• カメラスライダーのおすすめ人気ランキング10選【ベアリング付き・360度回転タイプも】のアイキャッチ画像1枚目
  • カメラスライダーのおすすめ人気ランキング10選【ベアリング付き・360度回転タイプも】のアイキャッチ画像2枚目
  • カメラスライダーのおすすめ人気ランキング10選【ベアリング付き・360度回転タイプも】のアイキャッチ画像3枚目
  • カメラスライダーのおすすめ人気ランキング10選【ベアリング付き・360度回転タイプも】のアイキャッチ画像4枚目
  • カメラスライダーのおすすめ人気ランキング10選【ベアリング付き・360度回転タイプも】のアイキャッチ画像5枚目

カメラスライダーのおすすめ人気ランキング10選【ベアリング付き・360度回転タイプも】

左右に平行移動しながら撮影できるカメラスライダーは、映像のバリエーションを増やせる便利なアイテム。それに加えて視聴者自らが動いているような感覚を与えることもできるので、一段階ランクアップした動画を作り出すことができます。しかし、カメラスライダーは、いくつかのタイプに分かれ、形や大きさもさまざま。どれを選んだらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、カメラスライダーの選び方や、人気商品をランキング形式でご紹介します。おすすめが多数登場しますので、ぜひ参考にして、自分の撮影スタイルに合ったお気に入りを見つけてくださいね。

  • 最終更新日:2020年05月11日
  • 5,913  views
目次

カメラスライダーの選び方

それでは早速、カメラスライダーの選び方を見ていきましょう!

まずはタイプごとの特徴を押さえよう

カメラスライダーはいくつかのタイプに分類することができます。それではまずそれぞれの特徴についてチェックし、自分の撮影スタイルに合ったものを見つけてみましょう。

長持ちするスライダーが欲しい人におすすめの「レール固定タイプ」

長持ちするスライダーが欲しい人におすすめの「レール固定タイプ」

安いスライダーや長期間壊れずに使える頑丈なスライダーが欲しい人におすすめなのが、レール固定タイプです。レールの上に樹脂で作られた土台を乗せることでレールをスライドさせます。レール固定タイプはシンプルな構造が特徴で、他のタイプと比べても安く・頑丈にできているのもポイント。


ちょっとの衝撃でも簡単に壊れないため、野外、特に足場の悪い森などの、機材を落としてしまいやすい不安定な場所でも安心です。ただし、ノイズを出さずに滑らかに動かすには熟練の技が必要なので、初心者には向いていません。

「ベアリング付き」なら持ち運びにも最適

「ベアリング付き」なら持ち運びにも最適

長距離の移動が必要な場所へ撮影に行ったり、旅行先で撮影をしたいという人におすすめなのが、ベアリング付きのスライダーです。レールの横のベアリングを回すことで土台をスライドさせることができます。他のタイプよりも比較的軽いため、長距離の移動でも重さが気になりません


軽い力でスムーズにスライドすることができるので、レール固定タイプほど技術を要さず使いこなせるのもいいところ。ただし、わずかな力でも動くため、特に初心者は多少速度ムラが出てしまうので注意が必要です。

初心者にもおすすめな「フライホイール実装タイプ」

初心者にもおすすめな「フライホイール実装タイプ」

これまでスライダーを使ったことのない初心者にもおすすめなのが、フライホイール実装タイプです。フライホイールとは、台車の裏に付けられた1つの大きな滑車のことです。これをレールのベルトと繋いで台車をスライドすることができます。


レール固定タイプのように技術もいらず、ベアリング付のように速度ムラも出ないので、初めての人でも安心して使うことができます。ただし、他のタイプに比べて値段が高く重量も重いので、高性能なカメラスライダーが欲しいという人におすすめです。

「360度回転タイプ」でダイナミックな撮影を

「360度回転タイプ」でダイナミックな撮影を
人や動物を追跡して撮影するトラッキングなど、躍動的な動画を撮影したいという人には360度回転型のカメラスライダーがおすすめです。360度回転できるスライダーには、上の画像のようにスライダー自体が動くものや、キャスターの付いた台座に三脚ごと乗せて移動できるものなどがあります。

レールの上を動かすよりもダイナミックな映像が取れるので、よりレベルの高い映像を撮影したい人におすすめです。ただし、キャスターが付いたものは基本的に室内でしか使えず、技術が必要なものも多いので、初心者は注意しておきましょう。

サイズチェックのポイントは?

カメラスライダーを買う時には、サイズについて事前にいくつか確認しなければいけないポイントがあります。次に、そのポイントについて見てみましょう。

カメラの重さに耐えられることが第一条件

カメラの重さに耐えられることが第一条件

まず、スライダー自体がカメラの重さに耐えられるかどうか確認しましょう。具体的には、商品の耐荷重が自分のカメラと雲台などのアクセサリーを合わせた重さよりも重ければOKです。三脚を利用する場合、耐荷重以上の物を載せるとレールの端にいくと、たわんで映像がぶれたり、最悪壊れてしまいます。


360度回転タイプは、耐荷重が記載されていないものも少なくありません。しかし、このタイプはどこかに重さが偏ることが少ないため、結果的に耐荷重はレールがあるものよりも重くなります。360度回転タイプであれば、著しく重量が重くない限り、カメラと雲台程度の重さであれば問題はないでしょう。

旅行先で使うなら軽くてコンパクトなものが◎

旅行先で使うなら軽くてコンパクトなものが◎
旅行先で動画を撮影したい人や、遠い場所へ撮影に行きたいという人は収納性や重量も確認しましょう。取っ手の付いた収納袋付のスライダーであれば、多くの機材と一緒に持ち運んだり、長時間の移動をするのも苦になりません。

旅行先で手軽に動画を撮影したいという人には、折り畳み式のスライダーや、スライダー自体がコンパクトなものがおすすめ。こちらはカメラバッグにも簡単に収まるため、荷物の多い旅行でもかさばらず持ち運ぶことができますよ。


気軽に動画撮影を楽しみたい人はスマホ対応のチェックを

気軽に動画撮影を楽しみたい人はスマホ対応のチェックを

カメラスライダーについては一眼レフなどだけでなく、スマホを取り付けて使えるタイプもあります。このタイプは専用のホルダーを備えており、スマホをセットして使えるようになっていますから、スマホで動画を撮影したいなら、スマホ用ホルダーの有無などについてもチェックしておきましょう。


ただし、ホルダーのみで三脚を使わない場合には高さの調節が難しかったり、垂直や斜めにスライドすることができないことも。この点にはご注意くださいね。

ノイズのない撮影につながる!滑らかにスライドできるか確認しよう

ノイズのない撮影につながる!滑らかにスライドできるか確認しよう

スライドが途中で止まってしまったり、ガタガタしたノイズを出さないためには、スライドがスムーズに進むかどうかのチェックも重要です。ただし、通販サイトでは実際に手に取って商品を見ることはできませんよね。スライドの動きや滑らかさ等については、商品レビューを手がかりにするのがおすすめです。

カメラスライダーのおすすめ人気ランキング10選

人気のカメラスライダーをランキング形式でご紹介します。今回はさまざまな種類のカメラスライダーをピックアップしました。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月1日時点)をもとにして順位付けしています。

10位

Neewerアルミ合金カメラトラックスライダー

10089697

6,299円 (税込)

タイプベアリング付き
耐荷重8kg
重量
スマホ対応
9位

YC-Factory電動カメラスライダー

CHOCOLATE-YC

45,176円

タイプフライホイール実装
耐荷重3kg(卓上は10kg)
重量802g
スマホ対応
8位
タイプ360度回転
耐荷重22.68kg
重量2.72kg
スマホ対応-
7位
タイプベアリング付
耐荷重8kg
重量
スマホ対応
6位
タイプ360度回転
耐荷重3kg
重量296g
スマホ対応
5位
タイプフライホイール実装(レール自体がスライド)
耐荷重3kg(卓上は20kg)
重量590g
スマホ対応
4位
タイプ360度回転
耐荷重10kg
重量
スマホ対応
3位
タイプ360度回転
耐荷重-
重量1.6kg
スマホ対応
2位
タイプベアリング付
耐荷重10kg
重量3.1kg
スマホ対応
1位
タイプフライホイール実装
耐荷重
重量2.8kg
スマホ対応

人気カメラスライダーの比較一覧表

商品画像
1
カメラスライダー NEEWER カメラスライダー  1枚目

NEEWER

2
カメラスライダー Neewer カメラ用電動スライダー 1枚目

Neewer

3
カメラスライダー サンワダイレクト カメラ三脚 キャスター付き 1枚目

サンワダイレクト

4
カメラスライダー Neewer カメラテーブルドリースライダー 1枚目

Neewer

5
カメラスライダー YC-Factory カメラスライダー  1枚目

YC-Factory

6
カメラスライダー Rakuby 電動ドリー  1枚目

Rakuby

7
カメラスライダー Neewer 炭素繊維カメラトラックスライダー 1枚目

Neewer

8
カメラスライダー Neewer 撮影写真用三脚ドリー 1枚目

Neewer

9
カメラスライダー YC-Factory 電動カメラスライダー 1枚目

YC-Factory

10
カメラスライダー Neewer アルミ合金カメラトラックスライダー 1枚目

Neewer

商品名

カメラスライダー

カメラ用電動スライダー

カメラ三脚 キャスター付き

カメラテーブルドリースライダー

カメラスライダー

電動ドリー

炭素繊維カメラトラックスライダー

撮影写真用三脚ドリー

電動カメラスライダー

アルミ合金カメラトラックスライダー

特徴自然な仕上がりとコスパの良さで高評価スマホでコントロールできる電動スライダー持ち運びやすい三脚用ドリー平らな面での撮影に!コンパクトなスライダーコンパクトに収納できて持ち運びやすい持ち運びやすさ◎ワイヤレス操作の電動ドリーベアリング付きで、本格的な機材を使った撮影もOK専用の持ち運びバッグ付き!三脚に取り付けるドリースマホで制御可能!電動スライダーリーズナブルなアルミ合金製スライダー
最安値
13,999
送料無料
詳細を見る
20,949
送料要確認
詳細を見る
4,580
送料別
詳細を見る
3,338
送料要確認
詳細を見る
16,000
送料無料
詳細を見る
6,099
送料無料
詳細を見る
7,499
送料無料
詳細を見る
5,999
送料要確認
詳細を見る
要確認
6,299
送料無料
詳細を見る
タイプフライホイール実装ベアリング付360度回転360度回転フライホイール実装(レール自体がスライド)360度回転ベアリング付360度回転フライホイール実装ベアリング付き
耐荷重10kg-10kg3kg(卓上は20kg)3kg8kg22.68kg3kg(卓上は10kg)8kg
重量2.8kg3.1kg1.6kg590g296g 2.72kg802g
スマホ対応-
商品リンク

カメラスライダーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、カメラスライダーのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

カメラスライダーの人気ランキングをご紹介しました。カメラスライダーにもさまざまなタイプがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。自分がどんな撮影で使いたいのかよく考えて、お気に入りの商品を見つけてみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す