1. TOP
  2. >
  3. ホビー
  4. >
  5. 手芸用品・クラフト
  6. >
  7. チャコペンのおすすめ人気ランキング10選【鉛筆・マーカータイプも!】
  • チャコペンのおすすめ人気ランキング10選【鉛筆・マーカータイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • チャコペンのおすすめ人気ランキング10選【鉛筆・マーカータイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • チャコペンのおすすめ人気ランキング10選【鉛筆・マーカータイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • チャコペンのおすすめ人気ランキング10選【鉛筆・マーカータイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • チャコペンのおすすめ人気ランキング10選【鉛筆・マーカータイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

チャコペンのおすすめ人気ランキング10選【鉛筆・マーカータイプも!】

裁断前の生地の印付けに役立つ「チャコペン」。チャコペンでつけた印は落ちやすく、完成した作品の仕上がりに影響を与えないうえ、修正もしやすいのでとても便利です。洋裁や手芸が趣味の方なら、何本か揃えておきたいですよね。でも、一口にチャコペンといってもさまざまな種類があり、どれが自分の用途に適したものなのかは分かりにくいものです。


そこで今回の記事では、チャコペンの選び方とともに、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介。イレイザー付きのツインタイプや、細かな図案にぴったりのシャープペンタイプなども登場します。ハンドメイド好きの方は、必見ですよ!

  • 最終更新日:2020年09月10日
  • 41,880  views
目次

チャコペンの必要性。代用ではダメなの?

チャコペンの必要性。代用ではダメなの?

チャコペンについては、「わざわざチャコペンを用意しなくても、熱で消えるフリクションペンや、鉛筆などでも代用できるのでは?」というような意見も多く聞かれます。


たしかにアイロン等の熱をかければ色自体は消えますが、フリクションペンでは、透明なインク跡が布に残ってしまうことも。また、鉛筆については、消しゴムでこすって布を傷めてしまうことも少なくありません。


布に印付けをしたいなら、やはり専用のチャコペンを使うのがベストですよ!

チャコペンの選び方

人気商品をご紹介する前に、まずはチャコペンの選び方についてご説明します。店頭やネットショップでのアイテム選びに役立ててくださいね!

まずは種類をチェック!

チャコペンにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴や適した布地が異なります。それぞれの種類の特徴を知り、自分の用途に合ったチャコペンを選びましょう。

どんな生地でも見やすい「チョーク」タイプ

どんな生地でも見やすい「チョーク」タイプ

チョークタイプのチャコペンは、その名の通り、黒板用のチョークのような見た目・質感のもの。線の見やすさはチャコペンの中でもトップクラスです。生地を選ばず描くことができるのも大きなメリットですよ。


ただし、線が太くなりがちなので、細かい印はつけにくいというデメリットも。また、持ち運んだ際、砕けてしまいやすいといった面もありますので、注意しておきましょう。

一定の太さで描ける「シャープペンシル」タイプ

一定の太さで描ける「シャープペンシル」タイプ

シャープペンシルタイプのチャコペンは、常に一定の太さで描くことができ、削る必要もないのが大きなメリット。描き味は製品によってまちまちなため、口コミなどをチェックして、描きやすい芯を選ぶとよいでしょう。


芯が細く引っかかりやすいため、ウールやフェルトなどの目の粗い生地には不向き。目の詰まった生地だと線を引きやすいですよ。

生地を選ばず平均的に描きやすい「鉛筆」型

生地を選ばず平均的に描きやすい「鉛筆」型

生地を選ばず、平均的に描きやすいのが特徴の鉛筆タイプ。鉛筆と同じ構造になっているため、細く削って尖らせれば細い線を描くことも可能です。


チョークタイプのように全体が砕けてしまうことはないものの、衝撃には弱く、比較的芯が折れやすいという特徴もあります。持ち運びの際には、キャップをつけておきましょう。

「パウダー」タイプなら、フェルトにダメージを与えにくい

「パウダー」タイプなら、フェルトにダメージを与えにくい

パウダータイプは本体の中に粉末のチョークが入っており、先端のローラーからパウダーが出てくるという構造。この構造のため、芯が折れてしまうという心配が一切ないのが大きなメリットとなっています。


先端がローラーなので生地に負担がかかりにくく、フェルトにダメージを与えにくいのも嬉しいポイント。また、常に一定の細い線が描けるのも特徴です。ただしパウダーなので、線が見づらく感じられることもあります。

ぼやけずくっきりした線が描ける「マーカー」タイプ

ぼやけずくっきりした線が描ける「マーカー」タイプ

チャコペンのタイプとしては比較的新しい、マーカータイプ。他のチャコペンとは異なりインクを用いるため、ぼやけず、くっきりした線が描けるという特徴があります。芯の太さが一定なので、細かい印をつけるのにも適していますよ


ただし、生地によっては線が消えにくいことも。また、芯の太さは製品によってまちまちなので、あらかじめどの程度の太さなのかを確認しておくとよいでしょう。

印の消し方にも注目しておこう

チャコペンを購入する際には、印を消す方法もチェックするのがおすすめ。種類によって消し方も異なるので、しっかり押さえておきましょう。

時間経過・水で消える「定番」タイプ

時間経過・水で消える「定番」タイプ

一般的なチャコペンの場合、時間が経つと線が薄れていくタイプが多くなっています。特に筆圧が強いというわけでなければ、このタイプで十分でしょう。


時間の経過で消えるほか、水でも消せるので、線を修正したい時にもすぐ対応できますよ。

筆圧が強いなら、専用の消しペンで落とすタイプもおすすめ

筆圧が強いなら、専用の消しペンで落とすタイプもおすすめ

筆圧が強い方の場合、チャコペンの色がずっと生地に残ってしまうことがあります。


チャコペンの色が生地に残ってしまうことを避けたいなら、消しペンでなぞったり、専用の消しゴムなどで色を落とせるタイプを選ぶのがおすすめです。

チャコペンの色選びのポイントは?

チャコペンの色選びのポイントは?

チャコペンの色は、生地に合わせて選ぶのが大切。例えば、黒や紺などの濃い色の生地の場合には白や黄色のチャコペン、薄い色の生地には青やピンクなどのチャコペンを選ぶといった具合ですね。


はじめてチャコペンを購入するなら、まずは基本の白・ピンク・青の3色を揃えておくのがおすすめ。この3色があれば、さまざまな色の布に印が付けられますよ。基本色はセットで販売されていることも多いので、チェックしておくのもいいでしょう。

チャコペンのおすすめ人気ランキング10選

それでは、人気のチャコペンをランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年7月31日時点)をもとにして順位付けしました。

10位
種類マーカー(ボールペン)
消す方法時間経過(1~10日程度)
9位
種類マーカー
消す方法
8位
種類マーカー
消す方法
紫・青・ピンク
7位
種類マーカー
消す方法アイロン/水
6位
種類マーカー
消す方法時間経過/水/消しペン
ピンク(青・紫もあり)
5位
種類鉛筆
消す方法中性洗剤/洗濯石鹸
青(白・赤・黄もあり)
4位
種類マーカー
消す方法時間経過(1~14日)/水/イレーサー
紫/ピンク
3位
種類マーカー
消す方法
2位
種類マーカー
消す方法時間経過(48時間以上)/水/消しペン ※色によって異なる
紫/青/ピンク
1位
種類マーカー
消す方法時間経過(1~14日)/水/消しペン

人気チャコペンの比較一覧表

商品画像
1
チャコペン アドガー工業 チャコエースⅡ 1枚目

アドガー工業

2
チャコペン EsuonHappiness 水性チャコペン3色セット 消しペン付き 1枚目

EsuonHappiness

3
チャコペン レオニス 水で消えるチャコペン 1枚目

レオニス

4
チャコペン 袖山 チャコマスター 1枚目

袖山

5
チャコペン カワグチ チャコペン 1枚目

カワグチ

6
チャコペン clover(クロバー) 水性チャコペン 1枚目

clover(クロバー)

7
チャコペン Clover(クロバー) アイロンチャコペン 1枚目

Clover(クロバー)

8
チャコペン EsuonHappiness 水性 チャコペン 3色セット 1枚目

EsuonHappiness

9
チャコペン チャコペーパー チャコパー アーチスト 1枚目

チャコペーパー

10
チャコペン ベステック ソーライン 自然に消えるペン 1枚目

ベステック

商品名

チャコエースⅡ

水性チャコペン3色セット 消しペン付き

水で消えるチャコペン

チャコマスター

チャコペン

水性チャコペン

アイロンチャコペン

水性 チャコペン 3色セット

チャコパー アーチスト

ソーライン 自然に消えるペン

特徴2種類の太さを使い分け。色や消し方もいろいろ!3つの色と消し方で、用途に合わせて使い分け可能!濃くはっきりした色で印付けができる多素材に使いやすい縫製工場用のチャコペン生地を選ばない、スタンダードな鉛筆タイプ3種類の方法で消せるから用途に合わせやすいアイロンがけで線を消せる画期的なチャコペン3色セットでお買い得!いろいろな色の布に使いやすい細かな図案の描き込みにぴったりな極細タイプ最後までかすれずに描けるボールペンタイプ
最安値
240
送料別
詳細を見る
758
送料要確認
詳細を見る
990
送料別
詳細を見る
176
送料要確認
詳細を見る
158
送料別
詳細を見る
302
送料別
詳細を見る
430
送料要確認
詳細を見る
500
送料要確認
詳細を見る
397
送料要確認
詳細を見る
365
送料要確認
詳細を見る
種類マーカーマーカーマーカーマーカー鉛筆マーカーマーカーマーカーマーカーマーカー(ボールペン)
消す方法時間経過(1~14日)/水/消しペン時間経過(48時間以上)/水/消しペン ※色によって異なる時間経過(1~14日)/水/イレーサー中性洗剤/洗濯石鹸時間経過/水/消しペンアイロン/水時間経過(1~10日程度)
紫/青/ピンク紫/ピンク青(白・赤・黄もあり)ピンク(青・紫もあり)紫・青・ピンク
商品リンク

よりきれいな仕上がりを目指すなら専用アイロンを!

作品をより美しく仕上げるためには、作業中のこまめなアイロンがけも欠かせません。ご家庭にあるアイロンでも作業自体は可能ですが、小回りの利く手芸・洋裁用アイロンがあれば、ワンランク上の仕上がりを目指せますよ。ぜひ、以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回の記事では、おすすめのチャコペンについてご紹介しましたが、いかがでしたか?


さまざまなタイプのチャコペンを使い分ければ、洋裁がもっとラクに、そして楽しくなりますよ。今回の記事を参考に、使いやすいチャコペンを見つけてくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す