• ビーチクルーザーのおすすめ人気ランキング10選【レインボー・ルピナスも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ビーチクルーザーのおすすめ人気ランキング10選【レインボー・ルピナスも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ビーチクルーザーのおすすめ人気ランキング10選【レインボー・ルピナスも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ビーチクルーザーのおすすめ人気ランキング10選【レインボー・ルピナスも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ビーチクルーザーのおすすめ人気ランキング10選【レインボー・ルピナスも!】のアイキャッチ画像5枚目

ビーチクルーザーのおすすめ人気ランキング10選【レインボー・ルピナスも!】

アメリカ西海岸のサーファー達から広まった、ビーチクルーザー。おしゃれな外観がタウンでも注目を集める人気の自転車です。でもビーチクルーザーを買おうと思っても、ギア付き、あるいはギア無し、その他にもファットバイクと呼ばれるタイヤが太いタイプや折りたたみ式などなど、様々なタイプがあって迷ってしまいますよね。


今回は、そんなビーチクルーザーを徹底的にご紹介!通販で人気のビーチクルーザーも10選、ランキング形式でご紹介したいと思います。お気に入りのビーチクルーザーを見つけて、海辺や街中をかっこよく走り抜けてくださいね。

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 3,265  views
目次

ビーチクルーザーってどんな自転車?

ビーチクルーザーの起源を紐解いてみると、アメリカ西海岸のサーファー達がビーチまでの移動に利用していた、クルーザーバイシクルにたどり着きます。彼らはこれを改造してビーチまでの移動用に使っていたため、日本では原型のクルーザーバイシクルについてもビーチクルーザーと呼ぶことが多いようです。


ビーチクルーザーは、舗装路以外のデコボコ道を走っても安定する太めのバルーンタイヤと、少しぐらい手荒に扱っても壊れない丈夫なフレームなど、そのタフさが魅力。また、サーフボードを抱えても運転しやすいよう、ペダルを後ろに回すとブレーキになるコースターブレーキが採用されているのも特徴的です。


バイクを彷彿とさせるワイドなハンドルや、曲線的なフレームでアメリカンなシルエットがスタイリッシュ。街乗りでも注目を集めるオシャレな自転車ですよ。

ビーチクルーザーの選び方

街乗りやビーチなどの悪路走行など、さまざまなシーンで役立つビーチクルーザー。ここからは、乗る方の目的に合わせた選び方を詳しくご紹介していきましょう。

ギアの有無は、乗るシチュエーションで選ぼう!

ビーチクルーザーの購入を考えているなら、まず主にどんなシチュエーションで乗りたいか、ということを押さえておくのがおすすめ。


ビーチクルーザーの多くはタイヤが太いので、基本的にビーチなどの悪路やデコボコ道の走行が得意なもの。逆に平坦な道で近距離の移動に使うなら、ギアのない軽いタイプがうってつけです。


また、特に街乗りのためにビーチクルーザーを選ぶなら、ギア付きで長距離でも乗りやすいタイプがおすすめです。従来のビーチクルーザーよりも小さめのハンドルで、タイヤも細めを選ぶと舗装路との摩擦も少なく運転しやすいですよ。

後輪のブレーキタイプも大事なポイント!

サーフボードを運びやすくするため、ペダル操作でブレーキをかけられるコースターブレーキが採用されているビーチクルーザーが多いものの、ポピュラーなハンドル操作タイプのブレーキを搭載している車両も増えてきました。それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説していきましょう。

左手の自由が利くコースターブレーキ

左手の自由が利くコースターブレーキ

従来のビーチクルーザーのように、サーフボードなどを運ぶ機会が多かったり、すっきりした見た目がお好みなら、コースターブレーキを搭載したタイプがおすすめです。


コースターブレーキは車輪の中央にあるハブの中にブレーキが組み込まれているため、左ハンドルからのワイヤーがなくスッキリした印象。ブレーキの寿命が長く、丈夫なのもメリットです。


ただ、ハンドルで操作するタイプのブレーキに比べて金属部品が大きくなるため、重くなりがちなのにはご注意を。また、脚で操作するため慣れるまでは使いにくく、急にブレーキが効くので怖いと感じる方もいるかもしれません。

誰にでも使いやすい!ハンドル操作のブレーキ

誰にでも使いやすい!ハンドル操作のブレーキ

ビーチクルーザー初心者の方や、普通に街乗りで使いたいなら、ハンドル操作のブレーキが、とっさの時にも操作しやすく安心。また、コースターブレーキに比べて軽いのもメリットでしょう。


のんびりタウンを走るなら、車輪のハブ全体をバンドで締め付けて止めるバンドブレーキが一般的で、コストも安く抑えられます。一方で、よりストッピングパワーを求めるなら、ブレーキパッドが自転車のリムを直接挟む、キャリパーブレーキやVブレーキがおすすめです。

身長に合ったサドル高を選ぼう

身長に合ったサドル高を選ぼう

大人用から子供用、女性向けなど、ビーチクルーザーは幅広いユーザーに向けたモデルが豊富。そのため、サドルの高さが身長に合っているかという点については、特によく確認しておきましょう。サドルが高すぎる自転車は、停止しているときにバランスを崩しやすいので危険です。


一般的に自転車はタイヤやフレームのサイズで対応する身長が決まってきますが、ビーチクルーザーの場合はフレームの形も様々です。


モデルによってインチが大きくてもサドル位置が低かったり、または逆に高かったりということもあるので、サドルの高さや対応する身長を確認して購入すれば、安心して乗ることができますよ。

ハンドルの形もチェック!

ハンドルの形もチェック!

出典:amazon.co.jp

ハンドルの形についても、忘れず確認しておきたいポイント。ゆったり安定した走行重視でスピードを求めないならアップハンドル、街中でもスイスイ走りたいなら幅が広すぎないハンドル、少しスピードを上げて走りたいならまっすぐなストレートハンドルを選びましょう。


一般的にビーチクルーザーはワイドな幅で、体の近くまで大きく曲がっているアップハンドルが主流。上体が垂直になるため安定した走行が可能ですが、スピードは出にくくなっています。一方、まっすぐなストレートハンドルならハンドルに体重を掛けやすく、スピードを出すのにも適しています。


それぞれの特徴を押さえて、自分に合うタイプを選びたいですね。

フレームがくぼんだタイプなら女性も乗りやすい

フレームがくぼんだタイプなら女性も乗りやすい

出典:amazon.co.jp

美しい曲線のフレームが魅力のビーチクルーザーには、女性がまたぎやすいようにフレームの真ん中がくぼんだタイプもあります。太いタイヤや大きなサドルで安定感のある走りも女性にぴったり。ポピュラーなシティサイクル(ママチャリ)に比べ、オシャレでスタイリッシュな外観も魅力です。

持ち運びのしやすい折りたたみ式も!

持ち運びのしやすい折りたたみ式も!

出典:amazon.co.jp

車に乗せて遠出をしたいとき、また駐輪場がない場合などには、折りたたみ式のビーチクルーザーが便利です。太めのタイヤやカーブしたフレームなど、ビーチクルーザーのクールな印象そのままに、折りたたんでコンパクトに収納できますよ。

カスタムはビーチクルーザーの醍醐味

カスタムはビーチクルーザーの醍醐味

出典:amazon.co.jp

ビーチクルーザーには様々なカスタムパーツが豊富にあります。フェンダー(泥よけ)や、カゴ、ライト、子供を乗せるチャイルドシートにいたるまで、細部にまでこだわってパーツを選べて、自分だけの一台を作れるのも魅力です。


ただし、フレームによっては付けられないパーツもあるので、希望するカスタムに合わせて、対応可能なパーツをしっかり確認して選びたいですね。

ビーチクルーザーの人気ランキング10選

ここからはいよいよ人気のビーチクルーザーを10選、ランキングでご紹介していきますよ!ぜひ、かっこよくて乗りやすい一台を見つけてくださいね。

10位

ロシニョールビーチクルーザー

26,999円 (税込)

ギアシングルギア
ブレーキタイプVブレーキ ブレーキレバー
サドル高・対応身長最低770mm
車両サイズ65×156×92cm
重量15kg
タイヤサイズ 24インチ×2.125インチ
ハンドル幅56cm
カラーマットブラック・イエローパール・ナチュラルホワイト
9位

RAINBOWビーチクルーザー MEN'S TYPE-X

27,000円 (税込)

ギア
ブレーキタイプコースターブレーキ
サドル高・対応身長最低820mm・155cm以上
車両サイズ全長184×全幅69cm
重量
タイヤサイズ26インチ×2.125インチ
ハンドル幅
カラーグロスホワイト×レッドリム・マットグレー×レッドリム・マットブラック×オレンジ・マットブラック×パウダーブルー・マットブラック×ワイムグリーンリム
8位
ギア
ブレーキタイプバンドブレーキ
サドル高・対応身長約780~910mm
車両サイズ175cm
重量15.8Kg
タイヤサイズ26インチ×1.95インチ
ハンドル幅60cm
カラーブラック・ホワイト・ピンク・オリーブ・マットブラック・オレンジ・ローズピンク
7位

カリフォルニアンバイクビーチクルーザー NEW SANTA CRUZ

32,884円 (税込)

ギアなし
ブレーキタイプハンドブレーキ
サドル高・対応身長830mm
車両サイズ164cm
重量16kg
タイヤサイズ24インチ
ハンドル幅
カラーGREEN・NAVY・BLACK・SAX
6位

21テクノロジービーチクルーザー

20,350円 (税込)

ギアなし
ブレーキタイプバンドブレーキ
サドル高・対応身長840mm~970mm
車両サイズ175cm
重量18kg
タイヤサイズ26インチ×1.95インチ
ハンドル幅59cm
カラーピンク・マットベージュ・ホワイト・マットブラック
5位
ギアシングルギア
ブレーキタイプバンドブレーキ
サドル高・対応身長約780~910mm・145cm以上
車両サイズ約170cm
重量約17.5Kg
タイヤサイズ24インチ
ハンドル幅
カラーブラック・マッドブラック・ブラウン・マットホワイト
4位
ギアシマノ製外装6段変速
ブレーキタイプVブレーキ
サドル高・対応身長約820mm
車両サイズ180cm
重量18 kg
タイヤサイズ26インチx2.125インチ
ハンドル幅
カラーブラック・ホワイト
3位
ギアシングルギア
ブレーキタイプバンドブレーキ
サドル高・対応身長約820~940mm・155cm~185cm
車両サイズ185cm
重量約18kg
タイヤサイズ26インチx2.125インチ
ハンドル幅60cm
カラー マットブラック・メイビーブルー
2位

fivecard-bikeブラックダイヤモンド ビーチクルーザー

35,000円 (税込)

ギアシマノ社製6段ギア
後ブレーキタイプバンドブレーキ
サドル高・対応身長150cm~180cm
車両サイズ186cm
重量
タイヤサイズ 26インチ×2.125インチ
ハンドル幅64cm
カラーマットブラック
1位

fivecard-bikeブラックスワン ビーチクルーザー

(税別)

ギアシマノ社製6段ギア
ブレーキタイプバンドブレーキ
サドル高・対応身長145cm~175cm
車両サイズ182cm
重量
タイヤサイズ26インチ×2.125インチ
カラーマットブラック
ハンドル幅66cm

人気ビーチクルーザーの比較一覧表

商品画像
1
ビーチクルーザー fivecard-bike ブラックスワン ビーチクルーザー

fivecard-bike

2
ビーチクルーザー fivecard-bike ブラックダイヤモンド ビーチクルーザー

fivecard-bike

3
ビーチクルーザー a.n.design works CB26BC

a.n.design works

4
ビーチクルーザー NorthShore ビーチクルーザー

NorthShore

5
ビーチクルーザー Lupinus ビーチクルーザー

Lupinus

6
ビーチクルーザー 21テクノロジー ビーチクルーザー

21テクノロジー

7
ビーチクルーザー カリフォルニアンバイク ビーチクルーザー NEW SANTA CRUZ

カリフォルニアンバイク

8
ビーチクルーザー Lupinus ビーチクルーザー

Lupinus

9
ビーチクルーザー RAINBOW ビーチクルーザー MEN'S TYPE-X

RAINBOW

10
ビーチクルーザー ロシニョール ビーチクルーザー

ロシニョール

商品名

ブラックスワン ビーチクルーザー

ブラックダイヤモンド ビーチクルーザー

CB26BC

ビーチクルーザー

ビーチクルーザー

ビーチクルーザー

ビーチクルーザー NEW SANTA CRUZ

ビーチクルーザー

ビーチクルーザー MEN'S TYPE-X

ビーチクルーザー

特徴チャイルドシートも付けられる!国産のビーチクルーザー湘南発の国産ブランドが誇る美しい流線型の極太フレーム無駄のない、シンプルかつワイルドなビーチクルーザーハイコスパでカスタムベースにぴったり一体型の砲弾型ライトでかっこよく便利に男性にも女性にも人気のオシャレなデザインビーチからストリートまでアクティブに楽しめる!カラフルなワイドハンドルで、西海岸のサーファー気分湘南発信!人気国産ブランドのビーチクルーザー乗りやすさと安全性も追求した、スタイリッシュな一台
最安値
要確認
詳細を見る
35,000
送料要確認
詳細を見る
27,980
送料要確認
詳細を見る
要確認
詳細を見る
24,241
送料別
詳細を見る
19,980
送料別
詳細を見る
32,884
送料要確認
詳細を見る
19,800
送料要確認
詳細を見る
27,000
送料要確認
詳細を見る
26,999
送料無料
詳細を見る
ギアシマノ社製6段ギアシマノ社製6段ギアシングルギアシマノ製外装6段変速シングルギアなしなしシングルギア
ブレーキタイプバンドブレーキバンドブレーキバンドブレーキVブレーキバンドブレーキバンドブレーキハンドブレーキバンドブレーキコースターブレーキVブレーキ ブレーキレバー
サドル高・対応身長145cm~175cm150cm~180cm約820~940mm・155cm~185cm約820mm約780~910mm・145cm以上840mm~970mm830mm約780~910mm最低820mm・155cm以上最低770mm
車両サイズ182cm186cm 185cm180cm約170cm175cm164cm175cm全長184×全幅69cm65×156×92cm
重量約18kg18 kg約17.5Kg18kg16kg15.8Kg15kg
タイヤサイズ26インチ×2.125インチ 26インチ×2.125インチ26インチx2.125インチ26インチx2.125インチ24インチ26インチ×1.95インチ24インチ26インチ×1.95インチ26インチ×2.125インチ 24インチ×2.125インチ
カラーマットブラック64cm60cm59cm60cm56cm
ハンドル幅66cmマットブラック マットブラック・メイビーブルーブラック・ホワイトブラック・マッドブラック・ブラウン・マットホワイトピンク・マットベージュ・ホワイト・マットブラックGREEN・NAVY・BLACK・SAXブラック・ホワイト・ピンク・オリーブ・マットブラック・オレンジ・ローズピンクグロスホワイト×レッドリム・マットグレー×レッドリム・マットブラック×オレンジ・マットブラック×パウダーブルー・マットブラック×ワイムグリーンリムマットブラック・イエローパール・ナチュラルホワイト
商品リンク

こまめなメンテナンスで快適な走行を!

丈夫さが売りのビーチクルーザーではありますが、特に海辺で乗る機会が多いなら、潮風によるサビを防ぐため、チェーンオイルなどでのメンテナンスをお忘れなく。こまめに手をかけてあげれば、ずっと快適に乗り続けることができますよ!

ビーチクルーザーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ビーチクルーザーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

街乗りにもぴったりのタイプや、女性にも乗りやすいスタイリッシュなタイプなど、さまざまなビーチクルーザーがありましたね。あなたにぴったりの一台を見つけるお手伝いはできたでしょうか?


ビーチクルーザーはタイヤが太めなので、雪道などの悪路も走りやすく、一年中活躍してくれる自転車です。ロードバイクなどに比べるとスピードはあまり出ませんが、カスタムして、自分だけの一台を作る楽しみもあります。お気に入りの一台で、ぜひのんびりサイクリングを楽しんでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す