1. TOP
  2. >
  3. モバイルデータ通信
  4. >
  5. 国内Wi-Fiレンタル
  6. >
  7. 【徹底比較】国内用レンタルWi-Fiの人気おすすめランキング15選
【徹底比較】国内用レンタルWi-Fiの人気おすすめランキング15選

【徹底比較】国内用レンタルWi-Fiの人気おすすめランキング15選

契約期間や解約違約金に縛られず、短期間の利用に向いている国内用レンタルWi-Fi。「WiFiレンタルどっとこむ」や「Wi-Fi東京」など各社がさまざまなサービスを行っています。しかし、回線や通信容量など見ただけではわかりにくく、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、人気の国内用レンタルWi-Fiを比較して、最もおすすめな国内用レンタルWi-Fiを決定したいと思います。


比較検証は以下の4点について行いました。

  1. 料金
  2. 利便性
  3. 通信速度
  4. バッテリーの持ち

果たしてどの国内用レンタルWi-Fiがベストな商品なのでしょうか?レンタルWi-Fiの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年09月29日更新
  • 444 views

検証のポイント

人気の国内用レンタルWi-Fi15サービスをすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 料金

    検証① 料金

    まずは、国内用レンタルWi-Fiiを選ぶ上で重要な「料金」を検証していきます。それぞれ1日(0泊1日)・1週間(6泊7日)・1か月(30泊31日)のレンタルを想定し、発生するトータル金額を評価しました。※実施されている自動で適用されるキャンペーンを含んだ費用で評価しています。※キャンペーンは申し込み時期によって異なります。今回の検証と同じキャンペーンが適用されるとは限りません。

  • 利便性

    検証② 利便性

    つぎに、国内用レンタルWi-Fiの「利便性」について検証していきます。公式HPの情報や問い合わせをした内容をもとに、以下4項目を評価し、すべての評価結果を合算して評価しました。3日間制限の有無受取・返却方法取り扱い回線の種類サポート体制

  • 通信速度

    検証③ 通信速度

    続いて、実際に使用した場合の「通信速度」を検証していきます。以下4パターンの時間帯・場所で、上り・下りの実行速度を各商品3回ずつ計測し、計測地点ごとの平均値を評価しました。08:30~09:30:品川駅(平日朝の混雑時)12:00~13:00:銀座のカフェ(平日昼の混雑時)16:00~17:00:築地の街なか(平日夕の平常時)19:00~20:00:品川駅(平日夜の混雑時)※検証条件を揃えるために、PCは「dynabook RZ63/MS」、計測アプリは「Speedtest by Ookla」を使用しています。※今回はあくまでも、特定の日程・時間帯・場所で計測した値で評価をしています。同じ機器でも、使用する環境が変われば実行速度の値も変わってくるので、必ずしも検証結果と同じ数値が出せるとは限りません。

  • バッテリーの持ち

    検証④ バッテリーの持ち

    最後は「バッテリーの持ち」の検証です。外出先でも手軽にネット環境を利用できるポケットWi-Fiですが、電池切れを心配して「モバイルバッテリーも持ち歩いて」と荷物が増えてしまっては残念ですよね。実際にどの程度バッテリーが持つのかは、確認しておきたいポイントです。そこで、普通画質のYouTube動画を8時間連続再生して、バッテリー残量を評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    国内用レンタルWi-Fiのメリットとは

    国内用レンタルWi-Fiのメリットとは

    国内用レンタルWi-Fiとは、コンパクトで持ち運びのできるWi-Fiルーターをレンタルすることができるサービスです。家でも外でも電波が届く場所であれば、どこでもインターネットを楽しむことができるようになりますよ。


    レンタルWi-Fiは回線の契約をする必要がありません。そのため、2年や3年といった契約期間に縛られたり解約違約金を気にしたりせずに利用できます。出張・旅行先での利用や引っ越し時など、利用期間が決まっている場合におすすめのサービスです。


    また、サービス事業者によってレンタルできる機器・料金・通信容量が異なるので、利用方法を想定して目的に合ったサービスを選ぶことが重要です。

    国内用レンタルWi-Fiの選び方

    国内用レンタルWi-Fiの選び方

    国内用レンタルWi-Fiを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。今回は、ポケットWi-Fiやネット回線に関する情報を解説されている「やさしくねっと.」の代表である吉本洋海さんに、国内用レンタルWi-Fiの選び方について取材しました。


    <やさしくねっと.代表 吉本洋海さん>

    電気通信事業会社での営業、業界大手グループのプロバイダ代理販売会社勤務を経て、Webサイトディレクターとして独立。プロバイダ業界の健全化・透明化を目指して立ち上げたWebサイト「やさしくねっと.」は月間40万PVを超える。販売だけでなく通信設備の施工管理業務にも従事していたため、通設機器全般に明るく、ブログやTwitterに問い合わせが多数寄せられる。


    ※なお、ランキングに掲載している商品は専門家が選定したものではなく、編集部が独自に集計・ランキング付けしたものです。

    ① 回線は主に3種類。まずは対応エリアをチェック

    回線は主に3種類。まずは対応エリアをチェック

    レンタルWi-Fiは主にSoftbank・WiMAX(au)・docomoのモバイル回線が使用されており、回線ごとに対応エリア(提供エリア)が異なっています。エリア外ではWi-Fiを利用することができません。


    都心部はほとんど対応エリアに含まれていますが、郊外や山間部では回線ごとに細かく違いがあるので、出張先や旅行先などの遠方で利用する際には注意しましょう。対応エリアは各社のHPから確認することができるので、利用予定先が対応エリアに含まれているか事前にチェックしてくださいね。

    ② サービス事業者は「料金」と「サービス」で選ぼう

    国内用レンタルWi-Fiはさまざまなサービス事業者が参入しています。それぞれ月々の料金や行っているキャンペーンなどが異なるため、レンタル料金を抑えてお得に利用できるように選びましょう。

    レンタル期間にあわせた割引やパックプランがあるとお得

    レンタル期間にあわせた割引やパックプランがあるとお得

    レンタルWi-Fiの利用期間に発生する金額は、主に「1日当たりのレンタル料金×日数+オプション料・送料」で計算されます。1日あたりのレンタル料金が安いものを選べばトータルの費用も抑えることができますよ。


    また、レンタル期間が1か月以上と長期になる場合には、長期レンタル割引や1か月パック料金があるとよりお得に利用することができます。

    吉本洋海
    株式会社やさしくねっと.代表
    吉本洋海さんのコメント
    「レンタルWi-Fiドットコム」や「カシモバ」など、レンタル先が異なっても同じ回線と機種を利用すれば通信品質に大きな違いはありません。対応エリアなどから利用する回線を決めたあとは、費用の安さやサービスで選んでも問題ないといえるでしょう。

    また、1日の利用料金が格安でも、割引やパックプラン無しで長期レンタルすると他社よりも高額になる場合もあります。利用期間に合わせて各社それぞれ見積もりを取ってみるのもおすすめです。

    返却期限が翌日までだとギリギリまで使えて便利

    返却期限が翌日までだとギリギリまで使えて便利

    レンタルWi-Fiは、決められた期限までに返却ができないと延長料金が発生してしまいます。返却期限は「最終利用日が発送日」というサービス事業者がほとんどで、その日のうちにポストなどに投函しなければなりません。


    しかし、「翌日の午前中まで」とされていれば最終利用日の夜間まで利用することができるようになります。ポストへの投函が間に合わないことのないように、返却期限もチェックして選ぶようにしましょう。

    紛失・故障の際も安心。補償オプションは範囲と割合も確認

    紛失・故障の際も安心。補償オプションは範囲と割合も確認

    レンタルしているWi-Fiを万が一紛失してしまった場合や故障させてしまった場合のために、補償オプションには積極的に加入するようにしましょう。レンタル費用の総額は高くなりますが、機種代金を弁償するより安く済みますよ。


    また、補償オプションに加入する際は補償の範囲と割合も確認しておきましょう。弁償代金の一部免除や全額免除などサービス事業者によって異なります。費用が高くても、補償内容がしっかりしていると万が一の際も安心です。

    吉本洋海
    株式会社やさしくねっと.代表
    吉本洋海さんのコメント

    機種の弁償代金は約20,000円~40,000円と非常に高額です。自宅のみでの利用であれば必要性は低いかもしれませんが、外出先に持ち歩いたりと利用頻度が高い場合には積極的に加入することをおすすめします。

    ③ プランは主に2種類。容量か料金か重視するポイントで選ぼう

    レンタルWi-Fiは無制限プランや低容量プランがあり、それぞれ料金や通信容量が異なります。使用方法や重視するポイントで選ぶようにしましょう。

    通信制限が気になるなら「無制限プラン」がおすすめ

    通信制限が気になるなら「無制限プラン」がおすすめ

    レンタル期間が長期間になる場合や、SNSや動画配信サービスをほとんど毎日使用する場合、通信容量は「無制限プラン」がおすすめです。また、複数のWi-Fi機器を接続する場合や何人かでシェアする場合にも便利です。


    ただし、「無制限プラン」でも3日で10GB以上利用すると短期間の通信制限がかかる場合もあるので、利用条件も合わせて確認するようにしましょう。

    使用頻度が少なくコストを抑えたいなら「低容量プラン」を選ぼう

    使用頻度が少なくコストを抑えたいなら「低容量プラン」を選ぼう

    レンタルを予定している期間が短期間で、メールのやり取りやネットの閲覧だけなら、通信容量○GBといった制限のある「低容量プラン」でも問題ないでしょう。データ通信量に制限がある代わりに「無制限プラン」よりも料金を抑えることもできますよ。


    例えば1GBの場合、メール1通を約500KBとすると約2,000通、普通画質の動画は約120分視聴することができます。レンタル期間と使用頻度に合わせて通信容量を選ぶようにしましょう。


    また、月間の通信量を使い切ってしまっ場合は、通信速度に制限がかかりますが、webの閲覧程度なら問題なくできるでしょう。

    ④ 通信速度を求めるならレンタル機種の「規格値」をチェック

    通信速度を求めるならレンタル機種の「規格値」をチェック

    サービス事業者によっては契約時に機種を複数のなかから選べる場合もあり、それぞれ機種のスペックを公開しています。本体のサイズや重さは持ち運ぶことを考えると大切なポイントですが、実際に使用する際の通信速度も気になりますよね。


    通信速度は○○Mbpsと表記される通信速度の「規格値」で確認することができ、この数字が大きければ実際の通信速度が高くなる可能性があります。ただし、理論上の最大数値なので実際の数値は使用方法や環境によって異なります。あくまでも一つの目安として考えましょう。

    人気国内用レンタルWi-Fi全15サービスを徹底比較!

    国内用レンタルWi-Fiの検証

    今回は、ネット上で注目を集めている国内用レンタルWi-Fiのサービス事業者8社15サービスをすべて比較し、どれが最もおすすめなのか検証しました。


    mybest編集部が定めた通信量無制限で利用料金が安くサービスが充実しているレンタルWi-Fiが優秀という定義にもとづき、各社それぞれ機種を選定して比較検証をしました。


    国内レンタルWi-Fiの選び方のポイントをふまえ、検証項目は以下の4点としました。

    検証①:料金

    検証②:利便性

    検証③:通信速度

    検証④:バッテリーの持ち


    なお、今回の検証では国内レンタルWi-Fiを選ぶ上で非常に重要な「料金」と「利便性」の評価を重視してランキングを作成しました。


    ※ランキング作成日:2020/08/18

    今回検証した商品

    1. DMM.com|DMMいろいろレンタル(WiMAX回線)
    2. シムス|WiFiレンタル便 RTMモバイル店(SoftBank回線)
    3. シムス|WiFiレンタル便 RTMモバイル店(docomo回線)
    4. シムス|WiFiレンタル便 RTMモバイル店(WiMAX回線)
    5. シムス|WiFiレンタル便 RTMモバイル店(ワイモバイル回線)
    6. ジェネット|88MOBILE(WiMAX回線)
    7. ニッチカンパニー|WiFi東京(SoftBank回線)
    8. ヒッツカンパニー|カシモバ(WiMAX回線)
    9. ヒッツカンパニー|カシモバ(SoftBank回線)
    10. ビジョン|WiFiレンタルどっとこむ(WiMAX回線)
    11. ビジョン|WiFiレンタルどっとこむ(SoftBank回線)
    12. ベストリンク|e-ca(SoftBank回線)
    13. ベストリンク|e-ca(WiMAX回線)
    14. モバイル・プランニング|NETAGE(SoftBank回線)
    15. モバイル・プランニング|NETAGE(au回線)

    検証① 料金

    料金

    まずは、国内用レンタルWi-Fiiを選ぶ上で重要な「料金」を検証していきます。


    それぞれ1日(0泊1日)・1週間(6泊7日)・1か月(30泊31日)のレンタルを想定し、発生するトータル金額を評価しました。


    ※実施されている自動で適用されるキャンペーンを含んだ費用で評価しています。

    ※キャンペーンは申し込み時期によって異なります。今回の検証と同じキャンペーンが適用されるとは限りません

    【検証結果ハイライト】WiFiレンタルどっとこむが最安値を記録。WiMAX回線は他と比べると安価にレンタルできる

    【検証結果ハイライト】WiFiレンタルどっとこむが最安値を記録。WiMAX回線は他と比べると安価にレンタルできる

    今回の検証では、1日の短期利用・1週間の中期利用・1か月の長期利用を想定して各社料金の算出を行いましたが、「WiFiレンタルどっとこむ」でWiMAX回線の機種をレンタルするのが最安値だとわかりました。


    WiMAX回線は3日で10GBの通信制限があるためか、SoftBankの回線を利用する通信制限のない機種と比べ料金が安価に設定されています。そのため、1日の使用量が3GBで収まるようであれば、WiMAX回線を使う機種をレンタルするとお得に利用することができますよ。

    検証② 利便性

    利便性
    つぎに、国内用レンタルWi-Fiの「利便性」について検証していきます。公式HPの情報や問い合わせをした内容をもとに、以下4項目を評価し、すべての評価結果を合算して評価しました。

    • 3日間制限の有無
    • 受取・返却方法
    • 取り扱い回線の種類
    • サポート体制

    【検証結果ハイライト】通信制限の条件と受取・返却方法は要チェック。チャットで問い合わせできるとベスト

    【検証結果ハイライト】通信制限の条件と受取・返却方法は要チェック。チャットで問い合わせできるとベスト

    WiMAX回線を利用するレンタルWi-Fiには、3日10GBの短期通信制限があります。その他の回線でも、基本的には月間通信容量は無制限でも短期の通信制限はありますので、レンタルの前に必ずチェックしておくようにしましょう。


    また、受取先についてはネットで注文して自宅で受け取るのが一般的です。一方で、入院中の病院や出張先のホテルなど受取先を選べる事業者もあります。スケジュールに合わせて受取先を確認してみましょう。


    サポートについては、公式HPからチャットで問い合わせができるので、利用料金やレンタル方法などの不明な点をその場で質問することができます。電話やメールよりもスムーズに欲しい回答を得られるので、初めて利用する方でも安心してレンタルすることができるでしょう。

    検証③ 通信速度

    通信速度

    続いて、実際に使用した場合の「通信速度」を検証していきます。


    以下4パターンの時間帯・場所で、上り・下りの実行速度を各商品3回ずつ計測し、計測地点ごとの平均値を評価しました


    • 08:30~09:30:品川駅(平日朝の混雑時)
    • 12:00~13:00:銀座のカフェ(平日昼の混雑時)
    • 16:00~17:00:築地の街なか(平日夕の平常時)
    • 19:00~20:00:品川駅(平日夜の混雑時)

    ※検証条件を揃えるために、PCは「dynabook RZ63/MS」、計測アプリは「Speedtest by Ookla」を使用しています。

    ※今回はあくまでも、特定の日程・時間帯・場所で計測した値で評価をしています。同じ機器でも、使用する環境が変われば実行速度の値も変わってくるので、必ずしも検証結果と同じ数値が出せるとは限りません。

    【検証結果ハイライト】どのサービスも問題なし。とくにSoftBank回線は混雑時でも通信速度が落ちにくかった

    【検証結果ハイライト】どのサービスも問題なし。とくにSoftBank回線は混雑時でも通信速度が落ちにくかった

    今回の検証では、すべてのサービスで機種と回線に問題はなく、利用に不満のない通信速度を記録することができました。


    しかしながら、昼の混雑時では回線ごとに通信速度に差が出ました。WiMAX回線は混雑時に他のシーンと比べて通信速度の低下が見られ、下り平均は10Mbps程度の数値にとどまりました。一方で、SoftBank回線は平均30Mbpsほどの数値を記録し、混雑時でも通信速度が落ちにくいといえるでしょう。


    また、レンタルできる機種ごとに最大通信速度の「規格値」がありますが、今回の検証では「規格値」による大きな差は見られませんでした。大きなデータのやり取りなどをしないのであれば、「規格値」はあまり気にせずに料金やプランで選んでも問題ないといえるでしょう。


    ただし、通信速度は利用する時間帯や環境により異なるので、今回の検証と同じ結果になるとは限りません。

    検証④ バッテリーの持ち

    バッテリーの持ち

    最後は「バッテリーの持ち」の検証です。


    外出先でも手軽にネット環境を利用できるポケットWi-Fiですが、電池切れを心配して「モバイルバッテリーも持ち歩いて」と荷物が増えてしまっては残念ですよね。実際にどの程度バッテリーが持つのかは、確認しておきたいポイントです。


    そこで、普通画質のYouTube動画を8時間連続再生して、バッテリー残量を評価しました。

    【検証結果ハイライト】全機種で電池切れの心配は不要。バッテリーの容量は3,000mAh以上あればより安心

    【検証結果ハイライト】全機種で電池切れの心配は不要。バッテリーの容量は3,000mAh以上あればより安心

    今回の検証では、電池切れになった機種はありませんでした。8時間Wi-Fiに接続状態にした後で評価を行いましたが、実際に使用する場合はここまで連続で使用することは少ないと思いますので、どの商品を選んでも外出時に充電切れになる心配は少ないといえるでしょう。


    また、バッテリー容量が3,000mAh以上あれば8時間連続で使用した後も電池残量は半分ほどあり、まだまだ余力を感じることができました。外出時の使用頻度が多いという方や連続使用をする方は、バッテリー容量は3,000mAh以上を目安に選べば外出時もより安心できるでしょう。


    ただし、バッテリーは通信量や使用環境によって、大きく消耗してしまう場合があります。あくまでも目安として、使用方法にあわせて選ぶようにしましょう。

    No.1

    ビジョンWiFiレンタルどっとこむ(WiMAX回線)

    WiMAX W06

    総合評価

    4.02
    • 料金: 4.6
    • 利便性: 3.7
    • 実測値: 4.1
    • バッテリーの持ち: 2.0

    レンタル料金の安さが最高評価。速度や利便性にも問題なし

    Wi-Fiレンタルどっとこむは、受取・返却先が多く自宅の他に空港・コンビニからも選ぶことができます。また、申込画面では細かい内訳の明細を確認することができるので、利用する際に安心感もありますよ。

    レンタル機種の「WiMAX W06」は、8時間使用したあとのバッテリー残量は10%ほどで、一日中使用するわけでなければ問題なさそうです。通信速度は昼の混雑時には下り平均7.5Mbps程度と伸び悩みましたが、その他のシーンでは下り平均30Mbpsほどで高評価となりました。

    また、なんといっても料金の安さが一番の魅力。1日のレンタル料金はもちろん、1か月など長期間レンタルする際の料金も安く最高評価です。3日で10GBの制限がありますが、利用頻度が少なく1人で使用するといったケースならお得に利用できるサービスといえるでしょう。
    利用回線WiMAX
    容量無制限
    短期間の通信制限なし3日で10GB
    最短発送日平日15時までの申し込みで原則当日出荷
    利用日前の受け取り-
    受け取り方法自宅・空港・コンビニ・渋谷ちかみち
    返却方法宅配・ポスト返却・空港返却
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)1,034円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)3,938円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)7,391円
    長期レンタル割引
    No.2

    ビジョンWiFiレンタルどっとこむ(SoftBank回線)

    Mobile Wi-Fi E5383

    総合評価

    4.02
    • 料金: 3.8
    • 利便性: 4.7
    • 実測値: 4.1
    • バッテリーの持ち: 3.0

    通信量無制限で利便性が最高評価。料金は長期だとお得に

    Wi-Fiレンタルどっとこむは、受取・返却先が多く自宅の他に空港・コンビニからも選ぶことができます。また、申込画面では細かい内訳の明細を確認することができます。

    レンタル機種の「Softbank E5383」は、通信速度は夜の混雑時は下り平均5.5Mbpsと伸び悩みましたが、その他では下り平均30Mbpsを超えて高評価。また、バッテリー残量は8時間使用したあとも30%ほどで、外出先で使用しても電池切れの心配は少ないといえるでしょう。

    料金は他と比べて安く利用することができ、とくに1か月以上の長期間レンタルする際の料金設定が低く設定されています。また、取り扱い回線の多さと通信制限がない点で利便性は最高評価となりました。複数の機器をつないだり動画配信サービスを利用するのにも便利ですよ。
    利用回線softbank
    容量無制限
    短期間の通信制限なし
    最短発送日平日15時までの申し込みで原則当日出荷
    利用日前の受け取り-
    受け取り方法自宅・空港・コンビニ・渋谷ちかみち
    返却方法宅配・ポスト返却・空港返却
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)1,085円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)4,255円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)9,175円
    長期レンタル割引
    No.3

    シムスWiFiレンタル便 RTMモバイル店(SoftBank回線)

    Pocket WiFi 602HW

    総合評価

    3.68
    • 料金: 3.3
    • 利便性: 4.3
    • 実測値: 4.4
    • バッテリーの持ち: 3.0

    通信制限無しで快適。利用するたびに楽天ポイントも貯まる

    WiFiレンタル便は、ECサイトの楽天からレンタルの申し込みができ会員ならポイントも貯めることができます。受取先に滞在先のホテルや空港なども指定することができ利用開始日の前日に受取をすることもできますよ。

    レンタル機種の「SoftBank 602HW」は、混雑する昼時でも下り平均30Mbpsを超える高い数値を記録し、通信速度は高評価となりました。また、バッテリーも8時間使用したあとも50%ほど残っており、外出先で電池切れになる心配はほとんどないといえます。

    料金設定は他と比べるとやや高く平均止まりの評価となりましたが、通信容量無制限な点と、取り扱い回線の多さから利便性で高い評価となりました。楽天会員で無制限のレンタルWi-Fiを求めている方に有力な選択肢の一つとなるでしょう。
    利用回線softbank
    容量無制限
    短期間の通信制限なし
    最短発送日16時まで申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り
    受け取り方法自宅・空港
    返却方法レターパック
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)1,833円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)4,708円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)8,098円
    長期レンタル割引
    No.4

    シムスWiFiレンタル便 RTMモバイル店(ワイモバイル回線)

    Pocket WiFi 502HW

    総合評価

    3.61
    • 料金: 3.3
    • 利便性: 3.9
    • 実測値: 3.9
    • バッテリーの持ち: 4.0

    1日5GBまで使用可能。取り扱い回線の多さが高評価

    WiFiレンタル便は、楽天市場からレンタルの申し込みができ、楽天会員ならポイントも貯めることが可能。料金設定は他と比べるとやや高くまずまずの評価となりましたが、取り扱い回線の多さで利便性は高評価となりました。

    レンタル機種の「Y!mobile(ワイモバイル) レンタル 502HW」は、8時間使用したあともバッテリーは30%ほど残りました。夜の混雑時には通信速度は下り平均5Mbpsと伸び悩みましたが、昼の混雑時では下り平均25Mbpsと高い数値を記録し、使用上の問題はありませんでした。
    利用回線ワイモバイル
    容量無制限
    短期間の通信制限なし
    最短発送日16時まで申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り
    受け取り方法自宅・空港
    返却方法レターパック
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)1,956円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)5,124円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)8,523円
    長期レンタル割引
    No.5

    ニッチカンパニーWiFi東京(SoftBank回線)

    Pocket WiFi 601HW

    総合評価

    3.57
    • 料金: 3.3
    • 利便性: 3.2
    • 実測値: 4.6
    • バッテリーの持ち: 5.0

    回線はSoftBankのみだが、機種性能の高さは高評価

    WiFi東京は、レンタル注文時にLINEアカウントを友達追加することで、安心補償のオプションを無料で利用できるようになります。レンタル機種の「SoftBank 601HW」は、さまざまなシーンで下り平均25Mbpsほどの数値を記録。8時間使用したあともバッテリーは50%ほど残りました。

    短期的な通信制限はありませんが、取り扱い回線がSoftbankのみで利便性の評価は平均的な結果に。一方で、料金は1日など短期利用の場合は比較的高めですが、1か月など長期レンタルする場合の料金設定が安く高評価となりました。
    利用回線softbank
    容量無制限
    短期間の通信制限なし
    最短発送日17時までの申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り-
    受け取り方法自宅・空港・ホテル
    返却方法レターパック
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)2,090円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)4,730円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)8,250円
    長期レンタル割引
    No.6

    モバイル・プランニングNETAGE(au回線)

    HWD11

    総合評価

    3.53
    • 料金: 2.9
    • 利便性: 4.0
    • 実測値: 3.8
    • バッテリーの持ち: 5.0

    料金は比較的高め。返却のタイミングは自由に決められる

    NETAGEは、従量課金制(上限あり)ができるので、あらかじめ返却期限を決める必要がなく好きなタイミングで返却することができます。料金は他と比べるとやや高く評価としては平均の域を出ませんでしたが、受取先や取り扱い回線が多く利便性で高評価となりました。

    レンタル機種の「HWD11」は、下り平均はおおむね18Mbpsと安定していましたが、数値としては他に劣るため評価は伸び悩みました。一方で、バッテリーは8時間使用したあとも50%以上残っており、余力があるといえます。外出先での利用も電池切れの心配は少ないでしょう。
    利用回線au
    容量無制限
    短期間の通信制限なし3日で10GB
    最短発送日17時までの申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り-
    受け取り方法自宅・ホテル・会社・病院
    返却方法ゆうパケット・宅配便
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)1,694円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)5,258円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)9,240円
    長期レンタル割引
    No.7

    DMM.comDMMいろいろレンタル(WiMAX回線)

    WiMAX W05

    総合評価

    3.45
    • 料金: 3.5
    • 利便性: 3.0
    • 実測値: 4.0
    • バッテリーの持ち: 4.0

    短期利用には向かないが、長期利用なら一考の余地あり

    DMMいろいろレンタルは、DMM.comが行っているレンタルサービスです。レンタル機種の「WiMAX W05」は8時間使用したあともバッテリーは30%ほど残っていました。昼の混雑時では下り平均7.5Mbpsほどに下がりましたが、他のシーンでは平均30Mbpsを記録し、使用上問題ないでしょう。

    1か月料金は非常にお得な一方で、レンタルは最短でも5泊からのため短期利用はできず、料金の評価はまずまずの結果となりました。また、取り扱い回線が2種類で無制限利用ができないため、利便性の評価も平均にとどまる結果となりました。
    利用回線WiMAX
    容量無制限
    短期間の通信制限なし3日で10GB
    最短発送日記載なし
    利用日前の受け取り-
    受け取り方法自宅・ホテル・病院
    返却方法宅配
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)-
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)3,920円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)5,900円
    長期レンタル割引
    No.8

    ヒッツカンパニーカシモバ(SoftBank回線)

    Pocket WiFi 603HW

    総合評価

    3.41
    • 料金: 2.6
    • 利便性: 4.7
    • 実測値: 4.0
    • バッテリーの持ち: 3.0

    短期利用は割高だが、返却の期限が遅く夜間まで利用可能

    カシモバは、返却期限が翌日の朝8時までというメリットがあります。レンタル機種の「SoftBank 603HW」は、夜の混雑時では下り平均12Mbpsと伸び悩みましたが、その他のシーンでは下り平均25Mbpsと使用上問題ない数値を記録。また、8時間使用したあともバッテリーは30%ほどでした。

    受取・返却先も多く、利便性は高い評価を得ることができました。一方で、長期利用はお得ですが1日レンタルの費用が他と比べて高いため、料金の評価を下げる結果となりました。
    利用回線softbank
    容量無制限
    短期間の通信制限なし
    最短発送日17時までの申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り-
    受け取り方法自宅・空港・病院・宿泊先・店頭
    返却方法レターパック
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)2,180円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)5,600円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)9,970円
    長期レンタル割引
    No.9

    ベストリンクe-ca(SoftBank回線)

    Pocket WiFi 501HW

    総合評価

    3.36
    • 料金: 3.5
    • 利便性: 3.0
    • 実測値: 4.1
    • バッテリーの持ち: 3.0

    機種性能は高評価。料金と利便性が足を引っ張る結果に

    e-caは、事前の連絡不要でレンタル期間を延長できるので、利用シーンに合わせて返却のタイミングを決めることができます。レンタル機種の「SoftBank 501HW」は、8時間使用したあともバッテリーは30%ほど残っており、どのシーンでも下り平均20Mbpsを記録して高評価でした。

    1日など短期の場合はお得に利用することができますが、1か月以上の長期の場合は他と比べやや高く、料金はそこそこの評価にとどまりました。また、受取・返却方法の少なさと1日3GBまでの制限が利便性の評価を下げる結果となりました。
    利用回線softbank
    容量無制限
    短期間の通信制限なし
    最短発送日13時までの申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り-
    受け取り方法自宅・空港
    返却方法宅配
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)1,085円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)4,295円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)9,175円
    長期レンタル割引
    No.10

    シムスWiFiレンタル便 RTMモバイル店(WiMAX回線)

    WiMAX W05

    総合評価

    3.34
    • 料金: 3.1
    • 利便性: 3.3
    • 実測値: 4.0
    • バッテリーの持ち: 4.0

    利用開始日の前日に受け取れるが、料金は他と比べやや高め

    WiFiレンタル便は、楽天市場から申し込みができ、会員ならポイントも貯めることができます。レンタル機種の「auLTEレンタル W05」は、昼の混雑時には下り平均6.8Mbpsほどに下がりましたが、他のシーンではおおむね下り平均30Mbpsを記録。バッテリーは8時間使用したあとも30%ほどでした。

    利用開始日の前日に受取をすることもでき、取り扱い回線も多いものの、3日で10GBの制限があるため利便性の評価が伸び悩みました。また、1日など短期利用の場合は他と比べて料金は高く、評価としてはまずまずの結果にとどまりました。
    利用回線WiMAX
    容量無制限
    短期間の通信制限なし○(3日で10GB),3日で10GB
    最短発送日16時まで申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り
    受け取り方法自宅・空港
    返却方法レターパック
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)1,901円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)4,794円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)8,193円
    長期レンタル割引
    No.11

    ヒッツカンパニーカシモバ(WiMAX回線)

    WiMAX W05

    総合評価

    3.31
    • 料金: 2.8
    • 利便性: 3.7
    • 実測値: 4.0
    • バッテリーの持ち: 4.0

    返却期限が長いのは嬉しいが、短期通信制限が評価を下げた

    カシモバは、返却期限が翌日の朝8時までのため、返却予定日の夜間まで利用可能。レンタル機種の「WiMAX W05」は、8時間使用したあともバッテリーは30%ほどでした。混雑する昼時は下り平均7Mbpsほどでしたが、その他では下り平均30Mbpsを超え、使用上問題ないでしょう。

    受取・返却先も多いですが3日で10GBの通信制限があり、利便性はまずまずの結果にとどまりました。また、1か月など長期利用する際はお得なものの、1日など短期の場合は他と比べ料金は高いため評価を下げました。
    利用回線WiMAX
    容量無制限
    短期間の通信制限なし3日で10GB
    最短発送日17時までの申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り-
    受け取り方法自宅・空港・病院・宿泊先・店頭
    返却方法レターパック
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)2,180円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)5,600円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)9,970円
    長期レンタル割引
    No.12

    モバイル・プランニングNETAGE(SoftBank回線)

    Pocket WiFi 601HW

    総合評価

    3.28
    • 料金: 1.6
    • 利便性: 5.0
    • 実測値: 4.8
    • バッテリーの持ち: 5.0

    機種性能は問題なく高評価だが、料金設定が高く他に劣る

    NETAGEは、従量課金制(上限あり)ができるので、あらかじめ返却期限を決める必要がなく、好きなタイミングで返却することができます。受取・返却先と取り扱い回線が多く利便性は高評価でしたが、料金の高さが足を引っ張り総合評価を下げる結果となりました。

    レンタル機種の「SoftBank 601HW」に関して、通信速度は昼の混雑時でも下り平均32Mbpsと高い数値を記録することができました。また、バッテリー容量は8時間使用したあとも50%ほど残っており高い評価となりました。

    利用回線softbank
    容量無制限
    短期間の通信制限なし
    最短発送日17時までの申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り-
    受け取り方法自宅・ホテル・会社・病院
    返却方法ゆうパケット・宅配便
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)1,859円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)9,713円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)12,320円
    長期レンタル割引
    No.13

    シムスWiFiレンタル便 RTMモバイル店(docomo回線)

    FS030W

    総合評価

    3.27
    • 料金: 3.3
    • 利便性: 2.3
    • 実測値: 4.3
    • バッテリーの持ち: 5.0

    料金設定は問題はないが、3日3GBの制限がマイナス評価

    WiFiレンタル便は、楽天市場からレンタルでき、会員ならポイントも貯まります。レンタル機種の「FS030W」は、8時間使用したあとのバッテリー残量は50%ほど。通信速度は夜の混雑時でも下り平均40Mbpsと高い数値を記録し、その他のシーンでも平均20Mbps程度を確保しました。

    料金はレンタル期間に関わらず、他と比べて安く利用することができます。利用開始日の前日に受取をすることもできますが、平均1日1GBの制限があるため総合評価を下げる結果となりました。
    利用回線docomo
    容量無制限
    短期間の通信制限なし1日1GB
    最短発送日16時まで申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り
    受け取り方法自宅・空港
    返却方法レターパック
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)1,901円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)4,794円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)8,193円
    長期レンタル割引
    No.14

    ジェネット88MOBILE(WiMAX回線)

    WiMAX W05

    総合評価

    3.25
    • 料金: 3.1
    • 利便性: 3.0
    • 実測値: 4.0
    • バッテリーの持ち: 4.0

    取り扱い回線は2種。短期利用の料金が高く評価を下げた

    88MOBILEは、SoftBankとWiMAX回線の2種のみの取り扱いです。レンタル機種の「WiMAX W05」は、昼の混雑時では下り平均6.5Mbps程度にとどまりましたが、他のシーンでは下り平均30Mbpsを記録。また、8時間使用したあともバッテリーは30%ほど残っていました。

    料金は1日レンタルの費用が他と比べて高く、評価を落とす結果となりました。受取先を自由に選ぶことができますが3日で10GBの制限があるため、利便性は平均の域にとどまり総合評価を下げる結果となりました。
    利用回線WiMAX
    容量無制限
    短期間の通信制限なし3日で10GB
    最短発送日17時までの申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り-
    受け取り方法自宅・ホテル
    返却方法レターパック
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)2,170円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)5,050円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)8,890円
    長期レンタル割引
    No.15

    ベストリンクe-ca(WiMAX回線)

    WiMAX W06

    総合評価

    3.16
    • 料金: 3.3
    • 利便性: 3.0
    • 実測値: 4.1
    • バッテリーの持ち: 2.0

    長期レンタルは割高。利便性も他と比べると劣る結果に

    e-caは、事前の連絡不要でレンタル期間を延長できます。レンタル機種の「WiMAX W06」は、8時間使用したあとのバッテリーが10%ほど。通信速度はおおむね下り平均25Mbps程度と、使用上の問題はありませんでした。

    1日など短期の場合はお得に利用することができますが、1か月以上の長期の場合は他と比べやや高め。また、受取・返却方法の少なさと1日3GBまでの制限が、利便性の評価を下げる結果となりました。
    利用回線WiMAX
    容量無制限
    短期間の通信制限なし3日で10GB
    最短発送日13時までの申し込みで当日発送
    利用日前の受け取り-
    受け取り方法自宅・空港
    返却方法宅配
    補償サービス
    料金:1日(0泊1日、送料等込み)1,090円
    料金:1週間(6泊7日、送料等込み)5,093円
    料金:1か月(30泊31日、送料等込み)10,340円
    長期レンタル割引

    人気国内用レンタルWi-Fiの検証結果比較表

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す