• E0441ab99f07189417b722d450f215ded8f2c102
  • C826dd59445a3b277436f2a232d1175c5f5cf61d
  • B9143eb7ef36e3235c209f3b24a4e3462c46586f
  • D25b63daec4b78e28037847c2e28c5a655824c36
  • 5bb4640cc5c4dccd5d734a42e4159b76169e393b

面取りカッターのおすすめ人気ランキング7選

ネジを通すための下穴の面取りが簡単にできる「面取りカッター」。バリを取り除くだけでなく、ねじの頭を飛び出さないようにしてくれると人気です。ハイス・超硬チップ製・鋼製など刃の違い、サイズの違いもあるため、どれを購入しようか迷うことがありますよね。

そこで今回は、通販で購入できる面取りカッターのおすすめ人気ランキングをご紹介します。面取りカッターを導入して、ワンランク上の作品を作りましょう!

最終更新日:2017年10月11日 | 261views

面取りカッターの選び方

面取りカッターの選び方をまとめました。こちらを参考にして、最適な面取りカッターを見つけてください。

材料に合わせて、刃の材質を使い分ける

面取りカッターで削れる材料は、木材・金属・プラスチックなどさまざまです。ただし材料の硬さにより、最適な刃を使わないと消耗が激しく、途中で折れる危険性もあるのでチェックしていきましょう。

金属や硬い木材に向いた「ハイス・超硬チップ製」

面取りカッターの基本は、主流で販売数も多く対応できる幅も広いハイス製です。これはハイスピードスチールの略称で高速度工具鋼とも呼ばれます。柔らかい木材から金属まで面取りが可能なので、こちらを選べば大体は対応できます。ただし、あまり分厚い金属は難しく、ものによってはアルミニウムや薄い鉄板が限界なので気を付けてください。

もうひとつの超硬チップはあまり販売数は多くないものの、ハイスよりも硬く重いのが特徴です。そのため、ハイスでは無理な硬い材料は、超硬チップを使いましょう。

柔らかい針葉樹に向いた「鋼製」

包丁にも使われている鋼(はがね)で、こちらの面取りカッターは主に柔らかい木材に使います。柔らかい木材とはスギなどの、加工がしやすいタイプ。硬いカシなど加工がしにくい木材は、消耗が激しいのでハイス製を使ってください。

鋼製タイプは、鋼の一種である炭素鋼が面取りカッターで多く使われています。ただ面取りカッターを購入する場合は、鋼製は避けてハイスのほうがいろいろと使えるのでおすすめします。

サイズは使うネジの大きさに合わせる

サイズは、使うネジ頭の大きさに合わせて購入しましょう。また小さすぎると、ネジ頭が収納できずに突き出てしまうため、同じか余裕を持って少々大きなサイズを選んでください。例えばネジ頭が6mmなら、面取りカッターのサイズは6~8mmくらいになります。

セット商品の購入がおすすめ

面取りカッターにも、サイズ別が数本セットになったタイプがあります。セット品のほうが単品で購入するよりも、コスパが良いのでおすすめです。ただしあまり安いセット品は、品質が悪く壊れやすかったりスムーズに削れなかったり問題が発生しやすいので注意してください。

特に、面取りカッターをよく使う場合は、セット品ではなく質を優先して選んだほうが長く使えて経済的です。

ビットの形状は、使う電動工具から選ぶ

持っている電動工具がインパクトドライバーの場合は、必ず六角軸のピットになっている面取りカッターを選んでください。インパクトドライバーで使えるビットは六角軸のみで、ストレート軸は取り付けできないからです。意外と忘れがちなポイントで、間違えてしまう方も多いため注意しましょう。

逆にドリルドライバーを持っている場合は、六角軸とストレート軸のどちらも使えるのであまり気にしなくて大丈夫です。

面取りと穴あけが同時にできる「皿取り錐」は便利

面取りカッターの中には、先端にドリルが付いていて、面取りと同時に穴あけができる「皿取り錐」があります。これなら、いちいちドリルと面取りカッターを入れ替える必要がないので便利ですよ。

選び方は普通の面取りカッターと同じで、材質により使える材料が変わるので適したものを選択してください。なおこちらは、ランキング後の番外編で少しだけご紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

面取りカッターのおすすめ人気ランキング7選

それではおすすめの面取りカッターをご紹介します。またランキング後に番外編として、面取りと穴あけの両方を同時に行える、皿取り錐もご紹介しているので、見てみてくださいね!

7位:YRK 六角軸チタンコーティング面取りカッターⅠ

YRK 六角軸チタンコーティング面取りカッターⅠ
798円(税込)

・サイズ:12mm(ヘッド直径)
・材質:ハイス・チタンコーティング
・シャンク:6.35mm六角軸
・刃先角度:90度

切れ味抜群で、バリをキレイに除去できる

単品販売になりますが、作りがしっかりとしていて、品質を重視する方におすすめの面取りカッターです。表面はチタンでコーティングされており、チタンは錆びにくく、汚れやゴミが付着しにくいなどメリットがあります。今回は代表して12mmを選択したものの、8mmや16mmなどもあるのでサイズは必要なものを選んでください。こちらはシャンクが六角軸になっているので、インパクトドライバーでも使えますよ!

6位:新潟精機 SK 面取りカッター

新潟精機 SK 面取りカッター MC-12
1,933円(税込)

・サイズ:12mm(ヘッド直径)
・材質:ハイス
・シャンク:6mmストレート
・刃先角度:-

値段は高いが、プロも使える高性能品

プロも使うような高品質の面取りカッターが欲しい場合は、新潟精機の面取りカッターをおすすめします。1本だけでも他のセット品の値段と同じくらいはするので、びっくりするかもしれません。しかしプロの方も使えるような、頑丈な作りになっているため、長い目で見ると経済的です。

サイズは8mm・12mm・15mmの3種類と、少なめになっています。また、穴あきタイプもあるので、好みでどちらか選んでください。切れ味も鋭くキレイに面取りができるので、高くても購入する価値がありますよ!

5位:Antoop 面取りカッター 3本セット

Antoop 面取りカッター 3本セット
890円(税込)

・サイズ:12mm・16mm・19mm(ヘッド直径)
・材質:炭素鋼
・シャンク:6.35mm六角軸
・刃先角度:90度

1000円以下で購入できるお得なセット

面取りカッターがどのような商品なのか試したい方は、こちらの気軽に購入できるセットをおすすめします。3本だけのセットですが、1000円以下で購入できるコスパ良い面取りカッターです。六角軸なので、インパクトドライバーやドリルドライバーのどちらでも使えますよ。

リーズナブルな値段でも、作りはしっかりしており、問題なくバリを取ってくれます。なお、サビ防止のためにオイルが塗ってあるため、使用前に拭き取ってから使ってくださいね。

4位:KRW 面取りカッター 穴開タイプ 4セット

KRW 面取りカッター 穴開タイプ 4セット
1,890円(税込)

・サイズ:6mm・9.7mm・14mm・21mm・28mm(ヘッド直径)
・材質:ハイス
・シャンク:6mm・8mm・10mm・12mmストレート
・刃先角度:-

穴あきタイプが便利なセットに!

こちらは今までの面取りカッターとは違う、穴あきタイプになっています。刃がないように思いますが、斜めに大きな穴が貫通しており、この穴の周囲がバリを削り取ってくれます。また削り取ったバリは、反対側の穴から排出されるので、意外と合理的な形ですね。

このセットをおすすめしたのは、他にはあまりない28mmという大サイズも入っているためです。もし、大きな穴を開けることが多いなら、ぜひこちらの面取りカッターを使ってみてください。

3位:MOHOO 面取りカッター 5刃数

MOHOO 面取りカッター 5刃数
1,860円(税込)

・サイズ:6mm・10mm・13mm・16mm・19mm(ヘッド直径)
・材質:ハイス
・シャンク:6.5mmストレート
・刃先角度:82度

頑丈なケース付きで持ち運びやすい

持ち運びが多い場合は、金属製の丈夫な収納ケースが付いてくるこちらもおすすめです。これならうっかり落としても、金属製のために割れることがありません。また収納ケースに加えて、面取りカッターは5つもセットになっています。

それから、サイズは6mmから19mmと一通り揃っており、どれもストレートシャンクです。このシャンクはどれも6.5mmで統一されているので、電動工具にも安心して取り付けられます。さらに少々分かりにくいものの、表面にはチタンコーティングがあるので、サビにくく、長期的に使える面取りカッターです。ちなみに、角度は90度ではなく、82度になっているため注意してください。

2位:スターエム ハイス六角軸面取カッター

スターエム ハイス六角軸面取カッター NO.5007 12MM
633円(税込)

・サイズ:12mm(ヘッド直径)
・材質:ハイス
・シャンク:6.35mm六角軸
・刃先角度:90度

人気のスターエム製は高い性能が魅力

面取りカッターの中では、スターエム製が特に人気になっています。その理由は、品質がしっかりしていて、キレイに削れるため。また六角軸なので、インパクトドライバーやドリルドライバーに取り付けて、気軽に使えるのも魅力ですね。

今回は代表して12mmを選択しましたが、他には6mm・8mm・10mmなど各種サイズが揃っています。サイズは1~2種類あれば十分という方や、キレイな作品を作りたい方は、スターエム製の面取りカッタ-を使いましょう。

1位:Baban 面取りカッター 6本セット

Baban 面取りカッター 6本セット 6mm-19mm
1,399円(税込)

・サイズ:6mm・8mm・12mm・16mm・19mm(ヘッド直径)
・材質:ハイス・チタンコーティング
・シャンク:六角軸
・刃先角度:82度

サイズがバランスよく入った便利な6本セット

Amazonの面取りカッターで、ベストセラー1位を獲得した人気商品。6本も入っているセット品で、チタンコーティングもあり、ぜひ最初に購入して欲しい面取りカッターです。サイズは6mmから19mmとよく使われるものが揃っていて、これだけあれば大体のサイズに対応できます。

また六角軸になっているので、インパクトドライバーとドリルドライバーのどちらでも取り付け可能です。切れ味はそこまで鋭い訳ではありませんが、面取りをするなら問題ないレベルです。これだけしっかりした面取りカッターを、6本もセットにしたコスパ抜群の商品なので、面取りカッターを使う場合は、ぜひBabanの面取りカッターを使ってください。

番外編:皿取り錐のおすすめ2選

面取りカッターを使っていると、いちいちドリルビットと取り換える必要があるので面倒に思うことも…。そこでおすすめなのが、面取りカッターとドリルビットが合体した「面取り錐」です。最後に番外編としてご紹介しますので、入れ替えが面倒な方は見てみてください。

MOHOO 穴あけ面取りカッター 7本セット

MOHOO 穴あけ面取りカッター 7本セット
2,050円(税込)

・サイズ:3×60mm・4×75mm・5×85mm・6×93mm・7×10mm・8×11mm・10×12mm(太さ×ドリル長さ)
・材質:ハイス
・シャンク:ストレート

3~10mmまでのサイズが一度に揃う!

皿取り錐のセット品の中でも特に本数が多く、3mmから10mmまでの7本が入っています。このセットで大体のサイズは揃うため、最初に購入する場合におすすめです。面取りカッターの部分は、付属している六角レンチで取り外しが可能。それだけでなく緩めれば移動できるので、面取りカッターの深さを自由に調整することができます。

Dophee 皿穴ドリルビット 4本組

Dophee 皿穴ドリルビット 4本組
985円(税込)

・サイズ:3×70mm・3.5×75mm・4×90mm・4.5×94mm(太さ×ドリル長さ)
・材質:ハイス
・シャンク:6.35mm六角軸

インパクトドライバーでも使える便利なセット

コスパの良さを重視する方は、こちらのセットがおすすめです。4本だけのセットですが、1000円ほどで購入できます。また木材だけでなく、金属も薄い物に限り穴あけが可能です。さらにシャンクは六角軸なので、インパクトドライバーでも使えますね。

金属にも使えるドリルは高いものの、これだけ低価格で購入できるのは魅力です。ただ穴を開けるだけでなく、面取りまで一気にやってくれるので、一度使うと手放せなくなりますよ!

面取りカッターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、面取りカッターのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめの面取りカッターをご紹介しました。

腕を磨いてもっとステキな作品を作りたい…という方は、ぜひ面取りカッターを導入してみてください。細かいところがきちんとしていないと、全体の印象も悪くなります。そのため手間はかかりますが、ドリルで開けた穴の面取りをするだけでも、作品の印象が大幅に変わりますよ!

関連記事

人気の記事

関連キーワード