1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. キッチン雑貨・消耗品
  6. >
  7. チューブ絞りのおすすめ人気ランキング10選【最後までしっかり使い切れる!】
  • チューブ絞りのおすすめ人気ランキング10選【最後までしっかり使い切れる!】のアイキャッチ画像1枚目
  • チューブ絞りのおすすめ人気ランキング10選【最後までしっかり使い切れる!】のアイキャッチ画像2枚目
  • チューブ絞りのおすすめ人気ランキング10選【最後までしっかり使い切れる!】のアイキャッチ画像3枚目
  • チューブ絞りのおすすめ人気ランキング10選【最後までしっかり使い切れる!】のアイキャッチ画像4枚目
  • チューブ絞りのおすすめ人気ランキング10選【最後までしっかり使い切れる!】のアイキャッチ画像5枚目

チューブ絞りのおすすめ人気ランキング10選【最後までしっかり使い切れる!】

歯磨き粉やハンドクリームなど、チューブ容器の中身を最後まできっちり使い切るのに便利なチューブ絞り。まだ中身が残っているのに、指ではどうしても絞り出しにくい!というときに大活躍するアイテムです。しかし、洗顔フォームなど幅広のチューブに対応したものや、絵具などのアルミ製チューブに使えるものなどさまざまで、どれが良いのか分かりにくいものですよね。

そこで今回は、チューブ絞りの選び方とあわせて、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。チューブ絞りを使って最後までしっかり使いきり、賢く節約していきましょう!
  • 最終更新日:2020年09月10日
  • 46,114  views
目次

チューブ絞りの選び方

まずはチューブ絞りの選び方をみていきましょう。

チューブの材質に適した絞り方を選ぼう

チューブ絞りといっても、その絞り方は商品によってさまざまです。絞り出したいチューブの材質にあわせて、使いやすいタイプを選びましょう。

アルミチューブには、押し潰しながら絞るネジ巻き式が最適

アルミチューブには、押し潰しながら絞るネジ巻き式が最適

絵の具やボンドなどのアルミ製チューブに使いたい方は、ネジ巻き式を選びましょう。ハンドルを回し、チューブをギュッと押し潰しながら絞るネジ巻き式は、強力に中身を押し出すことができますよ。金属製のものなら、中身が固まりかけた絵具などもしっかり絞り出せます。


また、出し切ったチューブの端が邪魔になる場合は、クルクル巻き取りながら絞り出していくタイプが便利です。

プラスチックチューブは、ネジ巻き・スライド式のどちらもOK

プラスチックチューブは、ネジ巻き・スライド式のどちらもOK

練りワサビや歯磨き粉などに多いプラスチック(ポリエチレンなど)製のチューブには、どのタイプのチューブ絞りでも大丈夫。アルミチューブよりも選択肢が広がります。


クリップのように挟んでスライドさせるタイプは、最も手軽に使えます。ただし、力を込めないと中身を出し切れないこともあるので、軽い力でしっかり絞り出したい方は、ネジ巻きタイプを選ぶと良いでしょう。プラスチックチューブは柔らかいので、チューブ絞りもプラ製でOKです。

絞りたいチューブの幅に合うサイズを選ぼう

絞りたいチューブの幅に合うサイズを選ぼう

チューブ絞りはチューブに挟んで使うものがほとんどです。そのため、絞りたいチューブの最も広い部分の幅を測り、挟む部分の幅に合っているか、事前にしっかり確認しておきましょう。挟み口の幅が短い商品もあるので、幅広のチューブにも使いたい場合はとくに確認必須です。


ただし、商品説明に記載されているサイズは、挟み口の幅ではなく本体の幅が表記されていることも。ハンドクリームや洗顔フォームなど、色々なサイズのチューブに使いたい方は、挟み口の端が閉じられていないものを選ぶと良いでしょう。

収納性の高いものは使いやすさアップ

チューブ絞りの収納性も要チェックです。吸盤やマグネットでくっつけておけるものは、収納に便利。キッチンやバスルーム、洗面台などにくっつけておくと、使いたいときにサッと準備できますよね。使わないときの保管にも最適です。


チューブを絞ったままで立てておけるスタンド型なら、コンパクトで場所を取りません。洗面台周りやバスルームにそのまま立てておけますよ。スタンドタイプは巻き取りタイプが主流のため、省スペースで使いたい方にもおすすめです。

チューブ絞りのおすすめ人気ランキング10選

人気のチューブ絞りをランキング形式でご紹介します。素材や絞り方など、種類が豊富なので、用途に合わせてお気に入りを見つけてくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月28日時点)をもとにして、編集部独自に順位付けしています。

10位
絞り方ネジ巻きタイプ(巻き取りタイプ)
材質ABS
使用できるチューブ幅-
収納性有(スタンドタイプ)
9位
絞り方ネジ巻きタイプ
材質-
使用できるチューブ幅75mm
収納性-
8位
絞り方ネジ巻きタイプ(巻き取りタイプ)
材質ポリカーボネート
使用できるチューブ幅約55mm
収納性-
7位
絞り方ネジ巻きタイプ(巻き取りタイプ)
材質磁器(美濃焼)
使用できるチューブ幅55mm
収納性有(スタンドタイプ)
6位
絞り方ネジ巻きタイプ
材質アルミ・ステンレス
使用できるチューブ幅75mm
収納性-
5位
絞り方ネジ巻きタイプ(巻き取りタイプ)
材質ABS樹脂・ポリプロピレン
使用できるチューブ幅-
収納性有(スタンドタイプ)
4位
絞り方ネジ巻きタイプ
材質アルミニウム
使用できるチューブ幅75mm
収納性-
3位
絞り方ネジ巻きタイプ(巻き取りタイプ)
材質本体・軸:ポリカーボネート樹脂/ベース:6ナイロン
使用できるチューブ幅80mm
収納性有(スタンドタイプ)
2位
絞り方ネジ巻きタイプ
材質ABS樹脂
使用できるチューブ幅-
収納性-
1位
絞り方ネジ巻きタイプ
材質アルミニウム・スチール
使用できるチューブ幅-
収納性-

人気チューブ絞りの比較一覧表

商品画像
1
チューブ絞り Gill Mechanical Co チューブリンガー 1枚目

Gill Mechanical Co

2
チューブ絞り エバーメイト タニー チューブシボリ 1枚目

エバーメイト

3
チューブ絞り 吉川国工業所 チューブローラー 1枚目

吉川国工業所

4
チューブ絞り YUCHENG チューブ絞り器 1枚目

YUCHENG

5
チューブ絞り タイガークラウン エコスタンド大 1枚目

タイガークラウン

6
チューブ絞り JEMISUN チューブ絞り器 1枚目

JEMISUN

7
チューブ絞り cerapockke 陶器製のチューブホルダー 1枚目

cerapockke

8
チューブ絞り 石田工業 チューブ絞り Wash 1枚目

石田工業

9
チューブ絞り ADOLOGI チューブ絞り器 1枚目

ADOLOGI

10
チューブ絞り LONGFITE チューブ絞り器 1枚目

LONGFITE

商品名

チューブリンガー

タニー チューブシボリ

チューブローラー

チューブ絞り器

エコスタンド大

チューブ絞り器

陶器製のチューブホルダー

チューブ絞り Wash

チューブ絞り器

チューブ絞り器

特徴ハンドメイドで製造されているチューブ絞り壊れにくく絞りやすい。業務用ならではの使いやすさ立たせてスッキリ収納!クリアな素材がおしゃれなチューブ絞り丈夫で軽いアルミ製。絵の具にも使える安定感のあるスタンドタイプ大きめサイズの金属製!硬いチューブもラクラク絞れる美濃焼のおしゃれなチューブ絞り付けっぱなしでもOK!調味料に装着しても便利手持ちタイプで置き場所に困らない清潔感のあるホワイトカラーで見た目もスッキリ
最安値
2,780
送料無料
詳細を見る
1,645
送料別
詳細を見る
301
送料別
詳細を見る
556
送料別
詳細を見る
321
送料無料
詳細を見る
900
送料別
詳細を見る
230
送料要確認
詳細を見る
110
送料要確認
詳細を見る
1,000
送料無料
詳細を見る
1,250
送料無料
詳細を見る
絞り方ネジ巻きタイプネジ巻きタイプネジ巻きタイプ(巻き取りタイプ)ネジ巻きタイプネジ巻きタイプ(巻き取りタイプ)ネジ巻きタイプネジ巻きタイプ(巻き取りタイプ)ネジ巻きタイプ(巻き取りタイプ)ネジ巻きタイプネジ巻きタイプ(巻き取りタイプ)
材質アルミニウム・スチールABS樹脂本体・軸:ポリカーボネート樹脂/ベース:6ナイロンアルミニウムABS樹脂・ポリプロピレンアルミ・ステンレス磁器(美濃焼)ポリカーボネート-ABS
使用できるチューブ幅--80mm75mm-75mm55mm約55mm75mm-
収納性--有(スタンドタイプ)-有(スタンドタイプ)-有(スタンドタイプ)--有(スタンドタイプ)
商品リンク

まとめ

おすすめのチューブ絞りをご紹介しましたが、いかがでしたか? 


今まですっきりしないまま、絞り残したチューブをゴミ箱行きにしていた人には、ぜひとも使っていただきたいアイテムです。チューブをしっかり使いきった時の満足感をぜひ味わってくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す