• 682318407d6f94291c5ae5e284fc15fbc9faea1a
  • C52239bbcb680c23d4130d3acf3f69b8b32bcd51
  • 00280ec4121b5c9a2f864517dc62395379dd0df6
  • 1cd9207983ec81dc22343a4d2e86ac93104e14ee
  • 6790912555540bcfd8e2afb0658f4a6dd38110e9

デッサン向け鉛筆のおすすめ人気ランキング7選

デッサン用具はいろいろありますが、やはり基本になるのは「デッサン用鉛筆」ですよね。デッサン用の鉛筆は、10H~10Bと濃さ(硬さ)の幅が広いのが特徴。また、有名な三菱のハイユニやステッドラーをはじめ、意外といろいろなメーカーやブランドから特徴ある商品が販売されています。そのため、初めてデッサン用の鉛筆を用意しようとした時に、「どの鉛筆を使えばいいかわからない…!」と悩んでしまう方は多いようです。

そこで今回は、デッサン用鉛筆を選ぶにあたってのチェックポイントをまとめた後で、デッサン用鉛筆の中からおすすめできる商品を選んで、ご紹介していこうと思います。初心者向けにも便利なセット商品も取り上げていますよ。良い鉛筆に出会えれば描く楽しさは大きく拡がり、デッサンのクオリティも全く違うものになります!気になるものが見つかったら、ぜひその描き心地を試してみてくださいね。

最終更新日:2017年04月21日 | 1,995views

デッサン用の鉛筆の選び方

デッサンで使用する鉛筆を選ぶ際の注意点やポイントなどを紹介していきます。

実際に手に持って描いてみる

実際に描いてみる。これはもう、鉛筆選びで一番重要なポイントですよね。やはり実際に自分の手で持ってみないと、フィット感はわからないので、後悔する確率も上がってしまいます。なるべく文房具店などに行って、気になる鉛筆を片っ端から手にとって試し書きしてみるようにしましょう。

その際、書き味などももちろん重要ですが、大切なのはやはりフィット感です。「鉛筆にフィット感なんてあるの?」と思う方も少なくないようですが、これは断言できます。あります!

このフィット感によって、長時間絵を描く時の疲労度や、線の滑らかさなどもかなり変わってくるのです。また、手にフィットしていない鉛筆を選んでしまうと、そもそも集中することが困難になってしまいます。やたら鉛筆の持ち方を気にしてしまったり、普段当たらないようなところに鉛筆が当たってしまったりすると、集中力が必要なデッサンでは、とても大きなストレスになってしまいます。そうならないために、手にフィットする鉛筆を選ぶようにしましょう。

色の濃さ(硬さ)で決める

ご存知だとは思いますが、鉛筆には「色の濃さ(硬さ)」が存在します。ここは普通に勉強などに使う際にも、気にしたり、こだわりがあったりするところですが、デッサンをする際はさらに重要なポイントになります。デッサン用の鉛筆には10H~10Bという幅広い濃さのものがあり、そのうちのどれを選ぶかは、影や物体の微妙なテイストを描く際の表現に大きく影響します。

といっても、最初から10H~10Bの鉛筆をすべて揃えたほうが良いのかと言えば、決してそういうことはありません。むしろ、「全部の色をちゃんと使わなきゃ!」と思うと、逆に頭が混乱してしまうかも…。最初のうちは3B~3Hくらいの濃さのものを選ぶのがおすすめです。これくらい揃っていれば、大抵のものはデッサンすることができます。そして、たくさん描いていくうちに、だんだん「あれ!?どうやっても描けないぞ」というところが出てくるはずです。

そのレベルに達することができたら、足りない濃さが何なのかを感覚で把握することができるようになるはず。そこから、幅広い色を揃えていけばいいのかなと思います。

芯が折れにくいものを選ぶ

鉛筆でものを書いていて、「ポキッ」という音とともに芯が折れてしまう…。ほとんどの人が、そんな経験をしたことがあると思います。特に集中力が求められるデッサンでは、途中で芯が折れてしまうと、気持ちが元にもどれなくなってしまうこともありますよね。何度も繰り返して芯が折れてしまうとやる気が切れてしまい、時には画用紙を破り捨てたくなってしまうかもしれません。集中力を維持して仕上げるためにも、芯が折れにくい鉛筆を選びましょう。

とは言え、どの鉛筆が折れにくいかなんて、商品情報を見ただけではわかりませんよね。メーカーごとに鉛筆の特徴は違ってきますので、いろいろ使ってみるしかないのですが、どうやら三菱製ハイユニの鉛筆が一番折れづらいとして定評があるようです。ただし、ハイユニとユニでは、全く商品が変わってくるので、購入する際には間違えないように注意してくださいね。

しかし、折れやすくてもフィット感の良い素晴らしい鉛筆というのも存在します。折れやすいというデメリットが気にならないほど魅力的な鉛筆を見つけた時は、頭を悩ませずに購入するのも良いでしょう!

デッサンにおすすめの鉛筆人気ランキング7選

それでは、ここまでに紹介した選び方を踏まえた上で、デッサンにおすすめの鉛筆を7つ紹介していこうと思います!

7位:COCOall デッサン鉛筆 スケッチ鉛筆セット

デッサン鉛筆 スケッチ鉛筆セット 絵画初心者向けアート用文房具 美術鉛筆セット
1,999円(税込)

・濃さ(硬さ):HB/1pc, B/1pc, 2H/2pcs, 2B/4pcs, 3B/2pcs, 4B/4pcs, 5B/1pc, 6B/1pc, 7B/1pc, 8B/1pc
・折れづらさ:○

初心者におすすめの18本入りデッサン鉛筆セット!

HB~8Bまで18本のデッサン鉛筆がセットになったオトクなアイテムです。ペンシルケースも付属しているので、たった2000円で本格的なデッサンを楽しむことができます。その他にも、チャコールペンシル、消しゴム、紙ペン、カッターナーフ、鉛筆延長器まで付属しており、かなりボリューム感のあるセット内容になっています。様々な硬さの鉛筆が一つになっているのが、最大の魅力ですね。

また、比較的折れづらい芯でできているので、よりストレスを減らしながらデッサンに勤しむことができると思います。入門用にもとてもおすすめできるセットなので、今からデッサンを始めたいという方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

6位:Cobee DIY 素描鉛筆18本セット

Cobee DIY 素描鉛筆 18本セット 美術鉛筆 デッサン鉛筆 アート用 鉛筆
1,700円(税込)

・濃さ(硬さ):2H*2 B*1 HB*1 2B*4 3B*2 4B*4 5B~8Bはそれぞれ1本ずつ
・折れづらさ:○

初心者から上級者まで!自由に表現できる楽しさを知ろう!

こちらも、さきほど紹介したものと同じく、18本セットになった商品です。この鉛筆の魅力は、初心者からプロの絵描きの方まで、幅広い層の人たちが使っているというところ。木材のキレイな色を基調としたボディに、折れづらい芯、この鉛筆セットを使えば、頭に浮かんだことを自由に表現することができる楽しさを知ることができます。少ないストレスで、じっくりとデッサンと向き合うことができるので、長時間の作業にも向いています。

また、チャコールペンシル、カッター、消しゴムなども一緒にセットになっているのですが、それで2000円以下で手に入るのですから、とてもコスパもいいですよね!絵が好きだという方にはぜひ一度試してみて欲しい、そんな鉛筆セットになっています。

5位:ファーバーカステル カステル9000番鉛筆 パーフェクトペンシルスペアペンシル

ファーバーカステル カステル9000番鉛筆 パーフェクトペンシルスペアペンシル 3本入 119038 [日本正規品]
577円(税込)

・濃さ(硬さ):B
・折れづらさ:◎

使っていて気持ちが良いデッサン用高級鉛筆

ファーバーカステルより発売されている、カステル9000番パーフェクトペンシル用のスペアペンシルとして販売されている3本セットで、硬度はBのみとなっています。

3本で600円と高級品の部類に入る鉛筆ですが、その分、非常に描きやすく、これまでのデッサンの概念を大きく覆す1本だと言えます。Bにしては少しだけ硬いかなという印象ですが、線がとても滑らかになり、さらに芯がなかなか丸くならないので、鉛筆を削る回数も少なくてすみ、集中力を途切れさせずにデッサンに集中することができます。

使っていて気持ちよさすら感じさせてくれるこのデッサン用鉛筆。消しゴムもついているので少しだけオトクな気もします。滑らかな描き味と折れにくさを追求したデッサン用鉛筆がほしい方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。購入して損はしないと思います!

4位:Yosoo デッサン用鉛筆セット 29点セット

鉛筆セット スケッチ鉛筆 紙ペン 消しゴム 鉛筆ホルダー 29点セット 素描 カッター図面 初心者のスケッチスーツ 文房具
1,599円(税込)

・濃さ(硬さ):2H*2、B*1、HB*1、2B*4、3B*2、4B*4、5B*1、6B*1、7B*1、8B*1
・折れづらさ:◎

滑らかで、柔らかく、それでいて芯が折れづらいコスパ最高のアイテム

Yosooより発売されているこの鉛筆セットは、コスパ面で言えば間違いなくトップを争う商品だと思います。2H~8Bの間で揃えられた18本の鉛筆に、紙ペンやカッターナイフ、鉛筆延長器など様々な文房具29点がセットになっています。もちろん鉛筆自体のクオリティも非常に高く、デッサンやスケッチにぴったりです。とても滑らかな描き味、柔らかい線、折れづらい芯と、デッサンに必要な条件がすべて満たされています!

付属しているペンシルホルダーのデザインも非常によく、古風な日本を思い出させてくれる見た目になっています。ペン先までしっかり保護してくれるので破損する心配も少なく、さらにコンパクトにまとめられるので持ち運びにもとても便利ですよ。外でデッサンしたり、スケッチしたりする方におすすめ。せひ、試してみてはいかがでしょうか。

3位:ファーバーカステル カステル9000番鉛筆 パーフェクトペンシル

ファーバーカステル カステル9000番鉛筆 パーフェクトペンシル 119037 [日本正規品]
2,100円(税込)

・濃さ(硬さ):B
・折れづらさ:◎◎

ため息が出る高級感。書く・削る・消すが1つになった夢のようなデッサン鉛筆

ランキング第3位に選んだのは、ファーバーカステルより発売されているこの鉛筆です。エクステンダーにシャープナーが内蔵されており、パーフェクトペンシルというその名の通り、1本で書く・削る・消すの全ての動作をパーフェクトに行うことができます。

1本で2000円ととても値段は高いですが、デッサンに対するモチベーションや集中力の向上なども合わせて考えると、コスパの良い鉛筆だといえるでしょう。とても高級感あふれるデザインをしており、ただ持っているだけでテンションが上がり、「できる人」感が出ておすすめです。

この鉛筆には、ファーバーカステルの良さが存分に詰まっています。柔らかく、そして描くことを楽しいと思えるような描き心地…。絵を描いている人なら一度は試してみて欲しい鉛筆です。なお、硬さはBのみで、5位に紹介したスペアペンシルが使えます。

2位:ステッドラー カーボン鉛筆 6本セット

ステッドラー カーボン鉛筆 マルス ルモグラフ ブラック 6本セット 100B G6
923円(税込)

・濃さ(硬さ);2B/4B×各2本、8B/6B×各1本
・折れづらさ:◎◎

カーボン鉛筆なのでテカリが少ない!鉛筆画の真髄を体験できる

続いて第2位に選んだのは、ステッドラーより発売されているカーボン鉛筆6本セットです。カーボンを多く含んでいる鉛筆なので、鉛筆特有のテカリが少なく、より鉛筆画を楽しむことができる…、そんな鉛筆が揃っています。よりはっきりと線を描きたい時にも、繊細に描きたい時にも、それぞれに対応することができるように硬さの種類も豊富。やや高級品の部類に入る鉛筆ですが、使ってみて損はないと思います。

描き味は滑らかではなく、カーボンを紙に擦り付けているような感覚。カーボン鉛筆の魅力を十分に堪能することができるでしょう。また、とにかく色が濃いのも魅力的ですね。タッチ次第ではとても繊細に描くこともできますし、時にはダイナミックに表現することもできます。グラデーションのクオリティの高さも素晴らしく、絵の楽しさを何倍にも膨らませてくれる鉛筆として、おすすめです。

1位:三菱鉛筆 鉛筆 ハイユニ アートセット HUAS 22本入

三菱鉛筆 鉛筆 ハイユニ アートセット HUAS 22本入
2,117円(税込)

・濃さ(硬さ):10H~10B
・折れづらさ:◎◎◎

デッサンならやっぱりこれ!高級感溢れるハイユニ鉛筆

最後に紹介するのは、今回のランキングで第1位にランクインさせた商品、三菱鉛筆より発売されているハイユニの鉛筆セットです。とにかく高級感に溢れる鉛筆。そして、「デッサンと言えばやっぱりこれでしょ」、と言われているくらいスタンダードな鉛筆です。芯がほとんど折れることなく、とにかく滑らかで描きやすいのが魅力です。

10H~10Bという全ての硬さの鉛筆がセットになっている商品なので、これさえ買っておけば今後鉛筆に困ることは無いでしょう。初心者から上級者まで、多くの人に愛されている鉛筆です。よりクオリティの高いデッサンを求めている方、ワンランク上に行きたい方はもちろん、デッサンを始めてみたい初心者の方にも、これなら間違いなし。どんな人でも使うことのできる素晴らしい鉛筆です!

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。鉛筆次第で、デッサンに対する気持ちのあり方やクオリティは大きく上下します。好みの鉛筆を見つけて、なるべく高い水準でデッサンに励みたいですよね。

自分にあった鉛筆を見つけることによって、デッサンの楽しさは何倍にも膨れあがるので、妥協せずに自分にあった1本を探し出してみて欲しいと思います。みなさんがより良い鉛筆に出会えるために、この記事がお役に立てたらうれしいです!

人気の記事