• ハンディミシンのおすすめ人気ランキング10選【手動式・電動式】のアイキャッチ画像1枚目
  • ハンディミシンのおすすめ人気ランキング10選【手動式・電動式】のアイキャッチ画像2枚目
  • ハンディミシンのおすすめ人気ランキング10選【手動式・電動式】のアイキャッチ画像3枚目
  • ハンディミシンのおすすめ人気ランキング10選【手動式・電動式】のアイキャッチ画像4枚目
  • ハンディミシンのおすすめ人気ランキング10選【手動式・電動式】のアイキャッチ画像5枚目

ハンディミシンのおすすめ人気ランキング10選【手動式・電動式】

ホチキスのようなフォルムが特徴的な「ハンディミシン」。洋服の裾上げや、ちょっとほつれを直したいときにも、サッと使えて便利ですよね。しかし、一口にハンディミシンと言っても電動式と手動式があり、サイズもさまざま。デニムが縫えるマクロスのラフィや、初心者でも扱いやすいKOJIRAなど、たくさんのメーカーから販売されているため、選ぶのに迷ってしまいます。

そこで今回は、ハンディミシンの選び方と、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介。記事後半では、スムーズに使いこなすためのコツもご紹介しています。お気に入りの商品を見つけて、手軽にソーイングを楽しんでみませんか?

  • 最終更新日:2020年02月10日
  • 108,583  views
目次

使い勝手バツグン!ハンディミシンの魅力

使い勝手バツグン!ハンディミシンの魅力

いつでもどこでもササッと使えるハンディミシン。手縫いは苦手…という方でも片手で簡単に使える上に、もし失敗しても簡単にほどくことができるので、初心者でも安心して使用できます。気になるほつれを見つけたとき、カーテンなら吊るしたまま、スカートやパンツなら履いたまま縫うことが可能


場所を取る大きなミシンをわざわざセットする必要もなく、収納場所にも困りません。リーズナブルな価格帯で持ち運びにも便利。ちょっとだけ縫いたいときなど使い勝手バツグンなので、1つは持っておきたいアイテムです。

ハンディミシンの選び方

それではまず、ハンディミシンの選び方をご紹介していきます。

用途に合わせてタイプを選ぶ

ハンディミシンは、大きく手動と電動の2つのタイプに分かれます。それぞれの特徴を押さえて、用途に合ったものを選んでいきましょう。

長さ・厚みのある布を縫うなら「電動式」がおすすめ

長さ・厚みのある布を縫うなら「電動式」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

スカートやカーテンの裾など、長さのある布をパワフルに縫いたいなら、電動式がおすすめ。スイッチ一つで自動的に布を送りながら、スイスイ縫い進めることができます。デニムなど、少し厚みのある布もしっかり縫うことができます。力を入れる必要がないため、手が疲れる心配もありません。

糸ほつれの補修・小物縫いのみに使うなら「手動式」が◎

糸ほつれの補修・小物縫いのみに使うなら「手動式」が◎
ちょっとしたほつれを直したり、小物を縫う時だけに使うなら、手動式がおすすめです。ホチキスと同じように指でカチカチと布を挟んで縫っていくので、自分の好きなスピードで縫えるのがメリット。自動で進むペースについていけない方、自分のペースで縫いたいという方に最適です。

電動タイプよりコンパクトなサイズ感なので、持ち歩きにも便利。ただし押す時にある程度力がいるため、長く縫っていると指が疲れてしまうのが難点かも知れません。

使用する場面に合った電源をチョイス

電動タイプの電源は、主に3パターン。ご自分が使用する場面を考えて、使いやすいタイプを選んでいきましょう。

オフィス・旅行など、外出先で使うなら乾電池式が便利

オフィス・旅行など、外出先で使うなら乾電池式が便利

電池で動くタイプは、コードレスで使えるため取り回しがバツグン!旅行など外出先で使いたい方におすすめです。ただし、電池が少なくなるとパワーが落ちてくるのがデメリット。たっぷり使う可能性があるなら、予備の電池も持ち歩きましょう。

ACアダプタタイプは自宅向き

ACアダプタタイプは自宅向き

自宅で使うことが多いなら、ACアダプタタイプがおすすめ。スカートの裾を縫いたい、カーテンのほつれを修繕したいときなど、コンセントを差し込めばいつでも便利に使えます。電池タイプよりパワフルに使えることもポイントです。

オフィスで使えるUSBタイプもおすすめ

オフィスで使えるUSBタイプもおすすめ

USBタイプなら、パソコンなどにつないでオフィスで使うこともできます。仕事中、スーツの裾ほつれがちょっと気になったときなど、サッと使えてとっても便利です。市販のUSB変換アダプタにつなげれば、コンセントに挿して使用することも可能。幅広いシーンで利用できますよ。

サイズ・重さも大事なポイント

サイズ・重さも大事なポイント

出典:amazon.co.jp

片手で使うハンディミシンは、自分の手に合ったサイズの商品を選ぶのがおすすめ。例えば電動タイプであれば、長さは20cmほどが主流なので、使いやすいものを探してください。


重さは100gほどから、300gを超えるものまで、商品によってさまざまです。片手で使うのに負担がないかどうか、ペットボトルなどを持ってイメージしてみるといいでしょう。自分の手の大きさとのバランスも考えながら、持ちやすいサイズ・重さのものを選んでください。

付属品の有無もしっかりチェック

付属品の有無もしっかりチェック
本体以外の付属品も気になるところ。ボビンの数が多ければ、いちいち巻き直さなくてもさまざまな色が使えて便利です。予備の針が多めにセットされていれば、万が一折れてしまっても安心。他にも糸通し・ミニはさみ・メジャーなど、欲しい物が付いているかどうかはよく確認しましょう。

説明書が付いているかどうか、また英語が苦手な方は、日本語で書かれているかも必ずチェックしてください。電動タイプは電池やACアダプタがないとすぐに使えません。付属品に入っていなければ、あわせて購入しておくとよいでしょう。

ハンディミシンのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人気のハンディミシンをランキング形式でご紹介します。選び方でご紹介したタイプや、付属品についてもまとめていますので、選ぶときの参考にしてみてくださいね。

10位

SODIAL (R)ポータブル小さなポケットミシン

AEQW-WER-AW124618

266円

電動or手動手動
電源
サイズ記載なし
重さ90.7g
付属品糸通し・糸巻き棒
9位
電動or手動電動
電源単3電池4本・ACアダプタ(共に別売り)
サイズ20.7×3.4×7.3cm
重さ300g
付属品ボビン・針・糸通し・糸立て軸・取扱説明書(英語)各1つ・糸立て軸×3
8位

SODIALポータブル ハンドヘルドミシン

TRTA11A

882円

電動or手動電動
電源単3電池4本(別売り)
サイズ20.5×4×7.5cm
重さ記載なし
付属品ボビン×2・糸通し・糸巻き棒・針・説明書(英語)各1個
7位
電動or手動電動
電源単3電池4本・ACアダプタ(共に別売り)
サイズ27×5×8.5cm
重さ記載なし
付属品スピンドル(ミシン糸用)・糸通し・予備ボビン(3個)・予備ミシン針
6位
ハンディミシン αスペース 片手で縫える ポータブル ハンディミシン 1枚目
出典:amazon.co.jp

αスペース片手で縫える ポータブル ハンディミシン

AF-HM508

1,162円 (税込)

電動or手動手動
電源
サイズ11×4.5×7cm
重さ130g
付属品糸通し・ミシン糸取付用棒
5位
電動or手動電動
電源単3電池4本(別売り)
サイズ28x24.4x5.4cm(外装)
重さ 460g(パッケージ)
付属品糸巻き×9針・糸通し・ミニはさみ・メジャー・日本語取扱説明書
4位

富士パックス販売電動ハンドミシン アミーガー

SV-1655

1,813円 (税込)

電動or手動電動
電源単3電池4本(別売り)
サイズ21×5×7.2cm
重さ240g
付属品糸巻き白・黒・赤(内白は本体セット済み)・糸通し・糸立て軸各1個・針2本
3位
電動or手動電動
電源単3電池4本・ACアダプタ(共に別売)
大きさ21×4.5×7cm
重さ270g
付属品スピンドル・糸通し・予備ミシン針各1個・予備ボビン3個
2位
電動or手動電動
電源USB・単3電池4本(別売り)
サイズ21×5×7cm
重さ230g
付属品ビン3個(内1個は本体セット済み)・スピンドル・予備ミシン針・USBケーブル(70cm)
1位

kojira【令和最新版】ハンディミシン

kojira-frj1

1,399円

電動or手動電動
電源単3乾電池4本(別売り)
サイズ21×5×7.2cm
重さ約230g
付属品糸通し・糸立て軸・予備の針・ミニはさみ・糸巻・説明書・テープメジャー・ボタン・ピン

人気ハンディミシンの比較一覧表

商品画像
1
ハンディミシン kojira 【令和最新版】ハンディミシン 1枚目

kojira

2
ハンディミシン WEIMALL 電動 ハンドミシン 1枚目

WEIMALL

3
ハンディミシン マクロス スマート ハンディー ミシン

マクロス

4
ハンディミシン 富士パックス販売 電動ハンドミシン アミーガー 1枚目

富士パックス販売

5
ハンディミシン Zerotone ハンディミシン  1枚目

Zerotone

6
ハンディミシン αスペース 片手で縫える ポータブル ハンディミシン 1枚目

αスペース

7
ハンディミシン マクロス ハンディーミシン ラフィ  1枚目

マクロス

8
ハンディミシン SODIAL ポータブル ハンドヘルドミシン 1枚目

SODIAL

9
ハンディミシン Yosoo コンパクトミシン  1枚目

Yosoo

10
ハンディミシン SODIAL (R) ポータブル小さなポケットミシン 1枚目

SODIAL (R)

商品名

【令和最新版】ハンディミシン

電動 ハンドミシン

スマート ハンディー ミシン

電動ハンドミシン アミーガー

ハンディミシン

片手で縫える ポータブル ハンディミシン

ハンディーミシン ラフィ

ポータブル ハンドヘルドミシン

コンパクトミシン

ポータブル小さなポケットミシン

特徴充実機能のコードレス電動ハンディミシン電池でもUSBでも!あらゆるシーンに便利ちょっとした縫い物にさっと使える、コンパクトなミシンセット内容充実の軽量&コンパクトミシン豊富な付属品+わかりやすい説明書付きカラフルでリーズナブル!手のひらに納まるサイズ感が◎厚手の生地にも対応。持ちやすさもバツグン!シルクからデニムまで、いろんな種類の生地に!どこでも使える電池・ACアダプタ対応タイプおもちゃ気分で使える、かわいい手動ミシン
最安値
要確認
1,980
送料要確認
詳細を見る
2,307
送料要確認
詳細を見る
1,813
送料要確認
詳細を見る
3,031
送料要確認
詳細を見る
1,162
送料要確認
詳細を見る
1,970
送料別
詳細を見る
要確認
1,825
送料要確認
詳細を見る
要確認
電動or手動電動電動電動電動電動手動電動電動電動手動
電源単3乾電池4本(別売り) USB・単3電池4本(別売り)単3電池4本・ACアダプタ(共に別売)単3電池4本(別売り)単3電池4本(別売り)単3電池4本・ACアダプタ(共に別売り)単3電池4本(別売り)単3電池4本・ACアダプタ(共に別売り)
サイズ21×5×7.2cm21×5×7cm21×4.5×7cm21×5×7.2cm28x24.4x5.4cm(外装)11×4.5×7cm27×5×8.5cm 20.5×4×7.5cm20.7×3.4×7.3cm記載なし
重さ約230g230g270g240g 460g(パッケージ)130g記載なし記載なし300g90.7g
付属品糸通し・糸立て軸・予備の針・ミニはさみ・糸巻・説明書・テープメジャー・ボタン・ピンビン3個(内1個は本体セット済み)・スピンドル・予備ミシン針・USBケーブル(70cm)スピンドル・糸通し・予備ミシン針各1個・予備ボビン3個糸巻き白・黒・赤(内白は本体セット済み)・糸通し・糸立て軸各1個・針2本糸巻き×9針・糸通し・ミニはさみ・メジャー・日本語取扱説明書糸通し・ミシン糸取付用棒スピンドル(ミシン糸用)・糸通し・予備ボビン(3個)・予備ミシン針 ボビン×2・糸通し・糸巻き棒・針・説明書(英語)各1個ボビン・針・糸通し・糸立て軸・取扱説明書(英語)各1つ・糸立て軸×3糸通し・糸巻き棒
商品リンク

ハンディミシンを上手に使うコツ

コンパクトで手軽なハンディミシンですが、説明書が付いていなかったり、英語のみで書かれていることも多いアイテム。口コミでは使いこなせないという声も多く見られます。快適にソーイングを楽しむため、最後にちょっとしたコツをいくつかご紹介しておきましょう。

使い方は動画をチェックするのがおすすめ

使い方は動画をチェックするのがおすすめ
もし説明書が付いていなかったり、英語バージョンしかなかった場合は、自分が持っているハンディミシンと全く同じ機種でなくても、似たタイプの商品を紹介した動画を参考にするのがおすすめ

正しい使い方がわからずに作動させると、失敗や故障の原因にもなります。YouTubeを検索すれば、ハンディミシンの動画がいくつか見つかりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ポイントは縫い終わりの処理!

ポイントは縫い終わりの処理!

出典:amazon.co.jp

ハンディミシンは、縫い終わりの処理が重要。通常のミシンは上糸と下糸で縫っていきますが、ハンディミシンは下糸を使いません。上糸だけでチェーンステッチのように縫っていくため、糸を引っ張ると簡単にほどける点に注意が必要。

ミシンと違い、最後に返し縫い処理ができないため、糸を結んでほどけないように止めることが必須。裏側から指または糸通しを使って糸を引っ張り、輪を作って結んで止めるのが一般的です。感じとしては手縫いの玉止めに近いかも知れません。


この作業をしないと、スルスル簡単にほどけてしまいます。縫い終わりは必ず、結んで止めることを忘れないでくださいね。

布の厚さ・糸の太さにも注意

布の厚さ・糸の太さにも注意
一般的なミシン同様、ハンディミシンにも布の押さえがあるので、あまり厚い生地を挟むことはできません。特に手動タイプは、自分の指で押して縫い進めるので、厚い生地だと指が痛くなってしまうことも。

電動タイプの中には、デニム2枚くらいまでOKと書かれた商品もあります。外箱や説明書を確認し、どんなタイプの生地に対応しているかをチェックしましょう。ナイロンなど滑りやすかったり薄すぎる生地の場合、布をうまく送ることができずに空回りしてしまうケースがあるので、注意が必要です。

また商品によっては、使える糸の太さも限られています。もともとボビンに巻かれている糸を参考に、何番の糸が使えるのか確認しておきましょう。

本格的なミシンがあればさらに便利!

洋裁を楽しむなら、やはり本格的なミシンも欲しいですよね。下の記事では、初心者にもおすすめの「家庭用ミシン」、サイズ感がいい「コンパクトミシン」、桁違いのパワーが魅力の「職業用ミシン」の人気商品をご紹介しています。気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

ハンディミシンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ハンディミシンのYahoo!ショッピング売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回は、ハンディミシンの選び方と、人気商品をランキング形式でご紹介しました。コンパクトで持ち運びにも便利な上、手縫いより手早く簡単に縫うことができる優秀なアイテム。

目的にぴったり合ったモデルを選べば、オフィスに常備したり旅行に携帯するなど、幅広いシーンで活用できます。手軽な応急処置の道具として、あなたのソーイングセットに加えてみませんか?

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す