1. TOP
  2. >
  3. 生活雑貨
  4. >
  5. 日用品
  6. >
  7. 【徹底比較】洋服用ホコリ取りのおすすめ人気ランキング20選
【徹底比較】洋服用ホコリ取りのおすすめ人気ランキング20選

【徹底比較】洋服用ホコリ取りのおすすめ人気ランキング20選

日頃の洋服の手入れや、外出前にサッと身ぎれいにしたいときに便利な、洋服用ホコリ取り。私たちに⾝近な百円均⼀ショップ、ロフト、ニトリや無印良品などでも気軽に購⼊できます。ですが、粘着クリーナータイプ・エチケットタイプ・洋服ブラシタイプなど、サイズや種類もさまざまでどれが一番使いやすいのでしょうか?


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の洋服用ホコリ取り20商品を比較して、最もおすすめの洋服用ホコリ取りを決定したいと思います。


比較検証は以下の3点について行いました。

  1. ホコリの落としやすさ
  2. 使い勝手のよさ
  3. 生地へのやさしさ

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?洋服用ホコリ取りの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年07月03日更新
  • 137,426 views

検証のポイント

売れ筋の洋服用ホコリ取り20商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • ホコリの落としやすさ

    検証① ホコリの落としやすさ

    まずは、要であるホコリの落としやすさについて検証します。今回の検証では、以下の4つの生地に対し、それぞれ3gずつのホコリを満遍なく広げ、ホコリを取る動作を10回実施。生地に残ったホコリを確認し、ホコリを落としやすい順に満点を5点、最低点を1点として、0.5点刻みでそれぞれ評価しています。スーツジャケットウールコートセーター(ポリエステル88%・ナイロン10%)Tシャツ(綿100%)一般的に静電気が生じやすいといわれる、冬のお出かけの際に着用するアイテムや、普段使いの洋服を検証に使用していますので、ぜひお手持ちの洋服と照らし合わせてみてくださいね。

  • 使い勝手のよさ

    検証② 使い勝手のよさ

    次に、使いやすさの軸を以下を基準とし、使い勝手のよかった順に満点を5点、最低点を1点として、0.5点刻みでそれぞれ評価しています。重さサイズ感使い勝手を向上させる仕様上の工夫があるか

  • 生地へのやさしさ

    検証③ 生地へのやさしさ

    最後に、ホコリ取りが生地に与えるダメージについて検証を行いました。毛羽立ちが目立ちやすいニット生地(ポリエステル88%・ナイロン10%)を20商品ごとに区切り、ホコリ取り動作を各200回ずつ実施。検証前の生地と検証後の生地を確認し、毛羽立ちやダメージが生じていない順に満点を5点、最低点を1点として、0.5点刻みでそれぞれ評価しています。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ホコリの発生源と、服にホコリがつく原因とは?

    ホコリの発生源と、服にホコリがつく原因とは?

    ホコリの正体は、衣類やカーペットなどの布類から抜け落ちた繊維が集まったものに、そのほかの小さなゴミが集積したものです。


    さらに、そのホコリは摩擦による衣服の繊維の乱れから生じる静電気を介して、衣服にピタッと吸着してしまいます。


    そのためホコリを取り除くには、ブラッシングを用いて乱れた繊維を整え、静電気を予防することが大切。特に冬場は静電気が発生しやすいため、洋服用ホコリ取りを用いて日頃からこまめにケアを行いましょう。

    洋服用ホコリ取りの選び方

    洋服用ホコリ取りを選ぶ際に必ずチェックしておきたい3つのポイントをご紹介します。

    ① エチケットブラシタイプや粘着クリーナータイプは、スピーディに掃除したい方に

    服の表面に付着したホコリや花粉などの汚れを素早く取り去るのが、粘着クリーナータイプやエチケットブラシタイプです。これらは衣類の繊維を整える機能はありませんが、ホコリの除去効率がよく、洋服に付着したホコリや花粉などを手短に掃除したい人に向いています。

    掃除がラクになる機能が備わったエチケットブラシタイプ

    掃除がラクになる機能が備わったエチケットブラシタイプ

    機能性と⼿軽さを求める⽅には、エチケットブラシタイプがおすすめ。ブラシ⾯が⼤きいものであればささっと⼿軽にホコリを掃除することができますよ。


    ダストボックス内蔵型タイプやブラシ⾯が回転するタイプなど、掃除が楽になるようなうれしい機能が備わっていることも。


    商品によっては薄くて持ち運びやすい⼿のひらサイズも発売されており、お出かけ前の⼿⼊れに加え、出がけ先でも洋服をキレイに保ちたい⽅におすすめのタイプです。


    また、ブラシ本体の⼿⼊れは必要ですが、粘着シートタイプと⽐較すると掃除に必要な消耗品がありません。そのためヘアブラシと同様に本体やブラシ部分が破損しない限り、お⾦をかけずに使⽤し続けられるメリットがあります。

    粘着クリーナータイプは強力な粘着力で素早く掃除!しかし服へのダメージに要注意

    粘着クリーナータイプは強力な粘着力で素早く掃除!しかし服へのダメージに要注意

    テープやゲル素材など、ホコリを粘着力で素早く集めるのが粘着クリーナータイプ。ブラシタイプよりもさらに手短に、コツいらずでホコリを取ることが可能です。エチケットブラシタイプよりも、勢いよくサーッとスピーディに掃除をすることができますよ。玄関先に置いておき、身支度ついでにサッと服を清潔にしたい方にはぴったりです。


    替えテープタイプはお手入れいらずな点がうれしいポイントですが、粘着クリーナータイプのなかには、ついたゴミを流水で洗えるタイプもあります。なるべくコストをかけたくない方は、水洗いができる商品を選ぶとよいでしょう。


    粘着力が強いタイプは、ホコリだけでなくペットの毛や花粉などの汚れを簡単に掃除できる一方、服へのダメージが大きくなる点には注意してくださいね

    ② 大切な衣類を丁寧にケアするなら、洋服ブラシタイプを

    大切な衣類を丁寧にケアするなら、洋服ブラシタイプを

    洋服ブラシタイプは、お気に入りの洋服や和服の生地をいたわりつつ、毛羽立ちが生じないようにケアをしたい方におすすめです。


    ブラシの毛には天然獣毛が使用されていることが多いですが、天然獣毛は化学繊維と比較すると生地へのダメージが少なく、静電気が生じにくいといわれています。ホコリをやさしく落とし、さらに服の繊維を整えてくれるので、クリーニング時の痛みが心配な和服やリッチなスーツはもちろん、コートなどのデリケートな洋服のブラッシングにも最適ですよ。


    一方、繊維に絡まったホコリをブラッシングで落とす衣類のケア用品なので、前述したエチケットブラシタイプや粘着クリーナータイプと比べると、どうしてもホコリを取るには時間がかかってしまいます。そのため、主に衣類の繊維の乱れをケアしつつ、ついでにホコリも落としたい方に向いている商品です。

    ③ 使用シーンに合わせて大きさを選ぼう

    洋服用のホコリ取りは、ブラシ面の大きさによって持ち運びやすさ・掃除しやすさに差が生じます。サイズ選びに迷っている方は以下のような基準で選んでみてくださいね。

    持ち運びを想定している方は、およそ10cm程度の携帯タイプが便利

    持ち運びを想定している方は、およそ10cm程度の携帯タイプが便利

    約10cm程度の手のひらに収まるサイズは、お出かけ時の携帯用や袖口などのピンポイントの掃除向き。厚さが1cm未満程度の折り畳みエチケットブラシタイプであれば、女性の化粧ポーチや小さめの鞄にもスペースを取らずにすっぽりと収納が可能です。


    また、人と会う機会が多いビジネスマンの方も、身だしなみにはいっそう気をつけたいところ。薄さ数ミリ程度の極薄タイプもありますので、スーツジャケットに忍ばせておき、打ち合わせの前にサッと身支度を整えるのにも役立ちます。

    使い勝手がよい据え置きタイプは、自宅でのケアに最適

    使い勝手がよい据え置きタイプは、自宅でのケアに最適

    自宅で使用する際は、ホコリの取れる面積が大きく、使い勝手のよさを追求した据え置きタイプを選ぶとよいでしょう。


    たとえば取っ手に小さな穴が開いているタイプは、フックにかけてクローゼットに収納可能。場所を取らずに手の届きやすい範囲に置くことで、着替えのときや衣替えの際などにもサッと使用できるメリットがあります。洋服を清潔にしてから収納することで、カビや虫食いなどのリスク軽減につながります。


    いつでも清潔を保ちたいきれい好きの方は、外出先用や自宅用など状況に合わせてホコリ取りを用意しておくと便利ですよ。

    売れ筋の人気洋服用ホコリ取り全20商品を徹底比較!

    洋服用ホコリ取りの検証

    今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の洋服用ホコリ取り20商品をすべて集め、どれが最もおすすめの洋服用ホコリ取りなのかを検証しました。


    洋服用ホコリ取りの選び方のポイントをふまえ、検証項目は以下3点としました。


    検証①:ホコリの落としやすさ

    検証②:使い勝手のよさ

    検証③:生地へのやさしさ

    今回検証した商品

    1. 日本シール|エチケットブラシ ベストトレッサー
    2. 協和工業|夢ゲンブラシ
    3. アイリスオーヤマ|トルクル ハンディ粘着クリーナー 本体 ななめカット
    4. レック|激落ちくん 衣類用 粘着クリーナー
    5. Liv House|毛取りローラー にゃんくる
    6. アイリスオーヤマ|簡単抜け毛取りクリーナー
    7. 良品計画|携帯用洋服クリーナー
    8. 日本シール|エチケットブラシ靴べら付き
    9. 日本シール|エチケットブラシ 回転式
    10. 日本シール|エチケットブラシ ポケット型
    11. ニトムズ|コロコロ ミニ 洋服用
    12. ニトムズ|コロコロ スマート 洋服用
    13. ニトリ|コロコロ衣類クリーナー
    14. スリーエムジャパン|ペタコロ粘着クリーナー 衣類用
    15. |無限にほこりを取り続けられる洋服用ブラシ【大小セット】
    16. 良品計画|携帯用衣類クリーナー
    17. エコー金属|繰り返し使える携帯粘着クリーナー
    18. ニトムズ|コロコロ コロフル モバイル
    19. 貝印|エチケットブラシ
    20. カインズ|携帯洋服クリーナー

    検証① ホコリの落としやすさ

    ホコリの落としやすさ

    まずは、要であるホコリの落としやすさについて検証します。


    今回の検証では、以下の4つの生地に対し、それぞれ3gずつのホコリを満遍なく広げ、ホコリを取る動作を10回実施。生地に残ったホコリを確認し、ホコリを落としやすい順に満点を5点、最低点を1点として、0.5点刻みでそれぞれ評価しています。


    1. スーツジャケット

    2. ウールコート

    3. セーター(ポリエステル88%・ナイロン10%)

    4. Tシャツ(綿100%)


    一般的に静電気が生じやすいといわれる、冬のお出かけの際に着用するアイテムや、普段使いの洋服を検証に使用していますので、ぜひお手持ちの洋服と照らし合わせてみてくださいね。

    【検証結果ハイライト】携帯タイプは面が小さく、ホコリを一気に取れない傾向あり

    【検証結果ハイライト】携帯タイプは面が小さく、ホコリを一気に取れない傾向あり

    どのタイプもホコリをしっかりと取ってくれましたが、ブラシ面や粘着クリーナーの面が大きいものはより広範囲のホコリを一気に除去できます。一方で携帯タイプなどの掃除面が小さいタイプは、部分的なホコリや小さな繊維を取るのに向いている傾向がありました。


    そのため、まとめて掃除するタイプの方はブラシやクリーナー面が大きなタイプ、細かな汚れを見つけたときにすぐ掃除したい方は、携帯タイプを利用するとよいでしょう。

    検証② 使い勝手のよさ

    使い勝手のよさ

    次に、使いやすさの軸を以下を基準とし、使い勝手のよかった順に満点を5点、最低点を1点として、0.5点刻みでそれぞれ評価しています。


    1. 重さ

    2. サイズ感

    3. 使い勝手を向上させる仕様上の工夫があるか

    【検証結果ハイライト】ダストボックス付きが便利!据え置きタイプは使い勝手を向上させる工夫が多い

    【検証結果ハイライト】ダストボックス付きが便利!据え置きタイプは使い勝手を向上させる工夫が多い

    据え置きタイプは、比較的どの商品も持ち手のカーブの角度や粘着テープの切りやすさなど、使用感を向上させる工夫が多く見受けられました。特にダストボックス付きのタイプは、ゴミを溜めておけるので使うたび手入れを行う必要がなく、余裕のあるときにサッとゴミを捨てるだけでOKなのがうれしいポイント。


    一方粘着シートタイプは、使用後の切れ目の切りやすさや、わかりやすさが使用感のキモ。なかでも、ホコリやゴミが付着した面に触れずにシートを切れるタイプが高得点を獲得しています。なお水洗タイプは、付着したホコリやゴミに触れながら落とすので、若干コツが必要です。なるべく付着したゴミを触りたくない方は、スルーしたほうが無難かもしれません。

    検証③ 生地へのやさしさ

    生地へのやさしさ

    最後に、ホコリ取りが生地に与えるダメージについて検証を行いました。


    毛羽立ちが目立ちやすいニット生地(ポリエステル88%・ナイロン10%)を20商品ごとに区切り、ホコリ取り動作を各200回ずつ実施。検証前の生地と検証後の生地を確認し、毛羽立ちやダメージが生じていない順に満点を5点、最低点を1点として、0.5点刻みでそれぞれ評価しています。

    【検証結果ハイライト】目の細かいエチケットブラシタイプがやさしい傾向。粘着クリーナータイプはダメージ大

    【検証結果ハイライト】目の細かいエチケットブラシタイプがやさしい傾向。粘着クリーナータイプはダメージ大

    検証の結果、粘着クリーナータイプは粘着面がゴミだけでなく衣類の繊維もはがしてしまうため、毛羽立ちが生じ、かつ徐々に生地が薄くなってしまう結果となりました。日常では連続して何回も使用することは少ないかと思いますが、ダメージが蓄積されいていくということを念頭に使用するのがよいでしょう。


    一方、エチケットブラシタイプは大半がブラシ部分の繊維にナイロンを使用していましたが、毛質ではなく、ブラシの目の荒さが毛羽立ちを左右するという結果に。そのため、手早さと生地へのやさしさを両立させたい方は、ブラシの目が細かいエチケットブラシタイプを選びましょう。



    No.1
    ベストバイ・洋服用ホコリ取り

    日本シールエチケットブラシ ベストトレッサー

    680円(税込)

    総合評価

    4.50
    • ほこりの落としやすさ: 4.5
    • 使い勝手のよさ: 4.5
    • 生地へのやさしさ: 4.5

    使いやすく、生地にも優しい!バランスのよい万能ブラシ

    ホコリの取りやすさ、使い勝手のよさ・生地へのやさしさ・それぞれの総合評価で最高得点を獲得したのは、日本シールのエチケットブラシタイプ「ベストトレッサー」です。


    ダストボックス付属タイプでありながらも軽量で、ブラシ面が大きく一度にしっかりと大量のホコリを取ることができるため、コートなどの大きな衣類にもストレスなく使えます。加えて上フタが軽く、ダストボックスがスムーズに開けられるのでゴミ捨ても簡単でした


    また、ブラシの目は非常に柔らかくて細かく、生地へのダメージが抑えられる工夫があります。生地へのやさしさ検証では、検証前後の生地の質感はほぼ変化なしという結果になり、最高評価を獲得。生地にやさしい洋服用のホコリ取りを使用したい方に最適な商品です。


    今使用している洋服用ホコリ取りを新調したい方や、これからホコリ取りを新しく購入する方など、誰でも満足できる商品といえるでしょう。

    本体重量約130g
    本体サイズ約5.5cm×24.5cm×4.7cm
    形状エチケットブラシタイプ
    機能ダストボックス付き
    携帯性-
    水洗い-
    No.2
    生地へのやさしさNo.1
    エチケットブラシタイプおすすめ

    協和工業夢ゲンブラシ

    780円(税込)

    総合評価

    4.35
    • ほこりの落としやすさ: 4.0
    • 使い勝手のよさ: 4.0
    • 生地へのやさしさ: 5.0

    ケースへの抜き差しでホコリが取れる!技アリ商品

    協和工業の「夢ゲンブラシ」は、全商品のなかでもトップクラスの生地にやさしいエチケットブラシです。ブラシ面・ケースを含めると全商品のなかでは最も大きなサイズですが、非常に軽く、長時間使用しても疲労感を感じにくい点が高評価に。また細めのケースにスマートに収納できるので、部屋の場所を取らないのがうれしいポイントです。


    ケース内部がブラシ面になっており、抜き差しする摩擦の力で付着したホコリが取れ、さらにケースの底部分のダストボックスに溜まる技アリの商品。商品自体にダストボックスは付属していないものの、手入れの際にホコリに直接触れるストレスから解放されます。


    ホコリの取りやすさ・使用感・生地へのやさしさなど、どの点においても非常に高評価だったのですが、ブラシを抜き出す際に硬くて取り出しにくい点がマイナス評価に。力の弱い方には抜き差しの衝撃が大きいので注意してくださいね。

    本体重量約259 g
    本体サイズ本体:約5.5cm×30cm×2cm ケース:約8cm×20cm×4.7cm
    形状エチケットブラシタイプ
    機能ダストボックス付き
    携帯性-
    水洗い-
    No.3
    使い勝手の良さNo.1
    粘着力タイプのおすすめ

    アイリスオーヤマトルクル ハンディ粘着クリーナー 本体 ななめカット

    158円(税込)

    総合評価

    4.30
    • ほこりの落としやすさ: 5.0
    • 使い勝手のよさ: 5.0
    • 生地へのやさしさ: 3.0

    使用後にめくるだけで掃除完了!便利な斜めカットテープ

    粘着テープタイプで1位の高評価となったアイリイスオーヤマ「トルクル ハンディ粘着クリーナー 本体 ななめカット」は、シートタイプ特有のストレスを感じにくい優秀な商品


    シートの切り口が斜めにカットされており、使い終わった後はテープの下部分を探せばめくる場所を簡単に見つけ出せます。さらに、シートがホコリでいっぱいになってしまった場合にミシン目を手でちぎるのではなく、そのままペロッと剥がすことができる優れモノです。シートタイプの欠点である、使用後のシートの切れ目が見つけにくい点と、点線に沿ってテープが切れにくい点をカバーしており、使用感の検証では満点の評価を獲得しています。


    毛羽立ちは平均点程度でしたが、それを補うほどの使用感の良さが総合点を引き上げました。据え置き粘着シートタイプの洋服用ホコリ取りをお探しの方は購入する価値のある商品です。

    本体重量約105g
    本体サイズ直径約5.8cm×高さ23cm
    形状粘着シートタイプ
    機能-
    携帯性-
    水洗い-
    No.4

    レック激落ちくん 衣類用 粘着クリーナー

    398円(税込)

    総合評価

    3.98
    • ほこりの落としやすさ: 4.5
    • 使い勝手のよさ: 3.5
    • 生地へのやさしさ: 4.0

    粘着タイプながら生地にやさしく、ホコリを落としやすい

    シートタイプのなかでは唯一、シート全面にシートを転がす方向、破る場所がプリントされたレックの「激落ちくん 衣類用 粘着クリーナー」。ホコリの落としやすさ・生地へのやさしさで高評価を獲得しました。


    生地へのやさしさを検証した結果、粘着シートタイプのなかでは最も毛羽立ちが目立ちにくい結果に。また、ケースを開閉する手間もなく、そのままケースに入れるだけで掃除が完結する点も高評価ポイント。またシートがめくりやすく、使い終わったときに本体から剥がしやすいといったメリットもあります。


    場所を選ばずに収納可能な自立式の細身のケースは、シンプルなデザインでリビングや自室にそのまま置いても違和感がありません。すべてのバランスがよい粘着シートタイプをお探しの方にすすめられる商品です。

    本体重量約150g
    本体サイズ約5.5cm×25cm×5.5cm
    形状粘着シートタイプ
    機能-
    携帯性-
    水洗い-
    No.5

    Liv House毛取りローラー にゃんくる

    1,280円(税込)

    総合評価

    3.65
    • ほこりの落としやすさ: 4.0
    • 使い勝手のよさ: 4.0
    • 生地へのやさしさ: 3.0

    収納スペースいらずの、便利な自立型据え置きタイプ

    デザインとカラー展開の豊富さが特徴的な「毛取りローラー にゃんくる」は、かわいらしさと実用性を兼ね備えた商品です。


    フタをスライドさせることで、ブラシ面に付着したホコリがダストボックスに溜まる構造になっています。掃除のたびにホコリを捨てる必要がなく、ダストボックスがいっぱいになるまで何度でも掃除可能。


    使用しないときはブラシ部分がフタで覆われているため、ホコリ取りとわからないようなコロンとしたかわいらしい作りになっています。エチケットブラシタイプはブラシ部分が剥き出しになっているものが多いので、ブラシの衛生面が気になる方はこちらのタイプがおすすめ


    エチケットブラシタイプのなかでは生地への毛羽立ちが目立つものの、それを補うほどの使用感やホコリの落としやすさが高評価となりました。

    本体重量約92g
    本体サイズ約4.3cm×18.3cm×4.3cm
    形状エチケットブラシタイプ
    機能ミラー付き,ダストボックス付き
    携帯性
    水洗い-
    No.6

    アイリスオーヤマ簡単抜け毛取りクリーナー

    200円(税込)

    総合評価

    3.53
    • ほこりの落としやすさ: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 3.0
    • 生地へのやさしさ: 4.5

    手入れの手間はあるが、ダストボックス付きが便利

    明るい黄色のデザインが特徴的なアイリスオーヤマの「簡単抜け毛取りクリーナー」。ブラシ面がホコリやペットの毛でいっぱいになってしまっても、肉球型のレバーを数回スライドさせて、付着したホコリをダストボックスに自動で集めてくれます。溜まったゴミはダストボックスを開いてをサッと捨てるだけでよく、手入れが簡単な点や、生地に非常にやさしい点なども高評価につながりました。


    なお、細かいホコリが塊になってまとまるため、ペットの細かい毛などもしっかりと取ってくれるでしょう。ブラシ面はやや小さいため、ピンポイントで掃除したい部分に当てる必要があります。またブラシが小さい分、すぐゴミが付着しなくなるので、頻繁にレバーを切り替えてブラシ面を掃除するのが面倒な点に評価が分かれました

    本体重量約98g
    本体サイズ約5.7cm×22.5cm×5.3cm
    形状エチケットブラシタイプ
    機能ダストボックス付き
    携帯性-
    水洗い-
    No.7
    携帯タイプNo1

    良品計画携帯用洋服クリーナー

    250円(税込)

    総合評価

    3.45
    • ほこりの落としやすさ: 4.5
    • 使い勝手のよさ: 4.0
    • 生地へのやさしさ: 2.0

    生地へのダメージはあるものの、ホコリを落としやすい

    無印良品から発売されている、折り畳みエチケットブラシタイプの「携帯用洋服クリーナー」は、携帯性が高いながらもホコリを落としやすい商品。薄く、非常にコンパクトですが、持ち手がしっかりしていて使いやすい点が高評価となりました。


    一方、エチケットブラシタイプではありますが、ブラシの目が粗めで硬いため、ほかのブラシタイプと比較すると生地への優しさはいまひとつの結果に。その分、大きいホコリなどを一気に取るのが得意なタイプです。携帯タイプは細かいホコリを落としにくいものが多いため、ホコリの落としやすいこちらの商品は携帯タイプのなかでは最も高評価となりました。無印良品で携帯タイプのクリーナーをお探しの場合には、バランスのよいこちらのタイプがおすすめです。

    本体重量約30g
    本体サイズ約3.7cm×10cm×1cm
    形状エチケットブラシタイプ
    機能-
    携帯性
    水洗い-
    No.8

    日本シールエチケットブラシ靴べら付き

    229円(税込)

    総合評価

    3.33
    • ほこりの落としやすさ: 3.5
    • 使い勝手のよさ: 2.0
    • 生地へのやさしさ: 4.5

    強度面が気になるが、折り畳み後のコンパクトさが魅力

    日本シールのポケット型エチケットブラシは、非常に軽量で、折り畳むと5cm程度まで小さくなるため、持ち運びに最適の商品です。折り畳んだ後はかなり薄くなるため、着用している衣類のポケットに入れてもかさばりません


    小型ながら、ホコリをしっかり取り除くことが可能。ブラシの目は細かく柔らかいため、生地へのやさしさの検証ではほぼ毛羽立ちが発生しませんでした。靴べらもブラシも持ち歩きたいけれど荷物を減らしたい方にはうってつけの商品でしょう。しかしながら、若干プラスチックの部分が薄く、強度面においてはやや懸念あり持ち運びの際はポケットにしまうか、ポーチなどに収納して強い衝撃を与えないように工夫してくださいね。

    本体重量約19.5g
    本体サイズ約4.1cm×8.4cm×0.8cm
    形状エチケットブラシタイプ
    機能靴べら付き
    携帯性
    水洗い-
    No.9

    日本シールエチケットブラシ 回転式

    660円(税込)

    総合評価

    3.33
    • ほこりの落としやすさ: 3.5
    • 使い勝手のよさ: 3.0
    • 生地へのやさしさ: 3.5

    やや持ち手が細く、硬めだがホコリを落としやすい

    日本シール社が1959年に販売してから一切のフォルムチェンジを行っていない、ロングセラー商品の「エチケットブラシ 回転式」。検証の結果、ホコリの取りやすさ・使い勝手の良さ・生地へのやさしさのすべての結果が平均的な商品となりましたが、ブラシ面は程よくカーブしており、掃除したホコリを剥がしやすいです。


    ブラシが回転するタイプで、45度回転をさせることで別方向へのブラッシング可能。肝心のブラシ面の角度を変える際、少し硬く方向を変えにくいので使い始めのころは少しコツが必要になります。使い勝手のよさの検証では持ち手の部分がやや細めで硬く、持ちにくい点がマイナスポイントとなりました

    本体重量約80g
    本体サイズ約6cm×26.3cm×4.5cm
    形状エチケットブラシタイプ
    機能回転式
    携帯性-
    水洗い-
    No.10

    日本シールエチケットブラシ ポケット型

    248円(税込)

    総合評価

    3.15
    • ほこりの落としやすさ: 3.5
    • 使い勝手のよさ: 3.0
    • 生地へのやさしさ: 3.0

    全商品中最もコンパクト。ただし指が太い方には不向き

    重さ10gと全商品のなかで最も軽量の日本シール社のポケット型エチケットブラシ。ほぼ重みを感じないため、普段どうしても荷物が多くなってしまう方にすすめられます


    手のひらサイズですが携帯型のなかで最もブラシ面が大きく、据え置きタイプと比べるとホコリが取れる量は少ないものの、比較的ホコリを落としやすい商品。なお、厚さも1cm未満とかなり薄型で柔らかく、付着したホコリも取り除きやすい印象でした。しかし、指を入れる隙間が少し狭いので、指が太めの方は窮屈に感じてしまうかもしれませんまた、生地へのやさしさの検証結果では、ブラシタイプのなかでは比較的毛羽立ちが目立つ点がややマイナス評価になっています。

    本体重量約10g
    本体サイズ幅約6.9cm×奥行9.5cm
    形状エチケットブラシタイプ
    機能-
    携帯性
    水洗い-
    No.11

    ニトムズコロコロ ミニ 洋服用

    576円(税込)

    総合評価

    3.10
    • ほこりの落としやすさ: 4.5
    • 使い勝手のよさ: 3.5
    • 生地へのやさしさ: 1.5

    小型で使いやすいサイズ感。しかし毛羽立ちが目立つ

    据え置き型の粘着シートタイプのなかでは、最もテープ面が小さめのニトムズ「コロコロ ミニ洋服用」。ケースに衣類マークがついており、カーペット類の粘着クリーナーとひと目で見分けがつくため、カーペット用の粘着シートを使用している方でも混同せずに収納可能です。


    パカっと開くタイプのケースは開けやすく、片手でも開けることが可能。粘着面が小さめなので、その分収納ケースも小さく、収納場所を選ばないのがうれしいポイントです。広範囲にわたってホコリを一気に取ることが可能ですが、検証では衣類の繊維まで取ってしまうため、毛羽立ちが目立つという結果になりました。

    本体重量約200g
    本体サイズ約10.8cm×19.9cm×10.8cm テープ幅:8cm
    形状粘着シートタイプ
    機能-
    携帯性-
    水洗い-
    No.12

    ニトムズコロコロ スマート 洋服用

    262円(税込)

    総合評価

    3.10
    • ほこりの落としやすさ: 4.5
    • 使い勝手のよさ: 3.5
    • 生地へのやさしさ: 1.5

    使いやすい工夫はあるものの、生地が毛羽立つのが難点

    ニトムズの据え置き型の粘着シートタイプ「コロコロ スマート」は、軽くテープが勢いよく回転するため、ささっとホコリを取ることが可能。掃除の時間をあまり取りたくない人にすすめられる商品です。


    持ち手の先にフック穴がある点や、持ち手のカーブの形が使いやすさの点で高評価につながりました。粘着シートタイプは両手で開けるタイプのケースに入っていることが多いですが、ちらの商品はカポッとシート面にケースをはめ込むだけで済むので、両手でケースを開けるのが煩わしいと感じている人にぴったりです。しかし、粘着テープタイプなので生地へのダメージは大きめです。

    本体重量約113g
    本体サイズ約6.5×24.5×6.5cm
    形状粘着シートタイプ
    機能-
    携帯性-
    水洗い-
    No.13

    ニトリコロコロ衣類クリーナー

    407円(税込)

    総合評価

    2.85
    • ほこりの落としやすさ: 2.5
    • 使い勝手のよさ: 4.5
    • 生地へのやさしさ: 1.5

    持ちやすいつくりではあるが、生地へのダメージは大きい

    家具や日用品などを幅広く取り扱うインテリアメーカーの「ニトリ」から発売されている、粘着シートタイプの携帯用ホコリ取り。


    持ち手部分を折り畳むことで、据え置きタイプのようにしっかりと持ち手部分を握ることができるのが魅力です。携帯タイプのなかでは厚みがありやや大きめ。そのため、バッグの中でものを見失いがちな方におすすめです。小さめバッグなら、もう一回り小さいタイプがよいでしょう。一方、携帯タイプのため、面が小さく大量のホコリを取るのには不向き。また、シートの粘着力が比較的強めで、生地もかなり毛羽立ちが目立ってしまいました


    本体重量約60g
    本体サイズ約4cm×9.3cm×4.2cm
    形状粘着シートタイプ
    機能-
    携帯性
    水洗い-
    No.14

    スリーエムジャパンペタコロ粘着クリーナー 衣類用

    259円(税込)

    総合評価

    2.83
    • ほこりの落としやすさ: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 2.5
    • 生地へのやさしさ: 3.0

    テープが軽く使いやすい。一方、使用時の音が気になる

    米国に本拠地を置く、世界的な化学・電気素材メーカー3M Company(スリーエム)が展開するブランド「スコッチ・ブライト」から発売されている、粘着シートタイプの洋服用ホコリ取りです。


    粘着シートタイプのなかでは、衣類への刺激は比較的弱め使用する際に笛のような空気音が鳴るといったほかの商品にはない特徴がありました。数回程度なら気にならないものの、連続使用の際には若干のストレスに感じてしまう可能性も否めません。またケースが付属していないため、収納時に剥き出しになってしまう点などが使用感の面で減点評価になっています。

    本体重量約88g
    本体サイズ約8cm×25cm×6.5cm
    形状粘着シートタイプ
    機能-
    携帯性-
    水洗い-
    No.15

    無限にほこりを取り続けられる洋服用ブラシ【大小セット】

    1,580円(税込)

    総合評価

    2.78
    • ほこりの落としやすさ: 4.0
    • 使い勝手のよさ: 1.0
    • 生地へのやさしさ: 3.5

    ブラシ面が大きく掃除しやすいが、重さがやや気になる

    大小ふたつのサイズがセットとなった、エチケットブラシタイプの商品。大サイズはブラシ面が非常に大きいため、まとめて掃除する際に適しています。


    しかし、持ち手の部分にホコリをかける方向の矢印などが記されておらず、ひと目で判断できないのが不便です。また、大サイズは大きい分、多少重さを感じます。連続して使用する際は疲れを感じてしまう可能性がありますので、掃除をしたい衣類のサイズや量に応じて大サイズと小サイズを使い分けるのがよいでしょう。


    ※生地へのやさしさの検証には、大サイズを使用しています。

    本体重量大:約245g 小:約72g
    本体サイズ大:約7.6cm×33cm×5cm 小:約6cm×13.4cm×3cm
    形状エチケットブラシタイプ
    機能-
    携帯性-
    水洗い-
    No.16

    良品計画携帯用衣類クリーナー

    390円(税込)

    総合評価

    2.68
    • ほこりの落としやすさ: 2.5
    • 使い勝手のよさ: 3.0
    • 生地へのやさしさ: 2.5

    コンパクトで持ち運びやすい。しかし持ちにくさが難点

    持ち運びに特化した無印良品の携帯用粘着シートタイプ。非常にコンパクトで誰でも使いやすいシンプルなデザインが高評価を獲得しました。


    一方でシート面が小さく、大量のホコリを取るのには不向き。また持ち手が非常に薄くて小さく持ちにくいため、総合評価は伸びませんでした。短時間の使用や狭範囲のホコリ取りに使用するのがよいでしょう。

    本体重量約40g
    本体サイズ直径約2.6cm×高さ11.5cm
    形状粘着シートタイプ
    機能-
    携帯性-
    水洗い-
    No.17

    エコー金属繰り返し使える携帯粘着クリーナー

    499円(税込)

    総合評価

    2.65
    • ほこりの落としやすさ: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 1.0
    • 生地へのやさしさ: 4.0

    繰り返し使える利点もあるが、やや手入れがしにくい

    粘着ゲルのクリーナーで、水洗可能な携帯タイプです。こちらはコンパクトながらしっかりとホコリを吸着してくれるので、ブラシ・シートタイプ以外の携帯用ホコリ取りを探している方には向いているでしょう。


    手入れの際はゴミを触って洗い流す必要があり、ややコツが必要な点が使い勝手のよさの検証でマイナス評価になりました。

    本体重量約28g
    本体サイズ約10.2cm×3cm
    形状粘着シートタイプ
    機能-
    携帯性
    水洗い
    No.18

    ニトムズコロコロ コロフル モバイル

    200円(税込)

    総合評価

    2.65
    • ほこりの落としやすさ: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 3.0
    • 生地へのやさしさ: 2.0

    生地ダメージは大きめ。部分的な掃除をしたい方に

    ニトムズの携帯用粘着シートタイプ「コロフル モバイル」は、部分的な掃除が得意な携帯特化型タイプ。ホコリは落としやすいものの、携帯タイプなので面が小さく検証ではホコリを取りきれませんでした。


    さらに、持ち手部分が非常に小さいため、広い面積のホコリを一気に取りたい方には不向き。外出時にささっと部分的に使用したい方にはすすめられる商品です。

    本体重量約39g
    本体サイズ約2.6cm×11.7cm×2.6cm
    形状粘着シートタイプ
    機能-
    携帯性
    水洗い-
    No.19

    貝印エチケットブラシ

    389円(税込)

    総合評価

    2.30
    • ほこりの落としやすさ: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 1.0
    • 生地へのやさしさ: 3.0

    ブラシ部分が平たく、持ちづらい点で大きくマイナス

    コンパクトなミラー付きのエチケットブラシタイプで、洋服をきれいにしつつ、自身の身だしなみチェックもできる貝印の「エチケットブラシ」。


    ホコリの落としやすさの検証では、セーター以外の素材は比較的落としやすかったものの、使用感の面ではブラシ部分が平たく、持ちにくさがマイナスとなりました。携帯用として持ち歩くにしてもやや使いづらい印象です。

    本体重量約27g
    本体サイズ約6.5cm×17cm×0.5cm
    形状エチケットブラシタイプ
    機能ミラー付き
    携帯性
    水洗い-
    No.20

    カインズ携帯洋服クリーナー

    128円(税込)

    総合評価

    2.28
    • ほこりの落としやすさ: 3.5
    • 使い勝手のよさ: 1.0
    • 生地へのやさしさ: 2.5

    折り畳み可能だが、フタが閉まらず低評価。持ち運びに不便

    ホームセンターCAINS(カインズ)のプライベートブランド商品で、折りたたみの携帯可能なエチケットブラシタイプ。


    今回検証で使用した商品は、持ち手の部分が少しゆるく、ブラシ部分の端を持ってブラッシングするなど若干コツがいる使用感でした。また、生地への優しさ検証の結果も、毛羽立ちが生じてしまい低評価になりました。

    本体重量約39g
    本体サイズ約5cm×25cm×4cm
    形状エチケットブラシタイプ
    機能ダストボックス付き
    携帯性
    水洗い-

    人気洋服用ホコリ取りの検証結果比較表

    洋服をホコリから守るふたつの予防法とは

    洋服をホコリから守るふたつの予防法とは

    大切な衣類をホコリから守るためには、予防も効果的です。たとえば、衣類の収納時に使用する衣服カバーは、ほかの衣類との摩擦を防ぎ、ホコリの付着を防いでくれます。ほかにも、静電気を防止する衣類用の静電気防止スプレーも効果的ですよ。


    また、どうしても冬場の静電気が耐えられない、ホコリを取るのが煩わしいといった方には、静電気の発生しづらい素材の組み合わせを試してみてはいかがでしょうか。繊維はプラスに帯電しやすい素材とマイナスに帯電しやすい素材があり、プラスに帯電しやすい素材とマイナスに帯電しやすい素材を重ね着すると静電気が発生しやすくなってしまいます。すべて同じ素材の衣類で揃えるか、プラス・マイナスそれぞれに帯電しやすい素材同士を組み合わせるようにするとよいでしょう。


    特に冬の時期などは空気が乾燥し、さらに服を重ね着するので、摩擦による静電気が発生しやすくなります。コートの毛質にあわせて中の衣服を調整したり、外出前には必ず静電気防止スプレー使用するなど、煩わしい静電気から逃れられるような対策をしましょう。


    洋服用ホコリ取りの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、洋服用ホコリ取りのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下から確認してください。

    文:島津羽菜、写真:三浦 晃一

    ランキング作成日:2020年6月8日

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す