1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. ミシン
  6. >
  7. レザークラフト用ミシンのおすすめ人気ランキング5選【家庭でも使いやすいのはどれ?】
  • レザークラフト用ミシンのおすすめ人気ランキング5選【家庭でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • レザークラフト用ミシンのおすすめ人気ランキング5選【家庭でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • レザークラフト用ミシンのおすすめ人気ランキング5選【家庭でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • レザークラフト用ミシンのおすすめ人気ランキング5選【家庭でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • レザークラフト用ミシンのおすすめ人気ランキング5選【家庭でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

レザークラフト用ミシンのおすすめ人気ランキング5選【家庭でも使いやすいのはどれ?】

近年、人気が高まっているレザークラフト。手縫いでは手が痛くなりやすいですが、「レザークラフト用ミシン」があれば楽に縫うことができて便利です。しかし、家庭用と職業用があり、種類もさまざま。使える針と糸の太さなども機種によって異なるため、しっかり見極めて選びたいですよね。

そこで今回は、レザークラフト用ミシンの選び方を解説しながら、おすすめの商品をランキングでご紹介していきます。どんなポイントがレザークラフトでは大事なのか、見比べながら選ぶことができますよ。あなたにぴったりの一台を見つけて、作品作りの幅を広げちゃいましょう!

  • 最終更新日:2020年08月06日
  • 110,096  views
目次

リフォームにも!レザークラフト用ミシンの魅力とは?

リフォームにも!レザークラフト用ミシンの魅力とは?

最近は、家庭で作れるレザークラフト・キットの種類も豊富に。ハンドメイドで、レザー製品を作る人が増えていますよね。レザークラフトは手縫いでチクチクと縫っていくのが面白いところではありますが、バッグなど大物を作るときには、皮革を縫うためのレザークラフトミシンがあると便利です。


レザーは普通の布よりも厚みがあって滑りやすいため、専用アタッチメントが付いたミシンを使用すると作業効率がUP。ぶ厚いレザーもスピーディーに縫うことができます。直線が美しくきれいに仕上がりますので、作品のクオリティもワンランクアップするでしょう。


ハンドメイド以外にも、レザー製のバッグの持ち手が取れたときや、ほつれたときなどに縫い直すのにも大活躍。一台あると便利に活用できますよ。レザークラフトミシンを使って、本格的なレザー作品を作ってみませんか?

レザークラフト用ミシンの選び方

布用とは違うレザークラフト用ミシンは、次のポイントに沿って選んでいきましょう。

使い方に合わせて種類を選ぼう

レザークラフト用のミシンには、次の2つの用途のものがあります。それぞれにパワーが違い、生産性に大きな影響を与えますので、自分がミシンを使う頻度を考えながら選んでいきましょう。

本格的な製品作りを目指すなら「職業用」がベター

本格的な製品作りを目指すなら「職業用」がベター

たくさんのレザー製品を作りたい方や、今後も長く楽しみたい方は、迷わず職業用を選ぶことをおすすめします。職業用は、家庭用でハイパワーを謳うものよりもさらに強いモーターを搭載しており、分厚い皮革を縫ってもミシン本体への負担が少ないのがメリット。高耐久で長く使うことができます。


また、職業用なら厚手のレザーもしっかりと布送りできる機種が多いのも魅力です。家庭用に比べるとサイズも音も大きく、お値段も張りますが、頻繁に使っても耐えられるだけのパワフルさがあります。

趣味の範囲で楽しむなら「家庭用」でも充分

趣味の範囲で楽しむなら「家庭用」でも充分

家庭用は布用のミシンのうち、厚手の布製品やレザーも縫えるタイプのものです。レザーを縫う頻度が高くない方や、レザー小物が作れれば十分という方にはこちらがおすすめ。職業用に比べて価格も手ごろなため導入しやすいところも強みです。


ただし、家庭用では分厚いレザーや、バッグの持ち手などレザー同士が重なる部分が縫えないことも。家庭用を選ぶなら、どれだけの厚みまで縫えるか確認しておきましょう。分厚くなってしまう場合は、あらかじめ縫い穴を空けて手縫いと併用して縫うのがおすすめです。

工業用も視野に入れているなら、製作タイプに合わせて平ミシンか腕ミシンを

ミシンには家庭・職業とは別に「工業用」という、職業ミシンよりも回転力、貫通力、縫い上がりが優れたタイプもあります。一般的には工場で扱うもので、サイズも重量もあり、操作音も大きいため家庭に置くのは難しいですが、周囲の環境に配慮したうえで自宅に置いている人もごくたまにいるようです。


工業用ミシンには次の2つのタイプがあるので、レザークラフトで視野に入れている人のために一応紹介しましょう。

平ミシン:ポーチやパスケースなど、直線縫いがメインのアイテムに

平ミシン:ポーチやパスケースなど、直線縫いがメインのアイテムに

平ミシンとは、台座部分が普通のミシンと同じく平らな形状のものです。ポーチ・トートバッグ・パスケースなど、直線縫いだけで仕上がるレザー作品を作るのなら平ミシンおすすめします。


作業台を取り外せば腕ミシンとして使えるタイプもありますが、基本的には直線縫い専用。平ミシンは普通のミシンと同じで扱いやすいので、初心者にもぴったりですよ。

腕ミシン:筒状や袋状など、特殊な縫い方で仕上げる作品に

腕ミシン:筒状や袋状など、特殊な縫い方で仕上げる作品に

腕ミシンは、平ミシンとは違って直線縫い以外にも対応できるタイプです。アーム(台座)の先端近くに針が付いているため、筒型のバッグの底を立体的に塗ったり、袋状になったバッグを仕上げたりするときには、腕ミシンが便利。特殊形状の作品にも対応できるので、さまざまなアイテムを作ることができます。


しかしながら、工業向けのため、扱いが難しく価格も高価。このタイプが欲しい場合は、メーカーから直接取り寄せるか、中古市場をチェックしましょう。

レザーの縫いやすさもチェックしよう

思い通りにレザーを縫い上げていけるよう、各パーツの仕様もしっかりチェックしておきましょう。特に家庭用の場合は、仕様の違いが対応できるレザーの範囲に直結します。自分が縫いたいレザーの種類に合わせて選んでくださいね。

1.2mmの太糸まで使えるものが理想的

1.2mmの太糸まで使えるものが理想的

レザー製品には強度と耐久性が要求されるため、ミシンも1.2mmの太めの糸に対応しているものが理想的です。ただ、レザークラフト用の糸には、麻・ポリエステル・シニューといくつかの種類があり、種類によって太さが違います。


例えば麻糸のエスコードの場合、16番は1.2mm、30番は0.5~0.6mmくらいの太さですが、ポリエステル糸「ビニモ」の5番はエスコードの30番と同程度の太さ。数字が大きくなるほど糸が細くなる点ではどれも同じですが、番号や太さが記載されていないことがあるので注意しましょう


家庭用レザークラフト用のミシンでは、20番糸(およそ0.8mm)くらいまでしか対応していないものもありますので、なるべく太い糸が使えるものを選ぶと良いでしょう。

強度が高いDB針がおすすめ

強度が高いDB針がおすすめ

ミシンに付属している針の種類も要チェックです。一般的な家庭用ミシンでは「HA針」が使われていますが、レザーの縫製には工業用である「DB針」がおすすめです。DB針は針先がとがっているためレザーを縫いやすくなっています。


HA針は軸の片側が平らになっていますが、DB針は丸軸になっているのが特徴。この形状のおかげでDB針の方が針強度が高くなるため、ハイパワーで縫うレザーの縫製に最適です。同じくHA針よりも針強度が高く、ハイパワーミシンに適した「HL針」でもよいでしょう。


なお、ミシン針にも番号があり、数字が大きくなるほど太くなるので厚物縫いに適します。レザー用では14番~18番くらいの太さの針に対応したものを選びましょう。

上下送りなら厚手のレザーも縫いやすい

上下送りなら厚手のレザーも縫いやすい

レザーは縫い直しが効かず、待ち針も使えないため、布の「押さえ」もしっかりしているものを選びましょう。レザーの縫製には、上の押さえと下の歯が同時に動く「上下送り」に対応したミシンがおすすめです。


普通のミシンでは下の歯だけが動く「下送り」が採用されており、厚いものを縫うと縫い目のピッチズレや、縫いズレがおこります。しかし上下送りに対応したミシンなら、上の押さえと下の歯が同時に稼働するため縫いズレを防止。送りのパワーも強いので、分厚いレザーもしっかり送ってくれますよ。


ただし、商品のスペックには送りの種類が記載されていないことも多めです。送りについて記載がない場合は、押さえ圧を調節できるか、あるいはレザー用の押さえに対応しているか確かめておくと安心です。

本体のサイズは小さすぎないものがベター

本体のサイズは小さすぎないものがベター
レザークラフト用のミシンは、サイズよりもパワーが大事。コンパクトサイズのミシンは動力が弱く、レザー用であっても薄い皮しか縫えません。厚いレザーをしっかり縫うためには、程よい大きさの商品を選ぶことをおすすめします。

職業用の場合、ほとんどのモデルが横幅45~50cm、重量は10~14kg前後。このくらいを目安にして、安定感のある大きさのものを選ぶと良いでしょう。

金属製パーツが多いものなら高耐久

金属製パーツが多いものなら高耐久

ミシンのパーツは、なるべく金属が多く使われているものがおすすめです。レザーの縫製はミシンに大きな負担がかかるため、プラスチックパーツでは耐え切れず破損する可能性も


金属パーツが多いものほどミシン本体も重たくなりますが、そのぶん高耐久なので安心です。上記の大きさの項目と合わせて、ある程度重さのあるものが良いでしょう。


重たいミシンほど安定感も増すので、レザーの縫いやすさもUP。家庭用でも、大型のものは金属製パーツを使ったものが多いのでぜひチェックしましょう。

レザークラフト用ミシンのおすすめ人気ランキング5選

それではここからは、レザークラフト用ミシンのおすすめ人気ランキング5選をご紹介します。今回は、DB針・HL針対応、押え圧調整ができるものなどを紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月21日)をもとに順位付けしています。

5位
種類家庭用
タイプ平ミシン
レザー針対応HA針#11~#16対応
上下送り・押さえ圧調整-/無段階(レザー押え付属)
本体サイズ幅39.5cm・重さ7.6kg
太糸の使用#30対応
4位
種類職業用
タイプ平ミシン
レザー針対応DB針#9~#18対応
上下送り・押さえ圧調整0.2kg~5.0kg
本体サイズ幅49.8cm・重さ14.5kg
太糸の使用#20~#50対応
3位
種類職業用
タイプ平ミシン
レザー針対応HL針#9~#16
上下送り・押さえ圧調整-/押さえ圧調整対応
本体サイズ幅46cm・重さ11kg
太糸の使用#20~#50対応
2位
種類職業用
タイプ平ミシン
レザー針対応DB×1 #9~#18
上下送り・押さえ圧調整対応/押さえ圧0.2kg~5.0kg
本体サイズ幅49.8cm・重さ14.5kg
太糸の使用#20~#50対応
1位
種類職業用
タイプ平ミシン
レザー針対応HL針#9~#18対応
上下送り・押さえ圧調整-/押さえ圧調整無段階
本体サイズ幅45.2cm・重さ11.5kg
太糸の使用#20~#50対応

人気レザークラフト用ミシンの比較一覧表

商品画像
1
レザークラフトミシン JUKI シュプール30デラックス 1枚目

JUKI

2
レザークラフトミシン ハッピージャパン SINGER Professional 1枚目

ハッピージャパン

3
レザークラフトミシン ブラザー工業 brother Nouvelle 470 1枚目

ブラザー工業

4
レザークラフトミシン ベビーロック エクシムプロ EP9600  1枚目

ベビーロック

5
レザークラフトミシン 蛇の目ミシン工業 LC7500 1枚目

蛇の目ミシン工業

商品名

シュプール30デラックス

SINGER Professional

brother Nouvelle 470

エクシムプロ EP9600

LC7500

特徴本格的にレザークラフトを楽しむならこれ!パワー不足とは無縁のパワフルモーター面倒な糸通しがレバー操作でラクラクできる職業用ならではの美しい仕上りが魅力レザー針&押さえがセットになった家庭用ミシン
最安値
89,100
送料要確認
詳細を見る
78,000
送料要確認
詳細を見る
88,000
送料別
詳細を見る
176,040
送料要確認
詳細を見る
30,352
送料無料
詳細を見る
種類職業用職業用職業用職業用家庭用
タイプ平ミシン平ミシン平ミシン平ミシン平ミシン
レザー針対応HL針#9~#18対応DB×1 #9~#18HL針#9~#16DB針#9~#18対応HA針#11~#16対応
上下送り・押さえ圧調整-/押さえ圧調整無段階対応/押さえ圧0.2kg~5.0kg-/押さえ圧調整対応0.2kg~5.0kg-/無段階(レザー押え付属)
本体サイズ幅45.2cm・重さ11.5kg幅49.8cm・重さ14.5kg幅46cm・重さ11kg幅49.8cm・重さ14.5kg幅39.5cm・重さ7.6kg
太糸の使用#20~#50対応#20~#50対応#20~#50対応#20~#50対応#30対応
商品リンク

レザークラフト本を教材に、新しい作品に挑戦しよう!

レザーで作れる作品は、バッグやポーチだけでなく、財布・小銭入れ・ベルトなど種類が豊富。どんなものを作ろうかと迷ったら、レザークラフト本をチェックするのがおすすめです。作品例や型紙をアレンジすれば、オリジナル小物だって作れますよ。ぜひ以下の記事も参考にしてくださいね。

まとめ

レザークラフト用ミシンのおすすめ商品をご紹介しました。気になるミシンは見つかりましたか?

レザーを使った手芸は時間と手間がかかるものですが、そのなかで小さな工程を重ねて完成を目指すのが楽しみの一つです。レザークラフト用ミシンはそんな楽しさをそのままに、肉体的な負担を軽くしてくれる便利なアイテム。使い勝手の良いレザークラフト用ミシンを選んで、素敵なレザー製品作りを楽しみましょう!


記事監修(ランキングを除く):松村敏則(日本ミシンサービス株式会社)

https://www.mishin-shop.co.jp/

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す