1. TOP
  2. >
  3. アウトドア
  4. >
  5. アウトドアグッズ
  6. >
  7. 折りたたみバケツのおすすめ人気ランキング13選【キャンプや釣りにも!】
  • 折りたたみバケツのおすすめ人気ランキング13選【キャンプや釣りにも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 折りたたみバケツのおすすめ人気ランキング13選【キャンプや釣りにも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 折りたたみバケツのおすすめ人気ランキング13選【キャンプや釣りにも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 折りたたみバケツのおすすめ人気ランキング13選【キャンプや釣りにも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 折りたたみバケツのおすすめ人気ランキング13選【キャンプや釣りにも!】のアイキャッチ画像5枚目

折りたたみバケツのおすすめ人気ランキング13選【キャンプや釣りにも!】

高い収納力を活かして、幅広いシーンで活躍する「折りたたみバケツ」。キャンプ・釣りなどのアウトドアをはじめ、家用のバケツとしても人気のアイテムです。とはいえ、シリコン製や布製のものがあり、耐久性も商品によってさまざま。どれが良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、折りたたみバケツの選び方を解説するとともに、おすすめの人気アイテムをランキング形式でご紹介。ニトリ・伊勢藤などの人気アイテムもピックアップしています。購入を検討している方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

この記事に登場する専門家

Ayaka
くまさん
  • 最終更新日:2020年03月03日
  • 132,508  views
目次

キャンプや釣りで大活躍!折りたたみバケツの魅力とは

キャンプや釣りで大活躍!折りたたみバケツの魅力とは

折りたたみバケツの魅力は、何と言ってもそのコンパクトさ。パタパタと折りたためば厚さわずか4cmになる商品や、グシャッとまとめてカバンの中に入れておける商品などがあります。


大容量のバケツが欲しいけど、使わないときにスペースをとってしまうのが嫌だ…と考えている方にはぴったり。荷物を最小限にしたいキャンプツーリングや釣りなどのシーンにも最適です。また、排水口のあるものなら野菜を洗ったり、食器類の水切りをしたりするときにも便利に使えますよ。

折りたたみバケツの選び方

ここからは、折りたたみバケツの選び方を解説していきます。ぜひ、お気に入りのアイテムを探してみてくださいね。

携帯性と使い勝手で素材を選ぼう

折りたたみバケツの素材は、樹脂製と布製の2種類。携帯性や使い勝手を考慮して、自分にあった素材を選びましょう。

耐久性と安定感に長けた樹脂製。家用バケツや水汲み用に

耐久性と安定感に長けた樹脂製。家用バケツや水汲み用に

シリコンやエラストマーなどの樹脂製の商品は耐久性が高く、壊れにくいので、大量の水を運ぶのに最適。食料をまとめて持っていくバッグとしても使えるので、キャンプでも大活躍するでしょう。たたんで収納できる分、一般的なバケツのように場所をとってしまうこともありません。


ただし、携帯性に関しては布製に劣る点も。折りたためると言っても、ある程度の大きさと重さにはなってしまいます。荷物を減らしたい場面には、使いにくく感じてしまうかもしれません。

軽くてコンパクトな布製は、ソロキャンプにおすすめ。防災用としても

軽くてコンパクトな布製は、ソロキャンプにおすすめ。防災用としても

携帯性を重視する方には、布製がおすすめ。アウトドアシーンで使うことを想定しているので、布をたたむとかなり小さくなり、ほとんど荷物になりません。自立するものなら使い勝手も良く、キャンプシーンでも活躍します。


また、布製バケツは取り出して広げるだけで、すぐに使えるのも嬉しいポイント。防災グッズとしてもおすすめですよ。


ただし、普通のバケツとして使うのには不向きな場合も。耐久性と安定感は樹脂製に劣るので、あくまでもアウトドア用ということを覚えておきましょう。

容量は満水状態で1人で持ち上げられるものを

容量は満水状態で1人で持ち上げられるものを

水や荷物を入れても持ち運びやすいように、1人で持ち運びできる容量を選んでおくのがおすすめです。値段が同じだからと必要以上に大きいものを選ぶと、かえって使いづらいということにもなりかねません。


男性なら10〜16Lを、女性なら5〜10Lを目安に選んでみると、1人でも問題なく持ち運べますよ。ただし、外では足場が悪い場所も多いので、余裕を持っておくことをおすすめします。

取っ手は容量や運び方に合わせて。伸縮可能なショルダータイプも

取っ手は容量や運び方に合わせて。伸縮可能なショルダータイプも

折りたたみバケツは、片手タイプや両手タイプ、ショルダータイプのものなど、取っ手の形状もさまざまです。両手タイプなら、容量の大きいバケツも運べて便利ですが、アウトドアシーンでは両手がふさがってしまうのは難点。容量が小さめなら、片手で持ち運べるものがおすすめです。


また、取っ手の長さを調節できるのものならなお◎。取っ手を伸ばしてショルダーバッグのように持ち運べれば、両手もふさがらず安全に持ち運ぶことができます。取っ手の形状と合わせて、取っ手の長さや伸縮可能かどうかもチェックしておきましょう。

フタ付きや断熱仕様なら使い勝手抜群

フタ付きや断熱仕様なら使い勝手抜群

アウトドアの食材・ドリンクケースとして、釣りの際に釣った魚を泳がしたり、生き餌を入れておいたりするのであれば、フタ付きが便利。フタ付きなら、持ち運び中に水がこぼれる心配がありません。食材にゴミが付着したり、日差しで傷んでしまったりするのを防ぐこともできます。


また、内側に断熱素材を使っているものなら、クーラーボックスとしても使えるので、夏のイベントにもぴったり。氷と一緒に入れておけば、キャンプやバーベキュー中にも冷えた飲み物を楽しむことができますよ。

プロの愛用するおすすめの折りたたみバケツ

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの折りたたみバケツをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、用途に合わせて選んでくださいね。

専門家の
マイベスト

折りたたみバケツのおすすめ人気ランキング13選

人気の折りたたみバケツをランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月26日時点)をもとにして順位付けしています。

13位
素材-
容量-
取っ手有(両手タイプ)
使用時のサイズ(約)31×30.5×20cm
収納時サイズ(約)31×30.5×7cm
重量535g
12位
素材樹脂(ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)
容量12L
取っ手
サイズ40.5×16.5×42.6cm
収納時サイズ40.5×4.5×42.6cm
重量-
11位
素材樹脂製(ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)
容量10L
取っ手有(片手タイプ)
サイズ31.5×31×24.5cm
収納時サイズ31.5×31×5cm
重量400g
10位
素材布製(プレミアム500Dターポリン)
容量12L
取っ手有(両手タイプ)
サイズ25×24cm
収納時サイズ26×12cm
重量163g
9位
素材樹脂製(ポリプロピレン)
容量8L
取っ手有(片手タイプ)
サイズ30×32.8×22.2cm
収納時サイズ-
重量-
8位
素材樹脂製(シリコン)
容量15L
取っ手有(片手タイプ)
サイズ(約)46×30.3×20.4cm
収納時サイズ(約)46×30.3×5cm
重量-
7位
素材樹脂製(ポリプロピレン・熱可塑性エストラマー)
容量7.8L
取っ手有(片手タイプ)
サイズ29.6×33×23cm
収納時サイズ29.6×33×4.7cm
重量-
6位
素材樹脂製(シリコン)
容量12L
取っ手有(両手タイプ)
サイズ(約)41.5×27×19.5cm
収納時サイズ(約)41.5×27×5.5cm
重量約600g
5位
素材樹脂製(ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)
容量約25L
取っ手
使用時のサイズ60×40×27cm
収納時サイズ60×40×6cm
重量約1300g
4位
素材樹脂製( ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)
容量6.5L
取っ手有(片手タイプ)
使用時のサイズ(約)直径26.5×23cm
収納時サイズ(約)直径26.5×5cm
重量-
3位
素材樹脂製(ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)
容量約23L
取っ手有(両手タイプ)
使用時のサイズ(約)60×40×24.6cm
収納時サイズ(約)60×40×10cm
重量-
2位
素材樹脂製(ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)
容量10L
取っ手有(片手タイプ)
使用時のサイズ(約)29×29×24cm
収納時サイズ(約)29×29×5cm
重量約535g
1位
素材樹脂製(シリコン)
容量10L
取っ手有(片手タイプ)
使用時のサイズ30.5×31.5cm
収納時サイズ30.5×6.3cm
重量-

人気折りたたみバケツの比較一覧表

商品画像
1
折りたたみバケツ LANGING 折りたたみ バケツ 1枚目

LANGING

2
折りたたみバケツ アクセル 折りたたみスクエアバケツ 1枚目

アクセル

3
折りたたみバケツ 伊勢藤 ソフトタブ ワイド  1枚目

伊勢藤

4
折りたたみバケツ 内海産業 折りたたみバケツ 1枚目

内海産業

5
折りたたみバケツ Kiranic 大容量 折りたたみ バケツ 1枚目

Kiranic

6
折りたたみバケツ YULEQUN 折りたたみバケツ 取っ手付 1枚目

YULEQUN

7
折りたたみバケツ 伊勢藤 ソフトバケツ8型 1枚目

伊勢藤

8
折りたたみバケツ UINI BEST 折りたたみ たためるバケツ 1枚目

UINI BEST

9
折りたたみバケツ ニトリ たためるバケツ 1枚目

ニトリ

10
折りたたみバケツ kannoy 折りたたみ式 バケツ  1枚目

kannoy

11
折りたたみバケツ コジット 薄く畳めるバケツ 1枚目

コジット

12
折りたたみバケツ 伊勢藤 ソフトタブ 1枚目

伊勢藤

13
折りたたみバケツ コモライフ 排水できるモノトーン洗い桶 1枚目

コモライフ

商品名

折りたたみ バケツ

折りたたみスクエアバケツ

ソフトタブ ワイド

折りたたみバケツ

大容量 折りたたみ バケツ

折りたたみバケツ 取っ手付

ソフトバケツ8型

折りたたみ たためるバケツ

たためるバケツ

折りたたみ式 バケツ

薄く畳めるバケツ

ソフトタブ

排水できるモノトーン洗い桶

特徴キッチン周りで大活躍する水栓付きバケツスムーズに折りたためるから使いたいときにサッと準備できる洗濯カゴやおもちゃ入れにもなる、大きめの長方形バケツ車載しても邪魔にならず、洗車用・アウトドア用に最適超大容量!ペットのバスタブにも使えるアイテム両手用の持ち手のおかげで使いやすさアップミニサイズやフタ付きタイプも!バリエーション豊富大きめバケツが欲しい方にぴったりのアイテム携帯性と収納性、使いやすさを備えたお値段以上のアイテムきちんと自立するから水を入れても安心水汲みやお掃除に便利な取っ手付きバケツちょこっと使いに便利なミニタイプ水抜きが簡単な排水栓付きバケツ
最安値
599
送料別
詳細を見る
2,235
送料別
詳細を見る
525
送料無料
詳細を見る
2,779
送料無料
詳細を見る
1,080
送料要確認
詳細を見る
1,518
送料要確認
詳細を見る
1,999
送料別
詳細を見る
1,311
送料要確認
詳細を見る
1,320
送料要確認
詳細を見る
1,090
送料要確認
詳細を見る
素材樹脂製(シリコン)樹脂製(ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)樹脂製(ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)樹脂製( ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)樹脂製(ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)樹脂製(シリコン)樹脂製(ポリプロピレン・熱可塑性エストラマー)樹脂製(シリコン)樹脂製(ポリプロピレン)布製(プレミアム500Dターポリン)樹脂製(ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)樹脂(ポリプロピレン・熱可塑性エラストマー)-
容量10L10L約23L6.5L約25L12L7.8L15L8L12L10L12L-
取っ手有(片手タイプ)有(片手タイプ)有(両手タイプ)有(片手タイプ)有(両手タイプ)有(片手タイプ)有(片手タイプ)有(片手タイプ)有(両手タイプ)有(片手タイプ)有(両手タイプ)
使用時のサイズ30.5×31.5cm(約)29×29×24cm(約)60×40×24.6cm(約)直径26.5×23cm60×40×27cm(約)41.5×27×19.5cm29.6×33×23cm(約)46×30.3×20.4cm30×32.8×22.2cm25×24cm31.5×31×24.5cm40.5×16.5×42.6cm(約)31×30.5×20cm
収納時サイズ30.5×6.3cm(約)29×29×5cm(約)60×40×10cm(約)直径26.5×5cm60×40×6cm(約)41.5×27×5.5cm29.6×33×4.7cm(約)46×30.3×5cm-26×12cm31.5×31×5cm40.5×4.5×42.6cm(約)31×30.5×7cm
重量-約535g--約1300g約600g---163g400g-535g
商品リンク

使い方は多種多様。ゴミ箱やストックボックスとしても

使い方は多種多様。ゴミ箱やストックボックスとしても

アウトドアシーンがメインの用途と思われがちの折りたたみバケツですが、実は家庭でも使い方は多種多様。ゴミ箱や、食材をストックしておくボックスとして使うにもぴったりです。シリコンやエストラマーなどの樹脂製のものなら、耐久性が高いことに加え、洗いやすいのでお手入れも楽チンですよ。


また、3〜5L程の小さいバケツなら、ペット用のお風呂としても使えて便利。大容量なら子どもの水遊び用としても使えますよ。もちろん、折りたたんでおけば、収納スペースを取ることもありません。他にも、色々な使い方の可能性を秘めていますから、ぜひ自分だけの使い方を見つけてみてくださいね。

まとめ

今回は折りたたみバケツ選び方を解説するとともに、おすすめの人気アイテムをランキング形式でご紹介しました。お気に入りのアイテムは見つかりましたでしょうか。


今回ご紹介したもの以外にも、たくさんの商品が発売されていますので、まだ見つからないという方は、ぜひ本記事の選び方を参考に、自分にあったアイテムを見つけてみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す