• 手芸用テグスのおすすめ人気ランキング8選【丈夫なナイロンから伸びるゴムタイプまで】のアイキャッチ画像1枚目
  • 手芸用テグスのおすすめ人気ランキング8選【丈夫なナイロンから伸びるゴムタイプまで】のアイキャッチ画像2枚目
  • 手芸用テグスのおすすめ人気ランキング8選【丈夫なナイロンから伸びるゴムタイプまで】のアイキャッチ画像3枚目
  • 手芸用テグスのおすすめ人気ランキング8選【丈夫なナイロンから伸びるゴムタイプまで】のアイキャッチ画像4枚目
  • 手芸用テグスのおすすめ人気ランキング8選【丈夫なナイロンから伸びるゴムタイプまで】のアイキャッチ画像5枚目

手芸用テグスのおすすめ人気ランキング8選【丈夫なナイロンから伸びるゴムタイプまで】

ビーズを使ったモチーフやアクセサリー作りに必須のアイテム、手芸用テグス。太さや材質が豊富で、作品によって使い分ける人も多いようです。でも、伸びるタイプや色付きのものなど、種類がたくさんありすぎてどれを選ぶべきか迷ってしまいまいますよね。


そこで今回は、手芸用テグスの選び方とおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。どんな作品に向いているのかや、選ぶときのポイントを分かりやすくご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 最終更新日:2019年04月26日
  • 1,869  views
目次

選ぶ前に知っておきたい、手芸用テグス2つのタイプ

選ぶ前に知っておきたい、手芸用テグス2つのタイプ

選び方をご紹介する前に、手芸用テグスのタイプについてご説明します。手芸用テグスには、伸びない「スタンダードなタイプ」と、伸びる「ゴムタイプ」がありますので、自分の用途に合うのはどちらかを、まずチェックしてください。


伸びない「スタンダードタイプ」は、ビーズモチーフやビーズステッチなど、編み込んで使う場合に便利。商品数が多くバリエーションが豊富なので、ビーズや作品に合わせて選べるのが魅力です。ただし、伸びないため、ネックレスなどのアクセサリーを作る際は、着脱のための連結パーツを併用する必要があります。


伸びる「ゴムタイプ」は、テグスの伸び縮みで着脱するアクセサリーに使われます。例えば、複雑な編み込みを必要としない、パワーストーンのブレスレットではこのタイプが主流です。ただし、0.5号以下などの細いものはあまりないので、中~大のパーツ向き。「大きめのパーツで、簡単なブレスレットを作りたい」という人は、迷わずこちらを選びましょう。

手芸用テグスの選び方

それでは、さっそく手芸用テグスの選び方を見ていきましょう。

伸びない「スタンダードタイプ」の選び方のポイントは?

伸びないテグスは、ビーズモチーフやビーズアクセサリーを作る際に大活躍します。「結びやすさ」や「モチーフの立ち上がり」をポイントに、選んでくださいね。

迷ったらナイロン素材を。結びやすくほどけにくいのが◎

迷ったらナイロン素材を。結びやすくほどけにくいのが◎
テグスは、素材によって結び目のほどけにくさが異なります。もっとも一般的な「ナイロン」は、柔らかく、ひっぱると少し伸びるため、結び目をしっかりと結束可能。ビーズクラフトにありがちな、「しっかり結んでも結び目が浮いてきてしまう」事態を防ぐことができ、作品作りに集中できますよ。

ただし、注意点として、ナイロンは長時間太陽光に当たると紫外線で劣化してしまいます。窓際の風鈴やモビールなど、太陽光によく当たる作品には、「フロロカーボン」や「ホンテロン」などの他の素材のテグスを使うのがベターです。


とはいえ、日常使いするアクセサリー程度であれば、紫外線劣化のデメリットは気にならないことがほとんど。それ以上に、「結び目がほどけにくい」ことは大きなメリットです。テグスの扱いに慣れていない初心者の人にも、おすすめですよ。

モチーフ・ビーズステッチには、硬め・ハリのあるものがおすすめ

モチーフ・ビーズステッチには、硬め・ハリのあるものがおすすめ

ビーズでモチーフを作ったり、ビーズステッチをするなら、硬めでハリのあるテグスがおすすめ。「形がなかなか整わない」、「ふにゃっとしてしまう」などの悩みがある人は、テグスを変えると解決することも多いです。目安として、「フロロカーボン」や「ホンテロン」素材を選ぶと失敗しにくいですよ。


フロロカーボン・ホンテロンは、あまり大きな使用感の違いはありませんが、ホンテロンの方がより仕上がりの「カッチリ感」が強いのが特徴です。そのため、ネックレスなど、肌に直接触れるものにはあまり向きません。そういった作品には、フロロカーボンか、ナイロンを使うようにしましょう。


なお、最近では、「形状保持」機能のある合成繊維テグスも販売されており、ビーズステッチで特に人気になっています。編んだ状態をテグスが保持してくれるので、途中で作業を中断することも簡単。作品の立体感もしっかりキープできるので、一般的な硬めのテグスで満足できなければ、こういった特殊なテグスを試してみても良いかもしれません。

伸びる「ゴムタイプ」は、2種類の材質から選ぼう

伸びるゴムタイプのテグスは、材質によって2種類に分けられます。切れにくさや、仕上がりの好みで選ぶのがポイントです。

急に切れるのを防ぎたいなら、オペロンゴム

急に切れるのを防ぎたいなら、オペロンゴム

ゴムタイプのテグスで人気の「オペロンゴム」は、極細繊維が束状になっており、柔らかくしなやかなのが特徴です。繊維が少しずつほころんで劣化するため、急に切れてしまう心配がないのが最大のポイント。


白色が一般的で、カラータイプもありますが、透明タイプは無いので注意しましょう。「透明でなくてもよい」、「急に切れるのを防ぎたい」という人は、オペロンゴムを選ぶと良いですよ。

透明感・カッチリした仕上がりを求めるなら、シリコンゴム

透明感・カッチリした仕上がりを求めるなら、シリコンゴム

透明な「シリコンゴム(別称アンタロンゴム)」は、テグスの色で作品の雰囲気を壊したくないときに最適。断面が丸く、レンズのような効果があるため、水晶など透明度の高い天然石とも相性抜群です。


硬めで弾力があるので、作品の仕上がりがカッチリと決まります。「作品をクリアにキレイに見せたい」、「硬めでしっかりした仕上がりが好み」という人は、検討してみてくださいね。

適正な号数・カラーを選んで、作品をもっと素敵に!

適正な号数・カラーを選んで、作品をもっと素敵に!
テグス選びでは、「太さ」と「カラー」も重要なポイント。しっかり吟味して選ぶことで、作品の印象まで違って見えますよ!

テグスの太さは、「号数」で確認し、通したい素材によって使い分けましょう。穴が大きい素材には、相応の太いテグスを使うことで、キレイで安定した仕上がりに。目安として、「丸小ビーズ」や「ソロバン型ビーズ」には2~3号、直径10mm以上の大きめのビーズには、8号程度を選ぶと良いですよ。


ただし、号数はあくまで「基準値」。商品や素材によって太さが異なる場合もあるので、「mm」での表記があれば、併せてチェックしておいてくださいね!


なお、4号以上は、カラーテグスも豊富。透明や淡色の素材を使う場合、透明なテグスだとかえって目立ってしまうことも。そんなときは、あえて素材と同系色のテグスを選んだり、テグスを差し色として使うのもおすすめですよ。作品の幅がぐんと広がるので、ぜひ試してみてくださいね。

手芸用テグス(スタンダードタイプ)の人気ランキング5選

ここからは、スタンダードな伸びないタイプの手芸用テグスの人気ランキングをご紹介します。その後で、伸びるゴムタイプのテグスのランキングも紹介しますので、用途に合わせてチェックしてくださいね。

5位

日本紐釦貿易ガラスビーズ用テグス

A10-6

778円 (税込)

材質フロロカーボン
結びやすさ
硬め・ハリ
号数2号
カラークリア
4位
材質合成繊維
結びやすさ
硬め・ハリ
号数0.8~1号相当(0.15mm)
カラークリア・スモークグレー
3位

装飾の西賀テグス【演出・装飾素材】

320円 (税込)

材質ホンテロン(ポリエステル)
結びやすさ
硬め・ハリ
号数3号
カラークリア
2位
材質ナイロン
結びやすさ
硬め・ハリ
号数3号
カラーピンク
1位
材質ナイロン
結びやすさ
硬め・ハリ
号数2号
カラークリア

人気手芸用テグス(スタンダードタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
手芸テグス TOHO テグス2号 1枚目

TOHO

2
手芸テグス SAJ オペロンゴム ブレスレット用 1枚目

SAJ

3
手芸テグス 装飾の西賀 テグス【演出・装飾素材】 1枚目

装飾の西賀

4
手芸テグス BEADSMITH ファイアーライン 1枚目

BEADSMITH

5
手芸テグス 日本紐釦貿易 ガラスビーズ用テグス 1枚目

日本紐釦貿易

商品名

テグス2号

オペロンゴム ブレスレット用

テグス【演出・装飾素材】

ファイアーライン

ガラスビーズ用テグス

特徴細くてもハリがあって丈夫。多用途に使用できるナイロンテグスしなやかで扱いやすい!10色展開とカラー豊富なのも◎丈夫でハリが強いのがポイント。吊り下げや立体作品に!ビーズステッチに最適!新素材テグスで作業がしやすい切れにくさが自慢。ガラスビーズのモチーフやアクセサリーに!
価格213円(税込)574円(税込)320円(税込)1,480円(税込)778円(税込)
材質ナイロンオペロンホンテロン(ポリエステル)合成繊維フロロカーボン
結びやすさ記載なし(0.8mm)
硬め・ハリイエロー・グリーン・ゴールド・パープル・ピンク・ブラウン・ブラック・ブルー・ホワイト・レッド
号数2号3号0.8~1号相当(0.15mm)2号
カラークリアクリアクリア・スモークグレークリア
商品リンク

手芸用テグス(ゴムタイプ)の人気ランキング3選

ここからは、伸びるゴムタイプの手芸用テグスのランキングをご紹介します。商品数は少ないものの、材質やカラーを選び分けることで、個性ある作品に仕上げることができますよ!

3位
手芸テグス ストーンショップPLUS オペロンゴム 水晶の線 1枚目
出典:amazon.co.jp

ストーンショップPLUSオペロンゴム 水晶の線

120円 (税込)

材質オペロン
号数記載なし(0.8mm)
カラーホワイト
2位
材質オペロン
号数記載なし(0.8mm)
カラーイエロー・グリーン・ゴールド・パープル・ピンク・ブラウン・ブラック・ブルー・ホワイト・レッド
1位

OVER-9シリコンゴム ブレスレット用 ゴム紐

220円 (税込)

材質シリコンゴム
号数ー(0.6mm)
カラークリア

人気手芸用テグス(ゴムタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
手芸テグス OVER-9 シリコンゴム ブレスレット用 ゴム紐 1枚目

OVER-9

2
手芸テグス TOHO カラーテグス 1枚目

TOHO

3
手芸テグス ストーンショップPLUS オペロンゴム 水晶の線 1枚目

ストーンショップPLUS

商品名

シリコンゴム ブレスレット用 ゴム紐

カラーテグス

オペロンゴム 水晶の線

特徴穴が小さめのパーツもOK!弾力がありキレイに仕上がる色付きでは珍しい3号!ピンク色の天然石との相性も◎切れにくく丈夫なオペロンゴム。パーツが滑りにくいのも◎
価格220円(税込)162円(税込)120円(税込)
材質シリコンゴムナイロンオペロン
号数ー(0.6mm)記載なし(0.8mm)
カラークリアホワイト
商品リンク

アクセサリー手づくりするなら、工具セットが便利!

ブレスレットやネックレスを手作りをするなら、使いやすい工具を揃えておきましょう。手早くできて、きれいに仕上がりますよ。初心者の方には、代表的な工具が揃った「工具セット」も便利。以下の記事では、その選び方のポイントや人気商品をご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

手芸用テグスの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、手芸用テグスのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回は、手芸用テグスの選び方と人気の商品ランキングをご紹介しました。使ってみたい商品は、見つかりましたか?テグスは作品の雰囲気に合わせて選び分けることで、手芸の幅がぐんと広がります。ぜひ、今回の選び方を参考に、自分の好みに合うテグスを見つけて、手芸をもっと楽しんでくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す