• 花粉皮膚炎用市販薬のおすすめ人気ランキング10選【症状に伴うかゆみ・かぶれ・湿疹対策に】のアイキャッチ画像1枚目
  • 花粉皮膚炎用市販薬のおすすめ人気ランキング10選【症状に伴うかゆみ・かぶれ・湿疹対策に】のアイキャッチ画像2枚目
  • 花粉皮膚炎用市販薬のおすすめ人気ランキング10選【症状に伴うかゆみ・かぶれ・湿疹対策に】のアイキャッチ画像3枚目
  • 花粉皮膚炎用市販薬のおすすめ人気ランキング10選【症状に伴うかゆみ・かぶれ・湿疹対策に】のアイキャッチ画像4枚目
  • 花粉皮膚炎用市販薬のおすすめ人気ランキング10選【症状に伴うかゆみ・かぶれ・湿疹対策に】のアイキャッチ画像5枚目

花粉皮膚炎用市販薬のおすすめ人気ランキング10選【症状に伴うかゆみ・かぶれ・湿疹対策に】

花粉症の時期に目や鼻の不快感だけではなく、頬などの痒みや赤みに悩まされる…。その症状、もしかしたら花粉皮膚炎かもしれません。症状が出た際には、専門機関で受診したり、時にはパッチテストなどをして原因を突き止めるのが一番ですが、市販の薬でどうにかできないかと思っている方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、花粉皮膚炎用の市販薬を選ぶ際のポイントや、人気の市販薬をランキング形式でご紹介していきたいと思います。花粉皮膚炎には一般的にどのような症状が現れるのか、おすすめの対処法などはあるのかなど、役立つ情報満載。困っている方は一見の価値ありです!

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 41,236  views
目次

花粉皮膚炎とは?

花粉皮膚炎とは?

花粉皮膚炎とは、花粉が皮膚に付着することによって生じる皮膚炎のこと。特に目の周り・頬・首筋などの刺激を受けやすい場所を中心に、赤み・かゆみ・かぶれ・発疹などの症状が出ます。


アトピー性皮膚炎や、目薬や化粧品などが原因となる接触性皮膚炎にも似ていますが、花粉皮膚炎は春や秋などの花粉の舞う季節に生じ、他の季節には基本的に症状がみられないのも特徴となります。

花粉皮膚炎用市販薬の選び方

花粉症皮膚炎用のお薬を選ぶ際には、どのような点に注目すればいいのでしょうか。簡単にポイントをチェックしていきましょう。

「花粉皮膚炎用」の薬は存在しない?市販薬から選ぶ際のポイント

「花粉皮膚炎用」の薬は存在しない?市販薬から選ぶ際のポイント

花粉皮膚炎は、アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎と同様、肌のバリア機能が弱まっていたり、低下することで、花粉の侵入を許してしまい、過剰な免疫反応を引き起こしている状態です。


そのため「花粉皮膚炎」専用の薬は基本的に存在せず、アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎などにも用いられる、ステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬などで治療していくこととなります。


本来であれば皮膚科などに行き、医師に診察してもらった上で、処方された薬を使うのがベストではありますが、今回は市販薬の中からこれらの薬を選ぶ際のポイントをご紹介していきたいと思います。

即効性を期待するなら、ステロイド外用薬の使用がベター

即効性を期待するなら、ステロイド外用薬の使用がベター

「目に見える肌荒れがある」「肌荒れを一刻も早く治したい」というような場合には、患部に塗ることで過剰な免疫反応を抑えられる、ステロイド外用薬の使用を検討するのがおすすめ。


ステロイド外用薬には強い抗炎症作用があり、即効性が期待できます。その分、副作用が心配という方もいるかと思いますが、患部にだけ塗ることができる外用薬ですから、内服薬よりもその影響は最小限に留めることができますよ。


また、中には患部で薬効を発揮した後に代謝されるという「アンテドラッグステロイド」もあります。副作用が気になる方はこちらもチェックしておくといいでしょう。


それでも長期的に使用すると、皮膚が薄くなったりといった影響が出ることも。購入時には薬局に常駐している薬剤師に確認し、決められた量をしっかりと塗るようにしましょう。万が一もし気になる症状が現れたら、病院で診察を受けた方がいいですね。

抗ヒスタミン薬から選ぶなら以下の点に注目

ステロイド外用薬の皮膚への影響や副作用が気になるなら、抗ヒスタミン薬をチェックしてみましょう。

症状が比較的軽いなら、第一世代の抗ヒスタミン薬を

症状が比較的軽いなら、第一世代の抗ヒスタミン薬を

皮膚の症状が比較的軽く、痒みを抑えることで、頻繁に患部に触れないようにしたいのなら、ジフェンヒドラミンなど第一世代の抗ヒスタミン剤が配合された外用薬・内服薬を使用するといいでしょう。


痒みや赤みなどのアレルギー反応は、体内でヒスタミンが過剰分泌されることにより引き起こされるもの。抗ヒスタミン薬を塗布したり服用したりするとヒスタミンの作用が抑えられるため、結果的に症状が和らぎます。


ただし、内服薬の場合には、眠気・口や喉の渇き・尿閉・便秘などが副作用として出る場合がありますので、この点には注意が必要です。

第二世代の抗ヒスタミン薬なら副作用も起こしにくい

第二世代の抗ヒスタミン薬なら副作用も起こしにくい

第一世代抗ヒスタミン薬の副作用が心配という方には、第二世代の抗ヒスタミン薬を検討してみるのがおすすめ。


第二世代の抗ヒスタミン薬の代表的なものには、フェキソフェナジン塩酸塩・エピナスチン塩酸塩・アゼラスチン塩酸塩などがあります。


こちらは、第一世代の薬に比べて副作用が抑えられているのがメリット。ただ、皮膚炎がひどくなってしまったり、既に痒みや赤みが出てつらいという場合には、症状はなかなか軽減できないかもしれません。この点にはご注意を。

乾燥を伴う皮膚炎なら、ワセリンなどの保湿剤を

乾燥を伴う皮膚炎なら、ワセリンなどの保湿剤を

痒みや赤みよりも、とにかく肌の乾燥が気になるという方は、ワセリンなどで保湿を心がけましょう。特に乾燥肌の方は皮膚のバリア機能が弱いため、そのままにしておくとその機能はどんどん低下。花粉の影響を受けやすくなります。


保湿に効果があるものとして、油分で皮膚を覆い、肌の水分の蒸発を防いでくれる「白色ワセリン」や、角層内の構造を正常にし、潤いを保つ力をつけてくれる「ヘパリン類似物質製剤」角質細胞間脂質であるセラミドを補ってくれる「セラミド含有製剤」など、いくつかのタイプがあります。


保湿剤の剤形には、軟膏・クリーム・ローションなどがあります。軟膏はもっとも皮膚を保護する力が強くなっていますが、べた付きやテカリなどが目立つかもしれません。ローションはサラリとしており、塗りやすいですが、アルコールなどが添加されていると刺激になる場合もあるため、皮膚の状態や好みなどで上手に使い分けたいところです。

花粉皮膚炎用市販薬の人気ランキング10選

それでは、花粉皮膚炎用市販薬のおすすめをランキング形式でご紹介していきたいと思います。選び方を参考に、症状にあったお薬を選んでくださいね。


なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

10位
タイプ保湿剤
効果効能保湿・保護
内容量100g
9位
タイプ抗ヒスタミン内服薬(第二世代)
効果効能じんましん・しっしん・かぶれによる次の症状の緩和:皮ふのはれ・かゆみ/花粉・ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ・鼻みず・鼻づまり
内容量12錠
8位
タイプ保湿剤
効果効能皮膚の乾燥を防ぐ・皮膚にうるおいを与える・肌荒れ
内容量100g
7位

久光製薬アレルギー専用鼻炎薬 アレグラFX

1,430円 (税込)

タイプ抗ヒスタミン内服薬(第二世代)
効果効能花粉・ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ・鼻みず・鼻づまり
内容量28錠
6位
タイプ抗ヒスタミン外用薬(第一世代)
効果効能湿疹・皮膚炎・かゆみ・かぶれ・あせも・ただれ・しもやけ・虫さされ・じんましん
内容量30g
5位
タイプステロイド外用薬(アンテドラッグ)
効果効能湿疹・皮膚炎・かぶれ・虫さされ・かゆみ・あせも・じんましん
内容量10g
4位
タイプ-
効果効能皮膚炎・湿疹・かゆみ・かぶれ・ただれ・あせも・おむつかぶれ
内容量14ml
3位
タイプステロイド外用薬
効果効能しっしん・かぶれ・虫さされ・かゆみ・じんましん・しもやけ・皮膚炎・あせも
内容量30g
2位
タイプ抗ヒスタミン外用薬(第一世代)
効果効能かゆみ・湿疹・皮膚炎・かぶれ・じんましん・ただれ・あせも・虫さされ・しもやけ
内容量15g
1位
タイプ抗ヒスタミン外用薬(第一世代)
効果効能湿疹・皮ふ炎・かゆみ・かぶれ・ただれ・あせも・おむつかぶれ
内容量8g

花粉皮膚炎の人気市販薬比較一覧表

商品画像
1
花粉皮膚炎市販薬 小林製薬 キュアレアa 1枚目

小林製薬

2
花粉皮膚炎市販薬 ロート製薬 メンソレータム カユピット 1枚目

ロート製薬

3
花粉皮膚炎市販薬 第一三共ヘルスケア オイラックスA 1枚目

第一三共ヘルスケア

4
花粉皮膚炎市販薬 資生堂薬品 イハダ プリスクリードD 1枚目

資生堂薬品

5
花粉皮膚炎市販薬 興和新薬 リビメックスコーワクリーム

興和新薬

6
花粉皮膚炎市販薬 興和新薬 新レスタミンコーワ軟膏

興和新薬

7
花粉皮膚炎市販薬 久光製薬 アレルギー専用鼻炎薬 アレグラFX

久光製薬

8
花粉皮膚炎市販薬 ロート製薬 ヘパソフト 薬用 顔ローション

ロート製薬

9
花粉皮膚炎市販薬 池田模範堂 ムヒAZ錠

池田模範堂

10
花粉皮膚炎市販薬 大洋製薬 ワセリンHG

大洋製薬

商品名

キュアレアa

メンソレータム カユピット

オイラックスA

イハダ プリスクリードD

リビメックスコーワクリーム

新レスタミンコーワ軟膏

アレルギー専用鼻炎薬 アレグラFX

ヘパソフト 薬用 顔ローション

ムヒAZ錠

ワセリンHG

特徴乾燥や花粉によるかゆみを鎮める。顔にも使えて安心デリケートな顔に配慮した7つのこだわり処方緩やかに効いていくステロイド外用薬花粉・日焼け・乾燥による顔のかゆみに炎症によく効いて、体内で低活性物質に変わる!ヒスタミンの働きを抑えてくれる低刺激性軟膏フェキソフェナジン塩酸塩の配合で、アレルギー反応を抑え...肌のガサガサ・ヒリヒリを改善してくれる顔用薬用ローション皮膚のはれ・かゆみ・鼻の症状に角層に皮脂膜を作り、乾燥からお肌を守ってくれる
最安値
712
送料要確認
詳細を見る
910
送料要確認
詳細を見る
748
送料要確認
詳細を見る
1,320
送料別
詳細を見る
1,202
送料要確認
詳細を見る
443
送料別
詳細を見る
1,430
送料要確認
詳細を見る
1,069
送料要確認
詳細を見る
711
送料別
詳細を見る
1,980
送料別
詳細を見る
タイプ抗ヒスタミン外用薬(第一世代)抗ヒスタミン外用薬(第一世代)ステロイド外用薬-ステロイド外用薬(アンテドラッグ)抗ヒスタミン外用薬(第一世代)抗ヒスタミン内服薬(第二世代)保湿剤抗ヒスタミン内服薬(第二世代)保湿剤
効果効能湿疹・皮ふ炎・かゆみ・かぶれ・ただれ・あせも・おむつかぶれかゆみ・湿疹・皮膚炎・かぶれ・じんましん・ただれ・あせも・虫さされ・しもやけしっしん・かぶれ・虫さされ・かゆみ・じんましん・しもやけ・皮膚炎・あせも皮膚炎・湿疹・かゆみ・かぶれ・ただれ・あせも・おむつかぶれ湿疹・皮膚炎・かぶれ・虫さされ・かゆみ・あせも・じんましん湿疹・皮膚炎・かゆみ・かぶれ・あせも・ただれ・しもやけ・虫さされ・じんましん花粉・ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ・鼻みず・鼻づまり皮膚の乾燥を防ぐ・皮膚にうるおいを与える・肌荒れじんましん・しっしん・かぶれによる次の症状の緩和:皮ふのはれ・かゆみ/花粉・ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ・鼻みず・鼻づまり保湿・保護
内容量8g15g30g14ml10g30g28錠100g12錠100g
商品リンク

おすすめの花粉対策

最後に、花粉症に有効な対策をご紹介します。

薬に頼りすぎず、適切に花粉対策することが大切

薬に頼りすぎず、適切に花粉対策することが大切

花粉皮膚炎用市販薬のご紹介をしてきましたが、一番大切なのは、花粉の飛散する時期からしっかり対処し、症状が悪化しないようにしていくことです。


花粉症の方は、目の痒みや鼻の不快感から、頻繁に皮膚をこすってまいがち。そうすると、ますます皮膚に負担をかけ、炎症を悪化させてしまいます。そのため、花粉症の症状に毎年ひどく悩まされるという方は、薬だけに頼らず、あらかじめ医師の診断を受けておくと安心です。


また、過度な飲酒や喫煙、免疫のバランスを崩す原因となる睡眠不足やストレスは、花粉症の症状やお肌の調子にダイレクトに影響します。この時期は、生活習慣にいつもより注意を払ってみるといいですね。

保湿ケアで花粉の影響を受けにくい肌に

保湿ケアで花粉の影響を受けにくい肌に
肌の角質は、花粉などの異物を体内に侵入させないようにするためのバリアの役割を果たしています。しかし、乾燥で角質のバリア機能が低下したり、湿疹などを患っていると、花粉が侵入しやすくなってしまいます。

花粉シーズンはいつもより化粧水や乳液でしっかりと保湿するようにしましょう。顔だけでなく、手や首など外気にさらされやすい部分も保湿しておくのがおすすめです。

マスク・花粉ブロックスプレーも活用しよう

花粉皮膚炎の対策には、まず花粉を寄せ付けないことも大切。以下の記事では、花粉の侵入を防いでくれる、マスクや花粉ブロックスプレーをご紹介しています。こうしたアイテムも上手く利用して、辛い花粉の季節を乗り切りましょう。

まとめ

今回は、花粉皮膚炎用市販薬の選び方や、おすすめのお薬をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたか。症状に合わせて選ばなければ、お薬の効果も十分に得られません。ぜひ色々比較して、症状の緩和にお役立てくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す