• 固形燃料のおすすめ人気ランキング8選【アウトドアから非常用燃料にも】のアイキャッチ画像1枚目
  • 固形燃料のおすすめ人気ランキング8選【アウトドアから非常用燃料にも】のアイキャッチ画像2枚目
  • 固形燃料のおすすめ人気ランキング8選【アウトドアから非常用燃料にも】のアイキャッチ画像3枚目
  • 固形燃料のおすすめ人気ランキング8選【アウトドアから非常用燃料にも】のアイキャッチ画像4枚目
  • 固形燃料のおすすめ人気ランキング8選【アウトドアから非常用燃料にも】のアイキャッチ画像5枚目

固形燃料のおすすめ人気ランキング8選【アウトドアから非常用燃料にも】

飲食店や旅館などで、見かける機会の多い「固形燃料」。着火剤代わりになるので、火のない場所で炊飯したり、専用のコンロやストーブにセットすれば、焼肉や鍋にも使うことができます。軽くてコンパクトなので、アウトドアや災害時の非常用燃料にもおすすめです。しかし、いざ購入するとなると、種類やサイズもさまざまあるので、どの商品を選べばいいのか迷ってしまいますよね。


そこで、今回は固形燃料の選び方とおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。それぞれの特徴をチェックして、用途に合った使いやすい固形燃料を見つけましょう!

  • 最終更新日:2019年03月05日
  • 487  views
目次

固形燃料の選び方

はじめに、固形燃料の選び方のポイントを見ていきましょう。

シーンに合ったタイプを選ぶ

固形燃料には、主に形状の違いで4タイプに分かれます。シーンにそれぞれ合ったタイプを選びましょう。

アウトドアには、コンパクトな「タブレット」や「ゼリー」タイプ

アウトドアには、コンパクトな「タブレット」や「ゼリー」タイプ

出典:amazon.co.jp

アウトドアで使うなら、「タブレット」と「ゼリー」タイプがおすすめです。軽く、コンパクトなので、持ち運びに便利です。火力が強いので、水の沸騰や炊飯などにも使用できます。


ゼリータイプは、すすや臭いも少なく、使用した鍋などを洗う手間も省けて、アウトドアにぴったり!どちらのタイプも、火力が強い反面、燃焼時間はあまり長くないので、コトコトと煮込む料理には不向きです。

自宅での料理には、片付けやすい「卓上タイプ」

自宅での料理には、片付けやすい「卓上タイプ」

出典:amazon.co.jp

固形燃料を使って、自宅で料理するなら「卓上タイプ」を選びましょう。ロウソクのような形状で、使用後は、底の部分にあるアルミ箔を捨てるだけなので、片付けも楽チンです。コスパもよく、100円ショップなどでも購入することができます。


ほどよい火力で、熱しすぎる心配もありません。鍋をはじめ、バーニャカウダーやチーズフォンデュになどにもおすすめ!自宅にいながらにして、まるでお店で食べているような気分を味わうことができます。

保存性の高い「缶タイプ」は非常用に

保存性の高い「缶タイプ」は非常用に

出典:amazon.co.jp

非常用には、「缶入りタイプ」がおすすめです。アルコールやパラフィンなどが入っていて、開封しなければ半永久的に保存することができます。燃焼時間も長く、専用のストーブやコンロなくても使用することができます。


使い切りではなく、一度点火しても、缶の蓋を閉めることで複数回の使用が可能で、非常時の備蓄用としてもおすすめです。

何を料理する?燃焼時間もチェック!

各タイプともサイズによって、使用できる時間の目安となる燃料時間もそれぞれ異なります。忘れずに確認しておきましょう。

つくる料理に合った燃焼時間で選ぶ

つくる料理に合った燃焼時間で選ぶ

どんな料理を作るかによって、それに合った燃焼時間を選びましょう。燃焼時間の長さで選ぶなら、缶入りタイプがおすすめ!缶に入っているので、燃焼時間が長く、煮込み料理などにぴったりです。250gのもので、連続燃焼時間が120〜150分ともっとも長くなっています。


卓上タイプは、大きいサイズほど燃焼時間が長く、14~25分と商品によって差があります。土瓶蒸しやチーズフォンデュ鍋など温める程度のものなら、小さいサイズを、石焼や火の通りにくい具が入った鍋などには、大きいサイズを選びましょう。


タブレットとゼリータイプは、燃焼時間が5~10分程度と短いものが多く、ラーメンなど短時間の調理におすすめです。長時間使用する時は、ある程度個数が必要になります。

メニューが決まっていない時は、15分程度のものをチョイス

メニューが決まっていない時は、15分程度のものをチョイス

アウトドアで使用する際、特に何を作るか決まっていない時は、15分くらいの燃焼時間のものがおすすめです。15分あれば、お湯を沸かしたり、炊飯したりと大体のことは行なうことができます。


もし、料理の途中で消えてしまったら、新しいものを継ぎ足せばOK!また、野外での料理は使い勝手も異なるので、段取りが悪く、思った以上に時間が掛かってしまうこともあります。そういった場合に備えて、いくつか持って行くと安心です。

使用するコンロやストーブに合うサイズを選ぶ

使用するコンロやストーブに合うサイズを選ぶ

固形燃料は、使用するコンロやストーブに合ったサイズのものを選びましょう。コンロやストーブが固形燃料より小さすぎると、飛び火して火災の原因にもなります。ゼリータイプは、袋に入っていて、中にはサイズが大きいものもあるので注意しましょう。


また、小さい鍋などを使用すると、吹きこぼれたり、不完全燃焼になる可能性もあるので、具材などの量に合った鍋を使用するようにしましょう。

引火点が高ければ、安全に保管できる

引火点が高ければ、安全に保管できる
できるだけ、引火点が高いものがおすすめです。固形燃料は、製造過程で引火点が抑えられるので、カートリッジ式ガスなどに比べると安心して使用できますが、引火点が低すぎると、可燃性蒸気が発生して、常温でも引火してしまう可能性があります。

引火点が400℃と高いものであれば、自然発火や爆発の危険性もなく、安全に保管することができます。購入後は、直射日光や高温多湿の場所を避け、風通しのいい場所で保管するようにしましょう。

固形燃料の人気ランキング8選

ここからは、人気の固形燃料をランキング形式でご紹介します。

8位
固形燃料 Flamgo フラムゴ 1パック(21個入り) 1枚目
出典:amazon.co.jp

Flamgoフラムゴ 1パック(21個入り)

1,400円 (税込)

タイプタブレット
燃焼時間約15分/1個
サイズ
引火点
7位

永田金網製造パック入りゼリー状着火剤 燃太郎 5個パック

288円 (税込)

タイプゼリー
燃焼時間約12~16分/1袋
サイズ
引火点
6位
固形燃料 ホワイトプロダクト このままつかえる固形燃料400 1枚目
出典:amazon.co.jp

ホワイトプロダクトこのままつかえる固形燃料400

NO.20-A

972円 (税込)

タイプ
燃焼時間約1時間/1缶
サイズ127×55mm
引火点
5位
固形燃料 ニチネン パック燃料 着火剤 四角タイプ 1枚目
出典:amazon.co.jp

ニチネンパック燃料 着火剤 四角タイプ

qa100051

585円 (税込)

タイプゼリー
燃焼時間約20分30秒/1袋
サイズ
引火点
4位

NITINEN(ニチネン)屋外用トップ丸缶 600g

650円 (税込)

タイプ
燃焼時間約110分/1缶
サイズ13.9×7.5cm
引火点
3位
固形燃料 パール金属 卓上コンロ用カップ付固形燃料 30g×5個組 1枚目
出典:amazon.co.jp

パール金属卓上コンロ用カップ付固形燃料 30g×5個組

H-5735

256円 (税込)

タイプ卓上
燃焼時間約25分/1個
サイズ50×35mm
引火点
2位
固形燃料 エスビット 固形燃料ミリタリー 14g×6個組 1枚目
出典:amazon.co.jp

エスビット固形燃料ミリタリー 14g×6個組

ES11220000

443円 (税込)

タイプタブレット
燃焼時間約5分/1個
サイズ17×80×70mm
引火点400
1位
固形燃料 ニイタカ カエンニューエースE 25g×20個組 1枚目
出典:amazon.co.jp

ニイタカカエンニューエースE 25g×20個組

633円 (税込)

タイプ卓上
燃焼時間約18分30秒〜約25分/1個
サイズ
引火点

人気固形燃料の比較一覧表

商品画像
1
固形燃料 ニイタカ カエンニューエースE 25g×20個組 1枚目

ニイタカ

2
固形燃料 エスビット 固形燃料ミリタリー 14g×6個組 1枚目

エスビット

3
固形燃料 パール金属 卓上コンロ用カップ付固形燃料 30g×5個組 1枚目

パール金属

4
固形燃料 NITINEN(ニチネン) 屋外用トップ丸缶 600g 1枚目

NITINEN(ニチネン)

5
固形燃料 ニチネン パック燃料 着火剤 四角タイプ 1枚目

ニチネン

6
固形燃料 ホワイトプロダクト このままつかえる固形燃料400 1枚目

ホワイトプロダクト

7
固形燃料 永田金網製造 パック入りゼリー状着火剤 燃太郎 5個パック 1枚目

永田金網製造

8
固形燃料 Flamgo フラムゴ 1パック(21個入り) 1枚目

Flamgo

商品名

カエンニューエースE 25g×20個組

固形燃料ミリタリー 14g×6個組

卓上コンロ用カップ付固形燃料 30g×5個組

屋外用トップ丸缶 600g

パック燃料 着火剤 四角タイプ

このままつかえる固形燃料400

パック入りゼリー状着火剤 燃太郎 5個パック

フラムゴ 1パック(21個入り)

特徴国内シェアNo1!安定した火力&燃焼時間をキープ耐久性◎キャンプファイヤーやバーベキューの火起こしにもレビュー評価高し!カップ付きで、自宅でも手軽に使える缶タイプ固形燃料のロングセラー商品安心&安全の日本製!片付けも楽々大容量サイズで、アウトドアや非常時にもおすすめ!袋のままOK!臭いや煙も気にならず安心着火も簡単なので初心者でも安心!取り出しやすさも◎
価格633円(税込)443円(税込)256円(税込)650円(税込)585円(税込)972円(税込)288円(税込)1,400円(税込)
タイプ卓上タブレット卓上ゼリーゼリータブレット
燃焼時間約18分30秒〜約25分/1個約5分/1個約25分/1個約110分/1缶約20分30秒/1袋約1時間/1缶約12~16分/1袋約15分/1個
サイズ17×80×70mm50×35mm13.9×7.5cm127×55mm
引火点400
商品リンク

固形燃料の使い方は、初心者でも意外と簡単!

固形燃料の使い方は、初心者でも意外と簡単!

出典:amazon.co.jp

固形燃料を始めて使う方は、うまく使えるか心配かもしれません。でも、実はとても簡単です。耐火性のある受け皿に乗せたり、専用コンロやストーブに入れて、指定の点火位置に火をつけるだけでOK!缶入りタイプは、蓋を外して内蓋をセットして使用するので、専用の台やコンロを使う必要はありません。


消火の方法も簡単で、使い切りの卓上タイプなら、燃焼時間が経過すれば自然に鎮火したり、酸素をなくすことで、使い切る前に消火できます。缶入りタイプは、付属の蓋を閉めるだけで消火が可能。市販の火消し蓋をかぶせて、消火することもできます。


卓上タイプやタブレットタイプを保存する際は、外気に触れないように密閉して、冷暗所で保存しましょう。ラップなどに包み、密閉できるファスナー付きの袋などに入れておくと安心です。缶入りタイプであれば、蓋が開いてしまっていないか、しっかりと確認しておくと良いでしょう。

あると便利なターボライターもチェック!

固形燃料に着火する際に、おすすめなのが「ターボライター」。火力が強く、風が吹いてもかき消されることなく、火をつけてくれます。以下の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

固形燃料の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、固形燃料のAmazon、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回ご紹介した固形燃料は、どれも簡単に使えるものばかり。商品の特徴と使用用途をしっかり確認して選べば、アウトドアではもちろん、自宅や非常用としても役立ちますよ。とはいえ、炎の取り扱いには細心の注意が求められます。正しく安全な使用を心掛けてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す