• 水彩絵の具のおすすめ人気ランキング10選【種類と特徴を解説!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 水彩絵の具のおすすめ人気ランキング10選【種類と特徴を解説!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 水彩絵の具のおすすめ人気ランキング10選【種類と特徴を解説!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 水彩絵の具のおすすめ人気ランキング10選【種類と特徴を解説!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 水彩絵の具のおすすめ人気ランキング10選【種類と特徴を解説!】のアイキャッチ画像5枚目

水彩絵の具のおすすめ人気ランキング10選【種類と特徴を解説!】

絵を描く道具としてポピュラーな水彩絵の具は、初心者からプロまで多くの人に愛用されています。ホルベイン・Winsor&Newton・ぺんてる・サクラクレパスなどのメーカーから、さまざまな商品が販売されています。描きたい絵のイメージや使う技法によって、透明水彩・不透明水彩・チューブタイプ・固形タイプなど、選ぶ水彩絵の具は変わります。

今回は、そこで水彩絵の具の選び方とおすすめ商品をご紹介。手軽に始められるものからプロ仕様までいろいろなものを集めました。人気の絵手紙にも水彩絵の具はおすすめですよ。パレット式のケースセットなど携帯性の高いアイテムもありますので、ぜひチェックしてください。
  • 最終更新日:2019年07月07日
  • 92,748  views
目次

手軽に楽しめる水彩絵の具

手軽に楽しめる水彩絵の具
水彩絵の具は、顔料と粒子を接着する役割のある水溶性樹脂を練り合わせた絵の具です。形状はチューブタイプと固形タイプの2種類あり、固形タイプは半乾きの絵の具を固形状にしたパンカラーと、粉末にした絵の具を固形状にしたケーキカラーに分かれます。

また、透明水彩・不透明水彩・半透明水彩の3種類の絵の具があり、それぞれ発色や塗り方が異なり、いろいろな絵のタッチが楽しめます。


水で溶いて使うので、取扱いが楽なところもポイント。安価な商品も多いので、大人から子どもまで幅広い層に支持されています。

水彩絵の具の選び方

ここからは、水彩絵の具の選び方をご紹介します。描きたい絵のタッチや使用する場所によっても選び方が変わるので、ぜひ参考にしてください。

描きたいイメージに合わせて絵の具の透明度を選ぶ

水彩絵の具は、顔料と水溶性樹脂の割合で透明水彩・不透明水彩・半透明水彩に分かれます。ここでは、色の透明度などをご紹介しますので、描きたい絵のイメージに合わせて選びましょう。

透明水彩:淡い色合いや奥行のあるタッチが楽しめる。絵手紙におすすめ

透明水彩:淡い色合いや奥行のあるタッチが楽しめる。絵手紙におすすめ
透明水彩は、上から塗っても下の色が透けて見えるため、重ね塗りすることで奥行がでるところが特徴。パレットの上で色を混ぜるだけでなく、キャンパスや画用紙の上で重ね塗りすることでさまざまな表情を引き出せる絵の具です。

淡い色合いの「にじみ」や「ぼかし」などの技法を用いることで、繊細なタッチが楽しめるところが魅力。大人の習い事としても人気の、絵手紙や絵葉書などには透明水彩がおすすめです。


白を混ぜると不透明水彩のような雰囲気も楽しめるので、いろいろなタッチの着色を楽しみましょう。

不透明水彩:下の色が透けないから厚塗り可能。マットカラーのイラストにぴったり

不透明水彩:下の色が透けないから厚塗り可能。マットカラーのイラストにぴったり

水彩絵具といえば、淡い色合いが特徴の透明水彩のイメージが強めですが、不透明水彩は下の色が透けず紙の上で混ざりにくいため、濃い色合いのタッチが楽しめます。


ポスターカラーも不透明水彩の一種なので、ポスターカラーで塗ったイラストをイメージするとわかりやすいですよ。


また、透明水彩は薄い色から重ね塗りしていきますが、不透明水彩は濃い色の上から薄い色を塗ることも可能。失敗しても上から覆い隠せるので、やり直しもできます。


アクリル絵の具に近い使い方ですが、残念ながら乾くのに時間がかかるので厚塗りには少し時間が必要。しかし、他の画材に比べ比較的安価に手に入るので、手軽に厚みのある絵を描きたい方にはおすすめです。

半透明水彩:水加減で透明・不透明風の両方のタッチを楽しめる

半透明水彩:水加減で透明・不透明風の両方のタッチを楽しめる

出典:amazon.co.jp

半透明水彩は、水を混ぜる割合で、透明水彩・不透明水彩の両方のタッチを楽しめる絵の具です。一部メーカーでしか販売されていませんが、使い勝手がいいので学校用として指定がある場合も。

商品数が少ないのであまりメジャーではありませんが、いろいろなタッチを1種類の絵の具で試してみたい方にはおすすめです。

絵の具の形状は「描きたい絵のサイズ」「携帯性」で選ぶ

透明・不透明・半透明の発色のイメージがつかめたら、描きたいイメージや絵を描く場所に合わせて、パッケージのタイプを選びましょう。

広い範囲をむらなく塗るなら「チューブタイプ」。使用には水バケツが必要

広い範囲をむらなく塗るなら「チューブタイプ」。使用には水バケツが必要
チューブタイプの絵の具は、伸びがよく水分を調整する手間がかからないため、広い範囲を塗るのに適しています。そのため、大きなサイズの絵を描く方におすすめ。ただし、パレットや水バケツが必要なため、家で絵を描く方におすすめです。

もっとも普及している水彩絵の具のため、カラーバリエーションが豊富なところも魅力。パレット上で色を混ぜて好みの色を作れるのはもちろん、欲しい色が販売されていることも多いのでベストな色が単体で見つかりやすいのも魅力です。


また、扱いやすいのでお子さん用の絵の具としてもおすすめ。学校指定の絵の具もチューブタイプが主流です。また、透明・半透明・不透明と発色タイプも選べますよ。

発色性がよくプロにも人気の「パンカラー」。半乾きタイプで携帯性も◎

発色性がよくプロにも人気の「パンカラー」。半乾きタイプで携帯性も◎

出典:amazon.co.jp

パンカラーは透明水彩タイプの絵の具で、複数の色がセットになった商品がたくさん販売されています。半乾きの固形で携帯性が高く、屋外で絵を描く人に最適です。また、軸の部分に水を貯められる「水筆」を使えば、水バケツを用意しなくても手軽に着色できます。

固形の絵の具を溶かして使うため、広い範囲を塗るのには向きませんが、手軽に使えるのでポストカードサイズほどの絵には特におすすめ絵の具の色が劣化しにくいので、長く作品を楽しみたい方にもぴったりです。

カラーバリエーションは少なめですが、混ぜても美しい色が出せるようになっているのも魅力。発色もチューブタイプよりよく、プロや本格派の方にも人気です。

安価な乾燥タイプの固形「ケーキカラー」。透明・不透明水彩の両方から選べる

安価な乾燥タイプの固形「ケーキカラー」。透明・不透明水彩の両方から選べる

出典:amazon.co.jp

ケーキカラーは、乾燥させた絵の具を固形状にしたもので、水分を含ませた筆で色を溶いて使います。固形タイプで使いやすく持ち運ぶのにも便利。絵描きさんが出店しているイベントなどでも使われています。

また、透明・不透明の両方販売されているため、用途によって使い分けられるのも魅力。単品購入ができるので、よく使う色の補充や色の追加がしやすいため、描きたい絵に合わせて買い足せます。

また、素材は顔料がメインのためお子さんのお絵かき用にも最適。安価なので気軽に水彩絵の具に挑戦したい方にもおすすめです。

パレットや筆がセットになっていれば、より描絵が身近に!

パレットや筆がセットになっていれば、より描絵が身近に!

出典:amazon.co.jp

固形タイプの水彩絵の具には、パレット型のケースを使用した携帯性の高い商品が多く人気です。気軽に外出先で絵が描けるのはもちろん、整理整頓もしやすいので家での作業にも最適。中にはイーゼルになるものも販売されています。


また、単体で買い揃えるよりもセット品の方がお得な場合もあり、筆やスポンジが付属しているものも。チューブタイプも絵の具や水バケツをまとめて収納できるバッグ付きのセット商品があるので、小学校入学を期にそろえる場合はそちらも検討しましょう。

水彩絵の具の人気ランキング10選

ここからは、おすすめの水彩絵の具を人気順でご紹介します。気軽に楽しみたい方はもちろん、本格派向けの商品もラインナップされていますので、ぜひ参考にしてください。

10位

ホルベイン固形透明ケーキカラー 24色セット

C012

4,147円 (税込)

種類透明水彩
形状固形タイプ(ケーキカラー)
セット内容24色+チューブ入り白・パレット
9位

Winsor&Newtonコットマン ウォーターカラー ポケットボックスセット

2,032円 (税込)

種類透明水彩
形状固形タイプ(ハーフパン)
セット内容12色・筆・パレット
8位

ターレンス固形水彩絵の具 プチカラー 30色

NCW-30H

3,488円 (税込)

種類透明水彩
形状固形タイプ
セット内容12色・携帯筆・ミニ水筒・ミニ筆洗・スポンジ・パレット
7位

呉竹透明水彩セット フィス

KG301-1

1,771円 (税込)

種類透明水彩
形状固形タイプ
セット内容14色・水筆ぺん・ペン・パレット
6位

ターナー色彩専門家用透明水彩絵具 18色セット

WT00518C

2,469円 (税込)

種類透明水彩
形状チューブタイプ
セット内容18色(5ml)
5位

MeiLiang固体水彩絵具セット ブラシ付属

2,407円 (税込)

種類記載なし
形状固形タイプ
セット内容36色・パレット・筆
4位

ホルベイン固形水彩絵具 アーチストパンカラー 36色セット 樹脂ケース製

PN698

12,248円 (税込)

種類透明水彩
形状固形タイプ(パンカラー)
セット内容36色・筆・イーゼル・パレット
3位
種類半透明水彩
形状チューブタイプ
セット内容24色(5ml/本)
2位
種類透明水彩
形状チューブタイプ
セット内容24色(5ml/本)
1位

サクラクレパスマット水彩・ポリチューブ12色

MW12PR

706円 (税込)

種類半透明水彩
形状チューブタイプ
セット内容12色(12ml/本)

人気水彩絵の具の比較一覧表

商品画像
1
水彩絵具 サクラクレパス マット水彩・ポリチューブ12色

サクラクレパス

2
水彩絵具 ホルベイン 透明水彩絵具24色

ホルベイン

3
水彩絵具 ぺんてる エフ水彩24色

ぺんてる

4
水彩絵具 ホルベイン 固形水彩絵具 アーチストパンカラー 36色セット 樹脂ケース製 1枚目

ホルベイン

5
水彩絵具 MeiLiang 固体水彩絵具セット ブラシ付属 1枚目

MeiLiang

6
水彩絵具 ターナー色彩 専門家用透明水彩絵具 18色セット  1枚目

ターナー色彩

7
水彩絵具 呉竹 透明水彩セット フィス

呉竹

8
水彩絵具 ターレンス 固形水彩絵の具 プチカラー 30色

ターレンス

9
水彩絵具 Winsor&Newton コットマン ウォーターカラー ポケットボックスセット

Winsor&Newton

10
水彩絵具 ホルベイン 固形透明ケーキカラー 24色セット

ホルベイン

商品名

マット水彩・ポリチューブ12色

透明水彩絵具24色

エフ水彩24色

固形水彩絵具 アーチストパンカラー 36色セット 樹脂ケース製

固体水彩絵具セット ブラシ付属

専門家用透明水彩絵具 18色セット

透明水彩セット フィス

固形水彩絵の具 プチカラー 30色

コットマン ウォーターカラー ポケットボックスセット

固形透明ケーキカラー 24色セット

特徴水加減で透明水彩風・不透明水彩風の両方が楽しめる発色のよさで大人気!プロも愛用するホルベイン絵の具コスパに優れた安心の国産絵の具葉書サイズのイーゼル+パレットで携帯性◎高コスパ!パレット・筆付きの36色セット色の純粋さと透明感にこだわりあり!屋外で活躍するドローイングペン付きフルセット外出先でも多彩な色を楽しみたい方におすすめ驚くほどコンパクト!スマホサイズで携帯に便利発色のよさと持ち運びやすさで人気の商品
最安値
642
送料無料
詳細を見る
3,510
送料要確認
詳細を見る
1,010
送料無料
詳細を見る
10,980
送料無料
詳細を見る
2,199
送料無料
詳細を見る
2,222
送料無料
詳細を見る
1,771
送料別
詳細を見る
3,488
送料要確認
詳細を見る
2,020
送料無料
詳細を見る
3,987
送料要確認
詳細を見る
種類半透明水彩透明水彩半透明水彩透明水彩記載なし透明水彩透明水彩透明水彩透明水彩透明水彩
形状チューブタイプチューブタイプチューブタイプ固形タイプ(パンカラー)固形タイプチューブタイプ固形タイプ固形タイプ固形タイプ(ハーフパン)固形タイプ(ケーキカラー)
セット内容12色(12ml/本)24色(5ml/本)24色(5ml/本)36色・筆・イーゼル・パレット36色・パレット・筆18色(5ml)14色・水筆ぺん・ペン・パレット12色・携帯筆・ミニ水筒・ミニ筆洗・スポンジ・パレット12色・筆・パレット24色+チューブ入り白・パレット
商品リンク

水彩絵の具と一緒に用意したいアイテムはこちら

お気に入りの水彩絵の具を見つけたら、水彩画を楽しむために必要なアイテムもそろえましょう。以下の記事では、水彩紙やパレットの選び方とおすすめ商品をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

水彩絵の具の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、水彩絵の具のAmazon・Yahoo!ショッピング売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

水彩絵の具の選び方は、家で描くのか・外で描くのかだけでなく、仕上げる作品が大きいのか小さいのかでも異なってきます。自宅でゆっくりと落ち着いて描きたい方はチューブに入ったタイプを選んで、じっくり仕上げてみてもよさそうですね。

外に出向いて描くことが多い方は、固形タイプでパレットや水筆が一式揃っていると快適です。この記事を参考に、描くシーンに合わせて最適な水彩絵の具を選んでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す