1. TOP
  2. >
  3. カメラ
  4. >
  5. その他カメラ関連製品
  6. >
  7. カメラ用ブロアーのおすすめ人気ランキング7選【強力タイプ・ブラシ付きも!】
  • カメラ用ブロアーのおすすめ人気ランキング7選【強力タイプ・ブラシ付きも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • カメラ用ブロアーのおすすめ人気ランキング7選【強力タイプ・ブラシ付きも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • カメラ用ブロアーのおすすめ人気ランキング7選【強力タイプ・ブラシ付きも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • カメラ用ブロアーのおすすめ人気ランキング7選【強力タイプ・ブラシ付きも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • カメラ用ブロアーのおすすめ人気ランキング7選【強力タイプ・ブラシ付きも!】のアイキャッチ画像5枚目

カメラ用ブロアーのおすすめ人気ランキング7選【強力タイプ・ブラシ付きも!】

繊細な機械であるカメラにとって「ホコリ」は大敵。レンズにホコリがついたまま布で拭いてしまうと、細かい傷が沢山ついてしまいます。そこで便利に活用したいのが「カメラ用ブロアー」。ブロアーでしっかりメンテナンスすることで、レンズをきれいに保つことができます。しかし、カメラ用ブロアーにもさまざまな種類があり、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、カメラ用ブロアーの選び方のポイントをわかりやすく解説。さらに、おすすめの人気商品もランキング形式でご紹介していきます。使いやすいブロアーを用意して、大切なレンズをしっかりお手入れしていきましょう!
  • 最終更新日:2020年04月13日
  • 32,923  views
目次

カメラ用ブロアーの選び方

ひとくちに「カメラ用ブロアー」と言っても、様々な種類・特徴を持ったものが存在しています。自分の用途に合ったカメラ用ブロアーを選ぶことによって、今後のお手入れがより良いものになるので、しっかりと選び方のポイントをお押さえておきましょう。

風量が多いものを選ぶ

風量が多いものを選ぶ
カメラ用ブロアーを選ぶ際に一番大切なのが、「風量」です。当たり前のことですが、風量が弱すぎると、レンズに付着したホコリを吹き飛ばすことが出来ません。そうなってしまうと、購入した意味が殆どなくなってしまうので、しっかりと十分な風量でホコリを除去してくれるブロアーを選ぶようにしましょう。

風量の強いブロアーを選ぶためには、レビューをしっかりと確認することが大切です。また、商品詳細で風量について言及している商品も多いので、しっかりと目を通すようにしましょう。カメラショップなどで購入するのでしたら、店員さんに聞くのが一番手っ取り早いです。「風量が強くてホコリをしっかり飛ばしてくれるブロアーを探しています」と伝えれば、すぐにおすすめのブロアーを紹介してくれます。

持ち運ぶならコンパクトなものを

持ち運ぶならコンパクトなものを
カメラ用ブロアーは、通常カメラバッグに一緒に入れたりするのですが、大きいサイズのものを選んでしまうと野外での撮影の時が少し大変です。カメラバッグやポケットに入るサイズのものを選ぶようにしましょう。家で使うブロアーを選んでいる方はサイズなどはあまり気にしなくても良いと思います。

ただ、サイズが小さいがゆえに風力が弱くて使えない…なんてことのないようにしましょう。

手動ポンプ式を選ぶ

手動ポンプ式を選ぶ
最近のカメラ用ブロアーには、スプレータイプで強力なエアー噴射でホコリを除去するものも多数販売されています。ですが、このタイプは様々なデメリットとリスクがつきまとってしまいます。強力すぎるがゆえに、ホコリがレンズの奥の隙間に詰まってしまったり、センサーを着氷させてしまったり、極稀にオイルが噴出してレンズが余計汚れてしまったりなど、経験上、本末転倒な事が多々起こってしまいました。それらを理解した上で使用する分には全く問題ないと思います。

手動ポンプ式ですと、自分の力の入れ具合で細かい作業もこなせますし、何より空気しか噴射しないのでレンズが余計に汚れてしまったりなどの心配もありません。なので、カメラ用ブロアーを選ぶ際にはなるべく手動ポンプ式を選ぶようにしましょう。

合成ゴム素材ではないものをチョイス!

合成ゴム素材ではないものをチョイス!
カメラ用ブロアーには、合成ゴム製・天然ゴム製・シリコン製・ラテックス製のものが存在しています。この中でも一番気をつけてほしいのが「合成ゴム製」のカメラ用ブロアーです。合成ゴム製のブロアーは値段がとても魅力的なものが多いのですが、長年使用することによってひび割れを起こしてしまいます。それに気づかずに使用してしまうと、ひび割れで出来た欠片も一緒に噴出してしまい、レンズを傷つけることになってしまいます。

なので、合成ゴム製を選ぶ際には、なるべく細かく買い換えるようにしましょう。ひび割れさえなければ、ブロアーとしてしっかりと役割を果たしてくれます。

カメラ用ブロアーのおすすめ人気ランキング7選

人気のカメラ用ブロアーをランキング形式でご紹介します。


なお、ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月6日時点)をもとに順位付けしました。

7位
サイズ高さ12.2×直径5.2cm
手動ポンプ式
素材シリコン
6位

ケンコー・トキナーパワーブロワー ダブルノズルセット

KPB2-DN BK

1,090円 (税込)

サイズ高さ15.7×直径5.7cm
手動ポンプ式
素材シリコンゴム
5位
サイズ高さ9.5×直径6cm
手動ポンプ式
素材-
4位
サイズ高さ13.4×直径5.4cm
手動ポンプ式
素材-
3位
サイズ高さ15×直径5.3cm
手動ポンプ式
素材シリコンゴム
2位
サイズ-
手動ポンプ式
素材-
1位
サイズ高さ19×直径6.5cm
手動ポンプ式
素材シリコンゴム

人気カメラ用ブロアーの比較一覧表

商品画像
1
カメラブロアー ハクバ写真産業 ハイパワーブロアープロL 1枚目

ハクバ写真産業

2
カメラブロアー NEXT DOOR(ネクストドア) クリーニングブロアー 1枚目

NEXT DOOR(ネクストドア)

3
カメラブロアー ハクバ写真産業 シリコンブロアーブラシ 1枚目

ハクバ写真産業

4
カメラブロアー ユーエヌ ジャンボハリケーン 1枚目

ユーエヌ

5
カメラブロアー Kカンパニー ブロアー 1枚目

Kカンパニー

6
カメラブロアー ケンコー・トキナー パワーブロワー ダブルノズルセット 1枚目

ケンコー・トキナー

7
カメラブロアー エツミ ワンショットブロアーM 1枚目

エツミ

商品名

ハイパワーブロアープロL

クリーニングブロアー

シリコンブロアーブラシ

ジャンボハリケーン

ブロアー

パワーブロワー ダブルノズルセット

ワンショットブロアーM

特徴高級感のあるデザインで撮影中の気分もアップ!リーズナブルでストック用としてもおすすめヤギ毛のブラシが付いたスタンダードなブロアー手動でも十分な風でホコリを除去時計メーカーが販売する個性派ブロアーロングノズル・ショートノズル・ブラシ付きの便利なアイテム収納場所を圧迫しにくいショートノズルタイプ
最安値
2,699
送料無料
詳細を見る
190
送料要確認
詳細を見る
405
送料無料
詳細を見る
733
送料無料
詳細を見る
2,424
送料無料
詳細を見る
1,090
送料無料
詳細を見る
549
送料無料
詳細を見る
サイズ高さ19×直径6.5cm-高さ15×直径5.3cm高さ13.4×直径5.4cm高さ9.5×直径6cm高さ15.7×直径5.7cm高さ12.2×直径5.2cm
手動ポンプ式
素材シリコンゴム-シリコンゴム--シリコンゴムシリコン
商品リンク

カメラ用ブロアーの売れ筋ランキングをチェック!

なおご参考までに、カメラ用ブロアーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

いかがだったでしょうか。一口にカメラ用ブロアーと言っても、さまざまな種類・特徴を持っていることがお分かりいただけたと思います。


カメラはとても繊細な機械ですから、毎日のメンテナンスは欠かせません。カメラを長く大切に使うためにも、メンテナンス用具は妥協せずに、本当に使いやすいものを選んでくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す