• ギタースタンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • ギタースタンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • ギタースタンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • ギタースタンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • ギタースタンドのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

ギタースタンドのおすすめ人気ランキング10選

ギターやベースを保管するのに欠かせないアイテムがギタースタンド。でも、一口にギタースタンドと言っても、立てかけタイプ・吊るしタイプ・複数台タイプなどいろいろな種類があり、折り畳みできるコンパクトなものなどもあるので、どれを選べばいいのか迷うことも多いと思います。

そこで今回は、数あるギタースタンドの中からおすすめの商品を選んでランキング形式で紹介します。選び方のポイントもまとめますので、ぜひ、大事なギターやベースを保管するための納得の一台を見つけてくださいね!
  • 最終更新日:2019年04月30日
  • 8,559  views
目次

ギタースタンドの選び方

まずはギタースタンドを選ぶためのポイントを紹介していきましょう。ギタースタンドはネックとボディで本体を支える構造になっていますが、それぞれのチェックポイントを解説していきます。

スタンド本体が安定したものを選ぶ

スタンド本体が安定したものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

ギターやベースは意外に重いもの。それを支えて立てるギタースタンドは、安定性を重要して選ぶことが大切です。少し揺らすだけでグラグラするようなスタンドでは、倒れて楽器を傷つけてしまいかねません。ある程度の重さがあり、少しくらいの揺れではグラグラしないような、しっかりした作りのスタンドを選ぶようにしましょう。

ネット通販では実際に揺らしてみることはできないので、近くに楽器屋さんなどがある場合は、できるだけ実際の商品を確認してみましょう。それが難しい場合は、転倒防止や滑り止めなどの機能があるかどうかや、スタンドを支える脚の構造がしっかりしているかなどをよく確認してみてください。口コミなども参考にするといいですよ。

大きさにも注意!狭い場所で使うなら折りたたみ式も◎

大きさにも注意!狭い場所で使うなら折りたたみ式も◎

出典:amazon.co.jp

置いた時のサイズ感のチェックも重要です。ギタースタンドは一見、どれも似たような大きさに見えますが、実際には、スタンドを支える脚の部分が大きかったり、ネックを支えるスタンド部分が長かったりして、意外にスペースを取るものがあります。

折りたたみできるスタンドもあるので、部屋が狭かったり、物が多くてスペースが取れない場合はチェックしてみてください。また、複数本のギターやベースを持っている場合は、それぞれスタンドに立てると場所を取ってしまいますので、このあとに紹介するような複数本かけられるものを選ぶといいでしょう。

ギターの立てかけ方のタイプで選ぶ

ギタースタンドにはギターの立てかけ方の違いで、4つの種類があります。スタンドを置く場所うのスペースや持っている本数によって選ぶようにしてください。

シンプルな立てかけタイプは、価格もお手頃。最初の一台にもおすすめ。

シンプルな立てかけタイプは、価格もお手頃。最初の一台にもおすすめ。

出典:amazon.co.jp

ギター本体をスタンドに立てかけるだけのスタンドは、ギタースタンドではもっともオーソドックスなタイプ。ネックとボディ下部を支えて置くだけと、構造もごく簡単にできています。そのため価格もリーズナブルで、初めて選ぶスタンドにもピッタリでしょう。

ネックで固定する吊しタイプは、ギターにも優しい!

ネックで固定する吊しタイプは、ギターにも優しい!

出典:amazon.co.jp

見た目は立てかけタイプによく似ていますが、ギター本体をスタンドに立てかけるのではなく、ネックで固定して吊すように設置します。実は安定感も良く、ネックに余計な負担がかからないので、ネックのソリやねじれを防ぐ効果もあると言われていますよ。

複数本のギターを持っている人は複数台立てかけタイプを

複数本のギターを持っている人は複数台立てかけタイプを

出典:amazon.co.jp

2本以上ギターを持っている人は、それぞれにスタンドを用意するとスペースを大きく取ってしまいます。そういう場合は複数台のギターをまとめて立てかけられる専用のスタンドを選んで見てください。ギターの本数に対して、スタンドは1つで済むので省スペース化できます。

ただし、本体がラッカー仕上げの塗装の場合は、本体が直接スタンドに当たるとキズが付くことがあるので要注意。クロスなどを敷いて使うようにしましょう。

部屋が狭くてスタンドを置く場所がない方は、壁掛けタイプを

部屋が狭くてスタンドを置く場所がない方は、壁掛けタイプを

出典:amazon.co.jp

壁に直接ギターやベースを吊して保管するタイプです。いわゆるスタンドとは違い、ギターのヘッド部分で支えるため、ネックに余計な負荷がかからず、変形のリスクが少なくなります。また、スタンドのように床のスペースを取らないので、部屋にスペースが取れない人に向いています。壁に穴を開けられない場合は、パネルに引っかけて使える網掛けタイプを選ぶといいですよ。

ギタースタンドのおすすめ人気ランキング10選

ここからランキング形式でおすすめのギタースタンドを紹介していきます。自分の好みや置き場所などを考えて、一番いい物を見つけてくださいね。
10位
安定性〇(転倒防止ストッパー・滑り止め付き)
折りたたみ可能
タイプ立てかけタイプ
9位
安定性〇(滑り止め付き)
折りたたみ可能
タイプ立てかけタイプ
8位

キクタニマルチギタースタンド

GS-600/3

4,750円 (税込)

安定性〇(滑り止め付き)
折りたたみ不可
タイプ立てかけタイプ
7位
安定性
折りたたみ不可
タイプ壁掛けタイプ
6位
安定性転倒防止ゴム付き
折りたたみ不可
タイプ立てかけタイプ
5位

HERCULESトライ ギタースタンド

GS432B

7,908円 (税込)

安定性
折りたたみ不可
タイプ吊しタイプ
4位
安定性
折りたたみ不可
タイプ壁掛けタイプ
3位
安定性
折りたたみ可能
タイプ立てかけタイプ
2位

HERCULESシングル・ギタースタンド

GS414B

3,800円 (税込)

安定性
折りたたみ可能
タイプ吊しタイプ
1位
安定性滑り止め付き
折りたたみ不可
タイプ立てかけタイプ

おすすめ人気ギタースタンドの比較一覧表

商品画像
1
ギタースタンド キクタニ ギタースタンド 1枚目

キクタニ

2
ギタースタンド HERCULES シングル・ギタースタンド 1枚目

HERCULES

3
ギタースタンド HERCULES ギタースタンド 1枚目

HERCULES

4
ギタースタンド キクタニ ギターハンガー 1枚目

キクタニ

5
ギタースタンド HERCULES トライ ギタースタンド 1枚目

HERCULES

6
ギタースタンド キクタニ ギタースタンド 1枚目

キクタニ

7
ギタースタンド HERCULES ギターハンガー 1枚目

HERCULES

8
ギタースタンド キクタニ マルチギタースタンド  1枚目

キクタニ

9
ギタースタンド NEUMA ギタースタンド 1枚目

NEUMA

10
ギタースタンド ARIA ギタースタンド 1枚目

ARIA

商品名

ギタースタンド

シングル・ギタースタンド

ギタースタンド

ギターハンガー

トライ ギタースタンド

ギタースタンド

ギターハンガー

マルチギタースタンド

ギタースタンド

ギタースタンド

特徴ベーシックなスタンドだけに人気のある商品吊り下げタイプの1本用スタンドソリッドギター向けの頑丈なスタンド壁面であれば自在に取り付け可能な器具珍しい吊しタイプの複数台スタンドラッカー塗装にも対応したシンプルな立てかけスタンド壁掛けタイプのコンパクトなスタンド3本立てかけ対応の複数台用スタンドボディスタンドだけのシンプルなモデル折りたたみ可能でコンパクトな立てかけタイプ
価格1,220円(税込)3,800円(税込)2,099円(税込)864円(税込)7,908円(税込)939円(税込)1,360円(税込)4,750円(税込)2,190円(税込)480円(税込)
安定性滑り止め付き転倒防止ゴム付き〇(滑り止め付き)〇(滑り止め付き)〇(転倒防止ストッパー・滑り止め付き)
折りたたみ不可可能可能不可不可不可不可不可可能可能
タイプ立てかけタイプ吊しタイプ立てかけタイプ壁掛けタイプ吊しタイプ立てかけタイプ壁掛けタイプ立てかけタイプ立てかけタイプ立てかけタイプ
商品リンク

ギタースタンドの売れ筋もチェック

参考までにギタースタンドの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ここまでギタースタンドの選び方とおすすめスタンドを10選紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

大事なギターやベースを室内で保管するためのスタンド、置くためのスペースはもちろん本体自体の作りなども頭にいれて、自分の環境にぴったり合うギタースタンドを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す