• 沢登り用靴のおすすめ人気ランキング10選【モンベル・キャラバンなど!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 沢登り用靴のおすすめ人気ランキング10選【モンベル・キャラバンなど!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 沢登り用靴のおすすめ人気ランキング10選【モンベル・キャラバンなど!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 沢登り用靴のおすすめ人気ランキング10選【モンベル・キャラバンなど!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 沢登り用靴のおすすめ人気ランキング10選【モンベル・キャラバンなど!】のアイキャッチ画像5枚目

沢登り用靴のおすすめ人気ランキング10選【モンベル・キャラバンなど!】

渓流に沿って水の力を体感しながら登っていく「沢登り」。楽しいアウトドアスポーツですが、危険も伴うので装具選びは慎重に行わなくてはいけません。歩きやすさを左右する靴選びは特に重要!でも、フェルトソールかラバーソールか?足袋タイプかシューズタイプか?など、初心者にとっては迷う要素が多く、ぴったりの一足を選ぶのは難しいですよね。


そこで今回は、沢登り用の靴で人気のある商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います。通信販売でも買えるものが多いので、時間のない方もぜひ色々比較してみてくださいね。選び方も紹介していますので、沢登り入門者の方は必読です!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 5,923  views
目次

沢登り用靴の選び方

次に沢登り用靴を選ぶ時のポイントをご紹介したいと思います。どれを買っていいかわからない、迷った時にはぜひ参考にしてみてくださいね。

足袋?シューズ?靴の種類を選ぶ

苔などの場所でも滑りにくく、現代でも最強と言われているのは「地下足袋」と「わらじ」の組み合わせ。ですが職人さんが減ってわらじが流通していない現代では、沢足袋や沢靴が主流です。それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

裸足に近い感覚で歩行が安定する「沢足袋」

裸足と似た感覚を求めるなら沢足袋がおすすめです。足の接地面が素足の感覚に近く、柔らかく安定した歩きができるのが魅力。ただ、傾斜が強い場所では立ちこみが難しいので初心者にはあまりおすすめできません。また、サイズもSやMという大雑把なものが多いので、フィット感を重視する人はサイズ選びに注意が必要です。


地下足袋にフエルトのソールが付いている本格的なものもありますが、足先が二つに分かれている足袋型のネオプレーン素材を使った商品が多いです。

クッション性◎!初心者におすすめの「沢靴」

クッション性◎!初心者におすすめの「沢靴」

出典:amazon.co.jp

初心者の方がまず一足目に買うなら沢靴がおすすめです。サイズも細かく分かれていますし、ラバーやフェルトの底がついていて、足袋に比べるとクッション性があり足の痛みが軽減されます。底が減ってきたら、ソールのみの交換も可能なのでコスパも良好。ルートや自分の力量によって、足袋と沢靴を使い分けてもいいですね。

ルートに応じたソール素材を選ぼう!

沢登り用の靴のソールには、フエルトとラバー素材のものが多いです。また、最近登場した「アクアステルス」製についても特徴を確認してみましょう。

沢の中を多く歩くならフエルトソール

沢の中を多く歩くならフエルトソール

出典:amazon.co.jp

フエルトソールは、ぬめりに強く岩場に弱いという特徴があります。ですからルートの中で、沢の中を歩く割合が多いならこちらをおすすめします。


例えばナメ滝(傾斜のある岩の斜面を滑り落ちるような滝)が多い場所だと水の流れが緩やかなので、水の中で苔が成長し岩が滑りやすくなっています。そういう場所ではフエルトソールが有利ですね。比較的オールマイティーな状況で使えるので、初心者さんにはまずはフエルトソールがおすすめです。

高巻や岩場が多いルートはラバーソール

高巻や岩場が多いルートはラバーソール

出典:amazon.co.jp

フエルトとは反対に、ラバーソールはぬめりに弱く岩場に強いという特徴があります。そのため、高巻や岩場が多いルートにはこちらがおすすめです。ナメ滝が多い場所では沢の中を歩かずに、川岸の岩場を選択して沢登りをするという人にはラバーソールがいいでしょう。また、フエルトソールより耐久性があるため、ソール交換の回数が少なくて済むのもメリットと言えます。


ラバーソールの素材は時代によって変化していますが、近年ではキャラバン社が使用している「イドログリップ」や、モンベル社が使用している「アクアグリッパー」が主流となっています。

脱ぎ履きのしやすさもポイント

脱ぎ履きのしやすさもポイント

出典:amazon.co.jp

沢登りは様々なルートがあり、足場によって靴を履き替える人も少なくありません。さらに濡れた状態で脱ぎ履きすることもあるので、いつもより手間取ることも多くなります。初心者の人などは特に脱ぎ履きのしやすい靴を選ぶのがおすすめです。


紐タイプはしっかり結んでいてもほどけることもあり、気づかないと危険です。初心者では紐の調節に時間がかかることもあるので、ファスナーテープで調節できるタイプなどがおすすめです。簡単な操作で全体を均一な力で締めることができる、モンベルの「イージーフィットシステム」、ダイヤルで着脱を簡単にする「リールアジャストシステム」搭載タイプも検討してみてくださいね。

信頼のある2大メーカーをチェック!

ハードに使用する沢登り用靴は、信頼できるメーカー製を選びたいですよね。2大ブランドをチェックしてみましょう。

アウトドアブランド「モンベル」は店舗も多く買いやすい

アウトドアブランド「モンベル」は店舗も多く買いやすい

出典:amazon.co.jp

モンベルは、登山やキャンプ用品などのアウトドア用品を取り扱う日本の総合ブランドです。販売だけでなくイベント企画などもしています。普段でも履けそうなシンプルなデザインのシューズも多く、日本人の足にも合っています。


またショッピングモールなどにも出店しており、アウトドア専門店に足を運ばなくても普段の買い物のついでに見ることもできるお手軽さも人気の秘密です。コストパフォーマンスもいいですよ。

登山靴専門メーカー「キャラバン」は高い機能性で初心者におすすめ

登山靴専門メーカー「キャラバン」は高い機能性で初心者におすすめ

出典:amazon.co.jp

日本初の軽登山靴を手掛けたことでも知られる「キャラバン」は、登山靴のメーカーです。靴に合う木型は日本人に合う形で作られているので、安心して選ぶことができます。


アキレス部分が浅く作られている初心者向けのシューズや、防水性能や高いクッション性が重視されたシューズが揃っているので、初心者の方にはこちらをおすすめします。またソールが柔らかい軽量の女性・子供向けのモデルがあるのも嬉しいですね。

沢登り用靴の人気ランキング10選

それでは、人気の沢登り用靴をランキング形式でご紹介していきます。選び方のポイントも参考にしながら、自分にぴったりの沢登り用靴を見つけてくださいね。

10位
沢登り
靴 X'SELL ウェーディングシューズ
出典:amazon.co.jp

X'SELLウェーディングシューズ

OH080

10,410円 (税込)

種類シューズ
ソールフエルトスパイクソール
9位
種類シューズ
ソールラバー(イドログリップ)ソール
8位
種類シューズ
ソールの素材13mmppフエルトソール
7位
種類シューズ
ソール13mmppフエルトソール
6位
種類サンダル
ソール13mmppフエルトソール
5位
沢登り
靴 モンベル サワートレッカー
出典:amazon.co.jp

モンベルサワートレッカー

1125316

12,500円 (税込)

種類シューズ
ソールラバー(アクアグリッパー)ソール
4位
種類シューズ
ソール13mmppフエルトソール
3位
種類足袋
ソール13mmppフエルトソール
2位

モンベルサワートレッカー

1125111

13,932円 (税込)

種類シューズ
ソールポリプロピレン製フエルトソール
1位
沢登り
靴 mont-bell(モンベル) サワーシューズ
出典:amazon.co.jp

mont-bell(モンベル)サワーシューズ

1125318

6,696円 (税込)

種類シューズ
ソールポリプロピレン製フエルトソール

人気沢登り用靴の比較一覧表

商品画像
1
沢登り
靴 mont-bell(モンベル) サワーシューズ

mont-bell(モンベル)

2
沢登り
靴 モンベル サワートレッカー

モンベル

3
沢登り
靴 キャラバン ケイリュウ タビ

キャラバン

4
沢登り
靴 キャラバン 渓流靴

キャラバン

5
沢登り
靴 モンベル サワートレッカー

モンベル

6
沢登り
靴 モンベル サワー サンダル

モンベル

7
沢登り
靴 キャラバン 渓流靴

キャラバン

8
沢登り
靴 キャラバン 渓流シューズ

キャラバン

9
沢登り
靴 キャラバン 渓流靴

キャラバン

10
沢登り
靴 X'SELL ウェーディングシューズ

X'SELL

商品名

サワーシューズ

サワートレッカー

ケイリュウ タビ

渓流靴

サワートレッカー

サワー サンダル

渓流靴

渓流シューズ

渓流靴

ウェーディングシューズ

特徴地下足袋+わらじの最強アイテムを再現!簡単に靴紐が締められる!足首にフィットする軽量ブーツ指先が地面に接地する感覚が人気!足袋型モデル初心者はまずこれを!軽量で履きやすい一足グリップ力抜群。岩場が多い難ルートでも頼りになる一足わらじの進化版!沢足袋と合わせて動きやすさ抜群グリップ力抜群!初心者にもおすすめの軽量タイプ釣りでも使える!足幅が広い人におすすめ最高水準のヴィブラム社製ラバーソールが渓流や沢で威力を発揮!フエルトとスパイクの合わせ技で滑りにくい
価格6,696円(税込)13,932円(税込)7,799円(税込)12,960円(税込)12,500円(税込)4,320円(税込)12,787円(税込)12,253円(税込)15,660円(税込)10,410円(税込)
種類シューズシューズ足袋シューズシューズサンダルシューズシューズシューズシューズ
ソールポリプロピレン製フエルトソールポリプロピレン製フエルトソール13mmppフエルトソール13mmppフエルトソールラバー(アクアグリッパー)ソール13mmppフエルトソール13mmppフエルトソール13mmppフエルトソールラバー(イドログリップ)ソールフエルトスパイクソール
商品リンク

沢登り用靴のお手入れ方法

沢登り用靴のお手入れ方法

水の中や険しい道を歩く沢登りだと、独特な川の臭いがついたり、ソールがはがれたりしやすいもの。正しいお手入れで靴を長持ちさせたいですね。


沢登りから帰ったら、中敷きや靴ひもなど外せる部品ははずし、靴底に挟まっている石などは割り箸できれいに取り除きます。そして中敷きは水洗いし、靴ひもなど洗えるものは中性洗剤を使って洗い、臭いもしっかり落とします。


アッパー部分は軽い汚れならブラシで落とし、頑固な汚れには水をつけたタオルやスポンジでこすります。臭いや汚れがひどければ中性洗剤を使って優しく水洗い。ゴシゴシ洗うのは撥水効果がなくなってしまうのでNGです。靴の中を水で洗うのも水圧がかかって防水効果をなくしてしまうので避けましょう。カビが生えやすいのでしっかりと陰干しし、乾いたら防水スプレーを全体にかけて完了です。

装備は万全に整えよう!

沢登りでは、ルートによってはかなり険しい道を歩かなければなりません。初心者向けルートでも侮らずに、しっかり装備を整えてから行きましょう!以下の記事では沢登りに役立つアイテムを紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

人気のある沢登り用靴をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたか?安全性がとても大事な沢登り。ソールやシューズタイプなどの選び方を参考にしながら、ぜひあなたの相棒を見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す