1. TOP
  2. >
  3. 生活雑貨
  4. >
  5. 介護用品
  6. >
  7. 【徹底比較】介護用見守りカメラのおすすめ人気ランキング9選【高齢者も安心!】
【徹底比較】介護用見守りカメラのおすすめ人気ランキング9選【高齢者も安心!】

【徹底比較】介護用見守りカメラのおすすめ人気ランキング9選【高齢者も安心!】

高齢になった両親や祖父母の様子を見守りたいという悩みを解消してくれる、介護用見守りカメラ。パナソニックの「スマ@ホーム」や塚本無線の「みてるちゃん」に代表される商品以外にも、ペットカメラ・防犯カメラとしても使える安価なネットワークカメラも増えており、どの商品を購入したらよいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の介護用見守りカメラ9商品を比較して、最もおすすめの介護用見守りカメラを決定したいと思います。


比較検証は以下の4点について行いました。

  1. カメラ性能
  2. 動体検知機能
  3. 会話機能
  4. 使い勝手

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?介護用見守りカメラの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年04月10日更新
  • 216,449 views

検証のポイント

売れ筋の介護用見守りカメラ9商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • カメラ性能

    検証① カメラ性能

    まずは介護用見守りカメラの基本的な「カメラ性能」をチェックします。実際に介護用見守りカメラで被写体を撮影し、以下の3点について評価しました。撮影範囲の広さ(水平方向のみ。可動範囲は除く)明るい場所での画質暗い場所での画質なお、カメラと被写体の間は約4mの距離で統一しています。

  • 動体検知機能

    検証② 動体検知機能

    次に「動体検知機能」を検証します。カメラをドアの前に設置し、カメラの前を横切ってドアまで近づき、ドアを開ける動作を3回行います。一連の動作に反応してスマホに通知されるかどうかをチェックしました。

  • 会話機能

    検証③ 会話機能

    次に「会話機能」を検証します。オフィスから道路を挟み向かい側にあるマンションにカメラを設置して、オフィスからアプリ越しに会話を試みます。問題なく会話できるか・出力音量は適切か・問題なく聞き取れる音質かどうかをチェックしました。

  • 使い勝手

    検証④ 使い勝手

    最後に、介護用見守りカメラの「使い勝手」を検証します。実際にカメラを使用し、セットアップのしやすさ・アプリの操作性・再接続のしやすさ・機能性・遅延の有無などを使い勝手として総合的に評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    介護用見守りカメラの選び方

    介護用見守りカメラを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。

    ① 動体検知機能があれば、常に映像を見ていなくても不安を解消できる

    動体検知機能があれば、常に映像を見ていなくても不安を解消できる

    見守りカメラを設置しても、常にカメラの映像をチェックできるというわけではありませんよね。仕事や家事など忙しい日常生活を送りながら家族を見守るためにも、動体検知機能付きのカメラを選ぶことをおすすめします。


    動体検知とは、カメラに映った動きを検知する機能のこと。ほとんどの動体検知機能付きのカメラには通知機能も備わっており、カメラが動きを検知したらスマホなどに通知を送って知らせてくれます


    例えば、玄関付近に設置すれば外に出ようとするタイミングを教えてくれたり、寝室の入り口付近に設置すればいつもの時間に起きてこない場合も気づける可能性があります。ただし、あまりにも人が動く場所に設置すると誤った通知なども増えるため、動体検知の範囲を選択できるものがベストです。

    ② 水平方向を90°以上の画角で撮影できるものがベスト

    水平方向を90°以上の画角で撮影できるものがベスト

    カメラにとって撮影範囲は重要なポイントです。


    撮影範囲が狭いと映る範囲が限定的になってしまうだけでなく、しっかり撮影するためにカメラを目立つ位置に設置しなければいけないため、見守られる方のストレスになってしまう可能性もあります。


    直角の部屋の隅に設置する場合、水平方向に90°以上の画角があれば部屋全体を撮影できるとされています。今回は撮影範囲も検証しましたので、この後に紹介する検証結果もぜひ参考にしてくださいね。

    ③ 夜間でも撮影できるものを選ぼう

    夜間でも撮影できるものを選ぼう

    就寝中の様子の見守りや、深夜の徘徊防止の見守りが目的であれば、暗い場所でも撮影できるカメラを選びましょう。


    暗い場所を撮影する方法として、弱い光を増幅させて撮影する「暗視カメラ」赤外線をとらえて撮影する「赤外線カメラ」の主に2種類があります。


    暗視カメラはカラーで撮影できますが光が足りないと真っ暗になってしまい、赤外線カメラは真っ暗でも撮影できますがモノクロの映像になります。好みや使用環境で選んでもよいですが、現在の家庭用カメラは赤外線カメラのタイプが主流です。

    ④ 会話機能付きのものを選ぼう

    会話機能付きのものを選ぼう

    人によっては、カメラをなかなか設置させてくれないという状況も考えられます。会話機能が付いているカメラであればコミュニケーションツールとしても使えるため、カメラを設置するハードルを下げられるかもしれません。


    電話でも会話はできますが、カメラに会話機能があることで、緊急事態でもすぐに声かけをすることができます。例えば、カメラ越しに火の消し忘れを確認した場合は、そのまま呼びかけて火を消してもらうよう働きかけることも可能。


    万が一のことを想定すると、備わっていると安心できる機能のひとつです。

    ⑤ 温度センサー付きなら熱中症対策にも使える

    温度センサー付きなら熱中症対策にも使える

    カメラのなかには、動体検知のほかにさまざまなセンサーがついているものもあります。


    温度センサーが付いているカメラの場合は、カメラ周辺の温度が一定の温度から離れるとスマホに通知してくれるものもあるため、夏場の熱中症対策としても活用できるでしょう。


    湿度・音・明るさなど、カメラ周辺のさまざまな変化を検知して知らせてくれる便利な機能ですが、あくまでも目安であるため油断は禁物です。当然ですがカメラに任せっぱなしにせず、こまめなコミュニケーションをとってくださいね。

    売れ筋の人気介護用見守りカメラ全9商品を徹底比較!

    介護用見守りカメラの検証

    それではさっそく、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の介護用見守りカメラ9商品をすべて集め、どれが最もおすすめの介護用見守りカメラなのかを検証していきます。


    検証項目は以下の4項目としました。

    検証①:カメラ性能
    検証②:動体検知機能
    検証③:会話機能
    検証④:使い勝手

    今回検証した商品

    1. ラムロック|みまもりCUBE
    2. パナソニック|屋内カメラキット
    3. プラネックスコミュニケーションズ|SpotCam-Sense
    4. 塚本無線|みてるちゃん
    5. Victure|ネットワークカメラ
    6. Secu station|屋内用見守りカメラ
    7. Beseye|見守りカメラ Beseye
    8. PLANEX|スマカメ2 ローライトPoE
    9. アイ・オー・データ機器|Qwatch

    検証① カメラ性能

    カメラ性能

    まずは介護用見守りカメラの基本的な「カメラ性能」をチェックします。実際に介護用見守りカメラで被写体を撮影し、以下の3点について評価しました。

    • 撮影範囲の広さ(水平方向のみ。可動範囲は除く)
    • 明るい場所での画質
    • 暗い場所での画質

    なお、カメラと被写体の間は約4mの距離で統一しています。

    【検証結果ハイライト】画角は120°以上・画質はフルHDがベスト!

    【検証結果ハイライト】画角は120°以上・画質はフルHDがベスト!

    実際に検証してみると、画角は水平方向で120°がベストということが分かりました。


    スペック上の画角が90°ほどであっても、壁の隅にピタリとくっつけて設置できなければなければ、撮影できる範囲は90°よりも狭くなるためです。また、あまりにも広すぎても画面の端が湾曲するため、隅々まできれいに映したい方は注意が必要です。


    画質に関しては最高画質であるフルHDがよいという結果に。画質は高ければ高いほどきれいですが、録画をする場合はデータ容量が大きくなるため、保存容量をチェックしながら録画してくださいね。


    また、暗い場所を撮影する場合は赤外線カメラがおすすめです。ただし、赤外線を照射するためにカメラのレンズ周辺が赤く光ってしまうものもありますので、できるだけ発光が少ないものがよいでしょう。

    検証② 動体検知機能

    動体検知機能

    次に「動体検知機能」を検証します。


    カメラをドアの前に設置し、カメラの前を横切ってドアまで近づき、ドアを開ける動作を3回行います。一連の動作に反応してスマホに通知されるかどうかをチェックしました。

    【検証結果ハイライト】正しく通知が届いたのは3商品のみ。動きを絶対に見逃したくないなら「みまもりCUBE」一択

    【検証結果ハイライト】正しく通知が届いたのは3商品のみ。動きを絶対に見逃したくないなら「みまもりCUBE」一択

    今回検証した全商品について、動体機能自体が備わっていても正しく検知・通知されるものは少ないという結果になりました。


    そんななかで「みまもりCUBE」「屋内カメラキット」「SpotCam-sense」の3つはしっかり動きを検知してスマホに通知してくれました。


    特に「みまもりCUBE」の動体検知は非常に感度が高く、動きを検知した3秒以内に通知が届きました。メール通知でメール内に検知した瞬間のスクリーンショットが添付されるため、メールを開いた瞬間に状況が分かります。アプリではなくWebブラウザで映像をチェックする手間はありますが、それでも優秀な機能です。

    検証③ 会話機能

    会話機能

    次に「会話機能」を検証します。


    オフィスから道路を挟み向かい側にあるマンションにカメラを設置して、オフィスからアプリ越しに会話を試みます。問題なく会話できるか・出力音量は適切か・問題なく聞き取れる音質かどうかをチェックしました。

    【検証結果ハイライト】どれも電話のようには使えない…。緊急時の呼びかけ用として考えて

    【検証結果ハイライト】どれも電話のようには使えない…。緊急時の呼びかけ用として考えて

    検証をしてみて、カメラ越しにスムーズな会話ができる水準の商品はないということが分かりました。


    音質などに大きな問題はないものの、アプリ側のマイクとカメラ側のマイクを同時に使える商品が少ないため、無線機のように一人ずつ交互に話す必要があります。


    さらに遅延や通信状況の悪さが目立つ商品もあり、とても会話ができる状態ではありませんでした。カメラの会話機能は、あくまでも緊急時の呼びかけ用として考えておくのがよいでしょう。

    検証④ 使い勝手

    使い勝手

    最後に、介護用見守りカメラの「使い勝手」を検証します。


    実際にカメラを使用し、セットアップのしやすさ・アプリの操作性・再接続のしやすさ・機能性・遅延の有無などを使い勝手として総合的に評価しました。

    【検証結果ハイライト】セットアップのしやすさがカギ。商品によっては準備に数時間かかることも…

    【検証結果ハイライト】セットアップのしやすさがカギ。商品によっては準備に数時間かかることも…

    ネットワークカメラ全般にいえることですが、やはり使いやすさを大きく分けたのは「初期設定の難易度」と「再接続のしやすさ」です。


    ネットを介して接続するカメラの場合、うまく接続できないなどのトラブルが起こると原因の特定がしにくく、スマホのアプリが悪いのか?自宅内のWi-Fiが悪いのか?カメラ本体が悪いのか?と解決のために莫大な時間がかかります。


    一度アプリを終了させたりカメラの電源を切ったりするとすぐに再接続できないものもあり、なにかしらのトラブルが発生する可能性は否めません。


    そういった設定やネットワークなどに疎い方・使用中のトラブルを避けたいという方には、設定不要でコンセントに差すだけの「みまもりCUBE」がおすすめです。カメラ本体にSIMが内蔵されているため、インターネットを契約していない家庭でもすぐに導入することができますよ。

    No.1

    ラムロックみまもりCUBE

    4,290円(税込)

    総合評価

    3.84
    • カメラ性能: 2.2
    • 動体検知機能: 5.0
    • 会話機能: 1.5
    • 使い勝手: 4.0

    カメラではなく人が見守る。介護に特化した見守りカメラ

    第1位にランクインしたのはラムロックの「みまもりCUBE」です!買い切りの商品ではなく月額料金でレンタルするカメラで、各種保険や、介護をはじめとした日常生活の悩みを相談できる電話サービスも付帯します。


    正直なところ、カメラの基本性能では他のカメラに劣っているため、撮影範囲の広さや画質のよさを求めている方にはおすすめできません。しかし、それらを差し引いてもおすすめできる理由のひとつが動体検知の正確さです。


    動体検知サービスを利用する際に窓口電話をすると、オペレーターがカメラを通して宅内環境をチェックし、動きを検知するための設定を行う徹底ぶり。設定した以外の動きもほぼリアルタイムで検知・通知してくれるため、遠く離れた場所に居ても安心して過ごすことができるでしょう。


    ネットワークカメラ特有の煩わしい初期設定も不要で、コンセントに差すだけですぐに利用ができるところもメリット。見守られる方だけでなく見守る方にも寄り添った、まさにベストバイ介護用見守りカメラです。

    撮影範囲(画角)水平方向約78°/垂直方向約46°/対角103°
    画質-
    検知機能動体
    パンチルト機能-
    録画方法SDカード
    No.2

    パナソニック屋内カメラキット

    13,000円(税込)

    総合評価

    3.81
    • カメラ性能: 2.7
    • 動体検知機能: 5.0
    • 会話機能: 1.0
    • 使い勝手: 3.0

    動体検知も良好!カメラやセンサーで家全体を見守るならコレ

    パナソニックのホームネットワークシステムのひとつである「屋内カメラキット」。ホームユニットというベースシステムに複数のカメラやセンサーを接続し、内外問わず家全体の見守りが可能です。


    撮影範囲は問題ないものの、映像の出力サイズが小さいこともあってか画質はやや粗め。しかし、使い物にならないというほどではないため、画質にこだわらない方には十分といえるでしょう。


    また、動体検知の検証では最高評価を獲得。通知に遅延もほとんどないため、カメラが異変をとらえたら素早く映像をチェックすることができます。アプリ越しに話しかけるとアプリの動作が重くなってしまうことが難点ですが、それ以外にストレスを感じることはありませんでした。

    撮影範囲(画角)水平方向約70°/垂直方向約50°
    画質-
    検知機能動体,音,温度
    パンチルト機能-
    録画方法SDカード
    No.3

    プラネックスコミュニケーションズSpotCam-Sense

    15,784円(税込)

    総合評価

    3.26
    • カメラ性能: 4.7
    • 動体検知機能: 3.0
    • 会話機能: 1.0
    • 使い勝手: 2.0

    画質・撮影範囲ともに高評価!動体検知もしっかり通知が来た

    用途を限定せず使用できるネットワークカメラの「SpotCam-Sense」。高解像度という表現に違わぬ画質のきれいさで、明るい場所でも暗い場所でも細部までチェックすることができるでしょう。


    パンチルト機能は搭載されていないものの、撮影範囲が非常に広く、その広さは部屋の隅に設置すれば部屋全体をまるごと撮影できるほど。撮影範囲が広いために画面の端が歪んでしまいますが、支障が出るほどではありません。


    また、通知に多少の遅延があったものの、カメラの前での動きをしっかり検知してスマホに通知してくれました。会話機能の弱さは惜しいところですが、購入を検討する価値があるカメラといえます。

    撮影範囲(画角)対角約155°
    画質-
    検知機能動体,音,温度,湿度,明るさ
    パンチルト機能-
    録画方法クラウド
    No.4

    塚本無線みてるちゃん

    5,555円(税込)

    総合評価

    2.82
    • カメラ性能: 4.8
    • 動体検知機能: 1.0
    • 会話機能: 2.5
    • 使い勝手: 5.0

    水平方向360°撮影可能。カメラ性能が高く、汎用性がある

    塚本無線の「みてるちゃん」は、比較的安価ながらも1,2を争うほどの圧倒的なカメラ性能を誇ります。映像はややコントラストが強いものの、精細な映像を撮影することができ、暗い部屋での撮影では最も画質がよいと感じられました。


    特筆すべきは撮影範囲の広さ。定点でも広範囲を撮影することができますが、アプリからの遠隔操作で水平方向に360°の回転が可能。自動追尾機能も搭載されているため、広い部屋でもしっかり見守ってくれることが期待できます。


    しかし、動体検知の評価は低評価。会話機能に関しては検証商品の中で唯一、双方向会話ができる商品でしたが、音量が小さくやや遅延するため、やはり日常生活のようにスムーズな会話は難しいという結果に終わりました。

    撮影範囲(画角)水平方向約360°/垂直方向約92°
    画質-
    検知機能動体
    パンチルト機能-
    録画方法SDカード,クラウド
    No.5

    Victureネットワークカメラ

    3,999円(税込)

    総合評価

    2.55
    • カメラ性能: 4.5
    • 動体検知機能: 1.0
    • 会話機能: 2.0
    • 使い勝手: 4.0

    撮影範囲も画質も高評価だが、動体検知が足を引っ張る結果に

    Amazonやyahoo!ショッピングで人気のお手頃価格な「ネットワークカメラ」。画質も非常にきれいで、暗い部屋での撮影も問題なし。さらにパンチルト機能もついているため、ネットワークカメラとしての基本性能は優秀といえます。


    今回検証した商品の中では会話機能の評価が高く、アプリ側とカメラ側から同時に音声を通信させることはできませんが、音質も悪くなく、遅延やノイズもありませんでした。会話は難しいものの、声掛けほどのコミュニケーションであれば行えます。


    一方で、こちらも動体検知が満足に反応しないという結果に。アプリの起動時に通知が届くことはありましたが、検知してほしい動きについては通知が届きませんでした。介護用見守りカメラとして使用するには不安が拭いきれません。

    撮影範囲(画角)水平方向約355°/垂直方向約100°
    画質-
    検知機能動体
    パンチルト機能
    録画方法SDカード
    No.6

    Secu station屋内用見守りカメラ

    5,830円(税込)

    総合評価

    2.28
    • カメラ性能: 3.8
    • 動体検知機能: 1.0
    • 会話機能: 0.8
    • 使い勝手: 4.0

    パンチルト機能は評価できるが、動体検知には期待できない…

    家庭用ネットワークカメラから防犯カメラまで販売しているSecu stationの「屋内用見守りカメラ」は、パンチルト機能付きでアプリから遠隔操作で撮影範囲を動かすことができます。


    遠隔操作をしなくても十分な撮影範囲の広さですが、自動追尾機能も搭載されているため、移動する被写体の撮影も可能です。色味が独特ではありますが画質も良く、暗い部屋でも合格ラインの画質です。


    しかし、肝心の動体検知の機能は低評価。カメラの前で動いてもリアルタイムに通知が届かない場合があり、今回の検証では厳しい結果となりました。会話もブツブツと途切れてしまい、満足できる性能とはいえませんでした。

    撮影範囲(画角)水平方向約355°/垂直方向約50°
    画質-
    検知機能動体
    パンチルト機能
    録画方法SDカード,クラウド
    No.7

    Beseye見守りカメラ Beseye

    20,940円(税込)

    総合評価

    2.08
    • カメラ性能: 3.5
    • 動体検知機能: 1.0
    • 会話機能: 1.5
    • 使い勝手: 3.0

    撮影範囲は及第点だが、画質には不満が残る。特に夜間には不向き

    インテリアのようなおしゃれなデザインの「Beseye」。監視されているような感覚を和らげることができそうです。


    撮影範囲は広く、画質も及第点でしたが暗い部屋では画質が粗くなってしまい、被写体の表情を確認することができませんでした。就寝中の様子など、夜間の見守りには不向きといえます。


    また、動体検知も準備中には反応し、検証中には反応しないなど動作にムラが見られました。会話機能も双方向ではなく、アプリ越しに音声を録音・転送し、カメラ側から出力するという仕組みです。対人コミュニケーションではなく、ペットへの呼びかけなどであれば使い道がありそうです。

    撮影範囲(画角)水平方向約125°/垂直方向約360°
    画質-
    検知機能動体,人感
    パンチルト機能-
    録画方法クラウド
    No.8

    PLANEXスマカメ2 ローライトPoE

    13,549円(税込)

    総合評価

    2.03
    • カメラ性能: 4.0
    • 動体検知機能: 1.0
    • 会話機能: 0.5
    • 使い勝手: 2.0

    カメラの基本性能は問題ないが、会話機能も動体検知も低評価

    スマカメシリーズの室内用カメラ、「スマカメ2 ローライトPoE」こちらの室内用カメラには高感度CMOSセンサーが搭載されています。CMOSセンサーだけでなく、赤外線照射による暗視モードも搭載されているため、暗い部屋でも合格ラインの画質で撮影できました。


    撮影範囲の広さ・明るい場所を撮影した画質は十分満足できる性能でしたが、会話機能は最低評価。今回の検証でスムーズに会話できる商品はありませんでしたが、こちらは特に通信が安定せず、音声が途切れ途切れになってしまいました


    動体検知のセンサーもまったく反応せず、正しく検知してほしいときに通知が届きませんでした。見守りカメラとして使用するには不安が残ります。

    撮影範囲(画角)水平方向約103°/垂直方向約76°
    画質-
    検知機能動体
    パンチルト機能-
    録画方法SDカード,クラウド
    No.9

    アイ・オー・データ機器Qwatch

    11,111円(税込)

    総合評価

    1.69
    • カメラ性能: 3.3
    • 動体検知機能: 1.0
    • 会話機能: 1.0
    • 使い勝手: 1.0

    撮影範囲が広く画質もきれいだが、暗闇での撮影には不向き

    アイ・オー・データ機器のネットワークカメラである「Qwatch」は高感度CMOSセンサーが搭載されており、薄暗い部屋でもカラーでの撮影が可能です。


    しかし、ある程度の明るさがないと撮影できないため、暗い部屋では映像を確認することが困難でした。明るい場所で撮影したときの画質は非常に綺麗なので、夜間に使用しなければ問題ないといえます。


    動体検知・人感・音・気温・湿度を検知する5つのセンサーがついていますが、今回の検証では動体検知センサーの性能は実感できず。カメラの前で大きく動いても検知されませんでした。カメラ越しの会話も遅延時間が長く、スムーズなコミュニケーションは難しいでしょう。

    撮影範囲(画角)対角約85°
    画質-
    検知機能動体,音,温度,湿度,人感
    パンチルト機能-
    録画方法SDカード

    人気介護用見守りカメラの検証結果比較表

    ペットや赤ちゃんの見守りにはこちら!

    介護ではなく、ペットや赤ちゃんの見守りに使用するカメラをお探しの方は以下の記事も要チェック。それぞれの選び方のポイントやおすすめの商品についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

    まとめ

    今回は売れ筋人気の介護用見守りカメラ9商品を徹底検証しました!


    検証してみて、動体検知を通知してくれるカメラが少なかったことにショックを受けました。介護用見守りカメラの性能が人の命に関わる状況も少なくないと思うので、さらに高性能なカメラが増えることを願っています。皆さんもぜひ自分と家族にぴったりのカメラを探して、家族の安全を見守ってくださいね。


    文:市山佳乃、写真:三浦晃一・稲垣佑季・齋藤陽土

    ランキング作成日:2019/12/27

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す