• ソフトボックスのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ソフトボックスのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ソフトボックスのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ソフトボックスのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ソフトボックスのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像5枚目

ソフトボックスのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な折りたたみ式も!】

商品撮影やポートレート撮影で、ストロボなどの照明を調整するときに欠かせない「ソフトボックス」。キレイな写真を撮るためにはぜひ使いたいアイテムですが、ディフューザーの有無や大きさの違いはもちろん、収納のしやすさなど、特徴は商品によってまちまち。どれを選べばよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、ソフトボックスの選び方と、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介いたします。前半では種類別の特徴も解説しているので、そちらも参考にしながら用途に合ったソフトボックスを見つけてくださいね!

  • 最終更新日:2019年05月28日
  • 143  views
目次

アンブレラと何が違う?ソフトボックスの特徴

アンブレラと何が違う?ソフトボックスの特徴

光を操って写真の表現を変える「ソフトボックス」と「アンブレラ」、その違いは形状と光の届け方にあります。その名の通り傘のようなアンブレラは、傘でいう柄の先、手で持つ部分にストロボを設置し、表面に光を反射させて被写体を照らす仕組み。対してソフトボックスは、箱のような形をした本体の内側から照射します。


一方向から集中的に照らされるソフトボックスに比べ、アンブレラでは照射した光が大きく拡散されます。光の当たり方や陰影が予測しにくく、想像とは違った結果になることも。


そのため、カメラ初心者や使い方がわからない方には、ソフトボックスからの挑戦がおすすめです。いろいろな違いを覚えて、自分に合ったソフトボックスを選びましょう!

ソフトボックスの選び方

それではさっそく、ソフトボックスの選び方について見ていきましょう。

構造の違いから直射型・反射型を選ぶ

ソフトボックスには大きく分けて「直射型」「反射型」の2種類があり、光が反射する仕組みが異なります。大がかりな撮影でなければそれほど違いは感じませんが、それぞれの特徴を理解しておくと選びやすいでしょう。

光量調整しやすい「直射型」は商品撮影向き

光量調整しやすい「直射型」は商品撮影向き

通販サイトやフリマアプリなどで出品する商品を撮るなどといった目的の場合は、直射型のソフトボックスが向いているといえます。


直射型のソフトボックスは、ストロボや電球の光がインナーディフューザーを通して被写体に真っ直ぐ当たるようになっています。一枚の幕を挟んで光を通す仕組みをイメージするとわかりやすいでしょう。


この特徴から、全体的に柔らかい陰影を表現することができます。光の向き(影の方向)が調整しやすいため、シューズやアクセサリーといった商品撮影に使用されることが多いタイプです。

人物が映える「反射型」はポートレート撮影におすすめ

人物が映える「反射型」はポートレート撮影におすすめ

人物などポートレート撮影には、反射型のソフトボックスがおすすめです。直射式とは違って、ストロボの照射面が被写体に背を向けたかたちになっています。


強い光を反射させてから被写体を照らすため、全体的に均一な光を届けられるのが特徴。人物はもちろん背景までハッキリと写してくれるので、限定的に明るくする商品撮影よりも、全体を映えさせたいポートレート撮影に向いています

大きさは被写体と撮影場所を基準に選ぶ

大きさは被写体と撮影場所を基準に選ぶ

撮影する場所や被写体が決まっている場合は、それらを基準にソフトボックスの大きさを決めましょう。一般的に、被写体の1.25倍以上、または被写体+10cm以上の発光面があれば美しい陰影になるといわれています。


被写体の大きさが決まっていないときや、さまざまな大きさのものを撮りたいときは撮影場所を圧迫しない大きさがおすすめ。ただし小さすぎると光量が物足りなく感じる可能性もあるため、置ける範囲で少し余裕のあるサイズを選ぶといいでしょう。

持ち歩くなら、折りたたみなど収納のしやすさもチェック!

持ち歩くなら、折りたたみなど収納のしやすさもチェック!

出典:amazon.co.jp

複数の撮影場所を利用する方は、折りたたみ可能なソフトボックスがおすすめです。撮影スタジオに設置するような大きなサイズのソフトボックスでも、コンパクトにたたんで持ち歩けるものが多くあります。


もともと小さなソフトボックスであれば、手のひらサイズまで小さくすることも可能。「ひんぱんに持ち歩く」「使わないときはしまっておきたい」という方は、折りたたみ機能が備わっているかもチェックしておきましょう。

初心者には、光源やスタンドがセットになったものがおすすめ

初心者には、光源やスタンドがセットになったものがおすすめ

「カメラ以外は何も持っていない」という方は、すぐに撮影が楽しめるセット商品を選ぶといいでしょう。ソフトボックスは光を操るためのアイテムなので、光源となるストロボやライト、固定するためのスタンド器具などもそろえなければなりません。


しかし、ストロボはセット商品に含まれないことがほとんど。もちろん別で買いそろえることも可能ですが、ストロボの種類によってはソフトボックスの規格に適さない可能性もあります。まずはライトやスタンドがすべてセットになったもので経験を積むのもおすすめの方法です。

形状は好みでもOK!正方形から八角形、円形までいろいろ

形状は好みでもOK!正方形から八角形、円形までいろいろ

出典:amazon.co.jp

ソフトボックスのなかには、実にさまざまな形状のものが展開されています。円形や四角形はもちろん、八角形のものまで。


プロのカメラマンともなると細かいこだわりが出てきますが、はじめて挑戦する方やリーズナブルに入手したいという方は深く考えなくてもいいでしょう。光量が同じであれば影の付き方もそれほど変わらないため、ひと目見て気に入った形を選ぶと撮影も楽しめます。

ソフトボックスのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人気のソフトボックスをランキング形式でご紹介していきます。

10位

Photo Creativeむずかしさ0%!撮影用ライト

4,980円 (税込)

タイプ直射
本体サイズ(縦×横)40×40cm
持ち運び
付属のセット品クリップ
形状正方形
9位

Godoxビーハイブハニカムグリッドストリップソフトボックス

5,400円 (税込)

タイプ直射
本体サイズ(縦×横)30×120cm
持ち運び×
付属のセット品ストロボブラケット・収納バッグ
形状長方形
8位

コンポジット写真撮影用照明機材セット

6,400円 (税込)

タイプ直射・反射
本体サイズ(縦×横)60×40cm
持ち運び
付属のセット品スタンド・収納バッグ・ランプユニット
形状正方形・八角形
7位
タイプ直射
本体サイズ(縦×横)60×60cm
持ち運び
付属のセット品ストロボブラケット・収納バッグ
形状正方形
6位
タイプ直射
本体サイズ(縦×横)直径45cm
持ち運び
付属のセット品収納バッグ
形状円形
5位

リンテクト・ジャパン撮影照明セット ソフトボックス

9,960円 (税込)

タイプ直射
本体サイズ(縦×横)54×54cm
持ち運び
付属のセット品スタンド・ライトホルダー
形状正方形
4位

Konseenソフトボックス 写真照明用キット

7,000円 (税込)

タイプ直射
本体サイズ(縦×横)50×70cm
持ち運び
付属のセット品スタンド・電球・収納バッグ
形状長方形
3位

TYCKAスタジオフラッシュ用 ディフューザー ソフトボックス

1,390円 (税込)

タイプ直射
本体サイズ(縦×横)20×33cm
持ち運び
付属のセット品収納バッグ
形状長方形
2位

8灯スタジオライト スタンド ソフトボックス付照明セット

タイプ直射
本体サイズ(縦×横)70×50cm
持ち運び
付属のセット品ライトユニット・スタンド・収納バッグ
形状長方形
1位
ソフトボックス Neewer カメラ折りたたみ式ディフューザー ミニソフトボックス 1枚目
出典:amazon.co.jp

Neewerカメラ折りたたみ式ディフューザー ミニソフトボックス

849円 (税込)

タイプ直射
本体サイズ(縦×横)15×17cm
持ち運び
付属のセット品収納バッグ
形状長方形

初心者必見!ソフトボックスに慣れるコツ

初心者必見!ソフトボックスに慣れるコツ

「ソフトボックスに興味はあるけど、難しそう」と感じている方も多いかもしれませんが、コツをつかめばすぐに思い通りの写真が撮影できますよ。


まず、ソフトボックスを太陽に見立てて被写体に向けてみましょう。太陽が人や建物の影をつくるように、ソフトボックスから照射された方向の反対側に影ができます。


つまり、正面から当てると奥側に、右側から当てると左側に影ができるということ。実際にいろいろな方向から当ててみるとすぐに仕組みがわかるので、撮影がもっと楽しくなること間違いなし!ぜひ気軽に、色々な撮影を楽しんでくださいね。

人気ソフトボックスの比較一覧表

商品画像
1
ソフトボックス Neewer カメラ折りたたみ式ディフューザー ミニソフトボックス 1枚目

Neewer

2
ソフトボックス 8灯スタジオライト スタンド ソフトボックス付照明セット 1枚目

3
ソフトボックス TYCKA スタジオフラッシュ用 ディフューザー ソフトボックス 1枚目

TYCKA

4
ソフトボックス Konseen ソフトボックス 写真照明用キット 1枚目

Konseen

5
ソフトボックス リンテクト・ジャパン 撮影照明セット ソフトボックス 1枚目

リンテクト・ジャパン

6
ソフトボックス ASITIS ストロボ用ソフトボックス 1枚目

ASITIS

7
ソフトボックス NEEWER 多機能ソフトボックス 1枚目

NEEWER

8
ソフトボックス コンポジット 写真撮影用照明機材セット 1枚目

コンポジット

9
ソフトボックス Godox ビーハイブハニカムグリッドストリップソフトボックス 1枚目

Godox

10
ソフトボックス Photo Creative むずかしさ0%!撮影用ライト 1枚目

Photo Creative

商品名

カメラ折りたたみ式ディフューザー ミニソフトボックス

8灯スタジオライト スタンド ソフトボックス付照明セット

スタジオフラッシュ用 ディフューザー ソフトボックス

ソフトボックス 写真照明用キット

撮影照明セット ソフトボックス

ストロボ用ソフトボックス

多機能ソフトボックス

写真撮影用照明機材セット

ビーハイブハニカムグリッドストリップソフトボックス

むずかしさ0%!撮影用ライト

特徴安い・軽い・機能充実!入門者~本格撮影まで、持っておい...凝った撮影もOK!2台セットでより深みのある写真に手洗い可能でコンパクト!旅行時の撮影にも最適ポートレート撮影にもおすすめの大型直射タイプ安定感抜群!汎用性が高く頑丈なのもポイントビューティディッシュ機能付きで、柔らかい光を出したい方...室内でも野外でも使える、持ち運びに便利な折りたたみ式高さ調節可能なスタンド付き!据え置きにおすすめのソフト...横幅をとらないスリムな形状。シックな見た目もポイントはじめてでも簡単!4灯ソケットの明るいソフトボックス
価格849円(税込)(税込)1,390円(税込)7,000円(税込)9,960円(税込)8,300円(税込)3,399円(税込)6,400円(税込)5,400円(税込)4,980円(税込)
タイプ直射直射直射直射直射直射直射直射・反射直射直射
本体サイズ(縦×横)15×17cm70×50cm20×33cm50×70cm54×54cm直径45cm60×60cm60×40cm30×120cm40×40cm
持ち運び×
付属のセット品収納バッグライトユニット・スタンド・収納バッグ収納バッグスタンド・電球・収納バッグスタンド・ライトホルダー収納バッグストロボブラケット・収納バッグスタンド・収納バッグ・ランプユニットストロボブラケット・収納バッグクリップ
形状長方形長方形長方形長方形正方形円形正方形正方形・八角形長方形正方形
商品リンク

ストロボディフューザーも要チェック!

撮影のバリエーションを広げたいなら、ストロボデュフューザーにも挑戦してみませんか?スタンドに装着する必要がなく、ソフトボックスより気軽に使えるものも多いですよ。以下の記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

ソフトボックスの売れ筋ランキングもチェック!

ソフトボックスのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

写真撮影に使うソフトボックスをご紹介しましたが、いかがでしたか?構造の違いやサイズなど、ソフトボックスの特徴はさまざまですが、まずは自分が気になるもの・使ってみたいと感じたものから試してみるのがおすすめです。いろいろな場所でたくさん撮影を重ねて、ソフトボックスが生み出すワンランク上の写真を楽しみましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す