• 【おしゃれで美味しい!】アイスコーヒーメーカーの最強おすすめ人気ランキング15選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【おしゃれで美味しい!】アイスコーヒーメーカーの最強おすすめ人気ランキング15選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【おしゃれで美味しい!】アイスコーヒーメーカーの最強おすすめ人気ランキング15選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【おしゃれで美味しい!】アイスコーヒーメーカーの最強おすすめ人気ランキング15選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【おしゃれで美味しい!】アイスコーヒーメーカーの最強おすすめ人気ランキング15選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【おしゃれで美味しい!】アイスコーヒーメーカーの最強おすすめ人気ランキング15選【2019年最新版】

ご自宅で美味しいアイスコーヒーや水出しコーヒーを飲みたいなら、アイスコーヒーメーカーにこだわってみませんか?ハリオ・メリタ・サーモス・スタバなどなどさまざまなメーカーからコーヒーマシン顔負けのアイスコーヒーを淹れられる商品が販売されています。アイスにもホットにも使える嬉しい兼用タイプも捨てがたいですよね。

今回はアイスコーヒーメーカーの選び方を解説し、人気商品を淹れ方・味・容量・価格・口コミなどで比較して、おすすめのアイスコーヒーメーカーランキングをご紹介したいと思います。あなたのコーヒーブレイクにぴったりなアイスコーヒーサーバーはどれでしょうか!?
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 50,434  views
目次

アイスコーヒーメーカー選びのポイント

まずはアイスコーヒーを飲みたいシーンを想像してください。朝のバタバタした時間ですか?休日のゆったりタイムですか?1人で楽しみますか?家族みんなで飲みますか?キッチンで淹れますか?見せる収納をする予定ですか?

自分にあったコーヒーメーカーを選ぶために、自分の生活スタイルを思い返しましょう。その上で、アイスコーヒーメーカーを購入する際に確認すべきポイントは「抽出方式」「容量」「形状」の3点です。ひとつひとつ詳しく見て行きましょう。

味や手間を考えて抽出方式を選ぶ

味や手間を考えて抽出方式を選ぶ

出典:ucc.co.jp

アイスコーヒーの作り方にはフレンチプレスやエアロプレスなどさまざまな種類があるのですが、アイスコーヒーメーカーが対応している抽出方式としては「ドリップ」と「水出し」が代表的。

氷で冷やすドリップ式は氷さえあれば短時間で淹れられるのが大きなメリットですが、当然お湯を沸かす必要があります。その点電動式のコーヒーメーカーならば手間は抑えられますが、定期的に本体のメンテナンスを行わなければいけません。一方水出しはメーカー本体の手入れは簡単なものの、抽出するのに非常に時間がかかります。1日分のコーヒーを前日に淹れられるという方は問題ないですが、急な来客などに備えたい方にはおすすめできません。

それぞれ味にも特徴があり、ドリップ式は比較的しっかりとした苦味と香りが立つのに対し、水出しは全体的にさっぱりとした仕上がりになります。飲むシーンや味の好みによってそれぞれ選んでいきましょう。

ちなみにコストは高くなりますが、とにかく手間を省きたいという方にはアイスコーヒー対応のカプセル式コーヒーマシンもおすすめ。詳細は下記記事で解説しておりますので、ぜひ合わせてご覧になってみてください。

1度に飲みたい量によって容量を選ぶ

1度に飲みたい量によって容量を選ぶ

出典:hario.com

1度に抽出できる量もそれぞれの商品によって異なります。大きなメーカーならばたくさん淹れられますし、小さなメーカーならば当然淹れられる量も少なくなります。家族がたくさんいる、オフィスでみんなと楽しみたい、1日分を作り置きしたいと考えるならば、ある程度の量が作れるものを選ぶようにしましょう。

具体的には、1杯あたりおおよそ120~130mlが目安。例えば0.6Lのポットならば5杯淹れられるので、1人分でいいという方にはぴったりな容量です。また小さ目サイズでも電動式ならば短時間で淹れられますので、いろいろなケースに対応することができます。

一方水出しは日中に淹れ直すのは現実的ではありませんので、オフィスやホームパーティなどそれなりの量が必要になるシーンではポットを複数用意することも視野に入れたほうが良いでしょう。

収納場所に合わせてサイズ・形状を選ぶ

収納場所に合わせてサイズ・形状を選ぶ
容量と合わせて、アイスコーヒーメーカーをしまう場所にも気を付けなければいけません。年間通してアイスコーヒーを飲むという方ならばともかく、シーズンオフには収納することも考えると「普段置くスペース」と「収納するスペース」の両方をしっかりと想定しておきたいところです。

特に水出しポットタイプのコーヒーメーカーを冷蔵庫に収納する場合、基本的に寝かせて収納させるわけにもいきませんから、ドアポケットにきちんと収まるかどうかはとても重要です。買ってから入らなかったではもったいないので、コーヒーメーカーのサイズと合わせて、冷蔵庫側が対応できる奥行や高さも確認しておきましょう。

アイスコーヒーメーカーの最強おすすめ人気ランキング15選

それでは人気のアイスコーヒーメーカーの中から、おすすめの商品をご紹介していきたいと思います!

なおランキング根拠としては使い勝手を重視して、容量が大きいものやホット・コールド両方淹れることのできる電動式を上位に選んでいます。逆に下位商品はやや使用するシーンが限定されるものの、決して上位と比べて味や性能が劣るというわけではありません。紹介文を参考に、それぞれの商品のポイントをじっくり比較してみてください。
15位
抽出方式水出しドリップ
容量680ml
サイズ(W×D×H)11.8×11.8×25.5cm
14位
抽出方式ドリップ
容量1L(アイスは440ml)
サイズ(W×D×H)16.5×12×24cm
13位

スターバックスグラスドリップコーヒーメーカー

2,900円 (税別)

抽出方式ドリップ
容量-
サイズ(W×D×H)11.0×16.0×17.5cm
12位
抽出方式ドリップ
容量750ml
サイズ(W×D×H)17×13×30.5cm
11位
アイスコーヒーメーカー イワキ ウォータードリップコーヒーサーバー
出典:amazon.co.jp

イワキウォータードリップコーヒーサーバー

K8644-CL

2,167円 (税込)

抽出方式水出しドリップ
容量440ml
サイズ(W×D×H)7.6×7.6×26.6cm
10位
抽出方式ドリップ
容量700ml
サイズ(W×D×H)18×12×22cm
9位
抽出方式水出しドリップ
容量600ml
サイズ(W×D×H)11.6×11.6×35.6cm
8位
抽出方式水出し
容量650ml
サイズ(W×D×H)8.7×8.4×30cm
7位
抽出方式水出し
容量1L
サイズ(W×D×H)10×9.4×29cm
6位
抽出方式水出し
容量1L
サイズ(W×D×H)8.5×8.5×27cm
5位
抽出方式水出し
容量600ml
サイズ(W×D×H)13.8×9.4×20.8cm
4位
抽出方式水出し
容量1.1L
サイズ(W×D×H)10.5×10.5×25.5cm
3位
抽出方式水出し
容量1.5L
サイズ(W×D×H)20×12.5×22.7cm
2位
アイスコーヒーメーカー メリタ アロマサーモ ステンレスII
出典:amazon.jp
抽出方式ドリップ
容量700ml
サイズ(W×D×H)26.9×15.2×31.1cm
1位
抽出方式ドリップ
容量660ml
サイズ(W×D×H)18×28.5×32.5cm

おすすめ人気アイスコーヒーメーカーの比較一覧表

商品画像
1
アイスコーヒーメーカー サーモス アイスコーヒーメーカー

サーモス

2
アイスコーヒーメーカー メリタ アロマサーモ ステンレスII

メリタ

3
アイスコーヒーメーカー ボダム アイスコーヒーメーカー

ボダム

4
アイスコーヒーメーカー タケヤ化学工業 水出しコーヒージャグ

タケヤ化学工業

5
アイスコーヒーメーカー ハリオ 水出しコーヒーポット

ハリオ

6
アイスコーヒーメーカー キントー CAPSULEコールドブリューカラフェ

キントー

7
アイスコーヒーメーカー HARIO コールドブリューコーヒージャグ

HARIO

8
アイスコーヒーメーカー ハリオ フィルターインコーヒーボトル

ハリオ

9
アイスコーヒーメーカー HARIO スロードリップブリュワー雫

HARIO

10
アイスコーヒーメーカー ハリオ アイスコーヒーメーカーV60

ハリオ

11
アイスコーヒーメーカー イワキ ウォータードリップコーヒーサーバー

イワキ

12
アイスコーヒーメーカー カリタ アイス&ホット

カリタ

13
アイスコーヒーメーカー スターバックス グラスドリップコーヒーメーカー

スターバックス

14
アイスコーヒーメーカー イワキ リラッサ・アイスコーヒー

イワキ

15
アイスコーヒーメーカー ブルーアー コールドブルーアー

ブルーアー

商品名

アイスコーヒーメーカー

アロマサーモ ステンレスII

アイスコーヒーメーカー

水出しコーヒージャグ

水出しコーヒーポット

CAPSULEコールドブリューカラフェ

コールドブリューコーヒージャグ

フィルターインコーヒーボトル

スロードリップブリュワー雫

アイスコーヒーメーカーV60

ウォータードリップコーヒーサーバー

アイス&ホット

グラスドリップコーヒーメーカー

リラッサ・アイスコーヒー

コールドブルーアー

特徴アイスコーヒー専用マシンの味わいは納得の1位!機能性が高く100年以上の歴史があるメリタだからこその味1.5Lの大容量アイスコーヒーピッチャー横置き可能が嬉しいプラスチック製水出しポットコスパ優秀、初めての水出しコーヒーメーカーにふさわしい全方位から注げて使い勝手は申し分なしステンレスのストレーナーが斬新なハリオのアップグレードモデルそのまま注げる見た目にもおしゃれなボトルタイプスリムデザインのコールドブリュアー美味しさの秘密は円錐型のドリッパーにあり水出しドリップをお手軽価格でギフトセットとしても喜ばれるフルシーズン対応シンプルデザインがスタイリッシュ耐熱ガラスメーカーの老舗が作る定番こだわりの「水出しドリップ」を求める方へ
最安値
5,280
送料無料
詳細を見る
6,545
送料別
詳細を見る
8,430
送料無料
詳細を見る
763
送料別
詳細を見る
759
送料別
詳細を見る
2,343
送料要確認
詳細を見る
3,310
送料別
詳細を見る
1,608
送料別
詳細を見る
3,410
送料別
詳細を見る
902
送料別
詳細を見る
2,167
送料別
詳細を見る
1,608
送料別
詳細を見る
2,900
送料要確認
詳細を見る
1,353
送料別
詳細を見る
6,380
送料無料
詳細を見る
抽出方式ドリップドリップ水出し水出し水出し水出し水出し水出し水出しドリップドリップ水出しドリップドリップドリップドリップ水出しドリップ
容量660ml700ml1.5L1.1L600ml1L1L650ml600ml700ml440ml750ml-1L(アイスは440ml)680ml
サイズ(W×D×H)18×28.5×32.5cm26.9×15.2×31.1cm20×12.5×22.7cm10.5×10.5×25.5cm13.8×9.4×20.8cm8.5×8.5×27cm10×9.4×29cm8.7×8.4×30cm11.6×11.6×35.6cm18×12×22cm7.6×7.6×26.6cm17×13×30.5cm11.0×16.0×17.5cm16.5×12×24cm11.8×11.8×25.5cm
商品リンク

番外編

抽出方式ドリップ・カプセルなど
容量280ml
サイズ(W×D×H)9.5×9.5×20cm

味にこだわるならコーヒー豆も重要!

味にこだわるならコーヒー豆も重要!
コーヒーメーカー・コーヒーマシンにこだわるなら、やっぱりコーヒー豆にもこだわりましょう!どんなに機能が優れたコーヒーメーカーでも、豆が好みに合わなければ意味がありません。

アイスコーヒー用コーヒー豆については下記の記事で解説していますので、ぜひコーヒーメーカー選びと合わせてご覧になってみてください。

まとめ

おすすめのアイスコーヒーメーカーはいかがでしたでしょうか?

今回紹介したのは容量や淹れ方に違いはあれど、どれも美味しいアイスコーヒーを淹れられるアイスコーヒーメーカーばかりです。ぜひお好みに合うお気に入りのコーヒーメーカーを見つけて、気軽に美味しいアイスコーヒーを楽しんでくださいね♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事