• 【絞りやすいのはどれ?】レモン絞り器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【絞りやすいのはどれ?】レモン絞り器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【絞りやすいのはどれ?】レモン絞り器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【絞りやすいのはどれ?】レモン絞り器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【絞りやすいのはどれ?】レモン絞り器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【絞りやすいのはどれ?】レモン絞り器のおすすめ人気ランキング10選

レモン絞り器(スクイーザー)は、レモンの果汁を手軽にたっぷり絞れる便利グッズ。搾った果汁でフルーツジュースを作る方も多いので、手動式のジューサーとも呼ばれることもあります。種類も多く、山型やプレス式をはじめ、変わり種も豊富。貝印やサンクラフトといった調理器具のメーカーからステンレス製や陶器製のものなど種類も豊富に販売されており、100均ショップではプラスチック製のものもよく見かけますよね。

そんな種類の多いレモン絞り器。選択の幅が広いともいえますが、多すぎてどれを買っていいか迷ってしまう方も多いようです。そこで今回は、用途や絞る量に合わせたレモン絞り器の選び方と、使いやすい人気商品をランキングでご紹介します。これを使えばレモンケーキやカップケーキに風味を加えたり、はちみつレモンなどのホットレモンドリンク作りも楽々!簡単に、たっぷり果汁が絞れるものを探しましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 48,432  views
目次

レモン絞り器の選び方のポイント

レモン絞り器はレモンの果汁を効率よく絞るのに欠かせない調理器具です。しかし、シンプルなのに種類が豊富で選ぶのも一苦労。ここでは、使い勝手のいいレモン絞り器の選び方についてご紹介します。

2種類のレモン絞り器の違いを知ろう

手動式のレモン絞り器は大きく分けて2種類。昔ながらの受け皿のついた山型のものと、テコの原理を利用したプレス式が一般的です。

どちらのレモン絞り器にもメリット・デメリットがありますので、まずはそれぞれの特徴を知って、目的に合ったレモン絞り器を選びましょう。

リーズナブルで手軽に使える昔ながらの山型レモン絞り器

リーズナブルで手軽に使える昔ながらの山型レモン絞り器
中央の山型の部分に、半分に切ったレモンを押し付けて絞るのが、昔ながらのレモン絞り器。受け皿がついているので他に容器を用意する必要がありません。リーズナブルなものも多く、コンパクトサイズで手軽に扱えるのが魅力です。

しかし受け皿が小さいと、果汁が溢れてしまいます。山型のレモン絞り器を選ぶ場合は、受け皿の容量にも注意しましょう。また、レモンを絞る山型の部分には、メーカー独自の工夫がされています。機能を比較して絞りやすいものを選んでください。

手を汚さずに使える力がいらないプレス式

手を汚さずに使える力がいらないプレス式
大きな計量スプーンを重ねたような形のプレス式のレモン絞り器は、レモンを挟んでプレスするので手を汚さずに果汁が絞れます。また、テコの原理を利用しているためあまり力を必要としません。柑橘類だけでなく、さまざまなフルーツを絞るのにも使えます。

しかし、本体が重くサイズも大きめ。価格も山型のレモン絞り器に比べて高めなので、少量のレモンやたまにしかレモン絞り器を使わない方には向きません。

重い方が使いやすい

重い方が使いやすい
「軽くて便利」のうたい文句が多いキッチングッズですが、レモン絞り器は例外。軽すぎると安定感がなくなるため力が入れづらく、レモンを絞るのに手間がかかります。

特にプレス式のレモン絞り器は、力を必要としない代わりに本体の重さが重要。「少し重すぎるかな?」と思うくらいのものが使いやすいですよ。

メーカー独自の工夫をチェック

メーカー独自の工夫をチェック
レモン絞り器はシンプルに見えて、アイデア商品が多いのも特徴です。どれも同じように見える山型のレモンを絞る部分は、メーカーごとに形が違います。他にもタネや果肉よけ、サイズの違うフルーツを絞るための工夫など、メーカー独自のアイデアが盛りだくさん。

見ただけではわからない使いやすさの秘密を見落とさないためにも、商品説明の項目や口コミなどで比較検討しながら、じっくり時間をかけて選びましょう。

用途や使い勝手に合った素材を選ぶ

最後に、レモン絞り器によく使われている素材をご紹介します。どの素材にも特徴がありますので、用途に合わせて使いやすい素材のレモン絞り器を選んでください。

プレス式に多い金属製

プレス式に多い金属製
丈夫で重量感がある金属製のレモン絞り器は、使い勝手もよく人気です。中でもプレス式のレモン絞り器は、金属製の商品が圧倒的に多く、一見プラスチック製に見えても、実はホウロウ加工された金属製ということもよくあります。

そんな金属製のデメリットはやはり錆びの問題。せっかくのレモン絞り器が錆びないように、素材は錆びに強いステンレス製や、ホウロウ加工されているものを選びましょう。

安定感と高級感のある陶器製やガラス製

安定感と高級感のある陶器製やガラス製
受け皿のついた昔ながらのレモン絞り器に多いのが、陶器やガラス製の商品です。陶器やガラス製のレモン絞り器は、他の素材に比べ思いため、安定感があります。また、見た目にも高級感があり、カラーバリエーションも豊富です。ただし、落としたら割れてしまいますので、取り扱いには注意してください。

軽くてリーズナブルなプラスチック製

軽くてリーズナブルなプラスチック製
プラスチック製のレモン絞り器は、他のものに比べてリーズナブル。あまり悩むことなく気軽に購入できるところがポイントです。しかし、軽いため使いづらいというデメリットも。レモン絞り器をよく使う方には向きません。反面、年に数回、果汁の量も少量でいいのなら、リーズナブルなプラスチック製でも十分です。

なお、プラスチック製のレモン絞り器を選ぶ際には、滑り止めがついて固定できるもや、絞りやすい工夫がされたアイデアグッズなどを選びましょう。

レモン絞り器のおすすめ人気ランキング10選

それでは、レモン絞り器のランキングをご紹介します!レモンの果汁をたっぷり絞りたい方や、ちょっとだけ使いたい方など。用途によっておすすめのレモン絞り器は変わりますので、目的に合わせて使いやすいものを探してみてください。
10位
レモン絞り器 エバソロ シトラススクイーザー
出典:amazon.co.jp

エバソロシトラススクイーザー

567612

9,800円 (税込)

タイプ山型
サイズ直径12.5cm・高さ19cm
重量560g
素材ガラス・ステンレス・ABS樹脂
9位
タイププレス式
サイズ横幅7cm・奥行き8cm
重量-
素材18-8ステンレス
8位
レモン絞り器 レーベン ののじ ぎゅっと生搾り レモンカップ
出典:amazon.co.jp

レーベンののじ ぎゅっと生搾り レモンカップ

LSQ-L01

892円 (税込)

タイプ山型
サイズ横幅9.3cm・奥行き8.4cm・高さ11.3cm
重量68g
素材プラスチック
7位

パール金属Easy Wash ガラスレモン絞り器

C-8657

418円 (税込)

タイプ山型
サイズ横幅14cm・奥行き13.5cm・高さ7cm
重量275g
素材ガラス
6位
タイプスプレー式
サイズ直径4.3cm・長さ9.5cm(大)/直径4.3cm・長さ7.5cm(小)
重量16g(大)・14g(小)
素材シリコン・ABS樹脂・PE・PP・ステンレス・POM・EVA
5位
タイププレス式
サイズ-
重量500g
素材アルミニウム(塗装)
4位

曙産業曙産業 フルーツプラント

CH-2009

2,450円 (税込)

タイプ山型
サイズ横幅15cm・奥行き15cm・高さ19.2cm
重量600g
素材本体/AS樹脂・アップルカッター刃/ステンレススチール
3位

オクソーシトラスジューサー

1107480

1,771円 (税込)

タイプ山型
サイズ横幅17.5m・奥行き13cm・高さ13.5cm
重量249g
素材AS樹脂・サントプレーンゴム・ABS樹脂 ・ポリプロピレン・ステンレス鋼
2位
タイプ山型
サイズ横幅14.3cm・奥行き12.7cm・高さ5cm
重量272g
素材本体/セラミック・すべり止め部/シリコーンゴム
1位
タイププレス式
サイズ-
重量400g
素材ステンレス

ずっしりと手に馴染む重さが使いやすさの秘密

ずっしりと手に馴染む重さが使いやすさの秘密

出典:amazon.co.jp

一見、軽そうに見えますが本体の重量は400g。重量感があり手に馴染む重さが、使い勝手のよさの秘密です。使われている素材は、錆びにくいステンレス製。可動部が90度ほど開いた状態で固定できるので、フルーツを入れるとき手で押える必要がありません。

機能性とデザイン性、どちらも兼ね備えたプレス式のレモン絞り器は、口コミでの評価も高く使いやすいと評判の商品です。

いろいろなフルーツに使えてジューサーとしても優秀

いろいろなフルーツに使えてジューサーとしても優秀

出典:amazon.co.jp

レモンやグレープフルーツなどの柑橘系のフルーツ以外にも、ブドウやトマト、西瓜などいろいろなフルーツの果汁を絞るのに使えます。栄養たっぷりのフルーツジュースはもちろん、アルコールと合わせるのもいいですね。

もし毎日のフルーツジュースに、電動式のジューサーやミキサーを使っているなら、一度E-PRANCEの「レモンしぼり果汁 絞り器 ミニハンドジューサー」を使ってみてはいかがでしょうか?後片付けの手間が省けますよ。

おすすめ人気 レモン絞り器の比較一覧表

商品画像
1
レモン絞り器 E-PRANCE ミニハンドジューサー

E-PRANCE

2
レモン絞り器 貝印 SELECT 100 レモンしぼり

貝印

3
レモン絞り器 オクソー シトラスジューサー

オクソー

4
レモン絞り器 曙産業 曙産業 フルーツプラント

曙産業

5
レモン絞り器 ミミリー レモン絞り器

ミミリー

6
レモン絞り器 ルクエ シトラススプレー

ルクエ

7
レモン絞り器 パール金属 Easy Wash ガラスレモン絞り器

パール金属

8
レモン絞り器 レーベン ののじ ぎゅっと生搾り レモンカップ

レーベン

9
レモン絞り器 遠藤商事 18-8末広型 レモン絞り

遠藤商事

10
レモン絞り器 エバソロ シトラススクイーザー

エバソロ

商品名

ミニハンドジューサー

SELECT 100 レモンしぼり

シトラスジューサー

曙産業 フルーツプラント

レモン絞り器

シトラススプレー

Easy Wash ガラスレモン絞り器

ののじ ぎゅっと生搾り レモンカップ

18-8末広型 レモン絞り

シトラススクイーザー

特徴普通に見えて普通じゃない!計算されたレモン絞り器大容量の受け皿でたっぷり絞れるおしゃれで便利!いろんなフルーツに使えるツールフルーツのサイズに合わせて使い分けできる差し込むだけで絞れるスプレータイプ臭い残りの心配がいらないシンプルなガラス製両手で絞ってそのまま注げる食卓に出しても邪魔にならないコンパクトサイズ食卓にそのまま出せるスタイリッシュなデザイン
価格1,280円(税込)1,243円(税込)1,771円(税込)2,450円(税込)2,380円(税込)1,980円(税込)418円(税込)892円(税込)84円(税込)9,800円(税込)
タイププレス式山型山型山型プレス式スプレー式山型山型プレス式山型
サイズ-横幅14.3cm・奥行き12.7cm・高さ5cm横幅17.5m・奥行き13cm・高さ13.5cm横幅15cm・奥行き15cm・高さ19.2cm-直径4.3cm・長さ9.5cm(大)/直径4.3cm・長さ7.5cm(小)横幅14cm・奥行き13.5cm・高さ7cm横幅9.3cm・奥行き8.4cm・高さ11.3cm横幅7cm・奥行き8cm直径12.5cm・高さ19cm
重量400g272g249g600g500g16g(大)・14g(小)275g68g-560g
素材ステンレス本体/セラミック・すべり止め部/シリコーンゴムAS樹脂・サントプレーンゴム・ABS樹脂 ・ポリプロピレン・ステンレス鋼本体/AS樹脂・アップルカッター刃/ステンレススチールアルミニウム(塗装)シリコン・ABS樹脂・PE・PP・ステンレス・POM・EVAガラスプラスチック18-8ステンレスガラス・ステンレス・ABS樹脂
商品リンク

まとめ

いろいろなタイプのレモン絞り器をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

レモン絞り器は見た目が似ていても、使ってみると果汁の量や力の入れ加減などまるで違います。価格だけで決めるのではなく、長く使うことを考えて使い勝手のいいものを探してくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す