーンで注ぐ量を調節したい人は、プレス式よりも山型の方が扱いやすいですよ!

    No.1

    supermise4in1 手動式ジューサー

    700円(税込)

    総合評価

    4.77
    • 絞りやすさ: 4.8
    • 注ぎやすさ: 4.7

    絞りやすさ・注ぎやすさともに文句なし!No.1のレモン絞り器

    大小2種類の絞り器がついており、果物の大きさに合わせて使い分けられる「4in1 手動式ジューサー」。

    ひとつひとつの刃が細く、絞り器に高さがあるため、少ない力で効率良くレモンを絞ることができます。また絞り汁を注ぐ際は、ストッパーがついているため、種が落ちてしまう心配もなし。


    絞りやすさ・注ぎやすさともに高評価なことに加え、ライムからグレープフルーツまでさまざまな果物に対応できるため、一家に一台置いておきたいレモン絞り器です!

    タイプ山型
    サイズ14.9×13.0×8.2cm
    重量-
    素材プラスチック
    No.2

    赤川器物製作所18-8 レモン絞り ウグイス型

    2BBFEDOA63

    553円(税込)

    総合評価

    4.59
    • 絞りやすさ: 4.5
    • 注ぎやすさ: 4.8

    使いやすさ抜群!親指だけで簡単に絞れるレモン絞り

    うぐいす形の見た目が特徴的な、赤川器物製作所の「18-8 レモン絞りウグイス型」。

    レモンを小さく切る必要があるため、大量の絞り汁を用意したい方には向きませんが、使い勝手は抜群。親指で軽く押すだけで簡単に絞ることができ、絞り汁を注ぐ際も液だれしません


    お家でハイボールやレモンサワーなどを作る際には、特におすすめの商品です。

    タイププレス型
    サイズ11.8×4.3×4.1cm
    重量60g
    素材ステンレス
    No.3

    オクソーシトラスジューサー

    1107480

    1,771円

    総合評価

    4.42
    • 絞りやすさ: 4.6
    • 注ぎやすさ: 4.0

    絞りやすい点に加え、OXOならではの工夫が光る!お菓子作りにおすすめ

    グレープフルーツなどの大きなものから、ライムのような小さなものまで絞れるオクソーの「シトラスジューサー」。

    絞りやすさは、今回検証した中でもトップレベル。4枚の刃が果物の奥まで刺さるため、きれいに絞れますよ。また絞った際に落ちる種がステンレスのプレートに引っかかるので、絞り汁と混ざる心配がありません。


    目盛りがついているのも嬉しいポイント。お菓子作りの際に重宝するレモン絞り器です。

    タイプ山型
    サイズ17.5×13×13.5cm
    重量249g
    素材本体:AS樹脂、スチレン系エラストマー、カバー、サントプレーンゴム、ABS樹脂 / 搾り器:ポリプロピレン、ステンレス
    No.4

    貝印SELECT 100 レモンしぼり

    DH-3018

    1,544円(税込)

    総合評価

    4.34
    • 絞りやすさ: 4.7
    • 注ぎやすさ: 3.5

    絞りやすさ抜群!少しの力で簡単に絞れるレモンしぼり器

    貝印の「SELECT 100 レモンしぼり」は、底にシリコンの滑り止めがついており、安定感抜群。また目立てが深いため、果肉をしっかり搾り取ることができます

    果汁を注ぐ際は、種止めがしっかり種を受け止めてくれるため、注ぎづらさはありません。しかし、種によって汁がせきとめられる場合もあるので、少し注ぎづらさを感じるのが惜しいポイントです。


    絞りやすさ、注ぎやすさを総合的に見ると使い勝手のよい商品と言えます。

    タイプ山型
    サイズ17×15.5×6.8cm
    重量410g
    素材陶磁器
    No.5

    キントーレモンしぼり ホワイト

    16245

    1,760円(税込)

    総合評価

    4.15
    • 絞りやすさ: 4.0
    • 注ぎやすさ: 4.5

    絞り汁の量を調整できる。種が落ちてこない点もうれしいポイント

    シリコン素材と陶器を組み合わせてできたレモン絞り器。匂いや色が移りにくく、食卓でそのまま使用できるスマートなデザインが特徴です。

    きれいに絞ることはできますが、手でしっかり押し込まないといけないため、少し力を入れる必要があります。

    絞り汁を少量ずつ、調整して注げる点は大きなメリット。注ぐ際に種が落ちてこない構造であることも使いやすい点のひとつです。
    タイプ山型
    サイズ11.5×5.5×12.5cm
    重量-
    素材陶器
    No.6

    東洋佐々木ガラスジューサー・しぼり器 クリア

    P-SGK-101-N

    484円(税込)

    総合評価

    4.13
    • 絞りやすさ: 4.7
    • 注ぎやすさ: 2.8

    注ぎにくさは気になるものの、簡単に絞れるレモン絞り器

    ガラス製のため重さはありますが、その分安定感のあるレモン絞り器。

    持ち手が小さいのは難点ですが、刃がレモンにしっかりフィットするため、力をいれなくてもきれいに絞れます


    注ぐ際に液だれしてしまう点がいまひとつ。種も絞り汁と一緒に出てしまうので、落ちないように気を使わなければいけません。

    タイプ山型
    サイズ13.9×7×14.3cm
    重量270g
    素材ソーダライムガラス
    No.7

    旭電機化成スマイルキッズ レモンしぼり革命

    ALM-01

    342円(税込)

    総合評価

    3.64
    • 絞りやすさ: 4.0
    • 注ぎやすさ: 2.8

    剣山型がポイント。絞りやすさに特化したレモン絞り器

    剣山型の形状が特徴的なレモン絞り器。


    果肉にしっかりと刃が刺さるので、力を入れなくてもきれいに絞ることができますよ。多少滑ってしまいますが、それを差し引いても絞りやすさはよいと言えます。

    ただし絞り汁を注ぐ際に、種も一緒に出てきてしまうのが惜しいポイントでした。

    タイプ剣山型
    サイズ13×8×5cm
    重量36g
    素材ポリプロピレン
    No.8

    ダイソーレモン絞り器

    110円(税込)

    総合評価

    3.36
    • 絞りやすさ: 3.0
    • 注ぎやすさ: 4.2

    絞りきるには握力が必要。注ぎやすさは合格点

    ダイソーで購入できる手ごろなレモン絞り器。価格の安さが大きな魅力です。

    実際に使ってみると、レモンを絞る刃が薄すぎるため、軽い力では絞れないことが気になります。かなりの握力が必要になるでしょう。


    しかし、液だれしない点はうれしいポイント。注ぎ口が鳥のくちばしのような形状になっているので、注ぎやすいですよ。

    タイプ山型
    サイズ-
    重量-
    素材-
    No.9

    ANPHSINレモンしぼり2in1

    1,390円(税込)

    総合評価

    3.07
    • 絞りやすさ: 3.1
    • 注ぎやすさ: 3.0

    しっかり絞れる使用感。ただし重くて扱いにくいという難点も

    ライムからレモンまで、2つのサイズに対応できるレモン絞り器。グリップがついているので、手が滑りづらいのが特徴です。


    実際にレモンを絞ってみると、種が一緒に落ちてしまいます。また勢いの調節が難しく、欲しい分だけ出すのは難しいでしょう。

    本体が重い点はデメリットですが、しっかりと絞ることができる使い心地は合格点と言えます。

    タイププレス型
    サイズ23×9×6cm、上の直径:5.5cm、下の直径:7.5cm
    重量295g
    素材アルミニウム合金
    No.10

    遠藤商事業務用 両口レモン絞り

    FLM21

    349円(税込)

    総合評価

    3.06
    • 絞りやすさ: 3.6
    • 注ぎやすさ: 1.8

    絞りやすさは合格点だが、注ぎやすさには難あり

    遠藤商事の「両口レモン絞り」はステンレス製のシンプルなつくり。

    絞り汁を注ぐ際に、種が一緒に落ちてしまい、液だれもするので注ぎやすさには問題があります。ただし、刃がレモンにフィットし、あまり力を入れずとも、しっかりとレモンを絞ることが可能。


    片手で持てるサイズ感なので、手の小さい方や女性の方でも簡単に絞ることができますよ。

    タイプ山型
    サイズ10.5×12.5×4.3cm
    重量71.7g
    素材ステンレス
    No.11

    三和レモン絞り

    1,649円(税込)

    総合評価

    2.86
    • 絞りやすさ: 2.8
    • 注ぎやすさ: 3.0

    両手を使わないと絞りきれない。力のいるレモン絞り器

    果物をしっかり固定できる工夫がされたレモン絞り器。人間工学に基づいて作られているため、握りやすさもポイントのひとつです。

    絞りきるには力が必要で、両手を使ってやっと果汁を絞り出せるほど。しかし力を入れすぎると皮が破れて、苦い部分も一緒に絞り出されてしまいます…。

    種が落ちてこない点はよかったのですが、絞りやすさの面で評価を落としました。

    タイププレス型
    サイズ22×7×5cm
    重量400g
    素材ステンレス
    No.12

    Infinity Plumeハンドジューサー

    XBH572167

    1,580円(税込)

    総合評価

    2.86
    • 絞りやすさ: 2.8
    • 注ぎやすさ: 3.0

    種を落とさず果汁を絞れる。ただし力の弱い人は注意

    人間工学に基づいて作られたN.M.JAPANの「ハンドジューサー」は、その握りやすさが大きな特徴です。


    握りやすいものの、絞るときには力が必要で、思わず声が出てしまうほど。力を入れすぎると皮が破れてしまうため、力加減が難しいでしょう…。

    果汁を注ぐ際に、種がこぼれなかった点は評価できますが、使い勝手がよいとは言えません。

    タイププレス型
    サイズ長さ:22cm、内径:7.3cm
    重量400g
    素材-
    No.13

    キャンドゥグレープフルーツ&レモンしぼり器

    110円(税込)

    総合評価

    2.59
    • 絞りやすさ: 2.5
    • 注ぎやすさ: 2.8

    値段に見合った性能のレモン絞り器

    100均で購入できるキャンドゥの「グレープフルーツ&レモンしぼり器」。

    先が鋭いため、果肉に刺しやすく軽い力で絞ることができます。ただし、中心しか絞ることができず、外側はえぐるような絞り方に


    果肉が削れてしまうため、果汁だけを注ぐのは難しく、注ぎやすさの評価は振るいませんでした。

    タイプ山型
    サイズ18.9×16.8×8.5cm
    重量-
    素材-
    No.14

    佐藤金属興業SALUS 木製ハンドジューサー

    RmR98803

    339円(税込)

    総合評価

    2.43
    • 絞りやすさ: 2.7
    • 注ぎやすさ: 1.8

    手に汁がかかってしまう…。使い勝手はいまひとつ

    手頃な価格で購入できる佐藤金属興業の「SALUS 木製ハンドジューサー」。

    刃が果肉にうまく刺さらないので、絞るのに時間がかかってしまいます。また、絞りはじめは汁が飛び散ってしまい、手が汚れてしまう点もマイナス。


    種を受ける仕組みもないため、注ぐ際に種まで一緒に落ちてきてしまいます。

    タイプ手持ち型
    サイズ15.5×4cm
    重量55g
    素材天然木
    No.15

    ウエストマークアルミレモンプレス No.5000

    endo-FLM01

    3,900円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 絞りやすさ: 1.5
    • 注ぎやすさ: 4.5

    手が小さい方には不向き。絞りきるにはかなりの力が必要

    直径75mmまでのフルーツを絞れるウエストマークの「アルミレモンプレス」。

    本体が大きいため、手が小さい方は両手を使う必要があり、かなり力を入れないと十分に絞りきることができません。また、絞り汁が周りに飛び散ってしまうところも残念なポイントでした。


    注ぎ口がくちばし形になっているので、調節して適量を注ぐことができる点は評価できます。

    タイププレス型
    サイズ10×24cm
    重量75g
    素材アルミ合金
    No.16

    佐藤金属興業SALUS レモン絞り 扇型

    120円(税込)

    総合評価

    2.08
    • 絞りやすさ: 2.2
    • 注ぎやすさ: 1.8

    レモンが滑って、十分に絞りきることができない…

    カットしたレモンを挟んで絞る「SALUS レモン絞り 扇型」。本体が大きくないので、使用するレモンは小さめにカットする必要があります。


    レモンを挟んで絞る際に、レモンが滑って押し出されてしまうのが難点。特に持ち手側は十分に絞りきることができず、使いづらさを感じます。

    タイププレス型
    サイズ80×70×20
    重量-
    素材-
    No.17

    Joseph Josephキャッチャー

    200287

    1,202円(税込)

    総合評価

    2.08
    • 絞りやすさ: 2.2
    • 注ぎやすさ: 1.8

    カバーの意味なし。種が落ちてしまうレモン絞り器

    Joseph Josephの「キャッチャー」は、果物を絞りながら同時に注ぐことができる商品。


    果肉に刃をしっかりと刺すことができず、グリグリと押し込まなければいけないため、スムーズに絞れません。また、突き刺したときに、周りに汁が飛び散ってしまう点もマイナス。


    注ぎ口にカバーがついていますが、種が落ちてしまうため、総合的に見て使い勝手がよいとは言えません。

    タイプ手持ち型
    サイズ9×8×16.5cm
    重量-
    素材ポリプロピレン、TPE

    人気レモン絞り器の検証結果比較表

    商品画像商品名特徴最安値タイプサイズ重量素材絞りやすさ注ぎやすさ総合評価商品リンク
    1
    supermise 4in1 手動式ジューサー 1枚目

    supermise

    4in1 手動式ジューサー

    絞りやすさ・注ぎやすさともに文句なし!No.1のレモン絞り器
    700円
    送料要確認
    詳細を見る
    山型14.9×13.0×8.2cm-プラスチック4.84.74.77
    2
    赤川器物製作所 18-8 レモン絞り ウグイス型 1枚目

    赤川器物製作所

    18-8 レモン絞り ウグイス型

    使いやすさ抜群!親指だけで簡単に絞れるレモン絞り
    553円
    送料別
    詳細を見る
    プレス型11.8×4.3×4.1cm60gステンレス4.54.84.59
    3
    オクソー シトラスジューサー 1枚目

    オクソー

    シトラスジューサー

    絞りやすい点に加え、OXOならではの工夫が光る!お菓子作りにおすすめ
    1,771円

    山型17.5×13×13.5cm249g本体:AS樹脂、スチレン系エラストマー、カバー、サントプレーンゴム、ABS樹脂 / 搾り器:ポリプロピレン、ステンレス4.64.04.42
    4
    貝印 SELECT 100 レモンしぼり 1枚目

    貝印

    SELECT 100 レモンしぼり

    絞りやすさ抜群!少しの力で簡単に絞れるレモンしぼり器
    1,544円
    送料要確認
    詳細を見る
    山型17×15.5×6.8cm410g陶磁器4.73.54.34
    5
    キントー レモンしぼり ホワイト 1枚目

    キントー

    レモンしぼり ホワイト

    絞り汁の量を調整できる。種が落ちてこない点もうれしいポイント
    1,760円
    送料要確認
    詳細を見る
    山型11.5×5.5×12.5cm-陶器4.04.54.15
    6
    東洋佐々木ガラス ジューサー・しぼり器 クリア 1枚目

    東洋佐々木ガラス

    ジューサー・しぼり器 クリア

    注ぎにくさは気になるものの、簡単に絞れるレモン絞り器
    484円
    送料要確認
    詳細を見る
    山型13.9×7×14.3cm270gソーダライムガラス4.72.84.13
    7
    旭電機化成 スマイルキッズ レモンしぼり革命 1枚目

    旭電機化成

    スマイルキッズ レモンしぼり革命

    剣山型がポイント。絞りやすさに特化したレモン絞り器
    342円
    送料別
    詳細を見る
    剣山型13×8×5cm36gポリプロピレン4.02.83.64
    8
    ダイソー レモン絞り器 1枚目

    ダイソー

    レモン絞り器

    絞りきるには握力が必要。注ぎやすさは合格点
    110円
    送料要確認

    公式サイト

    詳細を見る
    山型---3.04.23.36
    9
    ANPHSIN レモンしぼり2in1 1枚目

    ANPHSIN

    レモンしぼり2in1

    しっかり絞れる使用感。ただし重くて扱いにくいという難点も
    1,390円
    送料要確認
    詳細を見る
    プレス型23×9×6cm、上の直径:5.5cm、下の直径:7.5cm295gアルミニウム合金3.13.03.07
    10
    遠藤商事 業務用 両口レモン絞り 1枚目

    遠藤商事

    業務用 両口レモン絞り

    絞りやすさは合格点だが、注ぎやすさには難あり
    349円
    送料別
    詳細を見る
    山型10.5×12.5×4.3cm71.7gステンレス3.61.83.06
    11
    三和 レモン絞り 1枚目

    三和

    レモン絞り

    両手を使わないと絞りきれない。力のいるレモン絞り器
    1,649円
    送料要確認
    詳細を見る
    プレス型22×7×5cm400gステンレス2.83.02.86
    12
    Infinity Plume ハンドジューサー 1枚目

    Infinity Plume

    ハンドジューサー

    種を落とさず果汁を絞れる。ただし力の弱い人は注意
    1,580円
    送料要確認
    詳細を見る
    プレス型長さ:22cm、内径:7.3cm400g-2.83.02.86
    13
    キャンドゥ グレープフルーツ&レモンしぼり器 1枚目

    キャンドゥ

    グレープフルーツ&レモンしぼり器

    値段に見合った性能のレモン絞り器
    110円
    送料要確認

    公式サイト

    詳細を見る
    山型18.9×16.8×8.5cm--2.52.82.59
    14
    佐藤金属興業 SALUS 木製ハンドジューサー 1枚目

    佐藤金属興業

    SALUS 木製ハンドジューサー

    手に汁がかかってしまう…。使い勝手はいまひとつ
    339円
    送料無料
    詳細を見る
    手持ち型15.5×4cm55g天然木2.71.82.43
    15
    ウエストマーク アルミレモンプレス No.5000 1枚目

    ウエストマーク

    アルミレモンプレス No.5000

    手が小さい方には不向き。絞りきるにはかなりの力が必要
    3,900円
    送料別
    詳細を見る
    プレス型10×24cm75gアルミ合金1.54.52.40
    16
    佐藤金属興業 SALUS レモン絞り 扇型 1枚目

    佐藤金属興業

    SALUS レモン絞り 扇型

    レモンが滑って、十分に絞りきることができない…
    120円
    送料別
    詳細を見る
    プレス型80×70×20--2.21.82.08
    17
    Joseph Joseph キャッチャー 1枚目

    Joseph Joseph

    キャッチャー

    カバーの意味なし。種が落ちてしまうレモン絞り器
    1,202円
    送料別
    詳細を見る
    手持ち型9×8×16.5cm-ポリプロピレン、TPE2.21.82.08

    レモン絞り器の売れ筋ランキングもチェック!

    なお参考までに、レモン絞り器のAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してみてくださいね。

    まとめ

    今回は絞りやすさと注ぎやすさに注目して、レモン絞り器を比較検証しました。


    レモン絞り器は見た目が似ていても、使ってみると果汁の量や力の入れ加減がまるで違います。価格だけで決めるのではなく、長く使うことを考えて使い勝手のいいものを探してくださいね。


    文:大平龍一、写真:大田和弥

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す