• ジューサーのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • ジューサーのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • ジューサーのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • ジューサーのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • ジューサーのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

ジューサーのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】

ジューサーはミキサーと違い、繊維を分離し水分を絞り出すため口当たりのいい、サラリとしたジュースが楽しめる便利な調理家電です。少し前まではリーズナブルな高速ジューサーが主流でしたが、最近では栄養素を壊さないスロー(低速)ジューサーが人気。パナソニックやシャープなどの大手メーカーからも販売されており、たくさんのレシピも公開されているため汎用性も広くなってきています。

そこで今回は、そんなジューサーのおすすめ商品を人気順にランキング形式でご紹介。高速ジューサーならスピーディーにおいしいジュースが作れますし、低速ジューサーならダイエットや美容にうれしい酵素たっぷりのジュースが作れます。作りたいジュースをイメージして、自分にぴったりのジューサーを見つけてくださいね。
  • 最終更新日:2019年09月06日
  • 62,562  views
目次

ジューサーの選び方のポイント

ここでは、ジューサーの選び方のポイントをご紹介します。性能や使い勝手をしっかりチェックして、毎日のジュース作りにぴったりのアイテムを見つける参考にしてくださいね。

調理時間や栄養素でタイプを選ぶ

ジューサーは回転の速さの違いで、高速ジューサーとスロージューサーの2種類に分けられます。メリットやデメリットがあるので、まずはそれぞれの違いをチェックしていきましょう。

高速ジューサー:短時間でジュースが作れるが、食材の栄養素が壊れやすい

高速ジューサー:短時間でジュースが作れるが、食材の栄養素が壊れやすい

出典:amazon.co.jp

高速で刃を回転させることで食材を細かく切り刻むのが高速ジューサー。短時間でジュースが完成するうえに、値段も比較的リーズナブルなのも特徴です。口当たりがサラッとしたジュースができるので、忙しい朝にパパッと新鮮なジュースを作りたい方におすすめ。

ただし稼働音の大きなものが多く、熱の発生や空気に長く触れることよって味やにおいが変化したり、栄養素が壊れてしまうことがあるので、味や栄養重視の方にはあまりおすすめできません。

スロージューサー:栄養たっぷりの100%ジュースが作れるが、高額な商品が多い

スロージューサー:栄養たっぷりの100%ジュースが作れるが、高額な商品が多い

出典:amazon.co.jp

石臼のように時間をかけながら、ゆっくりと食材をすり潰してジュースにするのが低速ジューサーとも呼ばれることも多い「スロージューサー」です。摩擦による熱も発生し辛く、熱に弱い酵素も壊されることないので本来の栄養をたっぷり採ることができます。空気にも触れにくいので酸化の心配もありません。

またお値段は高めですが、高速ジューサーと違いゆっくりと動くので音が小く、時間帯をあまり気にせず使用することが可能です。ただし一度に入れられる量が少なく、一杯のジュースを作るのにかなりの時間がかかってしまいます。朝食時などに短時間でジュースを作りたい方には向かないアイテムです。
スロージューサーに関しては、以下の記事でも詳しい選び方やおすすめ商品をご紹介していますので、合わせてチェックしておきましょう。

食材のカットの手間が省ける広めの投入口が便利

食材のカットの手間が省ける広めの投入口が便利

出典:amazon.co.jp

ジュースを作る際、できるだけ準備に手間をかけず簡単に作りたいですよね。しかし投入口が小さいアイテムだと食材を小さく切ってから投入しないといけないので、手間も時間もかかってしまいます。そんな手間を省くためにも投入口は大きめのものがおすすめ。

人参なら1本まるごと。りんごなら1/4カットくらいの大きさで投入できるものが、使い勝手がいいですよ。安全性との兼ね合いから投入口は小さめに設計されているので、なるべく大きなものを探すようにしてください。

作りたいジュースの材料に対応しているかをチェック

作りたいジュースの材料に対応しているかをチェック

出典:amazon.co.jp

ジューサーはミキサーなどと違い、ジュースにできない食材があります。一般的には果汁の多いものや固いもの、粒の小さなものですが対応状況は商品によってさまざま。高速ジューサーだから、スロージューサーだからと必ず絞れるとは限りません。

そのため、自分の作りたいジュースをあらかじめイメージして、材料がジューサーに対応しているかを確認しておくことが必要。特にスロージューサーは高額な商品が多いので、メインにしたい材料が使えないと購入後に後悔しますよ。

静音性はタイプにこだわらず、商品ごとに確認

静音性はタイプにこだわらず、商品ごとに確認

出典:amazon.co.jp

静音性に付いては上でもご説明したように、スロージューサーの方が静かな傾向があります。しかし、機種によって個体差があるため、スロージューサーだからといって静音性が高いとは限りません。また、高速ジューサーの中にも最近では静音性の高い商品も販売されています。

スロージューサーだから静か、高速ジューサーだから五月蝿いなどと決めつけず、各商品の稼働音のレベルを口コミや商品ページなどでチェックして、家で使っても問題ない静音性を持つものを選びましょう。

パーツの数が少ないものはお手入れ簡単。タイプによって違いも

パーツの数が少ないものはお手入れ簡単。タイプによって違いも

出典:amazon.co.jp

ジューサーを使用するときに一番苦労するのが搾りカスの掃除です。アイテムによって搾りカス自体の量や、スクリューやフィルターに残る量が異なるので、掃除のしやすさはしっかりチェックしておきましょう。

分解したときにパーツが大きく、シンプルで数が少ないほうが洗いやすいのはもちろん、組み立ても簡単に行えるので、パーツの大きさと数も確認しておきたいポイントです。

また、スロージューサーは搾りカスがまとまりやすくカスの出口が付いているので、比較的掃除が簡単。高速ジューサーは構造上、搾りカスが飛び散ってしまうので、蓋の裏などにカスが付きやすく掃除も大変です。タイプによっても掃除の仕方が異なるので、しっかりチェックしておいてくださいね。

表に出しておいても邪魔にならないサイズのものを選ぶ

表に出しておいても邪魔にならないサイズのものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

ジューサーは毎日使う方も多い使用頻度の高いアイテムです。そのため、すぐに使えるように表に出したままにしておくことも多いですよね。表に出して置くことが前提なら、圧迫感を感じない背が低めでコンパクトなものを選ぶのがおすすめ。収納するにしても大きなものだと出し入れが大変ですので、なるべくサイズが小さく軽いものを選んでください。

また、いつも使うものだからこそ購入前にスペースの確保も必要。あらかじめ設置場所のサイズを測って使いやすい向きと場所で使えるように準備しておきましょう。

高速ジューサーの人気ランキング3選

ここからは、高速ジューサーとスロージューサーに分けて、おすすめ商品を人気順にご紹介します。まずは、高速ジューサーからご紹介しますので、選び方を参考に最適なものを選んでくださいね。
3位
投入口のサイズ直径約6cm
本体サイズ26×17.5×28.5cm
重量1.7kg
ジュース以外の機能-
2位

コイズミコンパクトジューサー

KMJ-0500

4,359円 (税込)

投入口のサイズ直径6cm
本体サイズ24×17.5×29cm
重量2.1kg
ジュース以外の機能-
1位
投入口のサイズ-
本体サイズ約21.0×29.4×29.3cm
重量3kg
ジュース以外の機能-

人気高速ジューサーの比較一覧表

商品画像
1
ジューサー パナソニック ジューサー

パナソニック

2
ジューサー コイズミ コンパクトジューサー

コイズミ

3
ジューサー テスコム ジューサー

テスコム

商品名

ジューサー

コンパクトジューサー

ジューサー

特徴たっぷり絞れてお手入れ簡単7パーツに分解して水洗いが可能リーズナブルさが魅力!食材に合わせて回転数の調整も可能
最安値
7,980
送料無料
詳細を見る
4,315
送料別
詳細を見る
2,360
送料別
詳細を見る
投入口のサイズ-直径6cm直径約6cm
本体サイズ約21.0×29.4×29.3cm24×17.5×29cm26×17.5×28.5cm
重量3kg2.1kg1.7kg
ジュース以外の機能---
商品リンク

スロージューサーの人気ランキング7選

次は、スロージューサーのおすすめ商品の人気ランキングのご紹介です。ジュース以外の機能が使えるものもありますので、用途に合わせて選んでくださいね。
7位

ヒューロムスロージューサー H2Hスーペリア

H2H

33,370円 (税込)

投入口のサイズ-
本体サイズ幅約16.7×奥行約24×高さ約39.8
重量約6.2kg
ジュース以外の機能-
6位
投入口のサイズ-
本体サイズ18.2×17.3×43.1cm
重量-
ジュース以外の機能-
5位

シャープヘルシオ ジュースプレッソ

EJ-CF10A

31,500円 (税込)

投入口のサイズ-
本体サイズ15×17.7×42.5cm
重量4.7kg
ジュース以外の機能フローズン
4位

パナソニックビタミンサーバー

MJ-L500

23,770円 (税込)

投入口のサイズ-
本体サイズ約18.5×17.6×43.2cm
重量4.0kg
ジュース以外の機能フローズン
3位
投入口のサイズ-
本体サイズ16×22.6×40.8cm
重量6.2kg
ジュース以外の機能-
2位

クビンススロージューサー

JSG-721

40,712円 (税込)

投入口のサイズ直径7.3cm
本体サイズ22.8×20.8×44.6cm
重量6.9kg
ジュース以外の機能-
1位
ジューサー ヒューロム スロージューサー
出典:amazon.co.jp

ヒューロムスロージューサー

H-AA

32,750円 (税込)

投入口のサイズ-
本体サイズ18×22.3×40.7cm
重量4.8kg
ジュース以外の機能フローズン・アイスクリーム・シェイク

人気スロージューサーの比較一覧表

商品画像
1
ジューサー ヒューロム スロージューサー

ヒューロム

2
ジューサー クビンス スロージューサー

クビンス

3
ジューサー ゼンケン ベジフル2

ゼンケン

4
ジューサー パナソニック ビタミンサーバー

パナソニック

5
ジューサー シャープ ヘルシオ ジュースプレッソ

シャープ

6
ジューサー シロカ スロージューサー

シロカ

7
ジューサー ヒューロム スロージューサー H2Hスーペリア

ヒューロム

商品名

スロージューサー

スロージューサー

ベジフル2

ビタミンサーバー

ヘルシオ ジュースプレッソ

スロージューサー

スロージューサー H2Hスーペリア

特徴ジュースやスムージーに加え、フローズンデザートにも挑戦!カットの手間が省ける直径7.3cmの投入口スタンダードなスロージューサーおいしい・コンパクト・お手入れ簡単の三拍子そろったジューサーパーツが少ないからお手入れと組み立てが簡単置き場所に悩まないスリムタイプ味にこだわり!じっくりすり潰しておいしいジュース
最安値
32,027
送料無料
詳細を見る
2,149
送料無料
詳細を見る
要確認
22,770
送料無料
詳細を見る
28,175
送料要確認
詳細を見る
11,590
送料別
詳細を見る
33,369
送料要確認
詳細を見る
投入口のサイズ-直径7.3cm-----
本体サイズ18×22.3×40.7cm22.8×20.8×44.6cm16×22.6×40.8cm約18.5×17.6×43.2cm15×17.7×42.5cm18.2×17.3×43.1cm幅約16.7×奥行約24×高さ約39.8
重量4.8kg6.9kg6.2kg4.0kg4.7kg-約6.2kg
ジュース以外の機能フローズン・アイスクリーム・シェイク--フローズンフローズン--
商品リンク

ミキサーでジュースやスムージーを作りたい方はこちら

今回はジューサーに絞ってご紹介しましたが、スムージーや腹持ちのいいジュースを作るならミキサーもおすすめ。以下の記事ではジュースやスムージー作りにおすすめのミキサーの選び方と人気商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

ジューサーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ジューサーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回はジューサーのおすすめ人気ランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ジューサーは使用頻度が高い分使い勝手は重要なポイント。おいしい1杯のジュースや健康維持など、目的に合わせた使いやすいジューサーを見つけて、快適なジューサーライフを送ってくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す