• 面相筆のおすすめ人気ランキング10選【日本画に使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • 面相筆のおすすめ人気ランキング10選【日本画に使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • 面相筆のおすすめ人気ランキング10選【日本画に使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • 面相筆のおすすめ人気ランキング10選【日本画に使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • 面相筆のおすすめ人気ランキング10選【日本画に使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

面相筆のおすすめ人気ランキング10選【日本画に使いやすいのはどれ?】

細く繊細な線が描ける「面相筆」。日本画や絵手紙、写経をする人におすすめです。テン・イタチ・タヌキ・ネコなどの毛の種類もさまざまで、極細・超極細から太めのものまで、穂先も異なりますが、どのように選べばよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、面相筆の選び方を徹底解説。さらに、通販レビューでも評判の商品を人気ランキング形式で紹介していきます。名村大成堂・中里・サクラクレパスなど、有名メーカーの商品も勢揃い!細かい部分まで表現できる使いやすい面相筆を選んで、オリジナルなアート作品作りに取り組みましょう。

  • 最終更新日:2019年03月19日
  • 1,850  views
目次

面相筆でアートを楽しもう

面相筆でアートを楽しもう

「面相筆」とは、非常に細く鋭い穂先を持つ、日本の線描筆のこと。歌舞伎役者が眉や鼻梁を顔に入れるために使ったり、人形師が人形の面相を入れたりする際にも使われたのが、名前の由来です。


面相筆の穂の付け根は二段になっているのが一般的で、しっかり握って細かく穂先を動かせるのが特徴。髪の毛のような細い線から曲線まで自由自在に描けるため、人物の表情や動物の毛の柔らかさ、植物や風景の生き生きとした描写を再現できます

本来の日本画だけでなく、水彩画やデザイン画をはじめ、ボタニカルアート・コミック・絵手紙や写仏画など、幅広い作品に使えるのも、面相筆の魅力です。早速、使いやすい1本を手に入れて、繊細な表現描写や細部の彩色に活用しましょう!

面相筆の選び方

面相筆は、次のポイントに沿って選んでいきましょう。

画法やタッチにあわせて選ぼう

面相筆には、さまざまな種類の毛が使われています。毛の特徴によって描き味も違いますので、描きたい絵や使い方にあわせて選びましょう。

テン・イタチの毛は、オールマイティーに使える

テンやイタチのしっぽの毛で作られた筆は、軽く復元性も水含みも良い絵筆の定番。「セーブル筆」や「コリンスキー筆」とも呼ばれます。日本画から水彩画、墨絵や工芸まで使えるため、さまざまな用途に使用したい人におすすめ。使い勝手・耐久性とも良好で、初心者からプロまで幅広く使えます。


特にイタチはリーズナブルで品持ちが良く、面相筆の主流。値段によって品質の差が大きいため、口コミなどで硬さをチェックしておくと安心です。また、寒い地域で産出されたテンの毛は非常に弾力があり、絵筆に最適な素材。お値段は高めですが、アートから書画まで不動の人気があります。

タヌキの毛は、太い線や力強い文字を書くのにおすすめ

タヌキの毛は、太い線や力強い文字を書くのにおすすめ

出典:amazon.co.jp

タヌキの毛も、昔から絵筆に良く使われる素材。若干硬く、弾力が強い傾向があります。太い線を描くのに使われることが多く、筆先だけに力強さを出して強調したアートを描きたいときにおすすめです。絵と文字を一緒に描く、絵手紙を作る時にも重宝します。

黒か茶色の毛が一般的ですが、白色のタヌキの毛ほうがしなやか。その希少性からお値段は高いものの、水墨画でも独特の強弱をつけることができます。

ネコの毛は、柔らかな曲線や繊細な表現に最適

ネコの毛を使った面相筆は、非常に柔らかくて弾力があり、絵の具や水の含みの良さが◎。日本画の繊細さを表現したいときに最適です。


商品数は少ないですが、ウルシや金泥などの特殊な素材まで幅広く使えるため、高級志向のプロアーティストに人気。特に白ネコの毛を使った面相筆は、その使いやすさと美しさから最高級品に分類されています

人工毛はしっかりとした線描や彩色に。子供用やお試しにも◎

ナイロン毛を特殊加工してテンの質感を再現した「リセーブル筆」や、人工毛とウマやイタチなどの獣毛を混合した商品は適度にコシがあり、復元性にも優れているのが特徴。しっかりとした線描や彩色ができ、リーズナブルなのも魅力です。


水や絵具の汚れに強く、カビなどのリスクも少ないため、お手入れしやすいのも◎。耐久性も抜群です。子供の部活や趣味のアート、面相筆のお試し購入にもおすすめですよ。

使い方にあった穂の形状を選ぼう

筆の穂先のサイズは号数もしくは大・中・小で表示されますが、描く線の細さや絵の具の含みかげんを左右します。使う目的や用途に合っているか、次のポイントをチェックしましょう。

彩色に使うなら穂が太いものが◎

彩色に使うなら穂が太いものが◎

彩色やぼかしをメインに使うなら、号数の大きいものを選びましょう。素材の違いはあれど、穂が太い方が含みが良くなります。いちいちパレットから絵の具をつけたさなくても、広範囲を一度に塗れるため、作業がスピーディーに進みますよ。


穂先の太さは0号が1.5㎜、1号が2.0㎜、2号が2.5㎜、3号が3.0㎜、4号が3.5㎜、5号が4.0㎜、6号が5.0㎜、7号が5.5㎜、8号が6.0㎜が目安。号数に従って太くなりますが、メーカーによってサイズのバラつきがあるので、購入前に確認をしておくと安心です。

細い線描には穂先が長いものがおすすめ

細い線描には穂先が長いものがおすすめ
逆に、細い線描をメインに使うときは、穂の長い筆を選びましょう。穂の長さは0号が9.5㎜、1号が10.5㎜、2号が12.0㎜、3号が15.0㎜、4号が17.0㎜、5号が21.0㎜、6号が25.0㎜、7号が27.0㎜、8号が30.0㎜が目安。なかには、描画重視でさらに穂先を細長く、鋭く整えた商品もあります。

穂が長いとそのぶん絵具の含みも良いですが、ぬけが悪く広範囲な色塗りで疲れてしまうことも。使い方に適した穂先を厳選してくださいね。

絵具の濃度にあった使いやすい軸を選ぼう

絵具の濃度にあった使いやすい軸を選ぼう
筆の全長の大半を占める軸の太さや長さは、筆の操作性を左右します。そのため、絵具の濃度や絵の描き方にあわせて、使いやすい軸を選びましょう。一般的にサラサラとした墨・水彩絵の具を使う場合や、緻密画を描くのに向いているのは、穂先を細かく動かせる細くて軽い軸です。

一方、粘りのあるアクリル絵具や太い線を描く場合は、太くて短い軸が◎。軽い軸よりも安定感があって疲れません。軸が長いと筆先が見えにくいので、筆を立てて描く癖がある人や細い線や細かい部分の彩色をする場合も、軸が短いものを選ぶと安心ですよ。

面相筆の人気ランキング10選

それでは、面相筆の人気商品をランキング形式で紹介していきます。

10位

名村大成堂デザイン筆 タヌキ面相 極小

81346001

818円 (税込)

毛のタイプタヌキ
号数-(極小)
穂先の太さ1.2㎜
穂の長さ 13.5㎜
本体サイズ-
重量4.5g
9位
毛のタイプネコ
号数-(小)
穂先の太さ2㎜
穂の長さ 8㎜
本体サイズ-
重量-
8位
面相筆 名村大成堂 日本画筆 鼬毫面相 小 1枚目
出典:amazon.co.jp

名村大成堂日本画筆 鼬毫面相 小

81357002

1,450円 (税込)

毛のタイプイタチ・テン
号数-(小)
穂先の太さ2.1㎜
穂の長さ 16.5㎜
本体サイズ-
重量-
7位

ホルベイン優彩 鼬毫短穂面相 小

505074

1,125円 (税込)

毛のタイプイタチ
号数-(小)
穂先の太さ1.5㎜
穂の長さ 10.0㎜
本体サイズ-
重量-
6位
毛のタイプイタチ
号数-(中)
穂先の太さ3㎜
穂の長さ 15㎜
本体サイズ全長204×軸径6㎜
重量20g
5位

朱陽堂面想筆 コリンスキー面相 小

1,252円 (税込)

毛のタイプテン
号数-(小)
穂先の太さ1.5㎜
穂の長さ 16㎜
本体サイズ全長203×軸軽5㎜
重量-
4位
毛のタイプイタチ
号数-(小)
穂の太さ2.5㎜
穂の長さ 16㎜
本体サイズ-
重量-
3位
毛のタイプイタチ・人工毛(ナイロン)
号数-(小)
穂の太さ1.85㎜
穂の長さ 14㎜
本体サイズ-
重量-
2位
毛のタイプウマ・人工毛(PBT)
号数-(小)
穂の太さ-
穂の長さ -
本体サイズ全長193㎜
重量-
1位
毛のタイプイタチ
号数1号
穂の太さ1.8㎜
穂の長さ 12.0㎜
本体サイズ軸長190×軸径4.5㎜
重量2.1g

人気面相筆の比較一覧表

商品画像
1
面相筆 墨運堂 面相筆 松 1号 1枚目

墨運堂

2
面相筆 サクラクレパス デザイン筆 面相筆 1枚目

サクラクレパス

3
面相筆 精雲堂 松花面相 小 1枚目

精雲堂

4
面相筆 中里 梅花面相 小 1枚目

中里

5
面相筆 朱陽堂 面想筆 コリンスキー面相 小 1枚目

朱陽堂

6
面相筆 アーテック 上品面相 中 1枚目

アーテック

7
面相筆 ホルベイン 優彩 鼬毫短穂面相 小 1枚目

ホルベイン

8
面相筆 名村大成堂 日本画筆 鼬毫面相 小 1枚目

名村大成堂

9
面相筆 中里 白玉 面相筆 小 1枚目

中里

10
面相筆 名村大成堂 デザイン筆 タヌキ面相 極小 1枚目

名村大成堂

商品名

面相筆 松 1号

デザイン筆 面相筆

松花面相 小

梅花面相 小

面想筆 コリンスキー面相 小

上品面相 中

優彩 鼬毫短穂面相 小

日本画筆 鼬毫面相 小

白玉 面相筆 小

デザイン筆 タヌキ面相 極小

特徴手元が見えて描きやすさが◎。軸の握り心地も良好コスパ良好で気兼ねなく使える面相筆描き心地・耐久性とも◎。漫画やイラストにもおすすめ緻密な作業向き。写仏画の繊細な表現にも使いやすい絵手紙に最適。先割れ少なく安心して使える筆先の動きが滑らか。アート初心者におすすめ穂先のまとまりが良好。細かい部分の彩色がしやすいしなやかで弾力のある筆先。ぬけの良さが◎白玉なのにリーズナブル。墨彩画におすすめ絵の具の含み具合も良好。力強い線が長く描ける
最安値
424
送料別
詳細を見る
要確認
394
送料要確認
詳細を見る
1,286
送料無料
詳細を見る
1,056
送料別
詳細を見る
479
送料別
詳細を見る
1,124
送料別
詳細を見る
1,342
送料要確認
詳細を見る
385
送料要確認
詳細を見る
707
送料要確認
詳細を見る
毛のタイプイタチウマ・人工毛(PBT)イタチ・人工毛(ナイロン)イタチテンイタチイタチイタチ・テンネコタヌキ
号数1号-(小)-(小)-(小)-(小)-(中)-(小)-(小)-(小)-(極小)
穂の太さ1.8㎜-1.85㎜2.5㎜1.5㎜3㎜1.5㎜2.1㎜2㎜1.2㎜
穂の長さ 12.0㎜-14㎜16㎜16㎜15㎜10.0㎜16.5㎜8㎜13.5㎜
本体サイズ軸長190×軸径4.5㎜全長193㎜--全長203×軸軽5㎜全長204×軸径6㎜----
重量2.1g----20g---4.5g
商品リンク

面相筆は幅広い用途に使えて便利

面相筆は幅広い用途に使えて便利

本来、面相筆は画材ですが、彩色・線描以外にもさまざまな用途に使えます。よく使われるのは、プラモデルの塗装や、フィギュアのカラーリング


丈夫でお手入れしやすい人工毛や、硬いウマ・タヌキの毛の面相筆を使えば、粘度のある塗装剤でも垂れずに塗りやすくなります。色残りもしにくく、いつもきれいに使えて便利です。


ほかにも、書道で小さな文字を書いたり、女性のメイク用の細筆として使ったりすることも可能。細かい作業が必要なときに重宝します。用途ごとに異なる面相筆を手に入れて、使い分けるのもおすすめですよ。

作品にあわせて日本画絵具も揃えよう

日本画の仕上りは、使う絵具によっても左右されます。岩絵具・水干絵具・顔彩など種類が多いため、自分が描きたい作品や技量にあわせて選ぶことが大事です。ぜひ、以下の記事も参考に、使いやすいものを手に入れてくださいね。

まとめ

面相筆のおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介しました。お気に入りの商品は見つかりましたか?

面相筆は商品によって使う向き・不向きがありますから、1本といわず2本、3本と選らんで、素敵な作品を完成させてください。絵筆は自分のイメージを紙の上に再現する、いわばアーティストの手足のようなアイテム。作品の仕上がりにダイレクトに影響を与えるので、使い勝手の良いものを選びましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す