• 自由錐のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 自由錐のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 自由錐のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 自由錐のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 自由錐のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

自由錐のおすすめ人気ランキング10選

自由なサイズの丸い穴を開けられる工具、「自由錐」。自在錐やサークルカッターとも呼ばれることもあるアイテムです。スターエム・神沢以外・ミツトモ・MKK・トラスコ山中などのメーカーから販売され、木工用に適したタイプ・金属用に適したタイプなど違いもさまざまなので、どれを購入しようか迷うこともありますよね。

そこで今回は、通販で購入できる自由錐のおすすめ人気ランキングをご紹介します。またインパクトドライバーにも取り付けられる便利な自由錐と、安全カバーも番外編で取り上げました。ぜひワンランク上の作品を作るためにも、自由錐を取り入れてみてください!
  • 最終更新日:2019年12月16日
  • 6,764  views
目次

木材や金属に自由に穴をあけたい時に!

木材や金属に自由に穴をあけたい時に!

出典:amazon.co.jp

自由錐(じゆうきり)は木材や金属に穴を開ける工具。その名前のように、穴の直径を自由に変えられるのが特徴です。ドリルやホルソーでも穴を開けることはできますが、サイズが違う穴を開けたい時には、サイズごとに適したものを揃える必要がありました。しかし、自由錐がひとつあれば、開けたい幅を自由に替えて使えるので、とても便利になりますよ。

また、電気ドリル・インパクトドライバー・ボール盤など、回転する電動工具に取り付けるだけで使えるのもうれしいポイント。持っている道具を活かせば、特別な機械はいらないので、とても手軽にそしてあまりお金をかけなくても取り入れることができます。DITなどで穴を開けたいことが多い方は、ひとつ持っておくことをおすすめします。

自由錐の選び方

まずは、自由錐を選ぶポイントを見ていきましょう。

取り付ける電動工具の種類に適した刃を選ぶ

自由錐には、一枚刃と二枚刃の2種類があります。使用する電動工具や用途により、どちらを使うか分かれるのでよく理解して使いましょう。

二枚刃:手で持って使う電動工具でも、安定して使える

二枚刃:手で持って使う電動工具でも、安定して使える

出典:amazon.co.jp

手で持って使う電気ドリルのような電動工具に自由錐を装着したい場合は、こちらの二枚刃タイプを使ってください。二枚刃タイプは写真のように、左右に刃がある形状をしているので、安定性が高いからです。これなら手ブレでズレやすい電気ドリルでも、キレイな穴を開けられます。また主に木工用に自由錐を使いたい場合は、二枚刃タイプに電気ドリルの組み合わせで大丈夫です。

一枚刃:ボール盤のような固定できる電動工具で使う

一枚刃:ボール盤のような固定できる電動工具で使う

出典:amazon.co.jp

自由錐で金属の穴あけをする場合は、ボール盤にこちらの一枚刃タイプを取り付けましょう。一枚刃タイプは写真のように、左右どちらかにしか刃がありません。手で持って使うタイプの電動工具に取り付けると、ズレやすくキレイな穴を開けるのは困難です。しかし自由錐をしっかり固定して使うボール盤の場合は、ズレることもなくキレイに穴を開けることができます。

取り付ける電動工具と切断したい素材に注目

刃が一枚か二枚かという数以外にも、取り付ける電動工具や切断したい素材により種類が分かれます。

取り付ける電動工具に合わせる

取り付ける電動工具に合わせる

出典:amazon.co.jp

自由錐を取り付ける電動工具は、木工用なら電動ドライバーかボール盤で金属用はボール盤です。しかし一部で、インパクトドライバーにも、取り付けられるタイプがあります。もしインパクトドライバーしか持っていなかったら、取り付け可能タイプを購入しましょう。

なおボール盤は金属用の自由錐はともかく、木工用のものだと取り付け不可もあります。取り付け不可のものを、無理に取り付けると破損の原因になるので注意してください。

切断したい素材に合った刃を選ぶ

切断したい素材に合った刃を選ぶ

出典:amazon.co.jp

柔らかい木材は、大体の自由錐で穴を開けることができます。ただし硬い金属に穴を開けたいなら、専用の刃を持った自由錐を使いましょう。これを守らないと、途中で刃が折れて事故に繋がることも考えられます。

なおサイディングボードといった硬い素材も、刃先をダイアモンドチップや硬質チップにすることで対応できるタイプが販売されています。

サイズは穴の直径と深さを確認する

サイズは穴の直径と深さを確認する

出典:amazon.co.jp

どのくらいの直径の穴を開けられるかは、付いているバーの長さによって決まり、バーが長いほど、より広い直径まで調節できます。サイズはスペックに、直径30~130mmという風に書いてあるので確認してください。バーには基本的に目盛りが振ってあるので、定規などが無くても簡単に調整できます。

また、このときに注意するのは、調整方法の確認です。できるだけ、調整ねじやハンドルねじが付いているタイプを購入してください。一部六角レンチで締めるタイプがあり、こちらは手間がかかるので少々使いにくくなります。

刃の交換ができるタイプだと長く使える

刃の交換ができるタイプだと長く使える

出典:amazon.co.jp

どのような刃もそうですが、自由錐の刃も消耗品です。そのため取り外しが可能で、取り替え刃が販売されている大手製を使うと長持ちしますよ。また、販売されている替え刃は、各社ごと微妙に違うため、基本的に同メーカーのものを使うことになります。なお一部海外製の自由錐で、刃がスライドする部分と一体化していて、交換できないタイプがあるので注意してください。

もしものときに備えて安全ストッパーを!

もしものときに備えて安全ストッパーを!

出典:amazon.co.jp

バーの端には、安全ストッパーと呼ばれる器具が付いています。これがあるため、うっかりスライド部分のねじを緩めたまま使っても、飛んでくることがありません。また国産の自由錐は数社から出ていて、どのメーカーも安全バーを付けているので安心です。

ところが輸入品と思われる、ノーブランド系の自由錐がネット通販では販売されていて、こちらは安全バーが付いていないタイプがあります。そこで、輸入品は低価格で購入できるメリットはあるものの、安全性を考えて国内メーカーの自由錐がおすすめです。

【木工用】自由錐のおすすめ人気ランキング5選

それでは、おすすめの自由錐を木工用と金属用に分けてご紹介します。まずは、木工用のランキングを見ていきましょう。
5位
自由錐 ミツトモ 木工用サークルカッター 1枚目
出典:amazon.co.jp

ミツトモ木工用サークルカッター

2,180円 (税込)

穴径30~150mm
対応深さ30mm(片側)・50mm(両側)
対応した電動工具電動ドリル・ボール盤
サイズ調整方法六角レンチ
4位
穴径60~200mm
対応深さ30mm(片側)・60mm(両側)
対応した電動工具電動ドリル
サイズ調整方法ハンドルねじ
3位
穴径40~120mm
対応深さ28mm
対応した電動工具電動ドリル(10mm以上)・ボール盤
サイズ調整方法蝶ねじ
2位
穴径40~120mm
対応深さ30mm
対応した電動工具電動ドリル・ボール盤
サイズ調整方法蝶ねじ
1位
穴径25mm(片側)・50mm(両側)
対応深さ電動ドリル(1500回転/分以上の高速回転は不可)
対応した電動工具六角レンチ
サイズ調整方法

おすすめ人気【木工用】自由錐の比較一覧表

商品画像
1
自由錐 スターエム 自在錐 木工用 1枚目

スターエム

2
自由錐 神沢 自由錐 木工用 1枚目

神沢

3
自由錐 神沢 自由錐 厚板用B型 1枚目

神沢

4
自由錐 スターエム ワンタッチ自在錐  1枚目

スターエム

5
自由錐 ミツトモ 木工用サークルカッター 1枚目

ミツトモ

商品名

自在錐 木工用

自由錐 木工用

自由錐 厚板用B型

ワンタッチ自在錐

木工用サークルカッター

特徴キレイな穴が開くと評判!値段もリーズナブル二枚刃で安定感アップ。大きな蝶ねじもポイント厚い板もOKな一枚刃タイプ大きなハンドルねじで調整が楽々他より大サイズの穴があけられる
最安値
2,606
送料要確認
詳細を見る
2,850
送料別
詳細を見る
2,013
送料別
詳細を見る
5,469
送料無料
詳細を見る
2,180
送料無料
詳細を見る
穴径25mm(片側)・50mm(両側)40~120mm40~120mm60~200mm30~150mm
対応深さ電動ドリル(1500回転/分以上の高速回転は不可)30mm28mm30mm(片側)・60mm(両側)30mm(片側)・50mm(両側)
対応した電動工具六角レンチ電動ドリル・ボール盤電動ドリル(10mm以上)・ボール盤電動ドリル電動ドリル・ボール盤
サイズ調整方法蝶ねじ蝶ねじハンドルねじ六角レンチ
商品リンク

【金属用】自由錐のおすすめ人気ランキング4選

こちらは金属用に最適化されており、ボール盤に取り付いて鉄板やアルミ板を切断することができます。
4位
穴径25~125mm
対応深さ1.2mm(アルミ)・1.5mm(薄鉄板)
対応した電動工具ボール盤
サイズ調整方法六角レンチ
3位

トラスコ中山サークルカッター鉄工用

2,710円 (税込)

穴径25~125mm
対応深さ1.2mm(アルミ)・1.5mm(薄鉄板)
対応した電動工具ボール盤など
サイズ調整方法六角レンチ
2位
穴径20~76mm
対応深さ2mm(鉄板)・4mm(アルミ板
対応した電動工具電動ドリル(スタンド付きの10mm以上)・ボール盤
サイズ調整方法蝶ねじ
1位
自由錐 MKK モトコマ 自在ソー 金工用 1枚目
出典:amazon.co.jp

MKKモトコマ 自在ソー 金工用

WJ-120SH

2,610円 (税込)

穴径20~120mm
対応深さ2mm(鉄板)・4mmm(アルミ)
対応した電動工具ボール盤
サイズ調整方法蝶ねじ

おすすめ人気【金属用】自由錐の比較一覧表

商品画像
1
自由錐 MKK モトコマ 自在ソー 金工用 1枚目

MKK

2
自由錐 神沢 自由錐 金工用 1枚目

神沢

3
自由錐 トラスコ中山 サークルカッター鉄工用 1枚目

トラスコ中山

4
自由錐 新潟精機 サークルカッター  1枚目

新潟精機

商品名

モトコマ 自在ソー 金工用

自由錐 金工用

サークルカッター鉄工用

サークルカッター

特徴穴径と対応深さのバランスが良い穴のサイズは狭いが、厚みがある鉄板もOK取り付け可能な電動工具が幅広い作りがしっかりしていて精度が高い
最安値
2,610
送料別
詳細を見る
3,036
送料別
詳細を見る
2,710
送料別
詳細を見る
2,590
送料要確認
詳細を見る
穴径20~120mm20~76mm25~125mm25~125mm
対応深さ2mm(鉄板)・4mmm(アルミ)2mm(鉄板)・4mm(アルミ板1.2mm(アルミ)・1.5mm(薄鉄板)1.2mm(アルミ)・1.5mm(薄鉄板)
対応した電動工具ボール盤電動ドリル(スタンド付きの10mm以上)・ボール盤ボール盤などボール盤
サイズ調整方法蝶ねじ蝶ねじ六角レンチ六角レンチ
商品リンク

番外編:インパクトドライバー用・安全カバーのおすすめ2選

最後に、インパクトドライバーで自由錐を使いたいという方に、おすすめの商品をご紹介します。また安全性を高めてくれる、安全カバーも載せましたので、不安な方はそちらを使ってみてください。

スターエムスターエム 充電ドリル用自在錐

2,588円 (税込)

穴径30~120mm
対応深さ12mm(片側)・24mm(両側)
対応した電動工具ンパクトドライバー・電動ドリルなど
サイズ調整方法六角レンチ
対応サイズ200mmまで

おすすめ人気インパクトドライバー用・安全カバーの比較一覧表

商品画像
自由錐 スターエム スターエム 充電ドリル用自在錐 1枚目

スターエム

自由錐 スターエム 安全カバーB  1枚目

スターエム

商品名

スターエム 充電ドリル用自在錐

安全カバーB

特徴インパクトドライバー対応の自由錐刃の飛び出し防止だけでなく、粉じんも閉じ込める
最安値
2,588
送料要確認
詳細を見る
3,847
送料無料
詳細を見る
穴径30~120mm200mmまで
対応深さ12mm(片側)・24mm(両側)
対応した電動工具ンパクトドライバー・電動ドリルなど
サイズ調整方法六角レンチ
商品リンク

ケガに注意!自由錐を使う時の注意点

ケガに注意!自由錐を使う時の注意点

出典:amazon.co.jp

工具類の中でも自由錐は、気を付けて使わないと大怪我するので注意してください。ポイントは取り付けをしっかりすることと、安全メガネをして作業することです。この二つを守れば、怪我する確率を大幅に減らせます。

まず自由錐で一番避けるべきことが、回転しているため、抜けて刃が飛んで来ること。回転速度もかなりあるので、場合によっては深く突き刺さり非常に危険です。そこで取り付けの際はきっちりと締めてあるか、調節ネジを確認しましょう。最後にもしもの時に備えて、安全メガネや保護カバーを付ければ安全に作業できます。

穴をあける便利な工具は他にもいろいろ

自由錐と同じように穴をあける工具は他にもあります。DIYが趣味の方は用途に応じて、いろいろ揃えておくと便利。以下の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

自由錐の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、自由錐のAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめの自在錐を、木工用と金属用に分けてご紹介しました。

キレイで大きな丸い穴を開けられる、とても便利な工具です。しかし気を付けて使わないと、大怪我する可能性もある工具なので、注意点も載せました。DIYの基本は怪我しないことなので、正しく使って美しい作品を作ってくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す