• 【静かで安心!】3本ローラーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【静かで安心!】3本ローラーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【静かで安心!】3本ローラーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【静かで安心!】3本ローラーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【静かで安心!】3本ローラーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【静かで安心!】3本ローラーのおすすめ人気ランキング10選

ロードバイクの室内トレーニングに欠かせない「3本ローラー」。ミノウラ・エリートなどのメーカーから色々な商品が販売されていますが、いざ購入するとなると「タイヤが落ちて乗れないかも…」「静音で乗れるのはどれ?」など、不安や疑問がたくさん出てきますよね。

そこで今回は、3本ローラーの選び方と、人気商品ランキングをご紹介します。気軽に購入できる安いアイテムから、負荷調整機能付きの高性能タイプまで、幅広いニーズに合わせておすすめアイテムをラインナップしました。ぜひお気に入りの一台を見つけて、自宅でライディングスキルを磨いていきましょう!
  • 最終更新日:2019年01月10日
  • 79,962  views
目次

固定式と何が違う?3本ローラーのメリット

固定式と何が違う?3本ローラーのメリット
ロードバイクを楽しむ方にとって、なくてはならないトレーニングアイテムである「ローラー」。タイヤや車体をしっかり固定する「固定式ローラー」と違い、ローラーに自転車を乗せて走るだけというシンプルなタイプが「3本ローラー」です。

実走に近い感覚で走れるのが大きな魅力で、バランス感覚や体幹を鍛えやすいというメリットもあります。また、転倒しないように注意を払うことで、自然と正しいフォームが身につき、ペダリングがきれいになるというのも、3本ローラーの特徴です。


初心者の方にとっては少しハードルが高く感じられるかもしれませんが、室内で本格的なトレーニングをするにはとても便利なアイテムですよ。長くバイクを続けていくつもりなら、持っておいて損はありません!

3本ローラーの選び方

まずは、3本ローラーの選び方のポイントを解説します。

負荷調整機能の有無を選ぶ

まずチェックしたいのが、負荷調整機能の有無です。上位モデルには比較的多く搭載されていますが、どれだけ幅のある練習をしたいかによって必要性が変わってきます。この機能が付いているものは価格が高めなので、自分の練習スタイルを考えて必要性の有無を検討しましょう。

実走に近い練習をしたい人は、負荷調整機能が必須

実走に近い練習をしたい人は、負荷調整機能が必須
レースに参加するなど本格的にロードバイクを楽しんでいる方なら、負荷調整機能はマストと言えます。それは、負荷をかけることによって坂道に備えた練習をすることができるからです。

また、負荷によって、ハードな心拍数を保つ訓練をすることもできます。負荷がかけられないローラーで練習する場合、心拍数を上げるには速く漕ぐしかありませんが、それだと実走に適した練習とは言えません。より自然な環境に近い練習をしたい方は、負荷調整機能を活用しましょう。

初心者なら負荷調整機能なしでもOK。後づけも可能

初心者なら負荷調整機能なしでもOK。後づけも可能
バイク自体のギアを調整するなどで多少の負荷は調整できるため、初心者の場合は負荷調整機能は必ずしも必須ではありません。しかし、練習を続けていくうちに、物足りない…と思うことがあるかもしれません。その時はオプションの負荷装置を後から追加するという選択肢もあります。

もちろん初心者の方でも、先のことを考えて最初から負荷調整機能付きの商品を購入するのもありだと思いますので、トレーニングに求めるレベルやご自身の予算をふまえて選びましょう。

ローラーの大きさ・形状を選ぶ

ローラーはタイヤが直接乗る大事なところなので、こだわりたい部分ですよね。ローラーの特徴を理解して、自分に必要なスペックのものを選ぶようにしてください。

自宅や室内で使うなら、騒音の少ない大きな径のものを

3本ローラーは家の中で気軽に、実走に近い状態でトレーニングを行うことが出来るのが魅力ですよね。しかし、漕ぐ際の音が大きいことが難点。特に集合住宅などに住んでいる方だと、音が周りに響いて騒音トラブルになってしまう可能性もあります。

ローラーの径が大きいと、音が分散して比較的静かに乗ることができるので、音が気になる方は大きな径のローラーを選ぶようにしましょう。

安定感を求める人はつづみ型のものを選ぶ

安定感を求める人はつづみ型のものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

固定式ローラーに比べ、3本ローラーは安定感が少なく、ホイールが脱輪してローラーから落ちてしまうことがあるのも事実です。そのため、3本ローラー初心者の場合は、両脇が盛り上がっているつづみ型の形状のローラーを選ぶことをおすすめします。

つづみ型のローラーなら、中央にタイヤが安定しやすいため脱輪がしにくく、安心してトレーニングに打ち込めます。つづみ型のローラーは大抵樹脂製ですので、金属製より横滑りしないというメリットもあります。

持ち運びや収納したい人は、折り畳み式を選ぶ

持ち運びや収納したい人は、折り畳み式を選ぶ

出典:amazon.co.jp

レースに参加する方は、レース会場にもローラーを持ち込んで練習します。気軽に持ち運べる折り畳み式や、コンパクトに縮められるタイプなら、レース前も使い慣れたローラーで練習できますよ。しかも、家での保管時にも場所をとらず便利。なお、軽量なアルミ製なら、持ち運びがより楽です。

3本ローラーの人気ランキング10選

それでは、おすすめの3本ローラーをランキング形式でご紹介していきます。一度購入したら長い付き合いになるものですので、じっくり検討してみてください!

10位

Tacx(タックス)Tacx(タックス) GALAXIA

50,361円 (税込)

負荷調整機能×
ローラー直径約12cm
折り畳み式◯(コンパクトに縮められるタイプ)
サイズ高さ13cm×幅47cm×奥行き128cm 重量 7.7kg ローラー直径 約12cm 負荷調整機能 × 折り畳み式 ◯(コンパクトに縮められるタイプ)
重量7.7kg
9位
3本ローラー サイクルオプス ALUMINIUM ROLLER WITH RESISTANCE
出典:amazon.co.jp

サイクルオプスALUMINIUM ROLLER WITH RESISTANCE

990110

52,488円 (税込)

負荷調整機能
ローラー直径-
折り畳み式
サイズ-
重量8.6kg
8位

Tacx(タックス)Tacx(タックス) ANTARES

25,272円 (税込)

負荷調整機能×
ローラー直径-(つづみ型ローラー)
折り畳み式◯(コンパクトに縮められるタイプ)
サイズ縦128cm×横47cm×高さ13cm
重量7.7kg
7位

ELITE(エリート)ELITE(エリート) ARION MAG(アリオン マグ) 3ボンローラー 260170001

260170001

35,010円 (税込)

負荷調整機能
ローラー直径-(つづみ型ローラー)
折り畳み式
サイズ縦141cm×横50cm×高さ16cm
重量約8.8kg
6位
負荷調整機能
ローラー直径-(つづみ型ローラー)
折り畳み式
サイズ縦141cm×横49.5cm×高さ16cm
重量約8.8kg
5位

ROCKBROS(ロックブロス)ROCKBROS(ロックブロス) 3本ローラー 折り畳み式

13,888円 (税込)

負荷調整機能
ローラー直径
折り畳み式
サイズ縦129.5cm×横50cm
重量6.2kg
4位

ミノウラ(MINOURA)MINOURA(ミノウラ) R720 LiveRoll 3本ローラー

34,121円 (税込)

負荷調整機能
ローラー直径10.5cm
折り畳み式○(コンパクトに縮められるタイプ)
サイズ縦124.4cm×横52cm×高さ19cm(前輪落ち止めガードまで)
重量10.7kg
3位

ミノウラ(MINOURA)MINOURA(ミノウラ) R800 LiveRoll 3本ローラー

53,195円 (税込)

負荷調整機能×
ローラー直径約10.5cm
折り畳み式×
サイズ縦131cm×横56cm×高さ16cm
重量21kg
2位

LixadaLixada サイクリングトレーナー トレーニングバイク マシーン 3本ローラー パラボリックローラー 室内スポーツ

13,880円 (税込)

負荷調整機能
ローラー直径
折り畳み式
サイズ
重量8.7kg
1位

ミノウラ(MINOURA)ミノウラ(MINOURA) 3本ローラー モッズローラー 折りたたみ式 乗降用ステップ付き

25,900円 (税込)

負荷調整機能×
ローラー直径8cm
折り畳み式
サイズ縦131cm×横54cm×高さ11cm
重量約6.5kg

人気3本ローラーの比較一覧表

商品画像
1
3本ローラー ミノウラ(MINOURA) ミノウラ(MINOURA) 3本ローラー モッズローラー 折りたたみ式 乗降用ステップ付き 1枚目

ミノウラ(MINOURA)

2
3本ローラー Lixada Lixada サイクリングトレーナー トレーニングバイク マシーン 3本ローラー パラボリックローラー 室内スポーツ 1枚目

Lixada

3
3本ローラー ミノウラ(MINOURA) MINOURA(ミノウラ) R800 LiveRoll 3本ローラー 1枚目

ミノウラ(MINOURA)

4
3本ローラー ミノウラ(MINOURA) MINOURA(ミノウラ) R720 LiveRoll 3本ローラー 1枚目

ミノウラ(MINOURA)

5
3本ローラー ROCKBROS(ロックブロス) ROCKBROS(ロックブロス) 3本ローラー 折り畳み式 1枚目

ROCKBROS(ロックブロス)

6
3本ローラー エリート ARION AL13

エリート

7
3本ローラー ELITE(エリート) ELITE(エリート) ARION MAG(アリオン マグ) 3ボンローラー 260170001 1枚目

ELITE(エリート)

8
3本ローラー Tacx(タックス) Tacx(タックス) ANTARES 1枚目

Tacx(タックス)

9
3本ローラー サイクルオプス ALUMINIUM ROLLER WITH RESISTANCE

サイクルオプス

10
3本ローラー Tacx(タックス) Tacx(タックス) GALAXIA 1枚目

Tacx(タックス)

商品名

ミノウラ(MINOURA) 3本ローラー モッズローラー 折りたたみ式 乗降用ステップ付き

Lixada サイクリングトレーナー トレーニングバイク マシーン 3本ローラー パラボリックローラー 室内スポーツ

MINOURA(ミノウラ) R800 LiveRoll 3本ローラー

MINOURA(ミノウラ) R720 LiveRoll 3本ローラー

ROCKBROS(ロックブロス) 3本ローラー 折り畳み式

ARION AL13

ELITE(エリート) ARION MAG(アリオン マグ) 3ボンローラー 260170001

Tacx(タックス) ANTARES

ALUMINIUM ROLLER WITH RESISTANCE

Tacx(タックス) GALAXIA

特徴乗り降りも走行も快適!持ち運びも便利な優秀ローラー脱輪しにくく乗りやすい!初心者のベストバイプロ御用達のハイクオリティ。本格的な高速運転にずっと乗っていたくなる!スムーズな極太ローラーで軽やか...お手頃価格でも機能は優秀。静音なのも高評価スムーズに走れるアルミニウム製。自立タイプで収納も簡単!安定して走りやすいから、初心者にぴったり無段階伸縮式フレームで、どんなバイクにも合わせられる上質アルミ素材で実現した軽量感がポイント衝撃を吸収し、安定した走りを実現。初心者でも乗りやすい!
価格25,900円(税込)13,880円(税込)53,195円(税込)34,121円(税込)13,888円(税込)40,233円(税込)35,010円(税込)25,272円(税込)52,488円(税込)50,361円(税込)
負荷調整機能××××
ローラー直径8cm約10.5cm10.5cm-(つづみ型ローラー)-(つづみ型ローラー)-(つづみ型ローラー)-約12cm
折り畳み式×○(コンパクトに縮められるタイプ)◯(コンパクトに縮められるタイプ)◯(コンパクトに縮められるタイプ)
サイズ縦131cm×横54cm×高さ11cm縦131cm×横56cm×高さ16cm縦124.4cm×横52cm×高さ19cm(前輪落ち止めガードまで)縦129.5cm×横50cm縦141cm×横49.5cm×高さ16cm縦141cm×横50cm×高さ16cm縦128cm×横47cm×高さ13cm-高さ13cm×幅47cm×奥行き128cm 重量 7.7kg ローラー直径 約12cm 負荷調整機能 × 折り畳み式 ◯(コンパクトに縮められるタイプ)
重量約6.5kg8.7kg21kg10.7kg6.2kg約8.8kg約8.8kg7.7kg8.6kg7.7kg
商品リンク

練習のお供に音楽はいかが?

外を走るのとは違い、単調になりがちな室内練習。3本ローラーに乗るのに慣れてきたら、自転車用スピーカーを使用して、音楽を聴きながら練習するのも良いですね。以下の記事もぜひ参考にしてください!

まとめ

いかがでしたか?一見シンプルに見えて、実は奥が深い3本ローラー。ローラーの機能や大きさなど、細かな部分も決め手の要因になります。梅雨や冬の時期は室内でのトレーニング時間も増えますから、自分の合った一台を見つけて、ロードバイクをもっと楽しんでくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す