• 【使いやすさ最強はどれ?】ハンズフリーキットのおすすめ人気ランキング5選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【使いやすさ最強はどれ?】ハンズフリーキットのおすすめ人気ランキング5選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【使いやすさ最強はどれ?】ハンズフリーキットのおすすめ人気ランキング5選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【使いやすさ最強はどれ?】ハンズフリーキットのおすすめ人気ランキング5選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【使いやすさ最強はどれ?】ハンズフリーキットのおすすめ人気ランキング5選のアイキャッチ画像5枚目

【使いやすさ最強はどれ?】ハンズフリーキットのおすすめ人気ランキング5選

端末を操作せずに通話できる、ハンズフリーキット。車載用としておなじみのアイテムで、トヨタ・スズキなど車のメーカーに合わせた専用品がある他、ドコモやauなど携帯電話会社からも発売されています。車種を問わずほとんどの端末で使えるものもありますが、最近ではBluetoothに対応したものや人感センサーを搭載したものなど、機能も豊富で選ぶのが難しいですよね。

そこで今回は、ハンズフリーキットの選び方のポイントを踏まえて、通販で人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。音質のクリアなモデルや、トランスミッターとしても機能するモデルなど計5選が登場。ハンズフリーキットを使ううえで気を付けたいポイントも解説しますので、ぜひ参考にして、運転中の通話を安全に楽しんでくださいね。
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 435,755  views
目次

ハンズフリーキットの選び方のポイント

ストレス無くハンズフリー通話を楽しむには、機能面だけでなく着け心地や仕様も大切です。以下のポイントを参考に、自分にぴったりなものを選んでみてください。

通話時間や操作性からイヤホンの有無を選ぶ

ハンズフリーキットは、イヤホンの有無で大きくタイプが分かれます。自分にとってどちらの方が使いやすいか、チェックしてみましょう。

会話が漏れず、車内の音に影響されにくい「イヤホンタイプ」

会話が漏れず、車内の音に影響されにくい「イヤホンタイプ」

出典:amazon.co.jp

イヤホンタイプは、耳に装着して通話するため相手の声が外に漏れることがありません。相手の声をはっきりと聞き取れるので、スムーズに会話ができます。車内の音にも影響されませんから、ラジオや音楽を聴く機会の多い方には便利です。

ただ応答のためにイヤホンを装着してから通話ボタンを押すという手間が発生しますから、運転中に注意がそれやすいというのが難点。またイヤホン自体が小型で充電の持ちが悪いため、短時間の通話向きです。

簡単操作、長時間の通話に最適な「スピーカータイプ」

簡単操作、長時間の通話に最適な「スピーカータイプ」

出典:amazon.co.jp

スピーカータイプは、イヤホンを使わずに本体のみで通話できるものです。応答にはボタンを押す必要がありますが、音声認識や人感センサーを搭載し、触れることなく応答できるモデルもあります。運転中でも安全に素早く応答できるので、着信が多い方にもぴったりと言えるでしょう。

しかし周囲の音に影響されやすいため、ボリュームを上げて音楽を聞いている時や窓を開けて走行している時には聞こえにくくなります。デメリットもありますが、充電の持ちも良いので長時間の通話に適していますよ。

充電方式はUSBとシガーソケット両対応がおすすめ

充電方式はUSBとシガーソケット両対応がおすすめ

出典:amazon.co.jp

充電方法は、主にUSBとシガーソケットの2種類あります。ドライブレコーダーやスマホの充電器などでシガーソケットを使っている方は、同時に使えない点に注意が必要です。USBとシガーソケットの両対応モデルならば、普段は家で充電し、急な充電切れにはシガーソケットで対応といった使い方もできます。

またいずれのタイプを選ぶとしても、フル充電時の連続通話時間がどのくらいあるかを確認しておくことも忘れないようにしましょう。

運転中に安全に応答できるものを選ぶ

運転中に安全に応答できるものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

車載用のハンズフリーキットは、取り付ける場所も重要です。運転中に応答操作に注意が偏るのは非常に危険ですから、できるなら手元で操作できるものやワンタッチで応答できるものが望ましいと言えます。

サンバイザーに取り付けて使えるモデルやハンドルに取り付けられるモデルならば、より運転に支障が出にくいです。不安のある方は、できるだけこうした商品を選ぶようにしましょう。

音質にこだわるならノイズ・エコー防止機能をチェック

音質にこだわるならノイズ・エコー防止機能をチェック

出典:amazon.co.jp

ハンズフリーは電波状態などで通話しにくいこともあります。クリアな音声で通話できるように、ノイズキャンセリング機能やエコーキャンセラー機能が搭載されているかもチェックしておきましょう。音質の悪いものでは自分の声が相手に聞こえにくいこともあるので、快適に通話するためには欠かせないポイントです。

ただ、ノイズやエコーを防ぐ機能があっても実際に使ってみるとあまり効果がないという商品もあります。通話の質に関する部分は口コミを参考にして、音の割れや雑音に関する口コミがないかをチェックしておくのがおすすめです。

ハンズフリーキットのおすすめ人気ランキング5選

選び方のポイントが分かったところで、実際に人気のある商品をランキング形式で見ていきましょう。どんな場面で使いたいのか具体的に決めてから見ると、自分に合った商品が見つけやすいですよ!
5位
タイプイヤホンタイプ
充電シガーソケット
連続通話時間約3時間
ノイズキャンセリング
エコーキャンセラー×
4位
ハンズフリーキット サンワダイレクト 車載Bluetoothハンズフリーキット
出典:amazon.co.jp

サンワダイレクト車載Bluetoothハンズフリーキット

GBC-1000

4,980円 (税込)

タイプスピーカータイプ
充電USB
連続通話時間最大約28時間
ノイズキャンセリング
エコーキャンセラー
3位
タイプイヤホンタイプ
充電USB
連続通話時間約4時間
ノイズキャンセリング
エコーキャンセラー×
2位
タイプスピーカータイプ
充電USB・シガーソケット
連続通話時間約3時間
ノイズキャンセリング
エコーキャンセラー
1位
タイプスピーカータイプ
充電USB・シガーソケット
連続通話時間最大約17~20時間
ノイズキャンセリング
エコーキャンセラー×

おすすめ人気ハンズフリーキットの比較一覧表

商品画像
1
ハンズフリーキット AGPtEK 車載用ハンズフリーキット

AGPtEK

2
ハンズフリーキット Ewin 車載 Bluetoothハンズフリーキット

Ewin

3
ハンズフリーキット サウンドピーツ Bluetooth 片耳 イヤホン

サウンドピーツ

4
ハンズフリーキット サンワダイレクト 車載Bluetoothハンズフリーキット

サンワダイレクト

5
ハンズフリーキット X-LIVE ブルートゥースイヤホン

X-LIVE

商品名

車載用ハンズフリーキット

車載 Bluetoothハンズフリーキット

Bluetooth 片耳 イヤホン

車載Bluetoothハンズフリーキット

ブルートゥースイヤホン

特徴着信だけでなく発信も可能!音楽再生もできるキットこれ1台で音楽も通話も楽しめるPCと接続して充電も可能なモデル人感センサー搭載で充電を無駄なく使うシガーソケットで充電できる、持ち運びに便利なハンズフリ...
最安値
2,399
送料要確認
詳細を見る
3,680
送料要確認
詳細を見る
2,170
送料要確認
詳細を見る
4,980
送料要確認
詳細を見る
要確認
タイプスピーカータイプスピーカータイプイヤホンタイプスピーカータイプイヤホンタイプ
充電USB・シガーソケットUSB・シガーソケットUSBUSBシガーソケット
連続通話時間最大約17~20時間約3時間約4時間最大約28時間約3時間
ノイズキャンセリング
エコーキャンセラー×××
商品リンク

運転中の使用は「音量」に注意

運転中の使用は「音量」に注意

出典:amazon.co.jp

運転中に携帯電話を操作したりカーナビなどの画面を注視したりすることは、道路交通法で禁止されています。ではハンズフリー通話はどうかと言うと、これは違法ではありません。したがって、運転中にハンズフリー通話をすることは問題ないと言えます。

しかし各都道府県が定めている条例では、「安全に運転するために必要な音や声が聞こえない状態でイヤホンなどを使用すること」は禁止されています。

つまりハンズフリー機器の使用は許可されていても、クラクションや警報機の音などが聞こえない音量で使用すれば安全運転義務違反となるということ。あくまでも運転中であることを忘れずに、通話に夢中になりすぎないよう安全に気を付けてご使用ください。

ハンズフリー通話にはこちらもおすすめ

手ぶらで通話するのに便利なハンズフリー機器は、ヘッドセットや骨伝導ヘッドホンなど他にもいろいろ。通話する状況や使い方に合わせて選ぶことで、自分にぴったりなものが見つかりますよ。車載用以外でお探しの方は、以下のリンクもチェックしてみてくださいね。

まとめ

運転中の通話を快適にしてくれるハンズフリーキットをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ハンズフリーキットは着信時に簡単な操作だけで応答できるので、大変便利なアイテムです。ただし、安全運転を優先することをお忘れなく。画面を注視したり操作に夢中にならないように、気を付けて使ってくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す