• バドミントンシャトルのおすすめ人気ランキング10選【試合・練習用に】のアイキャッチ画像1枚目
  • バドミントンシャトルのおすすめ人気ランキング10選【試合・練習用に】のアイキャッチ画像2枚目
  • バドミントンシャトルのおすすめ人気ランキング10選【試合・練習用に】のアイキャッチ画像3枚目
  • バドミントンシャトルのおすすめ人気ランキング10選【試合・練習用に】のアイキャッチ画像4枚目
  • バドミントンシャトルのおすすめ人気ランキング10選【試合・練習用に】のアイキャッチ画像5枚目

バドミントンシャトルのおすすめ人気ランキング10選【試合・練習用に】

バドミントンを楽しむために必要な「バドミントンシャトル」。バドミントンといえば、ヨネックスが有名ですよね。ただ、ヨネックス以外のメーカーでも取り扱いが多く、一見違いがないように思えても、羽根やコルクの素材、重さなどで打ちやすさやシャトルの飛び具合、速さは変わってきます。

また、価格も手軽に購入できる安いものから本格的なものまで種類もさまざまなので、購入時に迷ってしまうことも少なくありません。そこでこの記事では、バドミントンシャトルの特徴を比較しながら「練習用」や「試合用」として最適なシャトルの選び方のポイントと、通販などでも人気のおすすめバドミントンシャトルをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
  • 最終更新日:2019年01月10日
  • 82,478  views
目次

バドミントンシャトルの選び方

そもそもバドミントンにおいて「いいシャトル」とは、どういうものなのでしょうか。一般的にバドミントンシャトルを購入する人は、バドミントンを本格的に練習しようとする人が多いです。練習していて、すぐシャトルが壊れてしまうようでは、あまり良いシャトルとは言えません。

できれば羽根やコルク部分の耐久性があり、長持ちするものがおすすめです。それぞれ羽根やコルクには素材による違いがあり、特徴もそれぞれ異なります。そこで、特徴を以下にまとめてみました。

羽根の素材は耐久性とコスパで選ぶ

シャトルの飛距離や速度などは、羽根の素材に左右されます。羽根の素材によって、耐久性に優れたものや、公式試合に使われているものなどさまざまです。

公式試合などに広く使われるガチョウの羽根

公式試合などに広く使われるガチョウの羽根
バドミントンの公式試合など、一般的な大会で用いられるのが、ガチョウの羽根を使ったシャトルです。日本バドミントン協会の検定で認められている羽根で、大会以外でも練習用など広く使われています。

ガチョウの羽根は、羽毛の中央の軸「羽軸」がしっかりしているため、コルクから羽根が抜けづらいとされているのです。また、ガチョウは個体差が少ないため安定した品質を維持できることから、大量に作ることができます。

比較的安価で本格的なつくりのアヒルの羽根

比較的安価で本格的なつくりのアヒルの羽根
バドミントンシャトルには大きく分けて2種類あり、「ガチョウ」か「アヒル」かになります。また、ガチョウとアヒルの羽根をハイブリッドさせたシャトルもあり、アヒルおよびハイブリッドのシャトルは比較的安価です。

アヒルの羽根は、ガチョウの羽根に比べると原毛がやや弱いと言われています。ただし原毛の強弱がそのままシャトルの強度に反映されるわけではありません。縫い目の粗さや羽根の肉厚なども、バドミントンシャトルの強度に大きく影響します。

耐久性に優れ練習用に最適なナイロン素材

耐久性に優れ練習用に最適なナイロン素材
「趣味でバドミントンを楽しみたい」「練習用としてガシガシ使い込みたい」という人には、ナイロン製のシャトルがおすすめです。耐久性があり、消耗品でありながら、丈夫なので比較的長く使えるとされています。

1つのシャトルで長く使えるため、コストパフォーマンスも良いです。バドミントン初心者の人は、まずナイロンのシャトルで練習して、慣れてから試合用に使われているガチョウの羽根でできたシャトルを使うようにすると良いでしょう。

コルクの種類は打ちやすさを重視

バドミントンシャトルの先端にあるコルクの素材によって、打ちやすさや打った時の感触が異なります。実際に試合を想定して練習をしたい場合は、なるべく良い素材を使うようにすると良いでしょう。

高級で打球感の良い天然コルク

高級で打球感の良い天然コルク
天然コルクは、バドミントンの羽根でいう「ガチョウの羽根」のように、高級素材です。確かな品質で、心地よい打球感を演出してくれます。気持ちよく打つことができ、思い通りの打球がしやすい素材と言えるでしょう。

天然コルクは、公式試合のシャトルにも使われています。ただ、そのほかの素材のコルクよりも若干値段が高めです。

安価なシャトルに用いられる人工コルク

安価なシャトルに用いられる人工コルク
元々、バドミントンシャトルには天然コルクを使用していましたが、原材料の高騰などで人工的にコルクを作り、バドミントンシャトルに用いるというケースが増えています。

人工コルクは、天然コルクに似た素材の木を元にして作られており、色などがよく似ているのが特徴です。ただ、実際に打ってみると、やや打ちにくいと感じるかもしれません。

天然コルクと併用される圧縮コルク

天然コルクと併用される圧縮コルク
圧縮コルクとは、コルクの粒などを集めて、固めて作るコルクのことを言います。天然コルクや人工コルクに比べ、表面がボコボコしており耐久性がやや弱いのが特徴です。

そのため比較的安価で購入することができ、試合には出ないけれど、たくさん遊びたい!という人におすすめ。中には、すべて天然コルクを使用するとコストがかさむため、天然コルクに、人工コルクや圧縮コルクを織り交ぜたバトミントンシャトルもあります。

練習用・レジャー用・試合用など用途から選ぶ

練習用・レジャー用・試合用など用途から選ぶ
バドミントンシャトルを使用するときの用途によっても、選び方は異なります。例えば遊び用であれば、バドミントン協会で認められているような公式シャトルでなくとも十分に楽しむことができるでしょう。部活動の練習に使うのであれば、耐久性やコストパフォーマンスに優れたシャトルが好まれます。

実際の公式試合では、協会で定められたシャトルを使用しますし、公式戦を見据えた特訓がしたいのであれば、公式と同じシャトルが必要です。このように「どんな用途で使うか」からシャトル選びをすることで、買い物の失敗を防ぐことができます。

シャトルの飛行性はスピード番号をチェック

シャトルの飛行性はスピード番号をチェック
バドミントンシャトルには、「スピード番号」がつけられているものがあります。スピード番号はメーカーによっても異なりますが、おおよそのメーカーでは「2~5」まで4段階のスピード番号がつけられています。番号によって、それぞれ以下の温度で使うのが最も飛行性能が高くおすすめです。

・2…適正温度:27~33度
・3…適正温度:22~28度
・4…適正温度:17~23度
・5…適正温度:12~18度

スピード番号の違いにより飛距離に大きな違いが出てしまうため、特に試合などで使用する場合には、使用する場所に応じて適切な番号を選ぶようにしましょう。

バドミントンシャトルのおすすめ人気ランキング10選

数あるバドミントンシャトルを、おすすめ度順にピックアップして、ランキング形式にしました。
10位

SODIAL(R)12ホワイトフェザーシャトルコック

616円 (税込)

サイズ9×6×6
重量-
材質羽根・泡
用途レジャー用・練習用
スピード番号-
9位
バドミントンシャトル RIXOW 暗闇でも光るバドミントンシャトル 1枚目
出典:amazon.jp

RIXOW暗闇でも光るバドミントンシャトル

997円 (税込)

サイズ先端直径65mm、台の直径25mm
重量約5g
材質特級水鳥羽
用途レジャー用・練習用
スピード番号-
8位

頑張らないバドミントン研究会風神雷神シャトル

23,580円 (税込)

サイズ-
重量-
材質天然コルク、合成コルク
用途練習用・練習試合用
スピード番号3番・4番
7位
サイズ-
重量約6g
材質ガチョウの羽根
用途レジャー用・練習用
スピード番号-(スピードレベル:79)
6位
バドミントンシャトル RSL バドミントンシャトル1999Yen 4番 1枚目
出典:amazon.jp

RSLバドミントンシャトル1999Yen 4番

2,399円 (税込)

サイズ-
重量-
材質水鳥
用途レジャー用・練習用
スピード番号4番
5位

トマスカップバドミントン用シャトル SUPER TOURNAMENT 8 F4

ST-8-F4-10ds

16,070円 (税込)

サイズ-
重量-
材質アヒル羽
用途レジャー用・練習用
スピード番号4番
4位
バドミントンシャトル ゴーセン ネオフェザー オパール 1枚目
出典:amazon.jp

ゴーセンネオフェザー オパール

GFN-180

1,629円 (税込)

サイズ-
重量-
材質羽根質:アヒル・コルク:ケミカル+天然コルクパウダー
用途練習用・レジャー用
スピード番号2・3・4・5番
3位
バドミントンシャトル イグニオ フェザーシャトル 1枚目
出典:amazon.co.jp
サイズ-
重量-
材質水鳥(アヒル)
用途レジャー用
スピード番号-
2位

ヨネックスニューオフィシャル

F-80

4,001円 (税込)

サイズ-
重量-
材質水鳥羽+天然コルク
用途練習用・公式試合用
スピード番号2・3・4・5番
1位
バドミントンシャトル ヨネックス バドミントンシャトルコック メイビス 1枚目
出典:amazon.jp

ヨネックスバドミントンシャトルコック メイビス

M40BP

439円 (税込)

サイズ-
重量-
材質ナイロン+合成コルク
用途レジャー用練習用
スピード番号-(MIDDLE 適正温度12~23度)

おすすめ人気 バドミントンシャトルの比較一覧表

商品画像
1
バドミントンシャトル ヨネックス バドミントンシャトルコック メイビス 1枚目

ヨネックス

2
バドミントンシャトル ヨネックス ニューオフィシャル 1枚目

ヨネックス

3
バドミントンシャトル イグニオ フェザーシャトル 1枚目

イグニオ

4
バドミントンシャトル ゴーセン ネオフェザー オパール 1枚目

ゴーセン

5
バドミントンシャトル トマスカップ バドミントン用シャトル SUPER TOURNAMENT 8 F4 1枚目

トマスカップ

6
バドミントンシャトル RSL バドミントンシャトル1999Yen 4番 1枚目

RSL

7
バドミントンシャトル SODIAL(R) 12xトレーニング ブラック 1枚目

SODIAL(R)

8
バドミントンシャトル 頑張らないバドミントン研究会 風神雷神シャトル 1枚目

頑張らないバドミントン研究会

9
バドミントンシャトル RIXOW 暗闇でも光るバドミントンシャトル 1枚目

RIXOW

10
バドミントンシャトル SODIAL(R) 12ホワイトフェザーシャトルコック 1枚目

SODIAL(R)

商品名

バドミントンシャトルコック メイビス

ニューオフィシャル

フェザーシャトル

ネオフェザー オパール

バドミントン用シャトル SUPER TOURNAMENT 8 F4

バドミントンシャトル1999Yen 4番

12xトレーニング ブラック

風神雷神シャトル

暗闇でも光るバドミントンシャトル

12ホワイトフェザーシャトルコック

特徴いくら使っても壊れない!?高い耐久性を誇るシャトル公式試合で使われている本格的なシャトルで打ち心地抜群!遊びでも本格気分を出したい時に使える!初心者におすすめの使いやすいシャトル量がたくさん必要なクラブ活動におすすめ!耐久性バツグンで部活動の練習用に最適!黒いシャトルで動体視力アップ!黒ガチョウの羽根を漂白させたシャトル!耐久性がウリ夜間の練習にも使えるLEDライト付き!ワンコイン以下で買えるフェザーシャトル
価格439円(税込)4,001円(税込)999円(税込)1,629円(税込)16,070円(税込)2,399円(税込)1,066円(税込)23,580円(税込)997円(税込)616円(税込)
サイズ--------先端直径65mm、台の直径25mm9×6×6
重量------約6g-約5g-
材質ナイロン+合成コルク水鳥羽+天然コルク水鳥(アヒル)羽根質:アヒル・コルク:ケミカル+天然コルクパウダーアヒル羽 水鳥ガチョウの羽根天然コルク、合成コルク特級水鳥羽羽根・泡
用途レジャー用練習用練習用・公式試合用レジャー用練習用・レジャー用レジャー用・練習用レジャー用・練習用レジャー用・練習用練習用・練習試合用レジャー用・練習用レジャー用・練習用
スピード番号-(MIDDLE 適正温度12~23度)2・3・4・5番-2・3・4・5番4番4番-(スピードレベル:79)3番・4番--
商品リンク

まとめ

バドミントンシャトルは、使われている素材や性能などで、それぞれ使うシーンが異なることが分かりました。色々なシャトルがありますが、大切なのは「自分が使いたい用途に合ったものか」ということです。例えば公式試合を見据えた練習の際に、ナイロン製のシャトルでは実際に試合で使うシャトルと打った感覚が異なるでしょう。

バドミントンシャトルを選ぶ際のポイントは、羽根の素材、コルクの素材、そして使う用途。ぜひこれらの情報を参考にして、ご自身に合ったバドミントンシャトルを選んでみてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す