• パッシブスピーカーのおすすめ人気ランキング20選【ブックシェルフ型からトールボーイ・フロア型まで】のアイキャッチ画像1枚目
  • パッシブスピーカーのおすすめ人気ランキング20選【ブックシェルフ型からトールボーイ・フロア型まで】のアイキャッチ画像2枚目
  • パッシブスピーカーのおすすめ人気ランキング20選【ブックシェルフ型からトールボーイ・フロア型まで】のアイキャッチ画像3枚目
  • パッシブスピーカーのおすすめ人気ランキング20選【ブックシェルフ型からトールボーイ・フロア型まで】のアイキャッチ画像4枚目
  • パッシブスピーカーのおすすめ人気ランキング20選【ブックシェルフ型からトールボーイ・フロア型まで】のアイキャッチ画像5枚目

パッシブスピーカーのおすすめ人気ランキング20選【ブックシェルフ型からトールボーイ・フロア型まで】

本格的にオーディオに拘りたい人に人気の「パッシブスピーカー」。ヤマハ・JBL・DENONなど多くのメーカーが商品を販売しています。インテリアとしても人気ですが、商品によって対応する音質・出力が異なるため、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、パッシブスピーカーの選び方のポイントと、おすすめ商品の人気ランキングをご紹介します。お気に入りのパッシブスピーカーを手に入れて、自分好みのオーディオ環境を作ってくださいね!

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 111,605  views
目次

パッシブスピーカーで、高音質なサウンドを楽しもう!

パッシブスピーカーで、高音質なサウンドを楽しもう!

パッシブスピーカーとは、アンプを内蔵していないスピーカーのこと。アンプを内蔵しているアクティブスピーカーと違い、好みのアンプとスピーカーを組み合わせられるのが、パッシブスピーカーの一番のメリットです。


アクティブスピーカーより音質も優れていると言われ、アンプと合わせた時のパワーが強いのもポイント。アンプを内蔵していないことからコンパクトな商品が多いですが、設置場所が限られていても、高音質のサウンドを楽しめるのは、パッシブスピーカーならではの魅力です。


ブックシェルフ・トールボーイなどの形状にも拘れば、さらに自分好みの環境を作り出すことができますよ。ぜひ、ご自宅にぴったりのパッシブスピーカーを設置して、その音の違いを体感してみませんか?

パッシブスピーカーの選び方

では、さっそくパッシブスピーカーの選び方を見ていきましょう。

主な形状は3種類。設置場所や求める音質にあわせて選ぶ

パッシブスピーカーの形状は、大きく次の3つに分かれます。どんな場所に設置して、どんな音が聴きたいのかに合わせて、最適なものを選びましょう。

クリアな音質で扱いやすい「ブックシェルフ型」

クリアな音質で扱いやすい「ブックシェルフ型」

出典:amazon.co.jp

名前のとおり本棚にも設置できるほど、コンパクトサイズの商品が多いのが、ブックシェルフ型です。扱いやすくクリアなサウンドが楽しめるのが魅力。はじめてアンプとスピーカーを揃える人にも、ブックシェルフ型が最適です。


低音部分は多少劣りますが、ハイレゾ対応商品もラインナップされています。ブックシェルフ型で高音質サウンドを楽しみたいなら、ハイレゾ対応かもチェックしておくと、よりアンプとの組み合わせを楽しめますよ。

低音に強く省スペースにも設置できる「トールボーイ型」

低音に強く省スペースにも設置できる「トールボーイ型」

出典:amazon.co.jp

ブックシェルフ型よりも迫力のある低音を楽しみたい人は、トールボーイ型も選択肢に入れておきましょう。縦に長い形状をしており、スピーカーユニットが複数搭載されているのも特徴です。


設置場所に必要な面積も少なく、テレビの横に設置するスピーカーとしても最適。映画鑑賞を楽しみたい人にも、トールボーイ型がぴったりです。自宅でも臨場感あふれる低音を満喫できますよ。

どれよりも高音質の大型スピーカーなら「フロア型」

どれよりも高音質の大型スピーカーなら「フロア型」

どの形状よりも高音質で臨場感ある音に拘りたい人は、フロア型も検討してみるといいでしょう。ハイエンド向けのスピーカーとして販売されているだけあり、フロア型の音質は他の形状より確実に上です。


ただし、他のどの形状よりもフロアに設置する面積が大きくなり、大音量で音を楽しめる部屋が必要になります。自宅で本気でオーディオ環境を整えたいのであれば、フロア型をチェックしておきましょう。

臨場感はユニット数の違いで選ぶ

臨場感はユニット数の違いで選ぶ

スピーカーは、フルレンジ・マルチウェイのどちらを選ぶかによって、聞こえる音の臨場感が変わってきます。好みの音の聞こえ方は人それぞれですが、一般的に、1つのユニットで全ての音を出すフルレンジは、とてもクリアに聞こえるのが特徴。


一方、2~4の低音・中音・高音専用ユニットからなるマルチウェイは、臨場感あるサウンドを満喫できます。臨場感を求めるなら、マルチウェイのユニット数とその組み合わせを比較すると商品が絞りやすいでしょう。

アンプに合わせてインピーダンス(Ω)をチェック

アンプに合わせてインピーダンス(Ω)をチェック

インピーダンスとは、スピーカー・アンプ両方のスペックに記載されている電気抵抗の数値のこと。スペック表には「Ω」表記で記載されています。


商品を選ぶときは、アンプの「Ω」値よりもスピーカーの「Ω」値が下にならないようにするのがポイント。数値が下になってしまうと大きな電流が流れやすくなってしまいます。利用するアンプが決まっている場合は、必ずチェックしてからスピーカーのインピータンスを合わせてくださいね。


ちなみに、出力音圧レベル・許容入力が記載されていることもありますが、自宅で音楽を楽しむことが目的なら、気にする必要はありません。自宅で利用する出力は、出しても数W程度。音圧も平均的な85~95dbで十分対応できます。

部屋のインテリアにあったデザインを選ぶ

部屋のインテリアにあったデザインを選ぶ

お部屋のインテリアにも拘りたい人は、スピーカーのデザインも比較材料にしておきましょう。パッシブスピーカーはインテリアとしても人気の高い商品。一般的なブラックのシックなスピーカーだけでなく、木材の茶系スピーカーまでさまざまなデザインの商品が販売されています。


特に、大きなトールボーイ型やフロア型は、かなりの存在感ですのでデザインも含めた商品選びが大事。音質に関係する項目を優先して選んだら、見た目にも拘って部屋のイメージにあったスピーカーを選んでみましょう。

パッシブスピーカーのおすすめ人気ランキング20選

それでは、パッシブスピーカーの人気商品を見ていきましょう。

20位
形状フロア
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス(Ω)
19位
形状フロア
ハイレゾ対応
ユニット数4
インピータンス(Ω)
18位
形状ブックシェルフ
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス(Ω)
17位
形状ブックシェルフ
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス(Ω)
16位
形状フロア
ハイレゾ対応
ユニット数3
インピータンス(Ω)
15位
形状ブックシェルフ
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス(Ω)
14位
形状トールボーイ
ハイレゾ対応
ユニット数3
インピータンス(Ω)
13位
形状トールボーイ
ハイレゾ対応
ユニット数3
インピータンス(Ω)
12位
形状トールボーイ
ハイレゾ対応
ユニット数3
インピータンス(Ω)
11位
形状ブックシェルフ
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス(Ω)
10位
形状ブックシェルフ
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス(Ω)
9位
形状ブックシェルフ
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス(Ω)
8位
形状ブックシェルフ
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス(Ω)
7位
形状トールボーイ
ハイレゾ対応
ユニット数4
インピータンス(Ω)
6位
形状ブックシェルフ
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス(Ω)
5位
形状トールボーイ
ハイレゾ対応
ユニット数3
インピータンス(Ω)
4位
形状ブックシェルフ
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス(Ω)
3位
形状ブックシェルフ
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス(Ω)
2位
形状トールボーイ
ハイレゾ対応
ユニット数3
インピータンス(Ω)
1位
形状ブックシェルフ
ハイレゾ対応
ユニット数2
インピータンス

人気パッシブスピーカーの比較一覧表

商品画像
1
パッシブスピーカー JVCケンウッド LS-NA7 1枚目

JVCケンウッド

2
パッシブスピーカー SONY スピーカーシステム 3ウェイ 1枚目

SONY

3
パッシブスピーカー ヤマハ スピーカーシステム 1枚目

ヤマハ

4
パッシブスピーカー Denon ブックシェルフスピーカー 1枚目

Denon

5
パッシブスピーカー ヤマハ NS-F350(MB) 1枚目

ヤマハ

6
パッシブスピーカー ハーマンインターナショナル JBL STAGE A130 1枚目

ハーマンインターナショナル

7
パッシブスピーカー ヤマハ Soavo NS-F901 1枚目

ヤマハ

8
パッシブスピーカー YAMAHA(ヤマハ) NS-BP200 1枚目

YAMAHA(ヤマハ)

9
パッシブスピーカー DALI OBERON1DW 1枚目

DALI

10
パッシブスピーカー Denon ブックシェルフスピーカー 1枚目

Denon

11
パッシブスピーカー パイオニア 2ウェイスピーカーシステム 1枚目

パイオニア

12
パッシブスピーカー Denon SC-T37-M 1枚目

Denon

13
パッシブスピーカー タンノイ Revolution XT 8F WL 1枚目

タンノイ

14
パッシブスピーカー DALI OBERON5DW 1枚目

DALI

15
パッシブスピーカー YAMAHA(ヤマハ) NS-B330 1枚目

YAMAHA(ヤマハ)

16
パッシブスピーカー JBL STAGE A190 1枚目

JBL

17
パッシブスピーカー YAMAHA(ヤマハ) NS-B210 1枚目

YAMAHA(ヤマハ)

18
パッシブスピーカー ヤマハ NS-BP182 1枚目

ヤマハ

19
パッシブスピーカー JBL S3900 1枚目

JBL

20
パッシブスピーカー TANNOY STIRLING/GR 1枚目

TANNOY

商品名

LS-NA7

スピーカーシステム 3ウェイ

スピーカーシステム

ブックシェルフスピーカー

NS-F350(MB)

JBL STAGE A130

Soavo NS-F901

NS-BP200

OBERON1DW

ブックシェルフスピーカー

2ウェイスピーカーシステム

SC-T37-M

Revolution XT 8F WL

OBERON5DW

NS-B330

STAGE A190

NS-B210

NS-BP182

S3900

STIRLING/GR

特徴コンパクトサイズのハイレゾスピーカークリアな低音が響くウーファーユニットを搭載高級感あるピアノ調デザインのスピーカースタイリッシュな木目調デザインのパッシブスピーカーホームシアター構成に最適な3WAY商品JBLの独自ホーンデザインが魅力ボーカルの歌声がクリアに聞こえるスピーカー低音にも強いブックシェルフ型DALIのコンパクトスピーカーならこれ!DENON製品のアンプ・スピーカーで揃えるならこれハイレゾ音源対応の天然木スピーカーミドルクラス向けのシアタースピーカーならこれ大音量でサウンドを楽しみたい人はこれ!音のつながりが自然な2WAYスピーカークリアな音質を楽しめるハイレゾ対応スピーカープロモニターのために設計されたフロア型スピーカーとにかくコンパクトなブックシェルフ型少しやわらかめのサウンドが好きならこれJBL独自の量感あるサウンドを楽しみたい人にどんな音楽でも高い精度のサウンドが楽しめる
最安値
13,547
送料無料
詳細を見る
11,482
送料無料
詳細を見る
要確認
10,836
送料無料
詳細を見る
25,600
送料要確認
詳細を見る
10,836
送料無料
詳細を見る
158,686
送料無料
詳細を見る
7,749
送料要確認
詳細を見る
48,410
送料無料
詳細を見る
10,836
送料無料
詳細を見る
52,500
送料別
詳細を見る
23,000
送料無料
詳細を見る
122,428
送料要確認
詳細を見る
99,864
送料別
詳細を見る
29,054
送料要確認
詳細を見る
48,254
送料要確認
詳細を見る
3,160
送料別
詳細を見る
10,271
送料要確認
詳細を見る
600,000
送料要確認
詳細を見る
331,360
送料無料
詳細を見る
形状ブックシェルフトールボーイブックシェルフブックシェルフトールボーイブックシェルフトールボーイブックシェルフブックシェルフブックシェルフブックシェルフトールボーイトールボーイトールボーイブックシェルフフロアブックシェルフブックシェルフフロアフロア
ハイレゾ対応
ユニット数23223242222333232242
インピータンス
商品リンク

インシュレーターで、スピーカーの振動を調節しよう

スピーカーは振動の影響を受けると音に悪影響を与えてしまいます。そんなときに活躍してくれるのが、振動を調整できるインシュレーターです。以下の記事も参考に、インシュレーターも活用して、思い通りのサウンドを楽しみましょう。

まとめ

今回は、パッシブスピーカーの選び方や人気商品をランキング形式で紹介してきましたが、いかがでしたか?どんな音を重視したいのかに合わせて形状を選び、音質に影響のあるスペックを比較するのがパッシブスピーカー選びのポイント。


ランキングで紹介した商品は、どれも人気の高い商品ばかりです。この記事の選び方を参考に、自分の環境を踏まえて商品を比較検討し、最高のオーディオ環境を手に入れてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す