• ダンスシューズのおすすめ人気ランキング10選【フラメンコ・バレエ用・スニーカータイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ダンスシューズのおすすめ人気ランキング10選【フラメンコ・バレエ用・スニーカータイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ダンスシューズのおすすめ人気ランキング10選【フラメンコ・バレエ用・スニーカータイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ダンスシューズのおすすめ人気ランキング10選【フラメンコ・バレエ用・スニーカータイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ダンスシューズのおすすめ人気ランキング10選【フラメンコ・バレエ用・スニーカータイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

ダンスシューズのおすすめ人気ランキング10選【フラメンコ・バレエ用・スニーカータイプも!】

ダンスを楽しむ際の必需品であるダンスシューズ。ご自身に合ったシューズを選んでいますか?靴選びはその後の上達を左右すると言われるほど重要です。でも、アディダスやナイキなど多くのブランドから発売されていて迷ったり、ランニングシューズでの代用は?と悩んでいる方も多いと思います。


今回はそんなダンスシューズの選び方と、人気商品もランキング形式でご紹介していきます。ぜひ、技術も気分も上がるお気に入りの1足を見つけてくださいね。

  • 最終更新日:2019年05月22日
  • 745  views
目次

ダンスシューズの選び方

まずは、ダンスシューズを選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

ダンスのジャンルでシューズタイプを選ぶ

一言にダンスといっても、ヒップホップや社交ダンス、バレエ、ジャズなど様々な種類がありますよね。ダンスによって体の動きが大きく異なるため、シューズにもそれぞれの動きに合った機能や設計が必要とされます。ご自身のダンスにはどんなシューズが求められるのか、確認してみて下さいね。

社交ダンスやフラメンコを踊る女性はヒールタイプが〇

社交ダンスやフラメンコを踊る女性はヒールタイプが〇

ドレスなど女性らしさを強調した衣装を身に着ける社交ダンスやフラメンコでは、ヒールタイプの専用シューズを使用します。


社交ダンスの靴は2種類あり、つま先の覆われたパンプスタイプはスタンダード種目、つま先部分が開いたサンダルタイプはラテン種目で使用されます。シンプルなものからゴージャスなものまでデザインも豊富。ご自身がより魅力的に見える1足が見つかるはずですよ。


靴底に音を打ち鳴らすための釘が打ち付けてあるフラメンコ用シューズでは、パンプスタイプが一般的。初級用・セミプロ用・プロ用と3つのグレードがあり、上級になるほど値段も高くなります。始めたいけれど長く続くかわからない…という方は安価な初級用から用意してみると良いでしょう。


どちらのダンスも普段使いのパンプスやサンダルでは代用できません。思うように動けないだけでなく、足を痛めてケガにつながる可能性もあります。必ず各ダンスの専用シューズを選んでくださいね。

バレエやタップダンスも専用シューズが必須

バレエやタップダンスも専用シューズが必須

バレエやタップダンスも、つま先立ちやタップなど独特の動きを行うため、専用のシューズが不可欠です。


バレエシューズは主に布タイプ・全皮タイプ・前皮タイプの3種類となりますが、これからバレエを始めるという方には布タイプがおすすめ。バレエ専用スタジオ以外の床でも使用することができ、初心者からプロまで幅広いダンサーに人気があります。


靴底の、つま先とかかと部分に音を鳴らすための金属製タップスがついているのが、タップシューズの専用シューズ。普通の靴に自分で付けることもできますが、踊りにくく悪い癖がついてしまう可能性があります。初心者の方は始めからタップスのついたシューズを選ぶのが良いでしょう。

ダンススニーカーは幅広いダンスに対応

ダンススニーカーは幅広いダンスに対応

出典:amazon.co.jp

スニーカータイプのダンスシューズは、ヒップホップやジャズ、社交ダンス、ラテン系、ストリート系等、幅広いジャンルのダンスに対応できるのが魅力。普段の靴とあまり変わらない形状・履き心地で、デザインも豊富です。


とはいえ、ダンスに日常用のスニーカーやランニングシューズを使用するのはNG。ランニングシューズは基本的に前方向への動きを想定した作りになっており、ダンスでよくある横方向や瞬発的な体重移動、ひねりなどに適した設計になっていません。


また靴底についても、通常のスニーカーは1つにつながっていますが、ダンススニーカーは2つに分かれたスプリットソールが一般的です。これによりフィット感が向上、ダンスに必要な動きを楽にできるよう工夫されています。必ずダンス用のスニーカーを選ぶようにしましょう。

用途によってソール(底)を選ぶ

ダンスシューズを選ぶ際にはソール(靴底)にも気を使ってあげると、より動きやすくケガの防止にもなりますよ。用途ごとにどんなソールが適しているのか、ポイントをご紹介していきます。

重心の移動や踏み込みのしやすさを重視するならゴム底を

重心の移動や踏み込みのしやすさを重視するならゴム底を

ゴムのソールは滑りにくく踏ん張りがきくため、重心の移動や踏み込みのしやすさを重視したい方におすすめ。ダンススニーカーは主にこのゴム底が採用されていますが、一部のダンスには後述の革底でしか踊れないものもあるため、ダンスのジャンルによって選ぶことも大切です。


ジャズではピルエット(ターン)の動きをよく取るため、ゴム底ではやりにくいと思われるかもしれません。しかし初心者の方はまだ体幹ができておらず、体をしめて立つことが困難な場合が多いので、ゴム底からスタートすると安心ですよ。

スライドやターンの多いダンスなら革底

スライドやターンの多いダンスなら革底

革底はゴム底に比べて滑りやすいため、サルサや社交ダンスといったスライド・ターンの多いダンスを踊る方に最適なタイプです。


ただし革底は滑りやすく動きやすい反面、ダンスの体幹がある上級者でないと、体をピタっと止めることができません。ゴム底でも踊れるジャンルのダンスであれば、初心者の方はまずゴム底のシューズから始め、基礎を固めることが上達への近道ですよ。

安定感ならフルソール!ジャズやバレエの方はソールタイプも重要

安定感ならフルソール!ジャズやバレエの方はソールタイプも重要

ジャズやバレエを踊る方は、ソールタイプ(フルソール・スプリットソール)の違いも押さえておきましょう。


ソールが1つにつながっているフルソールは安定感があり、お子さまや初心者の方におすすめのタイプです。特にバレエでは、程よい抵抗感のあるフルソールの方が、効率よく足裏を鍛えることができますよ。


一方でスプリットソールとは、ソール部分が2つに分かれているタイプのことです。スプリットソールはフィット感に優れており、足先の動きが楽な点がポイントです。ジャズではこのスプリットソールが主流ですが、お子さまなど安定感を求める方はフルソールを選ぶこともあります。

大事なのは踊りやすさ?カッコよさ?カットタイプにも注目

ダンススニーカーやジャズ専用シューズを使用する方は、カットタイプ(ハイカット・ローカット)の違いにも注目してみましょう。

踊りやすいローカットは初心者におすすめ

足首が自由に動くローカットはつま先や甲も伸ばしやすいため、初心者の方におすすめです。比較的軽いシューズが多く足にフィットしやすいので、踊りやすさを重視したい方はこちらを選びましょう。

ハイカットは足首の安定感抜群!ダンススニーカーならクールにキマる

ハイカットは足首の安定感抜群!ダンススニーカーならクールにキマる

足首がグラグラしがちで安定感が欲しいという方には、ハイカットタイプがおすすめ。ハイカットタイプは足首周りまで高さがあり、ホールド力も高いのが特徴です。


また、ダンススニーカーのハイカットタイプはデザイン性が高く、おしゃれ・カッコよさを重視したい方にも最適。鏡の前で練習することの多いダンスでは、映る自分がカッコよく見えることでモチベーションアップにもつながります。テンションが上がるかっこいい靴で踊りたい!という方は必見ですよ。


ただし、ハイカットタイプは足首の柔軟性がないことから、逆に踊りにくく感じる方や、靴擦れを起こしてしまう方もいます。いろいろな靴を試し、自分の足に負担の少ない一足を見つけることが大切です。

サイズ選びはジャストサイズを意識

サイズ選びはジャストサイズを意識

ダンスシューズのサイズ選びも普段の靴と変わらず、基本的にはジャストサイズを選べばOKです。大きすぎては安定感に欠けますし、小さすぎては必要以上に足に負担がかかり、痛めてしまう可能性があります。


ただし、厚めの靴下を履く方や足幅が広めの方、すぐにサイズが変わりやすいお子さまなどは少し大きめを選んだ方が良い場合もあります。逆に、革のものは履いているうちに伸びてくることがあるので、気持ち小さめを選ぶのがポイントです。


また、バレエやフラメンコではメーカーによってサイズや型が異なる場合があります。いずれのダンスでも、サイズが合わなかった場合に返品・交換ができるサービスがあるか事前に確認しておくことで、安心して購入することができますよ。

ダンスシューズのおすすめ人気ランキング10選

10位

OSUNA(オスーナ)入門用フラメンコシューズ

9,720円 (税込)

ジャンルフラメンコ
ソールタイプ/素材-/樹脂製
カットタイプ-
サイズ展開20.1~26.6cm
カラー1色
9位

マーティCapezio(カペジオ)タップシューズ

4,860円 (税込)

ジャンルタップダンス
ソールタイプ/素材-/ゴム
カットタイプ-
サイズ展開15.0~28.0cm
カラー1色
8位

松田商事レディースダンスシューズ

1,999円 (税込)

ジャンル社交ダンス・ラテン・ジャズ・チア
ソールタイプ/素材-
カットタイプローカット
サイズ展開20.0~26.0cm
カラー4色
7位

OHANAダンスバレエショップバレエシューズ

998円 (税込)

ジャンルバレエ・フラダンス
ソールタイプ/素材フルソール/天然皮革
カットタイプ-
サイズ展開16.0~25.0cm
カラー2色
6位
ジャンルジャズ・チア・その他
ソールタイプ/素材スプリットソール/ゴム(ポリウレタン)
カットタイプローカット
サイズ展開22.5~27.5cm
カラー2色
5位
ジャンル社交ダンス・モダン・ラテン
ソールタイプ/素材-
カットタイプ-
サイズ展開24.0~27.5cm
カラー2色
4位

Splenno(スプレンノ)ダンススニーカー

2,000円 (税込)

ジャンルヒップホップ ・チア・ジャズ・フィットネス・ラテン・ズンバ・タンゴ
ソールタイプ/素材スプリットソール/ウレタン(合成ゴム)
カットタイプローカット
サイズ展開22.0~25.5cm
カラー2色
3位

マーティCapezio(カペジオ) ジャズダンスシューズ

4,400円 (税込)

ジャンルジャズ・チア・コンテンポラリーダンス・モダンバレエ
ソールタイプ/素材スプリットソール/ゴム
カットタイプローカット
サイズ展開20.2~27.4cm
カラー2色
2位

Splenno(スプレンノ)ジャズダンスシューズ

2,000円 (税込)

ジャンルジャズ
ソールタイプ/素材スプリットソール/革(スウェード)
カットタイプハイカット・ローカット
サイズ展開22.0~25.0cm
カラー1色
1位

ROXY BLUEバレエシューズ

830円 (税込)

ジャンルバレエ
ソールタイプ/素材スプリットソール/牛革
カットタイプ-
サイズ展開17.0~27.0cm
カラー4色

人気ダンスシューズの比較一覧表

商品画像
1
ダンスシューズ ROXY BLUE バレエシューズ 1枚目

ROXY BLUE

2
ダンスシューズ Splenno(スプレンノ) ジャズダンスシューズ 1枚目

Splenno(スプレンノ)

3
ダンスシューズ マーティ Capezio(カペジオ) ジャズダンスシューズ 1枚目

マーティ

4
ダンスシューズ Splenno(スプレンノ) ダンススニーカー  1枚目

Splenno(スプレンノ)

5
ダンスシューズ Sansha ダンスシューズ 1枚目

Sansha

6
ダンスシューズ ZUM(スム) ダンススニーカー 1枚目

ZUM(スム)

7
ダンスシューズ OHANAダンスバレエショップ バレエシューズ 1枚目

OHANAダンスバレエショップ

8
ダンスシューズ 松田商事 レディースダンスシューズ 1枚目

松田商事

9
ダンスシューズ マーティ Capezio(カペジオ)タップシューズ 1枚目

マーティ

10
ダンスシューズ OSUNA(オスーナ) 入門用フラメンコシューズ  1枚目

OSUNA(オスーナ)

商品名

バレエシューズ

ジャズダンスシューズ

Capezio(カペジオ) ジャズダンスシューズ

ダンススニーカー

ダンスシューズ

ダンススニーカー

バレエシューズ

レディースダンスシューズ

Capezio(カペジオ)タップシューズ

入門用フラメンコシューズ

特徴幅広いサイズ展開で子どもから大人まで。男性サイズも取り...ハイカットは足首の安定感が〇傷つきにくくお手入れも簡単プロも愛用!足なじみの良い上質な牛革オールレザーコスパで選ぶならコレ!シルエットも美しいダンススニーカー高級感のあるクラシカルデザイン履いていることを忘れてしまう?!心地よいフィット感リーズナブルなのに丈夫!コスパ抜群のバレエシューズ柔らかく踊り心地も〇デザイン性の高いダンススニーカータップダンスを始める方に!優れた履き心地の入門シューズ初心者から中級者まで大満足の高スペックシューズ
価格830円(税込)2,000円(税込)4,400円(税込)2,000円(税込)1,488円(税込)5,980円(税込)998円(税込)1,999円(税込)4,860円(税込)9,720円(税込)
ジャンルバレエジャズジャズ・チア・コンテンポラリーダンス・モダンバレエヒップホップ ・チア・ジャズ・フィットネス・ラテン・ズンバ・タンゴ社交ダンス・モダン・ラテンジャズ・チア・その他バレエ・フラダンス社交ダンス・ラテン・ジャズ・チアタップダンスフラメンコ
ソールタイプ/素材スプリットソール/牛革スプリットソール/革(スウェード)スプリットソール/ゴムスプリットソール/ウレタン(合成ゴム)-スプリットソール/ゴム(ポリウレタン)フルソール/天然皮革--/ゴム-/樹脂製
カットタイプ-ハイカット・ローカットローカットローカット-ローカット-ローカット--
サイズ展開17.0~27.0cm22.0~25.0cm20.2~27.4cm22.0~25.5cm24.0~27.5cm22.5~27.5cm16.0~25.0cm20.0~26.0cm15.0~28.0cm20.1~26.6cm
カラー4色1色2色2色2色2色2色4色1色1色
商品リンク

ダンスシューズの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ダンスシューズのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

ダンスシューズのおすすめ人気ランキングは、いかがでしたか?


目的や動きに合ったシューズを選ぶことは、ケガの防止やダンスの上達に大きく関わってきます。また、気分の上がるデザインでモチベーションを高く維持することも大切なポイントですね。ぜひご紹介した内容を参考に、ダンスを楽しく、そして安全に続けていけるお気に入りの一足を見つけて下さいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す